プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    同級生

     朝、突然一人の同級生を思い出しました。
     名前は永井君。

     彼との出会いは小学校の入学式でした。スーツを着ていて色が白くて目が大きい、ちょっと外人にすら見える男の子でした。
     同じクラスになって、私も彼も体が小さかったので、体育の時間などいつも近くでした。すぐに人にちょっかいを出すので、私もちょっかいを出されてよく喧嘩をしました。でもどこか憎めない感じの子でした。
     忘れ物が多くて、お風呂も時々入っていないような感じの時があって、その内、永井君は弟が一人いて、お父さんがヤクザの父子家庭だという事がわかってきました。担任の美智子先生が時々心配して、学校帰りに見に寄ったりしていたようでした。
     そうこうしている内に、お父さんの妹という人が同居するようになりました。多分、男一人では面倒を見切れなくなって妹に頼んだのでしょう。その叔母さんが来ると、永井君は少しこぎれいになりました。
     私は自分の誕生日会に永井君を招待する事にしました。永井君を誘った時、少し嬉しそうだったのを覚えています。当日はおめかしをして、花束を持ってきてくれたように思います。
     叔母さんは数ヶ月いて、またいなくなり、そしてまた来て一年以上いた時もありました。永井君は幼い弟の面倒をよく見る、優しい弟思いの子でした。
     
     その内クラス替えでクラスが離れました。そして数年後、永井君はお母さんの所に行く事になりました。お父さんが永井君兄弟のどっちかだけ、と言ってもめたようでしたが、結局兄弟で行きました。私は永井君にとって良かったと思いました。
    「永井君、お母さんの所に行くの?」
    と聞いた時、
    「うん。でも多分また、戻ってくるよ」
    と言っていました。
     数年後、永井君はまた戻ってきました。そしてまた、時々おばさんが数ヶ月いる、という生活に戻りました。
     中学生になって、永井君は私と同じ部活に入りました。文化部だったので、おとなしい男の子が多く、人数も少なかったので、永井君は仲良くやっていました。けれど徐々に悪い友達に捕まるようになりました。心根が優しい永井君を利用するような友達でした。永井君も嫌と言えなかったようです。
     そして万引きで捕まった事もありました。

     中学3年の時だったでしょうか。私の友達が永井君の事を好きになりました。そして、思い切って告白したのです。
     私は上手くいって欲しいと思いました。彼の人生に明るい日差しが入るような気がして。でも結果は残念なものでした。
     そして何となくですが、ひょっとして彼は私の事が好きなのかな?と思ったりしました。そしたらある日突然永井君に
    「俺、あんたの事、好きじゃないよ」
    と、言われました。唐突だったのでびっくりしました。ま、そうだったか、と思いました。

     高校進学の時期になり、永井君ともお別れの時期が近づいてきました。私は永井君に、進学したら真面目に勉強する事、悪い友達とは縁を切る事、そうした事を言いました。永井君は
    「わかっているよ」
    と言いました。進学先は専門学校で、真面目にやれば資格がたくさん取れる学校という評判の所でした。私はとにかく永井君の心根にふさわしい人生を歩んで欲しい、それをひたすら願っていました。

     高校に入学し、永井君とは離れた生活を送っていました。けれど永井君と中学から仲の良かった同級生がいて、その彼が時々私と会うと永井君の近況を知らせてくれました。
    「あいつ、真面目に学校行ってるぜ」
    と、言っていたので、私はホッとしました。

     ところがある日、その彼が
    「永井、入院したって。骨肉腫っていう病気で、左足を切断するって」
    と、知らせてくれました。それを聞いた時、信じられませんでした。でもその後、
    「この間行って来たけど、本当に足、切断した。でも元気だったよ」
    と聞きました。
     私と永井君は特別仲が良かったわけではありません。しかも家庭の事情も複雑なので、お見舞いに行った方がいいのか、行かない方がいいのか、判断できず、そのまま時間が経過してしまいました。
     その後、永井君はどうにか復学をしたそうでした。けれど数ヵ月後、再発し、最後はお母さんの所に行って息を引き取った、という事でした。17歳でした。

     「薄幸」という言葉があるけれど、あんまりの運命のように思いました。
     一つ、私が良かった、と思った事は、永井君に私の友達が告白した事です。彼の短い人生に、ほんの少しでも色が入ったような気がして。結果はどうであれ、人が人を好きになる事、そしてそれを伝える事は素晴らしい事だな、と思いました。

     彼が本当に幸が薄かったのかどうか、それは私にはわかりませんが、私は彼が幸せになる姿が見たかったです。彼の人柄にふさわしい人達に囲まれて、愛情に包まれた様子が見たかったです。

     今でも年に数回、急に永井君の事を思い出す事があります。
     勇気を出してお見舞いに、行っておけば良かったな、と思います。きっと喜んでくれただろうに、と。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。   
    スポンサーサイト

    進まないアトピー治療

     この間、NHKでアトピーを取り上げた番組をやったそうで。
     私は見ていないので、番組HPを見てみました。
     なんか、なーーーんにも新しいもの、ありませんね。
     この停滞ぶり。。。10年以上前と変わったのかなぁ。変わった気がしません。

     民間治療においても、どれも似たか寄ったかで、相変わらず。

     よく渡米治療を「最後の砦」にして、出来る事から、と、間違った治療にあえて突入して行く方もいらっしゃいます。とても、とても残念です。
     なぜ「最後の砦」としてしまうのでしょうか。
     時間もお金も、返ってきません。あなたの人生は誰よりも何よりもあなたにとって貴重なものの筈なのに。

     ちょっと苦しかった時の話。

     私は若かりし一時期、アトピーだけでなく、人生に行き詰った時がありました。目を閉じても目を開けても世界は闇って感じで、そんな事ってあるんだ、とびっくりしました。
     そんな時、セラピー系の本を読んで、実践した事があります。
     その時に結構効果的だった方法。

     鏡に向かって、何かポジティブになるような、そんな言葉を自分に向かって3回唱えるんです。
     私は確か

    「私は幸せになる価値がある。」

     そう唱えたと思います。朝・晩、毎日。
     
     昔の私は、自分は幸せになる価値がない、そんな風に考えていました。
     だから幸せな状況にあっても信じる事が出来なかったり、自分にお金を遣ったりする事が出来ず、いつも自ら不幸を見つけ出して、あるいは作り出して、拡大してしまうような癖がありました。
     この世が闇のようになってしまったのは、そんな自分に思いっきり行き詰った結果でした。

     呪文のように唱えた言葉は、いつしか言わなくなりました。もう自分の中に定着したようです。

     私にも幸せになる価値があったように、あなたにも幸せになる価値がある筈です。
     自分を幸せにする事を怠らないようにして欲しいです。
     そして、あなたの幸せを大切にしてくれる人達と仲良く、互いを大切にし合いながら暮らしていって欲しいと思います。
     あなたの幸せを大切にしてくれる人は、残念ながら血を分けた家族ではなかったりします。それに気が付いたら、距離をとる事をお勧めします。20歳を過ぎたら、私たちは自由です。親子の縁を切ってもそれはいいのです。もし再び互いを受け容れ合える時が来たら、その時にまた付き合いを始めたらいいのです。そしてもしその時が来なければ、この世での縁はそれまでだった、という事でいいでしょう。私たちは神や仏ではないのですから。

     何か、ちょっとこんな事書くの、恥ずかしいなぁ。。。
     私にとってはこっぱずかしい人生の一ページですが、この時がなかったら今の自分はあり得ない、そんな一ページでもあります。私が当時、誰にも言えなかった様に、誰にも言えずに悩んでいる人がもしいたら、と思って、流れで書いてみました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。   

    香港に

     香港に3泊4日で旅行に行ってきました。
     香港は2度目です。前回は中国返還前でした。

     私は香港に行って一番楽しみにしていたのは「お粥」!
     最初に行った時に香港のお粥のおいしさを知りました。日本のお米で作るお粥はおいしいとほとんど思った事がありませんが、香港のお粥は別物で、すごーーくおいしいんです。お米の種類が違うせいだと思うんですけどね。だから今回は何回お粥食べられるかな?と思っていました。
    粥
     典型的なお粥はこんな感じ。油揚げみたいのをお粥に入れながら食べるのです。そのまま食べてもおいしいです。
     今回気に入ったお店はここ。2回も行きました。
    粥 場所
    地元の人で混んでいたので入ってみました。日本語メニューも英語メニューもなかったので、わずかに知っている言葉を頼りに適当に頼みました。
    粥 2
    ここで頼んだお粥です。
     魚の皮を揚げたのも一緒に食べるとおいしいと本に書いてあったので注文しました。スープと一緒に出てくるので、それにつけて食べるみたいですが、お粥に沈めながら食べてもいいです。
    魚皮

    また食べたいな~。
     お粥、毎日でも食べたいです。香港の最大の目的はお粥といっても過言ではありません。

     コンビニでマンゴー100%のジュースがあったので買ってみました。
    ジュース
     これが一本120円位かな。とってもおいしかったです。
     マンゴーはアレルギーが起こりやすい食品ですが、私は大丈夫なので良かったです。でも駄目な人はあっという間に気道が腫れてきちゃいますから気をつけましょうね。
     
     コンビニのレジで並んでいても、結構横入りされます。日本以外では生存競争が激しいですよね。自分が何がしたいのかをはっきりさせて目的に突き進まないと、いつまでたっても目的が達成されない、そんな事を感じました。
     日本人は空気を読む民族だと思いますが、このグローバル社会では、その特性を生かしつつ、他の国の人達とやり合って、しかも勝っていかないといけないんですよね。何がしたいのか常にはっきりさせる、その為には他人がどう思うとある程度無視する、変な事言われてもくよくよしない、そんな事を思い出しました。
     逞しくならねば!と思いました。
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。