プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    不妊治療1

     友達が複数回の流産を乗り越え、ようやくどうにか育ちそうな妊娠となった雰囲気です。
     というわけで、不妊治療の話。

     私がわりと不妊治療をした事をあっさり話すので、友達も結構普通に話してくれますが、その時、
    「なかなか話せなくて」
    と何度か言われた事があります。みんな、不妊の事というか、子供をどうするか、という事を話す場所がないのかな、と思いました。
     
     私の事ですが、まず、夫が子供についてどう考えているのかわからない、というのがありました。その悩みは結構あるようで、
    「欲しいって言ってくれれば、すぐに病院に行くんだけど」
    という友達は多かったです。不妊治療は旦那さんの協力が必要だし、お金もかかる事なので、なかなか奥さんの方から言い出しにくい、とか、聞いてもはっきりしない、という人は多いようです。
     確かに旦那さんが不妊治療に協力してくれないと奥さんが空回りになってしまいますし、入れ込みすぎて夫婦関係に亀裂が入るのでは?という心配もあるようです。

     私の場合、ストレートに聞く事にしました。 
    「赤ちゃん、どうする?」
    と、質問しました。ところが夫の態度は「はっきりしなかった」の一言です。。。(私の結婚物語参照・・・)
     で、私はそんな返事は想定内!というわけで、さっさと病院に行きました。年が年でしたから、とりあえず治療を始めてみて、夫の態度を見ながら決めればいいかな、と。

     で、夫の態度は結果、あまり協力的でなかったと言えます。
     それで何となく、この人はそんなに子供が欲しいとは思っていないんだな、と感じました。
     それから程なくアトピーが悪化し、治療中断に至り、完治後、不妊治療をどうするか確認したところ、
    「ま、このままでいいんじゃない」
    という言葉を聞く事が出来たので、治療再開はやめました。
     私自身もその時既に35歳を超えていたので(夫は38歳)、ダウン症など障がい児の発症率を考えると、そこまでリスクをとって子供が欲しいかといえば、それはどうかな、と思っていました。ただ夫が欲しいと思っているのであれば、作るのは私の仕事と思っていました。
     
     不妊治療開始の時期も悩むところだと思いますが、不妊治療に行ってまず思ったのが、年齢の壁でした。
     今ぱっと見たこのHPによると
     引用始め
    「体外受精の成功確率を見てみると、妊娠成功率は20~40%だと言われています。 体外受精を得意としているクリニックもあり、成功率が30%以上だと評判がいいほうだと認識してよいと思います。ただし、成功率は年齢に大きく依存します。30代前半までですと、成功率が40%と誇るクリニックも中にはあります。2回以内で成功する人が8割ということです。ただし、30代後半は平均して10%程度まで低くなると言われています。(クリニックによってはもっと高いところもあります)」
    引用終わり

     と、書いてあります。私が行っていたクリニックでは成功率が貼り出されていて、それは年齢によって区切ってあり、年齢によって差がありました。特に35歳を境にしていたように覚えています。
      
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
     
     
    スポンサーサイト

    成長したい

     結婚して、アトピーも良くなり、生活パターンも落ち着いて、そして40歳にもなりました。子供も持つ予定が無いので、とりあえず今は自分の時間が持てるようになりました。幸せな事です。
     結婚前は専業主婦になりたかったです。アトピーが酷いままやせ馬に鞭打つように仕事をしていたので、夫に甘えて暮らすのが夢でした。それらが叶い、今、落ち着いて暮らせる状況にとても感謝しています。
     けれど、そろそろ成長しないといけないような気がしてきています。
     「成長」とは人間の本能じゃないかな、と思うようになりました。成長しようとしない人や何からも学ぼうとしない人って何かが歪んできてしまうように思うんですよね。そう思うと私も何かを学んで吸収して人生の駒を進めないといけないだろうと感じるようになりました。
     幸い私の両親も夫の両親も今は健康でいてくれるので、介護なんかが始まらない内に大急ぎで始めないといけないかな、と。なんか最近「頑張る」事を忘れていたように思います。
     現在は過去から作られています。という事は、本当は未来は今からの積み重ねが鍵を握るんですよね。
     
     私は自分の成長に欠かせないものは本だと思っています。知り合いからだけの知識じゃ到底足りないし効率悪いですから。
     今まで自分が読んできて今も捨てられない本なんかをちょっと紹介してみようかな、と思います。


    以前もご紹介しました千葉敦子さんの著書です。キャリアウーマンに憧れました。この本は時間管理に関する事とか触発される事満載です。高校生の時に手にしてから、ずっと手元に置いてあります。今の私という人間を作った物の一つ、と、はっきり言える本です。何度も何度も読み返して、擦り切れかかっています。最も影響された本です。


    数ヶ月前に読んだ本です。夫が書店で何気なく買ってきて、私が一気読みしました。2006年のワールドカップでジダンが頭突きした事件を覚えている人も多いと思います。なぜだったのか?そんな事からムスリム(イスラム教徒)について少し知る事が出来ました。今、世界の覇権地図が変わろうとしている時なので、読んでいて良かったな、と思ったのでお勧めです。わかりやすくてすぐ読めます。


    桐島洋子さんの著書はかなり読みましたが、この本が一押しです。料理のレシピ満載で、桐島洋子さんの個性が溢れています。雄雄しくなれる感じ。昨今の料理本が写真ばかりで貧相なものに思えてしまいます。写真なしの本なので凝縮された文章から料理を想像するのがすごく楽しく、実際いくつもこの本から料理を作りました。今やバイブルとも言えます。


    山崎豊子さんの小説はまだ全部読破できていませんが、全部お勧めです。社会派小説が有名ですが、初期の作品の方が文章が美しいように思います。どれがいいとは言えませんが、「沈まぬ太陽」とかは有名なので、あえて初期作品のお気に入りを挙げてみました。


    この本、実は中国の話というのを全く知らずに手にした本でした。ベストセラーになっていたのは知っていましたが、ベストセラー本に興味が無いので、図書館で手にするまであらすじなど全く知識が無かったです。少女小説チックなバレエの本かなぁと。。。
    でも読み始めてとんでもなかった事がわかりました。うっかりこの本を読んだおかげで中国について知る事が出来ましたし、山崎豊子さんの「大地の子」を読む気にもなれました。結果思わぬ「中国入門」の本になりました。
     少し前にNHKのBSで「近代中国に君臨した女たち」という番組をやりましたが、この本を読んでいたせいもあり文化大革命など実際の映像で見られて強烈でした。ちなみにこの番組、お勧めです。私は「ラストエンペラーの妻、婉容」が興味深かったですね。解説の先生達もとてもわかりやすくて良かったですし。これを見て、韓国ドラマ「宮」のシーンで宮廷内で自転車に乗るシーンなんかは、溥儀たちの暮らしから演出を考えたのかな、なんて想像しました。


    「バカの壁」は読んだ事ないですけど、この本は頂いて読みました。難解な本なので時間はかかりました。「社会とは、すなわち脳の産物である」という事が発見でした。頭が変われば全てが変わる、じゃないですけど、今のまま一生いる事は不可能なので、これからは頭で考える事を意識して、より良い未来を作れるようにしたいと思います。


    光野桃さんの本は文章がすごくきれいです。雑誌の編集者として活躍していたそうで、漢字を使うバランスとかまで気が配られているそうで、美しさが漂います。私はオシャレでもなんでもないですが、この本を読んでから「自分らしさ」みたいなものを意識するようになりました。
    アトピーでお洒落どころじゃなかった時代に何度も何度も繰り返し読みました。


    昔はやったんですよね。この中の絵を切り抜いてトイレに貼っているという人がいて、真似しています。今回のテーマ「成長」にはまるで無関係ですけど、紹介したくて。アマゾンで中古本を買いました。もう安いので、惜しみなく切り取れます。3Dになるまで時間がかかりましたが、出来る様になりました。目を使う人のお勧めです。

     ネットをやるようになって書籍を読む量が減りました。でもまた増やしていこうと思っています。今回ご紹介したのは、今まで読んで印象に残っているものなので、どれも結構古いです。まだまだ挙げるとキリが無いのでこれでやめておきますね。
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 

    追記

     桜さんから手袋の情報を頂きました。

     ポリエチレンはアレルギー反応が起こりにくい物質で、治療に使われる保湿剤のプラスティベースにも使われているそうです。なので手袋の素材でポリエチレンのものがアトピーの手湿疹には安全性が高いそうです。
     ビニルに使われているニトリルという成分は、逆にアレルギーを起こしやすいそうです。なので表示で「ニトリルフリー」とあると良いようですが、日本の製品には少ないかも、という事で、購入時、成分表示をしっかり見てみてくださいね。
     
     綿手袋ですが、使い方によっては手湿疹の改善や予防に役立ちます。
     例えば、雑菌がたくさんいる所を触らなくてはならない時、電車のつり革だったり、スーパーのカートやかごだったり。そんな時は、綿手袋をした方がいいです。
     綿手袋+ゴム手袋も、手が汗をかかない程度なら大丈夫ですし、汗をかいたらすぐにはめかえる、などにすれば問題なく使えたりします。
     あくまで状況に応じて、何を目的に手袋をするのか、をしっかり意識した上で使えば大丈夫です。

     綿手袋について、少し誤解が生じる表現になったかもしれません。
     ご注意ください。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
      
     

    手袋

     アトピーの人は雑菌に弱いので、手袋を利用している人も多いですよね。
     アトピーに綿の手袋、は、定番ですが、目的をきちんと持って、手袋の素材や状況を選びましょう。いつでも綿手袋、は、逆効果な事もありますので、ご注意を。

     まず手湿疹の原因が何かを把握しておく必要があります。
     雑菌が原因なのか、アレルギーが原因なのか、です。

     渡米された患者さんの桜さんの場合は、綿手袋をやめて劇的に良くなりました。
    というのも、元々彼女が炊事の全てを綿手袋+ゴム手袋で行なっていたからでした。フライパンで煮炊きをする時もそのスタイルでやっていたので長時間に渡ってしまい、 熱で手が汗をかき雑菌が繁殖、そして汗で綿手袋が濡れてしまい、更にそれによってゴムの成分も溶け出して手に付着して悪化、そういう状況だった事が想像できます。
    そこでドクターから、そのスタイルをやめて、洗い物をする時だけ、直接、ビニル手袋をするように、という指示だったと思います。

    こんな風にいつでもどんな時でも手袋がベスト、というわけではありません。

     綿手袋は、通気性はありますが、その分、雑菌を通す事はゼロではありません。 濡れれば飛躍的に雑菌を通します。 濡らす、あるいは汗をかいて濡らす、という事により、雑菌の温床になる事もあります。
    雑菌は水分と有機物がある所に集まりますから、濡らす事と汚す事がもっともリスクを高める事になります。 また洗濯洗剤が合っていない場合、 綿手袋の洗濯に使った洗剤成分よって湿疹の原因になる事もあります。(新品は揮発性のクリーニングみたいな成分が付いていますから、これもアレルギー→アトピーの原因に)
    これらの理由から、綿手袋は洗剤の問題がない、濡らさない、濡れたらすぐに手洗いし、きれいな綿手袋にはめかえる、長時間同じ物をはめていない、という事が絶対条件になってきます。
     また綿手袋は通気性があるので、通菌性もあると思った方がいいと思います。
     そう思うと、そもそも綿手袋の目的は何なのか?それがはっきりしている時だけにした方が、むしろ無難ともいえます。
     私も帰国後、使っていましたが、あまり長時間・長期間では無かったです。保湿剤でべとべとになるので、その手から家の物を守るため(笑)、という事が多かったです。でも蒸れてきちゃうので(蒸れると雑菌が繁殖)、掃除機をかけ終わったら外す、などにしていました。

     ビニル・ゴム・シリコンなどの手袋は、通気性も通水性もありません。 その分、外からの雑菌や接触性の成分からは身を守る事が出来ますが、手から出る汗が内部に溜まり、また汗で蒸発するべき水分がそのまま水分となって、中に溜まってしまいます。
     手は元々雑菌がたくさんいますから、汗が出た状態が続けば、手袋の中の汗で雑菌は大繁殖できます。
     また濡れた状態が長時間続けば、皮膚がふやけた状態になるので、皮膚にとっては良くないです。
     ただ利点もあります。外部の菌も通さないし、洗濯洗剤の問題もありません。
     手袋の素材の成分に問題がなければ、状況によってはこちらの方が安全性が高い事もあります。手に密着するタイプのものであれば、おむつ交換や調理などの細かい作業はスピーディに素手と変わらない状況で行なえるので、結果的に皮膚に安全という事もありえます。
     こういう場合、サイズが命です。ぶかぶかのものを使うと作業がし辛く、また手袋内に空気がたくさん入って汗もかきますから、 汗+空気中の雑菌、という事で、雑菌繁殖の培地になります。
     なので例えばごく短時間、例えばひき肉をちょこっとこねる程度なら、その目的が油を手に付けない、という事であれば いいかもしれませんが、長時間のパン捏ねには不向きという事になります。

    密着タイプの手袋は主にゴムで出来ているものが多いですが、他の素材もあります。
    http://www.bizkura.jp/spl-campaign/sanitary_gloves/index.html
    中のパウダーが合わない、という人もいますので、パウダーフリーの物もあります。(一般に入手可能かはわかりませんが)

     私はゴムアレルギーとかないので、基本的には何でも大丈夫です。中に着脱しやすくするためのパウダーが付いている事が多いです。なので私は使用前にワセリンを塗ってから手袋をはめます。おかげで手袋を約4時間、交換しながらですがほぼ付けっ放しですが、手湿疹を出現させる事なく仕事が出来ています。(ワセリンを塗ってから手袋、というのは医療現場では本当は駄目な行為なのですが、手湿疹の手で患者さんに触れる方が危険行為だと思います)

     手袋のサイズは、小柄な人ならSSがお勧めです。Sサイズだとちょっと大きいです。SSは見つかりにくいですが、作業のしやすさと密着性を重視するためには、サイズフィットは大事な事です。

     通気性の無いゴム・シリコン・ビニルなどの手袋は、おむつ交換などの不潔な場所を触らなければならない時、掃除の時、調理の時、などが主な使用場所になってくると思います。そして当然ですが、手袋を外した後、きちんと手洗い保湿はしてください。

     手袋をはめる目的、それに合った素材、はめている時間など、状況に応じてうまく手袋を使っていくと、手湿疹予防に効果的です。
     ちなみに私は、自宅ではほとんど手袋を付けません。換気扇の掃除などの汚れ仕事の時とひき肉をこねる時だけ、使い捨てのゴム手袋を使用します。でも手が乾燥しないように、気をつけています。



    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
     
     

    働ける体に

     以前、私が株を少しやる、という事を書きました。株を通して経済について、少し知るようになりました。
     正直、日本の未来は残念だけれど明るくない、と思います。菅内閣の不信任が否決され、今、大急ぎで消費税増税へと向かっています。今後は更に中間所得者層、特にサラリーマンを狙い撃ちにした増税あるいは年金・保険料の引き上げなどが決められるだろうと考えています。また日本は少子化で未来の担い手がいません。海外から投資も呼べなさそうです。
     アメリカも中間所得者層がかなりやられていて、貧困と金持ちに手厚い国と聞きます。日本もこのままなら追随してしまうだろうと思います。
     米国債がデフォルト(債務不履行)するんじゃないか、という懸念を払拭できません。そうなったら、世界は大変な事になり、また日本円はドルと心中すると言われています。つまり原発の補償額の比ではない金額の痛手を被るだろうという事です。まさに日本沈没的な経済混乱です。
     小沢氏はこうした問題を回避するために、国の方向転換をしようとしています。けれどそれを潰そうとするアメリカの力と既得権益層の総攻撃によって、小沢氏は沈められようとしています。今の政治はそういう構図だろうと私は見ています。

     米国債が相当まずい、ドルも相当まずい、といった状況で世界は実は時限爆弾を抱えている状況なのかもしれない、と思っています。
     夫は「そんな事になったらとんでもない事になるから、そんな事は起こらないよ」と言いますし、起こらないという見方もあります。
     でももしそんな事がもし起こったら、日本はとても貧乏な国になります。そんな事が年内にも起こるんじゃないか、という風に言う人もいます。多くの人が渡米治療どころじゃなくなるだろうと思います。

     私は最悪の事態は想定しておきたいタイプなので、そんな事が起こったらどうしよう、と考えてみました。お金がない事は大変な事だけれど、私は体が健康だったら何とかなるんじゃないか、そう考えています。自給自足の暮らしスタイルにする事も、海外に働きに出る事も可能です。考えてみれば、みんな一気にお金がなくなるので、それはそれなりに暮らしていけるだろうと思います。
     けれど体がアトピーが酷いままだったら、にっちもさっちも行かない状況になります。

     時々、30代あるいは40代で派遣で働いています、独身です、アトピーが辛いです、治療に行きたいけれど、行ってしまったら帰国後、仕事はないだろうと思うので、怖くて行けません、という方がいらっしゃいます。
     私は行くべきだろうと思います。私だったらやっぱり行っていると思います。どの道、働けないほどに悪化すれば仕事はやめざるを得ません。その時は今より年をとっていて、治る速度も今よりは落ちます。その上再就職も今よりも難しくなるでしょうし。
     渡米してとにかく治して、すぐ婚活して結婚をする道を私だったら選ぶと思います。結婚は「永久就職」と言われるほどですし、もし女性で子供を持ちたいのならどちらにしても「仕事」をどうするのかは、アトピーがなくても考えなくてはならないです。
     経済的にも一人暮らしなどの少人数世帯は効率が悪いのです。お金がないのなら2世代3世代の同居、という家族スタイルにならざるを得ません。結婚は「夢」や「憧れ」のためではなく生きるためにする、という覚悟も必要です。結婚は元々、そういうものだったのではないかとも思います。
     とにかく今以上の悪化が今後起こらない、現状のまま数十年生きていく事が出来そうで、なおかつ他の問題が起こってきても体力的にOKというのであればそのままでもいいかも、と思いますが、そうでないのなら、行動した方がいいと思います。

     国の将来はばら色ではないだろうと思うと、何色になっても生きていけるだけの体と根性だけは、一番作っておかなくてはいけないのではないか、そんな風に思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。