プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他の患者さん7

     先日、治療を受けた方からご結婚のご報告を頂きました。
     結婚までのエピソードなど、あまりにドラマチックで記事に書かせてください、とお願いした所、ご快諾を頂きました。

     彼女は46歳女性の方で、去年の講演会でミニスピーチをされた方です。ひょっとしてご記憶にある方もいらっしゃるかもしれませんね。
     2009年の冬頃の治療チームだったと思います。
     
     ご結婚された旦那様とは、なんと治療渡米中、足を伸ばしたシアトルのスターバックスで偶然隣りに座っていた6歳年上のアメリカ人、との事です!!!!
     その時は5分程度の会話で名刺の交換をしただけだったという事ですが、そこから愛を育まれ、今年6月にご結婚されました。
     写真も見せて頂きましたが、とても美しいお二人の写真でした。穏やかで幸せのオーラが写真から放たれていました。感動しました。

     それにしてもそれにしても、こんな事ってあるのですね。
     「アトピー 冷え」というキーワードから私のブログがヒットし、そこから渡米治療、そしてご結婚、と、人生が大きく転換されました。本当に映画のような展開です。
     彼女の幸せのきっかけに私のブログがなった、というのは、私にとってとても嬉しく誇らしい事でした。

     写真に写っていた彼女は、去年の講演会の時より更に皮膚の状態が良くなり、色がワントーンもツートーンも明るくなっていました。

     彼女からのメールの一部を転載します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ゆかりさん、
    人生ってほんとにわからないものですね。

    皮膚が最悪だった時期、
    人生をのろって、自分にも誰にも優しくできず
    ただただ悲しみと怒りにさいなまれていたことなんて、
    今ではもう思い出せなくなりました。

    Life is beautiful !

    今こうしている間にも、ひとりでも多くの仲間が
    正しい治療にたどり着いて
    人生を取り戻すことを、願ってやみません。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    アトピーアソシエイションが来月、講演会を行います。
    今年は大阪なんですよね。

    AAJのHPから転載します。以下

    日時;11月6日(土)
    受付開始:9時50分
    講演開始:午前10時15分~午後2時45分

    会場:大阪 阪急ターミナルスクエア・17 ふじ  
    費用:患者の会の方,治療後の方,新規の方共に無料

    内容:
    1,ドクターから最新のアトピーケアについての講演 whats New
    不正常なフィラグリンと肌のバリア:
    アトピー性患者が不正常なフィラグリン構造を持っていることが解明されてから肌のバリアの役目が次々と研究されております。

    2,セルフケアの確認
     ・帰国後のスキンケア,お風呂,ハイターのお風呂,プラスティーベース,
     ・お薬,クラリティン,ドキシピン,ムピロシン,バクトロウオッシュ等
     ・アレルギー注射の継続,エピペン
    3,ケーススタディ
     ・許可をいただいた患者さんの治療前,治療中についてドクターが解説をされる予定です。
    4,治療後の患者さんからのミニスピーチ
    5,明石から治療後の方の心理ケアについてアドバイス
    6,交流会

    *ランチタイムをもうけないで行いますので,簡単な昼食をご用意ください。

    転載ここまで

     もう一つの情報として、アトピーアソシエイションの治療の全容が収録されたDVDが製作されました。
     一人の患者さんを渡米前から帰国まで追って撮影され、診察風景、ケアや薬等、各種説明がされたDVDです。わかりやすく作られていますので、興味をお持ちの方は入手されるといいのではないかと思います。
     入手方法は、今度行われる講演会で希望して受け取るか、講演会に行かれない方は、アメリカオフィスinfo※omcllc.org(※印を@に直してください)にDVD希望のメールをしてくださいとの事です。無料で送ってきてくれるそうです。
     このDVD私も見ましたが、実際の治療風景なので現実感があります。一見の価値はありますよ。
     後日、一度記事に取り上げたいと思っていますが、この治療に興味をお持ちの方はご覧になるといいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    スポンサーサイト

    他の患者さん6-3

     他の患者さんのお話、続きです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     2回目のショートバーストが終わるとぐんと調子が良くなったので、治療後約半年たったころ、少しずつ外出する機会を増やしてみました。
     習い事を再開し、久しぶりに友達と会えたときは本当に嬉しかったです。
     帰国後初めて迎えた冬は、ほとんど悪化することなく乗り越えられました。セルフケアのおかげだと思います 。本当にシンプル(お風呂に浸かって保湿するだけ)なケアなのに、ドクターの治療はすごいなって改めて思いました。

     必死な思いでアメリカに行って1年、今年の春は綺麗な桜を見ることができました。
     良くなったら思いっきり汗をかきたいと思っていて、ずっとやりたかったダンスを始めました。
     まだ時々薬は必要ですし、ケアを怠ると何かしらあります。でも肌が丈夫になってきて、アレルギーの反応もでにくくなってきました。
     何より、やりたかったこと、諦めてい たことができるというのは本当に幸せなことです。生きてるって思えます。この喜びは何にも変えられません。ドクターに出会えたこと、そして私をこの治療に向かわせてくれた先輩患者さんたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

     夜ぐっすり眠れる、思いっきり体を動かせる。

     普通の人がごく当たり前にできることが、私たちアトピー患者にはできないことだったりします。それを理解してもらうのは難しく自分も傷つきます。
     私も何がそんなに辛いのと聞かれたことがあります。すごくショックでした。辛くて苦しくて涙なんてもうどれだけ流した か分かりません。一生このままなら死んだほうがいい。ずっと早く死にたいと思って生きていました。

     でもアトピーは発症させないことは可能な病気で、しっかりとした治療を受けられれば苦しまなくていいのです。
     それをドクターに教えてもらいました。
     取り戻したい昔は帰ってきませんが、人生いつでもリセットできます。
     私は決して若いと言える年齢ではありませんが、そう信じてこれからも色んなことに挑戦してい きたいと思っています。
     そして、私が沢山励ましてもらったように、私も少しでも今頑張っている患者さんの励みになれればいいなと思います。一人でも多くの患者さんに、ゆかりさんの言うように完治を勝ち取って、今後の人生希望を持って歩いていってほしいと思います。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     Jさん、ありがとうございました。
     私は一度に全文を読ませて頂きましたが、感動しました。
     置かれている状況は人によって違いますが、似たような症状で苦しみ、周囲と自分の状況とのギャップ、あるべき姿とのギャップ、みな重なる部分は大きいと思います。
     
     現在進行形で苦しんでいらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。私も一刻も早く、多くの方々が苦しみから抜け出し、生活が「楽しい」と感じられるようになられる事を切に願っています。

    追記:

    アトピーアソシエイションが来月、講演会を行います。
    私も参加の予定でいますので、この機会を逃さず参加される事をお勧めします。
    もう渡米して、もう治っちゃったんだけど、という方も、参加をお勧めします。
    というのも、アトピー体質自体は変わらないので、維持するモチベーションを保つ事も
    大切な事ですし、行けば行ったで毎回新しい事を聞けます。
    行って後悔する事はないと思いますよ。
    AAJのHPから転載します。以下

    日時;11月6日(土)
    受付開始:9時50分
    講演開始:午前10時15分~午後2時45分

    会場:大阪 阪急ターミナルスクエア・17 ふじ  
    費用:患者の会の方,治療後の方,新規の方共に無料

    内容:
    1,ドクターから最新のアトピーケアについての講演 whats New
    不正常なフィラグリンと肌のバリア:
    アトピー性患者が不正常なフィラグリン構造を持っていることが解明されてから肌のバリアの役目が次々と研究されております。

    2,セルフケアの確認
     ・帰国後のスキンケア,お風呂,ハイターのお風呂,プラスティーベース,
     ・お薬,クラリティン,ドキシピン,ムピロシン,バクトロウオッシュ等
     ・アレルギー注射の継続,エピペン
    3,ケーススタディ
     ・許可をいただいた患者さんの治療前,治療中についてドクターが解説をされる予定です。
    4,治療後の患者さんからのミニスピーチ
    5,明石から治療後の方の心理ケアについてアドバイス
    6,交流会

    *ランチタイムをもうけないで行いますので,簡単な昼食をご用意ください。

    転載ここまで



    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。