プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他の患者さん6-2

     お待たせしました。他の患者さんのお話、続きです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     アメリカに着くまでは、痛い痒い体でパッキングしたり飛行機に乗らなくてはならず大変でしたが、ドクターを訪れたときは安心感でいっぱいでした。
     アメリカで受けた治療は、日本での治療とは全く向き合い方の違うものでした。アトピーという病気について、そのメカニズムなど初めて色々と知ることができました。
     アレルギーとの関連性についても説明を受け、保湿の大切さや生活の中のトリガーについても話をし、気をつけなければいけないことが明確になりまし た。もし今までにこういうことを知っていたら、防げた悪化もあったのにと思うと悔しくなります。
     滞在中は夜もぐっすり眠れ、保湿を頑張ったこともあり、1ヶ月でぐんぐん良くなりました。また、ケアホームでの他の患者さんとの交流は、今まで話せなかったことなども素直に話せ、とても有意義な時間でした。周りに相談できる人がいるのがとても心強かったです。

     帰国してからはトリガーとの戦いです。
     エアコンや布団の買い替え、乾燥機の購入、雑菌や皮脂汚れなど眼に見えないものも意識するようになったりと沢山の変化がありました。私は服に覆われている部分のほうが酷かったので、洗濯や衣類は特に気をつけあれこれ奮闘しました。
     そして帰国して1ヶ月後に会社に復帰。
     私のアトピーは、今の会社に入ってから悪化していたため、職場の環境はかなり心配でした。おまけに復帰する直前に汁が再発したこともあり、もう不安で不安でしかたありませんでした。
     いろんなことが気になって仕事もうまくできず、やっぱり働くのはまだ無理だったなと思ったのですが、私の 会社はありがたいことに、個人の事情を受け入れ、働き方を提案してくれるような会社だったので、思い切ってあれこれ言ってみることにしました。
     「この業務はアトピーが酷くなるからできません」とか、「掃除をさせてください」といって休日に掃除をさせてもらったこともありました。
     そして復帰してしばらくは、アレルギーの 症状が酷くなる前に帰れるよう時短勤務にしてもらっていました。おかげでアトピーについての相談もゆっくりでき、自分自身や症状と向き合う時間も持て、不安だった心もだんだんと落ち着きを取り戻していきました。
     もちろん、色々と周りに負担もかかるし、どこまで言っていいのだろうと悩みました。でも自分を守るべきとき は守ろうと思って話をしました。
     今ではオフィス絨毯の掃除機がけを週一で業者に頼んでやってもらうことになり(以前は四半期に一度)、高額にもかかわらず掃除機も排気の綺麗なものに買い換えてもらい、空気清浄機も置かせてもらっています。埃が気になっていた箇所もだいぶ改善してもらえました。話をしてよかったなと思 います。

     復帰して3ヶ月くらいは、カビやハウスダストなどのアレルギーの影響を考え、毎日マスクをして会社に行き、今でもですが、埃っぽい場所に行くときは保護めがねで瞼もガードするようにしました。
     外出すると確実に悪化したため、しばらくは病院と会社以外はほとんど自宅で過ごすという引きこもりの生活をしていました。外に 出られない辛さはありましたが、おかげでケアに集中できたんだと思います。
     調子が悪く落ち込んだときは、他の患者さんとメールしたり、AAJに相談したりして元気をもらいました。今まで私の周りにはそういう人はいなかったので、他の患者さんとの交流をもてるようになっただけでも、この治療の意味はあったなって思えます。


    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    他の患者さん6-1

     昨年、春に渡米して治療した34歳の女性の方が、体験談を書いてくださいました。ご結婚はまだの方で、お仕事の休みを取って渡米、帰国後は仕事に戻り、完治状態までは仕事をしながら辿り着いた方です。
     職場の環境はアトピーにとって悪い事が多く、仕事を続けながら完治を目指すのは大変な事ですが、ようやく辿り着かれたという事なので、どんな努力によって完治を勝ち取ったのか、そういった事をお聞きしたいと思いました。
     今はお仕事に、そしてプライベートで、とても充実した毎日を送っていらっしゃるとの事で、私も本当に嬉しく思います。
     去年講演会でお会いした時、既に完治状態と思えるほどの状態でしたが、服で隠れた所などご本人的にはまだ苦労されているとおっしゃっていましたが、ご自身でもOKが出せるほどになられたそうです。
     目がきれいで体つきはしなやかな、そして清楚な印象の方でした。きれいな方でしたので、婚活にシフトすれば、すぐにお相手が見つかりそうです。もうアトピーだったなんて、信じられない状況ですし。

     さて、ここからは彼女自身の言葉で。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     渡米治療との出会い、今に至るまで。


     治療後1年と数ヶ月が経ちました。私は今とても充実した毎日を送っています。
     アトピーで苦しんでいたことが嘘のように毎日動ける。毎日眠れる。旅行にだって行ける。心から楽しめる。それもみなこの治療に出会ったおかげです。

     2009年春、きっと桜の花が散り始めていただろう頃、私はアメリカへ飛び立ちました。
     あの頃は一日が辛く長く、「あともう少しで治療に行ける。そしたらこの苦しみから解放される」それだけを思って必死に耐えていました。

     私のアトピーが発症したのは3歳くらいだったと思います。
     それから17歳まで、日本の病院を転々としていました。もちろんステロイドを使用しての治療です。
     18歳になる年に、それまで続けていたステロイド治療を止め民間療法に走りました。ステロイドをずっと使用し続けることは危険だと聞いたからです。
     すると、今まで症状が出ていなかった箇所にも出始め、気がつけばあっという間に全身に広がっていました。20代前半は頭から足の甲まで症状が出ていて、何も出ていなかったのは足の裏くらいでした。

     ずっと働いてはいたのですが、汗をかく夏場や、症状が悪化して動けなくなった時などは、何度が長期休暇を余儀なくさせられました。
     一旦出てしまった症状は、季節に関係なく常に醜い状態が続きました。あれこれ色んなものを 試し、一旦酷かった症状が落ち着いた時期もあったのですが、また再発し徐々に悪化していきました。
     31歳の年に、訳あってどうしても良くしたかったこともあり、10年経っていれば治療も変わっているだろうと十数年ぶりに皮膚科に行きました。でも結局またリバウンド。10年経っても治療は変わっていませんでした。
     同時期に目薬でもリバウンドが起き、気がつけばたった一夜でまた醜い状態になってしまいました。そのまま症状が良くなることはなく、治療直前の冬、乾燥で一気に悪化したアトピーは、もう何の希望も持てないくらい絶望的で、毎日ただひたすら耐えるだけて過ぎていきました 。

     そんな時、アメリカでアトピーを治すというこの治療に出会いました。

     最初はお金の問題もありどうしようかと悩んでいたのですが、もう悩む気力も持てないくらい疲れきってしまい、両親に相談し、カウンセリングを受けに行くことに決めました。私の周りにこの治療を受けた人が誰もいなかったため、ちょっと不安だったのですが、暖かく迎えてくださった明石さんに会い、そんな悩みはすべて吹っ飛びました。そして、この治療なら治るかもしれないと思った自分のインスピレーションを信じ、翌月に渡米することを決めたのです。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    シャンプー

     先日、渡米して治療を受けた方が帰国され、新しいケア用品を教えてくださいました。
     
     まずシャンプーですが、exederm(エクセダーム)シャンプーです。エクセダームという会社が出している商品です。

    exederm.jpg
     
     ドクターマセソン推奨だそうで、かなり低刺激だそうです。そのためか、あまり泡が立たないのでちょっと使いづらい点はあるようですが、良いようです。
     まだ3人ほどしか渡していない、という事なのでデータが集まっていないと思いますが、頭皮にトラブルがある方はなかなか改善しなくて辛いようなので、シャンプーに関しては一つの選択肢になると思います。

     この商品は日本未発売なので、試してみたい方はAAJのアメリカオフィスに相談してみてください。

     あともう一つ。
    vaseline.jpg

     vaseline社のclinical therapy(クリニカルセラピー)というローションです。

     私が使っているのは、ヴァセリン社のロッキングローションですが、パッケージが似ていてびっくり。でも出すところが違います。

     このクリニカルセラピーは、ケアホーム向かいのセーフウェイで$5.99だった、という事です。日本未発売みたいですね。

     私が使っているロッキングローションとどう違うのかな、と思って調べてみました。
    http://www.vaseline.com/Carousel.aspx?Path=Consumer/OurProducts/IntensiveRescueRange/Home
     こちらのクリニカルセラピーの方が皮膚がまだ薄く、赤く痒みがある方に使えるみたいですね。

     今、円高なので、8月チームの方はケア商品購入に関して、お得だったんじゃないかなぁ、なんて思います。(治療費は円建てなので、関係ないですが)

     私は首と顔(額は何もつけず)は今でもべったりタイプのワセリンを使っています。体質的に、やっぱりドライタイプみたいなので、乾燥の季節になると、体にもワセリンを使う箇所が出てきます。
     あとはロッキングローションをザーッとつける感じです。保湿をサボると乾燥を感じるので、やっぱり必要ですね。
     中には夏場は不要になってしまう人とかもいるので、同じアトピーになっても、肌質は若干違うんだな、と思います。ま、年齢のせいも多分にあると思いますが・・。

     ケアに使うものは、アトピーには悩みの種だったりしますよね。試供品で悪化する事もあるので、やっぱりある程度信頼できる製品を教えてもらった方が、失敗率が低いです。
     皮膚やアレルギーの回復度合いによって、また肌質によって合う製品と合わない製品が人によっても違うので、皮膚の状態をよく観察してくださいね。
     また合う製品があるのなら、あまり浮気はしない方がいいかもしれません。浮気して悪化、治療に数ヶ月を要した、という事例もあるそうなので気をつけてくださいね。

     こちらの二つの情報を教えてくださったゆうさん、どうもありがとうございました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。