プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    雑感

     最近になってふと気が付いたこと。

     ヘルペス、私、夏場は良くなるんです。暑くなり始めた頃からヘルペスを感じなくなって、薬を中止しました。毎年、確かに夏場はヘルペスが楽になるなぁって思い出しました。
     そしてあっと思いました。
     渡米前、アトピーが酷かった時、夏場の方が冬よりも若干マシだったのを思い出しました。夏場の軽快は、汗のために皮膚の乾燥が少し良くなるからだと思っていましたが、ひょっとしてヘルペスだったかも。
     治療後、5年経ち、やっと気が付きました。

     アレルギー治療薬、更新しました。
     治療後5年経ったのですが、まだ花粉症の症状もあるし、2週間に1度の注射は特に負担ではないので、続ける事にしました。
     治療後5年に達してアレルギー治療を終了した方の中には、まれにですが再発する方がいらっしゃる、と小耳に挟んだ事もあり、納得できるまで続けようかなぁ、なんて思っています。

     今、病院にパートで勤めていますが、日々の仕事の事で思う事が色々あります。

     高齢の方に接する事が多いのですが、みなさん、皮膚が乾燥していらっしゃいます!乾燥で粉を吹いてしまっている方も少なくなく、見ていて辛そうです。中には痒みを感じている方もいて、、掻き傷がある方もいます。痒くて点滴を抜いてしまったりする方もいらっしゃいます。保湿するだけでかなり楽になる筈だし、冷えも改善される筈なのに。。。私は管轄外なので、何も出来ません。
     またアレルギーで皮膚が真っ赤、という高齢者の方もいらっしゃいます。
     アレルギーは高齢者にはいない、少ない、と言われていますが、本当ではありません。中高年のアレルギーとアトピーは確実に増えています。
     アルコール綿がダメ、とかテープかぶれを起こす人も結構いらっしゃいます。
     あと一つ、気になっているのが、サーフロー或いはインサイトと呼ばれるプラスチックの留置針を点滴の際使用する事が多いのですが、年間数人、どうもこの留置針にアレルギーを起こしているような感じの人を見かけます。(余談ですが、なぜか日本人は医師も患者も点滴が好きな人が多いですね。「点滴」という行為に疑問を持たない感じ。私は感染のリスク、急激に薬剤が体内に直接投与されるリスク、その他のリスクなどから出来るだけ避けた方がいい、という認識です。)
     
     ヘルペスは年間通して患者さんがいますが、やっぱり夏の始め頃は減ります。そこから夏の暑さ疲れ、冷房での冷えなどが原因なのか、盛夏はまた患者さんが増えてきます。秋から初冬、自分のヘルペスもよくうずくな~、と思い始めると、入院患者さんが増えてきたりします。
     私が勤める所は病棟なので、ヘルペスでの入院患者さんは点滴目的です。軽快していきますが、一週間程度の入院なので、完治まではあんまりいかないんじゃないかと思います。あとはきっと、外来で「ヘルペスの後遺症」とかの扱いなんでしょうね、きっと。頭が痛い~、痛い~、と言いながら退院された方もいて、きっと外来で痛み止めを出されているに違いありません。
     ヘルペス治療、何とかしてもらいたいものです。

     高齢者で重度のアトピーの方、見た事があります。もう痴呆症のせいか、コミュニケーションが取れませんでしたが、枕元には強度の強いステロイド軟膏があり、時々看護師に塗られていました。詳細はショッキングなのでちょっと書けないです。みなさん、とにかく早く治しましょう!!

     そういえば、毛嚢炎、出来にくくなりました。以前出来てたといっても数箇所ですが、脇の下なんかに2~3個、治ってもまたすぐ出来たりして、潰そうとしても潰せなくて。首に出来た事もありました。帰国後、数年はそんな感じでしたが、最近ふと、なくなった事に気が付きました。
     ただ排卵の辺りから額ににきび、或いは毛嚢炎でしょうか。そんなプチプチが出来る事があり、最初は雑菌のせいだと思って前髪を上げて清潔に気をつける程度でしたが、生理と関連がある事に気が付きました。それからは在宅の時には出来るだけ前髪を上げておくようにして、朝・夕のシャワー時、額もしっかり洗い、というのを繰り返していたら、生理前でも出来にくくなってきました。

     治療後5年経ち、昔の記憶も薄れつつありますが、ふと、思い出す事や発見する事もあり、きっと他の方にも同じ事があるんだろうなぁ、と思って、書いてみました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    あせも

     毎日、暑いですね。
     7月はすごく暑かったですよね。アトピーは完治状態で問題ないとはいえ、私はアトピー体質なのでやっぱり汗には弱いです。そのくせ皮膚が落ち着いているので着替えをサボったりして手抜きをし、脇や首など汗や雑菌で痒くなって反省、、、です。
     渡米治療組の方は、完治状態に至っているらっしゃる人たちでもやっぱり多少は不安定になったりしますので、汗の管理を見直したり、外出を控えたり、ハイター風呂を復活させたりして、みな工夫して乗り越えようとしています。普通の人だってアセモができるこの季節。アトピーもちなら無傷で乗り過ごすのは難しい、と思います。

     あせもに関してですが、アメリカオフィスからアドバイスを頂いた患者様から情報を頂きましたので、転載します。

    『 汗は、アトピーさんには大敵です。
    汗をかくと、汗がフィルム状になって皮膚に張り付いた状態になります。
    其の為あせも(バクテリアが毛穴に詰まり、にきびと同じような状態)や、皮膚の炎症が起こります。

    汗は、ハンカチなどではとれないので、必ずシャワー又は、
    それが出来ない場合は、濡らしたタオルできれいに拭い取って下さい。

    粗品などで貰う、ぺらぺらのタオルを3つに切って(端の始末をしておくと長持ちします)ジップロックに入れて持ち歩き、
    汗をかいたら、トイレなどでそれを水に濡らして、汗を拭い取ります。
    そして、使用済みを入れる袋へ入れて、自宅へ戻ってから洗濯します。
    1度使ったものは、使わず、必ず新しいタオルを使って下さい。
    10枚くらいいつも用意されると良いと思います。

    その後、ローションを薄く塗り、おしろいくらいにして下さい。
    お化粧は何度もやり直す必要があるので、夏場はポイントメークだけにされると、良いと思います。 』
    以上、アメリカオフィスからです。

     また赤ちゃん用のサイトですが、アトピーに有益なページもリンクしますね。
    http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/skincare/1/02.html
     こちらも教えてもらったものです。

     この中に「ノースリーブよりTシャツ」とありますが、理解できます。しっかり汗を吸わせることが大事なんですよね。
     今年、mizunoのドライベクターのTシャツタイプを買ってみたのです。素晴らしいです。脇の汗ジミが出来ません。素早く吸収・放散してくれるからでしょう。なのでノースリーブよりもむしろ楽でした。一枚しか買わなかったのが残念。
     ただしこの製品は綿ではありませんので、肌触りはざらつきますし、体にぴったりします。皮膚が不安定な方向きではないですが、完治状態に至った人のコントロールには向いていると思います。

     このHPの中に抗生剤や抗菌剤の内服について触れられていますが、アメリカオフィスからは薬の使用は不要、ハイター風呂を週3回にして対応してください、と返答があったそうです。
     早期に対処していけば、薬は不要、という事ですね。

     とにかくアトピーの人は汗の管理が大事ですね。私は今は一日3回位シャワーを浴びます。バクトロウォッシュ(セタフィル・クレンザー)を小分けにしたものを持ち歩き、トイレなどに入ったついでにバクトロウォッシュで汗をかいた部分を拭き取ります。とてもよく落ちます。
     
     あとは外出を控えて、エアコンの中で過ごす、なんかも実は結構大事ですね。

     予断ですが、先日、オルセー美術館展を見に久しぶりに東京へ行きました。暑かったです。特に湿気が!湿気も人工的な異様な湿気で、湿気に人、香水、食べ物など、いろんな匂いが混じっているようなそんな湿気で驚きました。都会は、大変ですね。。。
     東京在住の方、この時期、外出時は相当用意周到にしていって、なおかつケアもしっかりしないと厳しいんじゃないかと思いました。
     頑張ってください。

     早く涼しくなるといいですね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。