プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    相談する人を選んでください

     人生、なかなか一人で決められない事がたくさんあります。
     恋愛について、対人関係について、勉強について、仕事について、結婚について、家庭について、生きている間は、悩みや迷いと同居しているようなものですよね。
     誰かに話を聞いてもらいたい、誰かに意見を聞きたい、誰かに励ましてもらいたい、そんな時はたくさんあります。
     ここで間違ってはいけない事、それは相談する相手、です。

     私もそう思うと、相談する相手はよく間違えたものです。言ったところがかえって傷つけられてしまったり、賛成を得たいのに反対されたり。意見がずいぶん食い違ってしまったり、かえってこじれる、とか。
    (言うんじゃなかった~・・・)という事が多々ありますよね~。
     
     相談する相手の性格や生き方をみるのは、本当は当たり前な事なんですよね。そしてどんな返事が返ってくるのか、ある程度予測する事も必要だと思います。
     
     借金の相談をサラ金にしたらどうなるでしょう?

     渡米治療の相談も同じです。
     脱ステ派に相談したら、どうなりますか? 

     アトピービジネスに強い警戒心を持っている人に相談したらどうなりますか?

     アトピーと無関係の人に相談したら、どんな返事が返ってくると思いますか?

     日本人皮膚科医に相談したら、どんな返事が返ってくると思いますか?

     アトピーと無関係の人たちは、アトピーの苦しみが分かりません。知らない治療や組織は警戒の警告をします。身近なのはアトピーより「詐欺」だからです。
     日本の皮膚科医は通常、アメリカの医療の実態を知りません。そして多くの患者さん達がアトピービジネスの被害にあっていることを知っています。(アトピーの治し方は知らないけど) そうなれば、アトピーと無関係の人たちと同様、警告や反対をするに決まっています。また更に、自分が治せないアトピーを医療で治せる、という事に対し、不信感、あるいは嫉妬心で攻撃してくる事もあります。医療知識があり、頭がいい分、こちらに斬り込む言い方で来ます。厄介だし、相談すれば傷つけられる事は避けにくいです。

     相談相手を間違えると、自分がバカを見ます。

     自分がアドバイスする立場になった時を考えてみてください。
     誰かにアトピーの相談をされたとしても、自分が返したその返答に、どれくらいの責任を持って返事をしますか?間違っていたとしたら、絶対に代替の治療法を見つける、そしてそれにかかる費用も、治らなかった時のそれからの生活費も、精神的なケアも、全て自分が見ます、というだけの覚悟を持って返答しますか?
     そんな事は無いと思います。
     そこまでの覚悟と思われるのも困るし、そんな覚悟もそもそもありません。「責任は持てないけど・・・」というのが、実は暗黙の了解事項である事が、相談する側される側の常識でしょう。
     周りはある意味「無責任」なのです。ですから参考にする事はあってもそれに振り回される事になってはいけません。自分と他人は違うのです。きちんと一線は引きましょう。
     
     特に渡米治療に関しては、自分の気持ちをしっかり持ってください。
     知られていない治療だけに賛同は得にくいです。相談相手は吟味してください。帰国後も同じです。

     他人に影響されやすい人は、そうした自分を自覚して、相談相手を吟味したり、全てをさらけ出すのを調整した方がいいです。
     また普段からいろんな人の言動をよく見て、自分に何かあったら相談できる人かどうか、観察しておく事も大切な事だと思います。

     一人で悩んでもいけないし、誰彼構わず相談するのもダメです。良識ある人を普段から見極めておく事は大事ですよね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    原因

     病気には原因があります。

     渡米して治療して、帰国するといろんな症状が起こってきます。その時、原因を必ず追究する事が肝要なんだな、という事が最近、やっとわかってきました。

     先日、AAJの明石さんとお話しする機会を得て、ヘルペスの話になった時、ヘルペスにも原因がある、という事を聞きました。
     ウイルス感染で体内でウイルスを飼っている、というのは皆さんご存知と思いますが、最近ではそれがいつ動いてくるのか、日常生活の日記の中から原因を追究しているそうです。
     そうすると、ヘルペスが動いてくる数日前辺りで睡眠時間が少なかった、仕事が溜まってしまっていて、ストレスを受けて、など、必ずその要因が出てくるそうです。
     なかなか毎日ぐっすり、ストレス無くすっきり!なんていう生活は無理なのは承知ですが、その中で、私たちアトピー患者は特に過敏なので、そういう生活に対して体が反応しやすく、ヘルペスなんかが動きやすいそうです。傾向なのか、頑張ってしまいやすい、というか、頭がフル回転で働きやすいそうで、本人的にものすごく仕事をしている気持ちになりやすく、でもそれを止める事が難しく、結果、ヘルペス!という感じだそう。。。
     私、思いっきり当てはまります。。。
     頭をリラックスさせるのが下手なんです。特に最近、インターネットがあり、テレビの録画が簡単になり、iphoneがあり、と、液晶画面を見ている時間がとても長いです。新しい情報が常に入ってくるのは楽しいのだけど、リラックスには向いていないなぁ、と思います。
     短気なのでおっちょこちょい、という感じのせいか、一喜一憂しやすく、昼寝をするのが物心付いた時から下手です。夜眠るのも苦手で、今も体調管理に睡眠薬を時々使っています。
     そんな人の場合、ヘルペスのためにリラックスしろ!といってもなかなか無理な話で。で、最近はドキシペンをヘルペス管理に使う、という方法も出てきているそうです。過剰に働いてしまう頭を少しペースダウンさせて過労を防ぐ目的だそう。

     なるほど!

     ドキシペン、私は1カプセル飲むと薬が切れるまで24時間かかってしまうので、怖くて飲めませんでしたが、カプセルを開けて粉を2分割、3分割にしてオブラートに包んで飲んでもいいそう。週末、車の運転の必要が無い時を選んで試してみようと思います。

     こんな感じで、病気には必ず原因があります。
     口角炎の記事は以前に書きましたが、その後、いくつかメールを頂いて思いましたが、原因追求がちょっと甘いかもしれません。
     なかなか原因がこれ!と判別しにくいので、どうしてもウヤムヤになり易いのですが、ここでひるまず、原因を追求して欲しいと思います。原因が分からなかったら、対策の立てようがありません。
     手湿疹も同じです。

     わかっていながらなかなか難しいのが原因追求です。一緒に暮らしている家族に相談して思い当たる節は無いかチェックしてもらうとか、AAJの明石さんに相談する、とか、第三者の目を入れないとなかなか難しいですね。
     原因追求って難しいものなんです。でもそれをしないと不快な症状が取れないので、しっかり治すために原因追求、頑張ってくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    「死」を身近に

     先週末、夫の実家へ行ってきました。水曜位に急に
    「今週末、実家に行くから」
    と言われたので、何か用事でもあるかな、と思っていました。ま、いつも通り行ってきました。
     帰りの車の中で夫に
    「何か用事でもあったの?」
    と尋ねたら、
    「同級生でもう、両親共に亡くなった、というのが二人になっちゃったから、行ける時に行っておこうと思って。だから今年からはちょっと頑張っていこうと思う。」
    との事。

     そうなんです。私は実家が近いので2週間に一度位のペースで実家に行っていますが、月に約2回、年間24回位、父が75歳でニトロを持ち歩いているし、母も74歳。あと5年ほどで80歳なわけで、単純計算で120回位になるんです。ま、最後どうなるかわからないけれど、いつまでもいると思っていた親も通しで半年位しかもう会えなくなる可能性がある、という事になります。
     「いつまでも あると思うな 親と金」
    ということわざを思い出します。
     
     アトピーで悩んでいらっしゃる方は、こういう事もしっかりと見据えて欲しいと思います。

     途方に暮れた気持ちでこれを読んでいらっしゃる方もいるかもしれません。最後は死んじゃえばいいか…、なんて事もちらついている方もいるかもしれません。馬鹿言っちゃいけません。治る病気で死ぬなんて、悔しいです、私は。アトピーは慢性疾患ではなく、治る病気なのです。

     韓国人俳優のパク・ヨンハさんが亡くなりました。ショックでした。特別好きな俳優さんってわけじゃなかったけれど、亡くなるのは残念な事です。
     作家の三浦綾子氏のエッセイだったかな。人と別れる時、ケンカ別れしてはいけない。自分はケンカ別れしたまま相手が戦争で亡くなったり、病気で亡くなったりした。それからケンカ別れをしないように気をつけている、というような事が書かれていたのを読んだ事があります。私もそれから、仲違いで人と別れる事がないように気をつけています。

     去年の年始、知人が自殺しました。精神病を患っていたタイプではなく、人生に行き詰ってしまったのが原因のようでした。まだ50代半ば位だったでしょうか。あまりにも突然で、49日位まで信じられませんでした。
     
     日本の自殺率が先進国の中ではトップ、という記事が出ていましたね。日本人の気質、では済まされないと思っています。自殺には社会的な背景がありますから、自殺率というのはその社会を反映するものといえます。アトピー一つをとっても、アトピーのために自殺をする人がいる国は、おそらくごくごく少数の筈で、なおかつ自殺人数は間違いなく、日本がトップになると思います。私はそこに問題点を感じます。
     アトピーを患って自殺に走ってしまう方の気持ちは察する事が出来ます。けれど死んでも自殺率の中にカウントされるだけになり、アトピーのため、という事も日本皮膚科学会からすると認める事はないと思いますから、何にも報いた死に方にならないように思います。遺書を書いたって社会的には無視されて終わり、という結果になるだろうと思います。

     だから生きる道を探ろうと思いませんか?
     
     生きるためには声を上げないとダメです。
     苦しみは伝えないとダメです。
     湧いてくる声を詰まらせているものは何でしょう?遠慮でしょうか?それとも意地でしょうか?プライドでしょうか?それらは命よりも大切なものですか?
     プライドも意地もいざ捨ててみると、そんなに高貴なものでもなかったりします。
     
     今回は「死」について書いてみましたが、とりとめが無くなっちゃいましたね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。