プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    薬の個人輸入

     薬の個人輸入には賛否両論ありますが、私は賛成で自分自身、用途に合わせて利用しています。
     個人輸入は危険だ、危険だ、という意見が多く、安全に選ぶ方法とかを具体的に書いてあるのをあまり目にしないので、利用経験から私の個人的意見として書いてみます。

     個人輸入に当たって、当然薬の知識は必要になります。そして目的、ジェネリックについて、など。
     私自身は看護師なので、病棟で主に使われている薬品を知っていますので、欲しい薬品をネットで当たり、そしてジェネリックを探します。ジェネリックについてはこちら
     効果としては、先発品にはかなわない、というのが普通です。先発品が10としたら6・7・8・9と、近い効果は出せるけれど効き目としては若干落ちる、というのが正直な感想です。でも若干落ちても症状が改善されるからそれで構わない、という感じで、容量なんかに気をつけながら使えば通常では問題ないです。昔から日本でも開業医では使われていましたし。
     で、気をつけなければならないのは、やはり中身です。製造工程や添加物などが先発薬と違うので、安全性の面から調べられるだけは調べた方がいいと思います。不潔な工場で作られていたり、粗悪、あるいは有害なものを添加されている悪質なケースもあると聞きますから、個人輸入に当たってはそのリスクも取らなくてはなりません。
     私がしている事は、事前にメーカー名を調べます。HPにメーカーの名前を載せていなければ、そこからは買いません。それとそれを作っている会社の国も必ずチェックします。その中でやはり中国系の会社のものは買いません。先進国で作られているジェネリックだと、一応法律の関係でそんなにめちゃくちゃじゃないかな、というイメージで見ちゃいます。またインド辺りだとジェネリックをアメリカに輸出している企業も大手であるので、ジェネリックで有名な会社ならOKかな、という判断です。メーカー名や原産国の名前がない薬は原則買いませんが、どうしてもなくて、という場合は、HP上から販売店にそれらを問い合わせします。
     気をつけないといけないのは、向精神薬や睡眠薬を扱っているHPです。これらを取り扱っている所は暴力団の可能性が高いとみて、買いません。
     販売店が日本にオフィスを構えていると、いざという時に直接電話できるので、何となく安心な気がします。

     またアメリカではジェネリックの市販品が日本より種類など多いですし、法律もあるので、アメリカの個人輸入でメーカーも有名企業だと、ま、そんな変な事もないかな、と思って買ったりします。

     渡米患者さん達で人気があるのは456という個人輸入サイトです。何度も利用しています。クラリティンもここで買えますね。ちなみにクラリティンのジェネリック、アレルクリア買ってみました。効果は…、効きが悪いのでお勧めできないな、と思っています。やっぱりここは正規品のクラリティンの方がいいです。アレルクリア、めちゃ安なんですけどね。
     クラリティンは既にアメリカでは薬局で買えますが、日本ではまだ処方薬なので個人輸入を上手に利用すると楽かもしれません。

     繰り返しになりますが、先発薬品が良いに決まっています。先発薬品が個人輸入で安く買えるのであればそれがいいのですが、価格が高すぎるなどの理由からジェネリックの個人輸入を検討するしかなくなります。その場合はリスクを取る事をしっかり承知して、下調べをしっかりしてください。そして到着した品が怪しい、と感じたら破棄する勇気を持ってください。
     またもちろんですが、日本で普通に病院にかかって処方してもらえるのがベストに決まっています。健康保険も使えますから、リスクを取ってジェネリックを個人輸入しなくても、先発品が保険で使える、というのは、やはり有難い事だとつくづく思います。
     ただドクハラされながら処方を頼むのに、正直うんざりする事もあると思うので、個人輸入はうまく利用すればいいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    相手の胸を借りる

     渡米してアトピーの治療を受けようと思って夫に話した時の事。私の頭の中は自分で何とかする、という事しか考えていなかったように思います。
     治療の確かさ、費用、日程の事まで、夫にかける迷惑が最小限になるようにプランを組んでいました。たまたま独身時代の貯金があったので決定事項を「相談」の形をとって伝えただけ、に近かったように思います。これはこれで問題なかったですが、思いの外、夫が即賛成してくれて心強さを感じたのを覚えています。

     何となくですが、私達って、

    「この病気は理解されない」
    「渡米治療なんて理解してもらえない」
    「裏でため息をついているに違いない」

    そんな風に思ったりしていませんか?
     私はそんな風に思っていました。だから全てを自分で解決しようとしていました。費用の事、日程の事、結婚生活を続けるかどうかまで、問題の根源は自分にあるから、自分で解決しなければいけない、そんな風に思っていました。だからアトピーについて相談もした事なかったですし、AAJへの問い合わせも質問事項を絞り込んで2~3個にして一度きりのやり取りで、あとは事務処理の事だけのやり取り数回で渡米しました。
     でも今思うと、そんなにかたくなじゃなくても良かったのになぁ、なんて思います。

     以前、いわゆるベストセラー本でコミュニケーション的な本で「人にレッテルを貼ると良い」というのを見た事があります。なるほどな、と思いました。
    「鈴木さんって優しい人ですね。」
    そう言われると、鈴木さんは優しい人以外の行動を取りにくくなる、というものです。
     
     人間誰しも優しい面や汚い面などいろいろな部分を併せ持っています。誰かと接する時、自分と相手とどの部分で接するかというのを考えます。当然、優しい面同士で接すれば、穏やかで明るい関係が築けますし、汚い面同士で接すればぶつかり傷つけあいます。
     自分がどういう部分で相手と接するかによっても、相手のどういう部分を引き出すか影響してきます。

     アトピーに関して、誰にも理解されない、と頑なでいたら、相手も「勝手にしろ」という態度になってもおかしくないものです。
     でも逆に理解を示して欲しい時、相手にレッテルを貼ってしまってお願いしてしまうと、むげな態度もとりにくくなるものです。

     「相手の胸を借りる」
    と昔から言いますが、実はすごく深い意味があるなぁって思います。
     こちらが相手を信頼して話せば、相手もこちらを信頼してくれます。

     おそらく私達は不信の塊になってしまいやすいですよね。
     私は信頼しろ、といっても相手の全てを信頼しろ、と言っているわけではありません。善だけの人もいませんから。ただ相手の人の良心のかけら、ほんのわずかな懐を信じて、自分の一部分を話して理解を得ようとしても、いいんじゃないかな、と思います。
     相手の拒絶が怖いかもしれません。でも拒絶を怖がっていたらアトピーが治りません。相手と自分では優先事項が違うのです。自分の最優先事項であるアトピーは相手にとっては違う事もあるでしょう。だから話す時の雰囲気も大事です。
    「話があるんだけど、時間、いい?」
    と改まってする方が、相手もこちらの重要事項と認識しやすいと思いますし、相手の立場に立って聞こう、という心構えも出来やすいです。

     案外正直に自分の気持ちを話せば、わかってもらえるものです。素直な感情が一番、人の心を打つような気がします。「ずっと死にたいと思ってきた」、その気持ちを伝える事が、実は一番です。正直に伝えて頼むのです。それ以外、実はないんじゃないかな、と思います。

     この治療を決意したら、これが最後の治療になる事はほぼ間違いありません。先延ばしにしても何も良い事はありません。勇気を出して欲しい、そんな風に思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    夏向け

    6/12追記

    最近、どうもメールのトラブルがあるように思います。メールフォームから頂いたメールは2~3日以内に返事を出しています。Gメール、もしくはgooメールを使って返信していますが、どなたかメールフォームからメールしたけれど返事が来ていない、という方はいらっしゃるでしょうか?
    そのような方はこちらのコメント欄にシークレットで返信が届いていない旨、お知らせください。今一番確かなのはミクシィなので、もしわかれば、そちらからメッセージ頂けるとトラブルなくやり取りできます。

    -----------------------------------------------------

     去年、ミズノのドライベクターシリーズの一つ、ラウンドネックノースリーブシャツ、というのを買ってみました。
     ドライベクターとはこんな感じ。
    http://www.mizuno.jp/dryvector/
    要するに吸水・速乾って事ですね。去年の夏のバーゲンで発見し、思い切って2枚購入、以来、通年仕事の日は必ずこれを着ています。
     やっぱり汗が抜ける感じがします。仕事柄、ものすごく動くんです。しかも室内の温度設定が28度で、働く身にはものすごく暑く、冬も結構汗をかくので通勤時ちょっと寒いけど、これを着る事にしちゃいました。
     化学繊維なので、生地自体は柔らかいですが、肌触りは綿に比べて落ちます。機能性製品なのでやっぱり価格も高いですし。なのでプラスティベースを使わないとダメ、という人にはお勧めできません。かなり伸縮して、体にもフィットしますし。でも回復後の方にはいいと思います。汗が早く抜けると、雑菌の繁殖率がやっぱり違うと思います。たくさん汗をかいても、少しパタパタすると抜けていきます。綿100とあまり違わないかな、と思ったりしたのですが、やっぱり違う、っていう感じ。
     アフィリエイトリンクを貼りたかったのですが、楽天では既に売り切れみたいです…。リピが多いと思う。
     ミズノだけあって、1年近く着ていますが、生地が伸びたり、という事はないですね。
     ブラもあるみたいで、興味アリです。ブラにあんなに厚いカップは要るのだろうか?私は先っちょだけ隠れればいいので、もっと機能性を追求してもらいたいものです。ちなみにブラ、乳がんの原因の一つというニュースを見ました。さもありなんです。締めればリンパ流や血流が悪くなるのだから、何年にも渡って付け続ければおかしくなったりするかも、と思います。ちなみに今年はマンモグラフィを受けるつもりでいます。みなさんもそろそろ検診を考えてみては?
     女性ものの高機能下着も少しずつですが増えてきているようなので、綿100以外の製品にも目を向けるといいかもしれません。

     機能性モノは結構注目していて、夫は元々好きなので、結構新製品、試してみたりしています。
     夏の下着はワコールの購入しました。
     http://www.mens-wacoal.jp/bros/inner/
     多分この中の「爽快NAVI」というものだと思います。お試しでTシャツとパンツを買いましたが、あまりに快適、という事で買い足しました。この夏はこれでいくそうです。メッシュな感じでパンツもかなりセクシーになってますが、夫の脇腹に一カ所だけあるアトピーの出方が全然違います。汗をかいてもすぐ抜けるそう。夜は綿100%のを着る、と言っていましたが、撤回し、夜もこれでいくそうです。
     イトーヨーカドーのクールビズ用のTシャツも4月末か5月に買いましたが、既に首が伸びてしまいました。でも快適さは変わらない、と言っていました。安価なのでお試しやワンシーズン限りならこちらから買ってみるのもいいのかも。
     
     あと夫はスーツで出勤するので、去年、スーツも洗えるスーツに買い替えました。はるやまで買ったような気がします。ズボンが一番汚くなる、という事で夏物は毎日着たら洗濯する事にしました。4本用意して3本溜まったら洗濯してます。エリエールで洗濯機はクリーニングモードで。干しておけばアイロン要らずです。室内干ししていますが、じきに乾きますね。すごいです。2シーズン目に入りますが、今のところ去年と変わらずに着用できています。
     
     ご紹介したもの以外にもいろんなメーカーから高機能を謳った商品が出ていると思いますが、鼻先で笑わず、ちょっと目を向けてみるといいと思います。結構バカに出来ません。

     夏に使うものとしては、以前ご紹介しましたが、セタフィルクレンジング、もしくはバクトロウォッシュをティッシュに垂らして汗をかいた場所をぬぐう、という方法がお勧めです。清浄綿もいいですが、こっちの方が汚れが落ちる感じがします。
     あとアルコール綿の小分け包装のものが便利です。スプレー式のもいいですがかさばるし、ティッシュも無いといけません。なのでこちらがお勧め。これ、もちろん手を拭いたりするのに使えますが、汚れ落としにも使えます。携帯を拭いたりパソコン周辺を拭いたりするのによく使います。夫は会社に数枚置いておき、机を拭いたりするのに使うそうです。もちろん怪我をした時にもすぐに使えます。
     
    というのを使っていますが、安価版もありますね。

    便利なので購入すると結構使うと思います。


     そうそうコンデンスの除湿器、買いました。

    以前、ご紹介しましたよね。その時は評判だけで実際使っていなかったのですが、使ったらすごいです。よく湿気を吸いますね。洗濯物を乾かす事はしませんが、室内で使います。夫が湿気に弱く、湿度で汗をかいたりするので。結構あっという間にタンクに水が溜まります。
     難点は結構気温が上がってしまいます。なので今朝は除湿機+エアコンのマイルド除湿をしてみました。快適になります。
     シャープの除湿機にはちょっと不満があったのですが、これは文句なしですね。洗濯物を乾かすにも十分使えます。

     帰国後、初めての夏を迎える方はイメージできないかもしれませんが、2年目以降の方は乗り切り方をそれぞれ考えていると思います。商品は大抵すぐに購入できると思いますが、酷くなってから慌てて情報収集するより、普段からコツコツと情報を集めておくといざという時楽だと思います。夏は汗の悪化が最も多く、ショートバーストになる人も増えます。分かっているトリガーですから、対策を立てておく必要があると思います。コツコツご準備を。



    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    お掃除、洗濯、頑張って

     帰国後、完治状態に至る人の共通項として、掃除、洗濯をきっちりやった、というのが入ると思います。これは「自己ケア」のカテゴリに入りますが、やはりこれに目覚めないと完治は難しいように思います。
     私は掃除も洗濯も特に好きなわけではありませんでした。「埃じゃ死なない」というのが頭にあったし、特別しないタイプでもなかったので、普通の範囲内でしているという自負はありました。
     でも帰国後の悪化で掃除・洗濯を見直さざる得ない状況になって気が付きました。完治させるには、「普通」にやっていたらダメなんだと。

     でも私にとってまず大事な事は、雑菌とハウスダストの量を家の中から減らす事、でした。
     私は掃除も片付けも好きではありません。両親の家は散らかっていないけれど、収納が下手でした。でも高校を卒業し、寮に入り、同級生たちの部屋に出入りしていて、同じ部屋なのにきれいな部屋とそうじゃない部屋がありました。そして留学してホームステイをして、違う世帯の暮らしを経験して、片付けや掃除のパターンの違いなんかを知りました。思った事は、親が片付け上手だと、子供も片付け上手になりやすい、なぜなら片付け方が身に付いているから。その逆は当然、親も下手なら子も下手、という事になり・・・。私は潔く「片付け下手」を自覚する事にしました。
     でも片付けの上手い下手に関わらず、アトピーを治すためにはどうにかしないといけないわけで、私は本屋で収納の本を買ってきました。やり方がわからなければ、習えばいいと思ったからです。
     
     私は親と同様、掃除はするけれど収納が下手な部類に入ると思いました。

    自分の欠点ですが、
    ・出したものを元に戻せない。
    ・片付けにあまり時間を費やしたくない。
    ・掃除を簡単にしたい。

     そんな事を思いました。
     そして収納の本を眺めながら何とか効率よく出来ないか、と思うと、やっぱり持ち物の絶対量を減らさないとダメ、という風に思いました。収納下手な自分がたくさんの物を持てば、管理できなくなるのは当たり前だからです。
     物を捨てる時に一番エネルギーを費やすのは、それを取っておくかどうかを判断する事だと思います。なのでそれは少しずつやる事にしました。そしてマイルールとしては、決めたらその決定を覆さないこと。それと迷ってとっておくのはいいけれど、それを管理し、また見直しの時期に取っておくかどうかを判断するエネルギーを持てるか、まで考える事にしました。
     そう思うと、結構捨てられますね。また判断するのが面倒になるので、捨てる事になるものが多いです。

     でも捨てるだけでなく、買うものも多かったです。収納に必要なかご類です。収納の本を見ていると、物をそのまま置いてある事が無いような感じです。例えばアクセサリーもテーブルにそのまま置くのではなく、小さなお皿に入れる、とか、引き出しの中も仕切りと兼ねたかごがたくさん入っています。それらは必要なんだ、と判断、百円均一のプラスチック製のかごを買いに走りました。
     ハサミなど使用頻度が高いものは複数そろえておく事にしました。家の中の至る所に置いておかないと探し回ったり出しっ放しにしたりして、結局散らかる原因になるからです。

     いつも出しっ放しになりやすいものは、収納の位置、方法に問題があるのでは?と見直しました。使う場所からしまう場所までの距離、アクションの数、なんかは些細な事ですが影響します。
     例えば、ボールペンを隣りの部屋の棚のかごにしまう事にするとします。すると使う時、隣りの部屋へ行って棚の収納かごを片手で取り出し、もう片手でボールペンを取り出し、元の位置にかごを戻し、歩いて使う机がある所まで戻ります。こんな面倒くさい事、続きません。例えば使う机の近くに引き出しを設置し、椅子に座ったままでボールペンを片手で取り出せるようにすれば、元に戻す時も簡単です。もちろんペン立てを使えばもっと簡単です。

     掃除は簡単に出来るもの、楽しくしてくれそうなものはコストがかかっても用意する事にしました。
     例えば洗面所の掃除ですが、柄付きのスポンジブラシを洗面所に用意し、すぐに出来るようにしました。柄付きの物はお勧めです。たわしやスポンジだと手湿疹の元になりますけど、柄付だと柄の所だけきれいにしておけばいいので、管理が簡単だからです。

     家の中の「なぜ?」を無くすようにしています。
     なぜこの書類がここにあるのか?
     なぜかばんがここに出ている必要があるのか?
     なぜこの上着はここに置いてある必要があるのか?

     時給700円として一時間雇われたつもりで片付けや掃除をやろう、とやると、普通程度のものなら1時間もかからないものです。意外と出来るもんです。なので5分だけ、とやれば、それだけでも違うんですよね。

     具体的な収納や掃除方法は、専門の人が書いた本の方がふさわしいと思いますので、読んでみるといいと思います。収納上手な人は、パズル感覚でやるみたいですね。

     私は今でも収納も掃除も上手くはないし、エラそうに書くほど家の中が片付いているわけでもないのでお恥ずかしい限りですが(だから写真は載せられない)、収納が下手な私も頑張っているんだ、という事、収納や掃除が下手な人は、それを潔く認めて向上心を持てば何とかなるもんだ、という事が言いたかったんです。

     お互い、頑張りましょうね!


    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。