プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    FAQ

     治療に関する質問メールを頂くことがあります。
     ステロイド、アトピーの病気の成り立ちについては質問が減りましたが、最近は長屋医師の治療との比較に関する質問を受けます。出来ることなら国内で治りたい、と思う気持ちからだと思いますが。
     以下、ある方から頂いたメールに対する私の返信メールです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     治療費用は、詳細はAAJに直接聞いてみて欲しいです。価格の改定がかなり行なわれているようなので。でもその後、加入している保険がきけば、保険からお金が戻ってくるのもあるので、結果、いくらかかるか、というのは人によってかなり個人差があります。
     渡米は普通は一度きりです。全員4週間の滞在が絶対条件です。ただその後、リバウンドの出方、アトピーの重症度によって滞在が延長になる人もいます。延長滞在になると滞在費用が追加料金になってきます。帰国後、余程の事が無い限り渡米は不要です。ただ初回渡米時、アレルギー検査が正常に反応しないという事がごく稀にあるそうで、再渡米を余儀なくされる方もいらっしゃいます。その他、自分勝手な治療を始めてしまったり、アレルギー治療を勝手に中断してしまったりすれば、再渡米しなくてはなりません。当然そうなると追加料金はかかってきます。

     長屋医師はアレルギー科の医師であり、皮膚科医ではありません。AAJの治療は皮膚科医とアレルギー科の医師が別で協力体制を組んでおり、更に必要なら内科の医師が協力に入ったりしていて、万全の体制になっています。ですから治癒率が違うのは当然の事です。
     ブログにも書いていますが、アトピーの原因はアレルギーだけではありませんから、アレルギーの治療をしてアトピーが治る、という単純な問題ではありません。
    また過去にドクターマセソン(皮膚科医)に見てもらったら、アトピーではなく別の病気だった、という事が判明し、全く別の治療になった、という人もいらっしゃいます。

     一度AAJのカウンセリングを受けてみることをお勧めします。アトピーの仕組み、治療の詳細は単純ではないので、やはり直接コミュニケーションをとりながら説明しないと理解はなかなか難しいように思います。

     カウンセリングの費用はかかりますが、AAJの明石さんは分かりやすく説明してくれますし、治療を迫るような事は決してありません。カウンセリングを受けて納得できなければ治療費用を振り込まなくてもいいのですから、気軽な気持ちでAAJのカウンセリングを受けてみたらいいと思いますよ。

    悩んでいてもアトピーは良くならないので、どんどん行動に移してみるといいのでは?と思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     治療費に関しては、一番気になるところと思います。
     直接のやり取りでは、治療後の方に聞いた情報を合わせた概算で返事する事がありますが、誰でも読めるこのブログには載せてありません。
     私はアトピーアソシエイションのスタッフではないので、今後は金額の問い合わせに対して返事はやめる事にします。間違った数字でご迷惑をおかけしても良くないですから。
     知りたい方は直接お問い合わせください。
     正直、「治療費はいくらですか?」とだけの質問にはちょっと閉口します。私はスタッフではありませんから。

     この内容を読んでお分かりと思いますが、ブログに書いてある内容ばかりです。ブログの方がはるかに詳しく書いてあります。
     メールのやり取りでは、一問一答にならざるを得ず、かといって全てを書けばブログの内容そのままになるわけで、読む質問者の方にとっても私にとってもエネルギーを消耗するなぁ、と思っていました。
     そうした繰り返しの中で、相手の方にとって効率よく情報収集できる方法を考えてきました。そう思うと、まず相手の状況を知らないと非効率、と思うように思いました。
     AAJの治療を勧めるべきか、そうでないのか、その為には相手の病歴を知らないと判断できませんし、質問者の方が患者本人なのか、そうでないのか、この治療についてどの程度理解できているのかどうか、それによって返事の内容も説明の仕方も変わってきます。
     また私を攻撃したいための質問、という事も考えられ、真摯に相談に乗っていい方なのかどうか、そういう事も考えるようになりました。
     相手が一番何が知りたいのか、何を望んでいるのか、それを出来るだけ早くキャッチし、回答していかないと無駄な労力をお互い使いますし、何よりも治療に対して誤解を生んでしまい、一生に一度の治るチャンスだったかもしれないこの治療を通り越してしまうのでは?と思ったりして、責任を感じます。
     そうはいっても見ず知らずの私に、ご自身の病気の事や悩み事をいきなり書くのは、なかなか出来ない事と思います。

     そのため、まず私のブログの全文を読んで頂く事をお願いするようにしました。
     ご存知の通り、記事の量はかなりの量に上ります。でもつまらない記事もたくさんありますから、それはどんどん飛ばして読んで頂けば、全文を読むのに1年もかからないと思います。
     大変なのはわかりますが、アトピーアソシエイションの治療は結構な治療費用がかかります。騙されたくない、と思うのであれば、治療内容をしっかり理解・検討するのは当然の態度と思います。
     
     そして最終的にはカウンセリングを受けて頂くというのがベスト、という結論にどうしても達します。
     メールだけのやり取りでは、情報交換が非効率です。情報交換には、メールよりも電話、電話より対面、という風に情報交換率が違います。対面だと表情も分かりますし、重症度も分かります。ご家族も同行してもらえば、ご家族の理解にも更に役に立ちます。

     それでもそこまで行動を起こすのは、エネルギーが要る事ですよね。勇気が要るのも分かります。私も勇気が要りましたから。
     でも家で泣いていても治らないのもまた、事実です。
     病院で役に立たない治療を受けるにもお金はかかるのです。そう思えば、治療を受けないにしてもカウンセリングで何らかのきっかけや情報を得られるかもしれないですし、カウンセリングを受ける事は有益と考えます。それに治療を検討する中で、相手がどういう人たちなのかを判断するためにも会って確認するのは良い事だと思います。信頼できない、インチキくさい、そう思うのであれば、治療費用は振り込まなければいいだけの事です。

     お金が欲しい、そう思ったら就職先を探し、相手会社に電話して面接を申し込んで面接を受けるのと同じで、治りたいと思ったら行動しなければ、何も得られません。
     アトピービジネスに翻弄されてなかなか信じられない気持ちは分かります。でも不信感いっぱいの自分をどこかで打破しなければ、治癒もまた手に入らないのです。

     癌で亡くなった元NHKアナウンサーの池田裕子さんをご存知でしょうか?民間療法を散々試し、たくさんのお金を使い、最後は病院で治療を受けて、それが一番良かった、と言って亡くなっていきました。
     ドクターマセソンの治療は、ちゃんとした医療です。
     私たちは日本の一般治療で難治化された経緯がある分、病院での治療を信頼できないという強い気持ちがあるのかもしれませんが、医療で悪くされた病気を治せるのもまた、医療でしかない、そんな風に思います。

     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

     
    スポンサーサイト

    補足

     前回、写真を公開しました。
     治療後の写真はステロイドフリーの状態です。帰国後は何度かショートバーストしました。短期間のステロイドの内服で量は一見びっくりするかもしれませんが、特に深刻な副作用無く経過し、完治状態に至る事ができました。深刻なアトピーの状況から抜け出すには、適切な量のステロイドは不可欠と言えます。ドクターマセソンの治療はステロイド漬けにする治療ではありません。正しい診断と治療、そして真面目に治療に取り組めばアトピーは治るのです。
     治療後であってもショートバーストを嫌がる人がいると聞きます。残念な事です。ステロイドに対する誤解は徹底的に刷り込まれてしまうのを感じます。

     現在している治療は、アレルギー治療、ヘルペスの薬の内服、そしてスキンケアです。スキンケアはそのまま美容にもつながりますし。
     アトピーは完治状態を維持していますが、アトピー体質である事は変わりありません。
     完治状態にあっても「再発」はいつでも起こりえます。
     
     最近、何人かの方から完治状態後、再発のお話を聞きました。
     すぐにアメリカオフィスに連絡し、ドクターに診断を依頼して、対処されています。再発は一見、ある日突然、のようですね。そして回復に数ヶ月を要する場合もあるそうで、気をつけなければ、と思います。
     ただ治療前と治療後が違うのは、アトピーの仕組みを理解している事、原因を探る事が出来る事、適切な治療をしてくれるドクターとサポートしてくれるスタッフがいる事、です。
     治療前は何が正しくて何が間違っているのか分からない、何を信じていいのか分からない、治るかどうか分からない、そういった状況だったと思います。ですが2度目以降の再発は一度完治状態に至っているので、早く対処できるし、治る事を信じる事ができます。そのため、初回の治療のように治療に年単位ではかからないようです。
     再発された方のお話を聞くと、原因をある程度把握できるようです。(もちろんAAJのサポートのおかげもあります)私が知っているのは、引越し(ハウスダストなどの埃、しかも大量)、大きな環境の変化・就職や進学・家族構成の変化(大抵引越しや春の花粉なんかと重なる)、合わない化粧品などのスキンケア用品に接触、などです。原因は一つでない事もあり、実は少しずつ少しずつ悪くなっていたのだけれど、忙しさでケアを後回しにしていて、ある日突然爆発して
    「ドクタ~!!」
    というケースもあるようです。
     特に「環境の変化」の時は大抵忙殺されている状態だったりするので、手間と時間がかかるケアは後回しになってしまうのですよね。完治状態が維持されていると、特に少しの悪化は油断しちゃいます。Tac(ステロイドの安全な外用薬、ドクター処方)付けとけばいいか~、と原因を取り除く努力を怠ったりしちゃいます。
     なので大火事にならないように、ボヤの内にしっかりと火消しをしてしまう事が大事ですね。
     引越しなど悪化が予測できる場合、クラリティンを内服する事やハウスダストに出来るだけ触れないようにマスクや手袋、ソックス、長袖長ズボンの着用、合間にシャワーの時間を取る、段取りを考えて少しずつ準備をしていく、など対策をとる事も大事だと思います。
     私もそうですが、皮膚が丈夫になってきていて簡単には悪化しないので、過信してしまいますね。たまにタオル交換を怠って手が痒くなったりして、しまった!となります。

     「アトピーを忘れたかのように生活してもいいけど、本当に忘れたらあかんで~」
    と、カウンセラーの方に言われた事をよく思い出して、これからも気を引き締めていかなくてはいけません。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    昔の写真

     昔のアトピーの写真が出てきました。
     before after の写真を公開するのは初めてで恥ずかしいです。
     写真の公開を拒んできただけに、何で今頃?と思うかもしれませんが、アトピーが酷かった時の写真は全て捨てていたと思っていたのに、ひょっこり出てきたので、何となく記念っぽく思えたので、公開してもいいかな、と思いました。昔の私の写真なんて何の役にも立ちませんが、公開する事で役に立てるのなら、報われるような気もして。
     もう、これ一枚しかありません。
     なので特別に、期間限定で公開しようかな、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 

    続きを読む

    水分・電解質補給を

     口角炎ですが、もしかしたらアシクロビルの副作用の可能性もありますね。
     ちょっと調べたところ特に拾えなかったですが、副作用の出方は人によって様々なので、口角炎が出やすくなる事があるかもしれません。

     さて今日は水分・電解質補給の大切さについて。

     人間の水分は1500~1800ml(季節や体調、環境などで変動があるので、私は大体2Lと覚えています)で一日のIN・OUTバランスを保っています。
     水分摂取の方法は飲水・食事からでほとんどが経口摂取です。
     ところがOUTに関しては、排尿・排便、プラス汗・吐く息など、OUTの方法が多いのです。
     
     この水分バランス、普段はOUTが増えれば喉が渇いて水分を欲しくなりますし、INが多ければ尿量が増えて排泄していきます。
     
     気をつけて欲しいのは、健康であれば何の問題もなくバランスが保てますが、ちょっと体調を崩すとあっさりこのバランスが崩れる、という事を忘れないで欲しいと思います。
     水分は経口でしか入りませんが、OUTの方法はいくつもあるのです。

     例えば風邪を引いて下痢をしたとします。
     もうこれで普段より多く水分を体外に出したという事になりますから、普段より多く水分を摂取しなければなりません。
     これに吐き気が加わり、食事摂取量が落ちればINが減りますから、体は脱水に傾きます。ですから嘔吐が始まれば、あっという間に脱水になります。嘔吐の症状があると水分は入れられなくなりますし、吐き気止めの薬も口から飲めなくなります。下痢と嘔吐となると水分補給が急務になりますが、入れる方法は点滴しかなくなります。
     風邪やインフルエンザなどで病院に行き、入院になるのはこの点滴措置が必要になるから、という理由がほとんどです。
     また熱が出れば、汗の量が増えるので、これも水分を失う原因になります。

     この点滴、多くの人は栄養補給、と思うと思いますが、実はカロリーはほとんど入っていません。中身は水分と電解質が主です。
     この電解質というのが、もう一つの鍵です。
     主に塩(ナトリウム)・クロール・カリウムなどなどで、微量ですが非常に大事な要素なのです。

     体から水分が出る時、失われるのは水分だけではなく、電解質も必ずセットで失われます。ひどく電解質が失われ、バランスが崩れるとどういう症状が起こるか、といえば、いろんな症状が起こります。私は病院でいろんな症状を見ました。びっくりしたのは強い痙攣とか、精神症状(わけがわからなくなっている状態、ふらふら起き上がる、点滴を引き抜く。事故につながるので怖いです)なんかがちょっとびっくりしました。採血して調べると電解質バランスが完全に崩れていて、点滴で補正したらすーっと治るのですよ。脱水って怖い~、と思いました。
     電解質は日常では食べ物に入っていますので、それほど意識はしていないでしょうと思うし、「脱水」という漢字も電解質を意識させないものなのですが、体調を崩した時などは意識してください。

     脱水にもいくつか種類がありますので、詳しく知りたい人は一度調べてみるといいと思います。複雑ですが面白いですよ。

     この電解質バランス、結構崩れるのが簡単みたいです。
     軽い風邪を引いただけ、疲れただけ、というのでも、もう電解質のバランスは崩れ始めています。ふらつく、頭がボーっとする、だるい、などの症状も、もしかしたら脱水、電解質不足の可能性があるので、補給を意識した方がいいと思います。ま、通常ではすぐに体が対応しますが、早い回復を望むのであれば補給したほうが早いです。
     電解質と水分は、体が過補給と判断すれば排泄されるだけです。先ほども書きましたが、風邪の時は初期の内からこつこつと電解質と水分を補給しておけば、フラフラになり倒れこむように病院へ、というのもかなり防げると思います。インフルエンザの時も同様です。水分・電解質補給、これが肝心です。

     うちの失敗談です。
     夫が夜、風邪っぽいと言っていて、それでも金曜日だったのでビールをちょっと飲んで普通に寝たのですが、朝、夫に
    「具合が悪い」
    と起こされて、様子を見るとフラフラ。自力で立つのもしんどい感じでした。話を聞くと夜間、トイレで吐いた、下痢もちょっとした、と言いました。こうなると吐き気止めを飲んでも吐いてしまう可能性もあるし、飲水自体、吐くトリガーになる事もあります。脱水というのはすぐにわかり、点滴がベスト。ポカリスエットを少量ずつ飲ませて様子を見る事も考えましたが、土曜日だったので悪化すると困る、と判断。近くの開業医に電話し、初診だけれど自力で立てない状態なので入ったらすぐに診察して欲しい事を伝え、何とか連れて行きました。
     500mlの点滴を一本したら、帰宅時は自力で歩けるようになり、吐き気止めだけ処方され、帰宅後は簡単な食事もとる事ができました。こういう時の点滴って砂漠の砂に水が入るようで、すごく楽になるのですよ。
     帰宅後、私は大反省でした。普段からポカリスエットの買い置きをして、体調が、と言った時点で水分を飲ませておけばこういう事態は避けられたからです。また夫にも脱水に関する事を話しておくべきでした。そうすれば下痢の時や夜間吐いた時、すぐにポカリスエットを飲んでくれていた筈だったからです。
     夜間は眠っている時間なので放置される時間が昼間に比べて長くなりがちで、対応が遅れるのですよね。
     それ以来、ポカリスエットの買い置きは必ずしておき、夫には日常的に飲んでも良い事にしました。(夫は元々水分摂取量が少ない人なのに、IBSでしょっちゅう下痢するので)本人もこの経験から水分摂取の大切さを学び、私に言われなくても飲もう、と意識してくれるようになりました。
     皆さんのおうちでもこんな事にならないように気をつけてくださいね。

     補給には食べ物の中でも味噌汁は塩分補給にお勧めです。体も温まりますしね。
     それとやっぱりポカリスウエットが私はお勧めです。アクエリアスなども飲んでみましたが、やっぱりポカリスウェット、というより、大塚製薬がやっぱり先んじているように思います。吸収が違うような気がするのです。
     
     脱水や電解質不足を簡単に実感できるのは、お酒の後です。アルコールは体外に排泄される時、水分と電解質を必ず必要とします。逆を言えば、水分と電解質が体から不足すると、アルコールは体外に排泄されないのです。
     お酒を早く抜きたいと思ったら、水分と電解質を吸収のよい形で体に入れてあげるのが早道です。
     やっぱり一番早いのは、ポカリスウエットかな、と思います。
     お酒の後、ポカリスウエットをコップ2杯ほど飲んでから寝ると、次の日の楽さが違います。お試しあれ。ちなみにポカリスエットを飲みながらお酒を飲むといつもよりたくさん飲めて楽しいです。体にも良いですしね。怖いのはカロリーですが。
     
     ポカリスウエットは糖分も結構入っているので、日常的に飲むのはちょっと、とカロリーを気にする年頃としては思いますが、疲労が強い時や食欲低下時は糖分はとった方がいいです。
     最近発見したのは「イオンウォーター」(遅いですが)。電解質の組成はポカリスエットと変わらないのにカロリーが低い、という事でうちはイオンウォーターに切り替えました。感想としては、吸収はポカリスエットの方がいいような感じ(主観です)ですが、日常に飲むにはやはりカロリーは低い方がいい、と思いますので、イオンウォーターにします。
     最近大塚製薬から「OS-1」という商品が発売されました。治療仲間の方から聞いたので早速薬局で購入してみました。これ、脱水にはとてもよい製品です。
     難点は、味がちょっと飲みにくい事と価格がまだ高いことです。味はレモン味で、冷蔵庫で少し冷やすと飲み易くなりました。ゼリータイプのも出ていて、ストックしてあります。吐き気などで水分がうまく飲めない時、ゼリー状のものの方が摂取しやすいので買ってみました。まだ食べてないので、味はわかりません。

     脱水や商品に興味を持った方は、一度調べてみるといいと思います。

     水分摂取時、吸収率というのが大事になります。普通の水を飲む時、「常温で」というがよく言われる事ですが、実は5~15度位が胃からの吸収率が一番良いのです。http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/40/4317/sidoukenkyubu/johositu/mini/20080717.html
     季節や体の状態によるので、ベストの温度はその場その場で異なると思いますが、夏場はやはり少し冷やして飲んだ方が吸収が良いのは体で感じます。

     今回はアトピーとはちょっと離れた内容でしたが、知っておいた方がいいと思った事でしたので、書きました。
     アトピーは、皮膚から水分と熱が逃げる病気ですから、水分補給は意識し、やや大目摂取位がいいと思います。渡米治療した方は入浴もありますしね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。