プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    口角炎

     私は時々、口の端が切れて痛くなります。わりと頻繁になるタイプだな、と思っていたのですが、渡米治療仲間の間でも時々その話が出てきたりするので、もしかしたらアトピーは、口の端が切れやすいのかも、と思いました。

     口の端が切れて炎症を起こすものを正しくは「口角炎(こうかくえん)」と言います。
     今、ちょっと調べてみたら、やっぱりアトピーはなりやすいみたいです。
    http://www.chukai.ne.jp/~myaon80/mu4-caseB12angulitis.htm
     アトピーに絡む所を拾うと、感染性の問題とステロイドの所が拾えそうです。
     アトピー体質の人は雑菌に弱いです。私の経験からすると、お恥ずかしい話ですが、食事の後、口の端をきちんと拭かずに長時間放置するとなりやすい傾向があります。おそらく食材カスと唾液が混じり、雑菌が付きやすい状況が生まれて炎症を起こすのだろうと思います。特に油ものを食べた後、油が口の端に残ると起こりやすいかな、と感じています。油が原因、というより、油が落ちにくいので、口の端に残りやすくて、といった感じです。本当はセタフィルできれいに拭き取った方がいいのだと思います。
     あとステロイドの長期使用による免疫力低下から引き起こす事もあります。こういう人は非常に治りにくいと思いますが、考えられる事だと思います。
     というのも、ドクターと話していた時、アトピーでステロイド外用薬を長期にわたって塗り続けている日本人患者の中には、骨が脆くなる、といったステロイドの副作用が出ている患者さんがいると聞いたので、薬の本の中のステロイドの副作用の中にある項目は、起こる可能性があると考えてもいい、と私は思っています。(既に白内障も起こっていますしね)なので、ステロイドを長期にわたって使用している人の場合、それが口角炎の原因になっていると考えてもいいと思います。
     それと栄養の問題。
     口角炎・口内炎はビタミン不足、特にビタミンB2の不足が原因と言われています。
     食事制限をしていらっしゃる方は、ビタミンが不足して口角炎を起こしやすくなっていると考えられます。特にビタミンAなどの脂溶性ビタミンは油と一緒に摂取しないと吸収率が落ちるので、油抜きの食事をしている人は口角炎を起こしやすいと思います。

     治し方ですが、私はビタミンB2を飲みます。あとマルチビタミンも持っているので、それも時々気分で飲みます。それから野菜が不足している時になりやすい、と感じるので、野菜、特に青菜を積極的に食べます。もちろん食事の後、口の端もきれいに拭きます。それからワセリンを塗って保護します。
     こんな感じで長くても大体2週間くらいで治っています。

     口角炎、些細な症状ですけど、口を開けると痛いので食べにくくなるし、歯磨きも困りますよね。でもこんな病気もアトピーと絡むのだなぁ、と感じました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    花粉の季節

     花粉の季節になりましたね。
     私も2週間くらい前からアレグラを朝・夕、飲み始めました。洗濯ものも、干した後、30分乾燥機に入れて花粉を払っています。
     アレルギー治療を始めてから毎年、この季節がちょっとドキドキで、全く反応しなくなるかも!と淡い期待を抱いて迎えるのですが、今年も症状が出ちゃいました。
     渡米時はクラリティンの指示が出ますが、帰国後はアレグラやジルテックなどでも構わない、と聞いています。
     私も以前はクラリティンを飲んでいましたが、自分の勤務先(病院)に受診した際、クラリティンは一日一回だけど、アレグラの方がいいかもよ、朝・夕一日2回だから、と勧められ、試してみたら確かに、そちらの方がコントロールがうまくいくような気がしてます。クラリティンだと夕方頃に薬が切れてくるような感じがしたりするので。
     アレルギー治療の効果は確かにあるように思います。以前はアレルギーの薬を飲んでいても、目の玉をえぐりだしてタワシでごしごし洗いたいような衝動に駆られ、くしゃみと鼻水が止まらず、マスクを外せない、といった事もあったのですが、もうないですね。マスクは外出時、一応付けていますが、これは花粉よけというより実は日焼け予防と、ノーメークの顔(眉だけ描いています)を隠すために付けているのが本当です。
     アレルギー治療を受けたからといって、完璧に症状が消えない事もあるようですが、ほとんどの人が症状が軽減されていますし、私も楽になった事を体感しています。
     クラリティンは人によってはドクターの指示で1日2錠までOKという人もいるようですが、それは特別で、通常1日1錠だそうです。

     話は変わりますが、年内に、念願のガス乾燥機を買えそうな感じです!
     今はドラム式のパナソニックの洗濯乾燥機を使っていますが、乾燥時間がすごくかかるんです。脱水を終えたバスタオルを4~5枚乾かすのに2時間位かかります。
     それとドラム式なので外干しすると繊維が固くなり、タオルなんかちょっと古くなるとカッタクなります。夫はさり気なくしまっているバスタオルの中から少しでも柔らかいのを選んでいたそうで、結局バスタオルをかなり買い換える事にしました。
     洋服なんかもやっぱり固くなるのですよね。でも柔軟剤はどうしても嫌いなので試す気にもならないし、雨が続く日は大量の洗濯物に閉口する日も少なくなく、部屋干しで頑張っていると、かびてしまったりするんですよね。洗濯して乾かすのに長時間かかるのは、雑菌の繁殖を招いてしまうからやっぱり良くないし。
     で、やっぱり高温で乾燥するのがいいそうです。うちのパナソニックの洗濯乾燥機はヒートポンプと言われるものですが、60度程度という事で繊維を傷めにくいけど、殺菌力はやっぱりしっかり熱と風を発するものがいい、というのが本当の所だそうです。なのでアトピーには普通の乾燥機の方がいいそうです。
     その中でもやっぱりガス乾燥機は断トツのお勧めです。
     まだ使った事がないですが!
     使っている人たちはみな、口を揃えて絶賛です。
     イトーヨーカドーの服売り場のおばちゃんは(夫の試着中、雑談をしていました)、
    「遅くまで仕事しているでしょう?だから干して、取りこんで、なんて出来ないわよ。脱水した所から乾燥機にそのまま入れて50分できれいに乾くわよ」
    と言っていました。
     独身一人暮らしの男性(40歳。お嫁さん募集中。既に駅近マンション購入済みで体一つでOK。今から子持ちになるのはしんどそうなので、茶飲み友達形の明るい奥さんがいいらしい)は
    「タオル類は30分でふかふかになるよ。これはホント、お勧め!!」
    と言っています。
     購入費用、設置費用なんかの初期投資はちょっとかかりますが、その後の乾燥コストは安いと聞いていますので、そのうち元が取れそうです。
     なので今からとても楽しみです。梅雨までには設置したいです。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
     

    日本は貧しい国じゃないのに

     ドクターマセソンと日本のアトピーの惨状について話してた時、
    「日本は貧しい国じゃないのに。。。政治の問題だね。」
    と言っていました。

     そうなんです。
     日本は、世界の中で見ても、経済大国と呼ばれるほどで、決して貧しい国じゃありません。
     医薬品だって不足しているわけじゃないです。
     
     海外の医療業界の評価は、日本の医療機器は素晴らしい、というものです。
     けれど、肝心の医学は残念ながら高くありません。
     ドクターの所にもアトピー関係の事で日本の製薬会社(日本ではトップ企業)で2社、研究員が訪れた事があるそうですが、研究員がアトピーの事を全然わかってなかった、とドクターは言っていました。薬を開発する研究員がちょっと、というと、日本で開発されるアトピーの薬も希望が持てません。

     お金はあるのに、アトピーが治らない。
     やっぱり政治、制度に問題がありそうです。

     日本で包括医療制度が始まりました。私が勤めている病院でも始まりました。
     今までは、治療にかかった費用分、保険に請求すれば病院に支払われていましたが、この制度は病名や重症度によって最大支払額が決められてしまっているので、短期間で治せば病院が儲かり、長期化し、治療にあれこれかかればかかるほど、病院が赤字になっていきます。
     この制度に対しては賛否両論あり、導入されるのかな、と思っていましたが、とうとう導入されましたね。
     病院経営としてはかなり辛い制度だと思いますが、私は患者にとってはメリットが大きい制度じゃないかと思います。
     実際、私の勤めている病院では抗生剤の使用法について見直しがありましたし、ジェネリック化もどんどん進んでいます。
     まだまだこれから大きな見直しが進むと思いますが、薬剤師の役割も大きくなり、医師の間違いを正していけるようになっていけるかもしれません。

     医療現場で日々仕事をしていて、何と無駄な医療が多い事か、と思います。医療費、かなり無駄遣いされています。
     それと「医療拷問」のような状態に置かれている人も少なくありません。主に高齢者ですが、私はそういう状況は自分の家族だけでも避けたいなぁと思っています。
     地域の医療格差も思いの外大きいです。 

     日本の医療は先進国の中でトップレベル、だから渡米してまで治療を受ける必要はない。

     そう認識している人も少なくないと思いますが、私は違うと思っています。
     少なくとも世界のスタンダードとしては、やはりアメリカが世界一、というのはまず間違いないでしょう。友人のイスラエル人は「常識でそう」と言っていましたし、慢性疾患で手術を繰り返さなくてはならない友人も、アメリカで一度手術を受けたら、次からは絶対アメリカがいい!と言っていましたし。
     私もお金さえあれば、他の病気でもアメリカで治療したいのが本音です。
     ちなみに講演会の時、アメリカオフィスの方に聞いたのですが、不妊治療もすごいらしく、体外受精の妊娠率、7割を超えるらしいです。日本は5割に届きませんから、日本で何度も泣きながら時間を浪費するよりも、一度に賭けて渡米するのも手かもしれませんね。
     
     アジアの中でも、韓国の医療が伸びてきているような事がミクシィの記事で出ていました。教育熱が高く、アメリカに留学生も多いですから、日本と並ぶ、もしくは抜かれているような分野もあるのかもしれません。
     中国はまだまだかな、と思いますが、1月に上海に行って、漢方薬がすっかり廃れているのにびっくりしました。もう西洋医学に切り替わってきていて、抗生剤が万能薬のように使われ始めていると、ネットのニュースで見た事があります。

     世界はグローバル化しています。
     自分の考え方も、ちょっと解放してみると違ったものが視野に入ってくるかな、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
     
     この記事について、誤解される方もいらっしゃるようなので、コメント欄は閉じます。
     頂いたコメントについては目を通しています。表示しても問題ないものもありますが、コメント欄を閉じると承認したものも表示できなくなるようなので、あしからず。

    食事のトラウマ

     私は乳児の頃からアトピーが出ていた、という事で、食事制限をされた事があります。記憶があるのは、卵と牛乳です。物心ついた時は、既に食べちゃいけない、と言われていました。
     でも5歳位に、母に突然解除されました。

     大人になって母に聞くと、乳児の頃は卵で最初は出ていたのだけど、その内だんだん酷くなって肉・魚、しまいには果物から野菜までほとんどのものがダメになった、という事でした。でもそんなに制限をしていたら体が大きくならないので、近所の開業医に行って相談したところ、
    「体がちゃんと大きくならなかったら、治るものも治らない。気にしないで食べさせなさい。」
    と言われた、という事で突然解除になったという事でした。
     肉や魚を制限された記憶がほとんどないので、卵と牛乳は母が最後に解除したものなんだろうと思います。

     今でも卵と牛乳を食べる時は、何となく罪悪感みたいのがあるのです。。
     卵と牛乳はそのままだと楽しめないです。頭ではもういいってわかっているのですけどね。

     知識が付いた今になれば、乳幼児の時のアトピーの原因も推測できるし、食べ物アレルギーでショックを起こさなくて良かったなぁ、とか、母が食事療法に固執しなくて良かったなぁ、とか、色々思いますが、当時の私にはただ、家族が食べているものと同じものが食べられない事がある、という事位しかわからなかったですけどね。
     別にそれが嫌、とか、食べたかった、とかいうのは不思議とないのです。三姉妹の末っ子なので、どっちにしても食事は一人だけ器が違うとか(姉たちは陶器で私はプラスチック)、年齢のせいもあり、姉たちが二人まとめて育てられているのに対して、私だけ違う事がたくさんあったので、その中の一つだった、というのもあるかもしれません。
     なので特に恨み、みたいなものがあるわけではありません。

     アトピーの人たちは、多かれ少なかれ食事については制限をした人が多いと思います。なので食事療法を厳格にした事がある人は、もしかしたらそこから自分を解放するのに、何となくためらいがあるかもしれませんね。

     食事に関しては、女性の方が固執する傾向があるように思います。拒食症は女性の方が多い病気ですし、何となくですが、精神的なものに結びつきやすい何かがあるかな、と思います。これを食べなければ(自分の)世界は安全、とかそんな感覚です。
     頭でわかっている事と気持ちがわかる事って別なので、頭で理解した事がみぞおちに落ちて、行動に移せるようになるまで、時間がかかるかもしれません。

     食事療法のトラウマから完全に解放される事は、難しいかもしれません。
     でもまず、ゴールは頭で理解して行動に移せる所まででいいかな、と思います。
     私も卵と牛乳は、手放しで楽しめるのはちょっと呆けたおばあちゃんになってからになるかもしれませんが、今は頭で理解しているので、普通に食べられるし、おいしいとも思います。大好きになる必要はないですし、食べ物はたくさんいろんな種類があるので、卵と牛乳をやめたからといって、特に困りません。(加工されたものは罪悪感が全くないですし)
     私は卵と牛乳の2品目だけなので特に困りませんが、たくさんあった人は大変だろうと思います。

     でもアレルギーの問題を除けば、食事療法の必要はありませんから、ちゃんと食べましょう。
     講演会に行った時思ったのですが、やっぱり細い人の方が治りが遅いような気がしました。体力の差なんだろうと思いますが、食べる事はやっぱり大事だな、と改めて感じました。

     なのでトラウマはトラウマでちょっと脇へ置いておいて、きちんと食べる事を優先してもらいたいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。