プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他の患者さん5-8

     掲載を続けている患者さんのケースです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    自分のこの体がウソのようです。
    一番症状がひどくなって苦手だったこの時期に、この状態でいられることが夢のようです。

    絶対に無理!!!!と思っていた妊娠も、この状態でなら臨んでみようかなと思う心の余裕さえでてきました。
    赤ちゃんを見ても悲しくなったりしなくなりました。
    旦那さんには申し訳ないけど、子供は作らないつもりでした。
    自分と同じ人生を歩むためにこの世に産まれてくるくらいなら、産まれないほうが良い。
    そう思ってたのに、もし!アトピーになってしまっても、ドクターがいると思うと希望もあります。
    ちゃんとしたケア方法を知っているので自信もあります。
    ドクターがしてくれたことはきちんとした医療です。
    20歳に脱ステして、色んな民間療法を試して、でもダメだったこの体が、今までは何だったんだというくらいキレイになりました。
    友達の肌を触ってあまりにモチっとした肌で自分との違いに大きなショックを受けたその肌に自分も近づきました。
    こんな肌ってあるんですね。
    水分がなくてカラッカラの肌がモチモチの肌になりました。

    私は生理の後半からアトピーが悪化するタイプなのですが、6月から生理による悪化がなくなりました。
    帰国するときに生理によって悪化する女子はお守りとしてステロイドの内服薬をもらいます。
    一年分。
    本当にただのお守りになってしまったようです。
    体自体がしっかりしていない(弱い)から、生理によってアトピーが悪化してしまうって思ってましたが・・
    ただアトピー体質でアトピーが悪化していただけなんですね。
    アトピーが良くなったら生理に左右されることもなくなりました。

    雑草花粉が終わったようなので、ここ何日か昼間はリビングの窓を開けて過ごしています。
    特に問題もありません。
    空気アレルギーがひどいと言われて本当にその通りで帰国して部屋の窓はずっと閉めっぱなしだったので、この変化も嬉しいです。
    でも空気清浄機は24Hずっとつけっぱなしです。(窓開けてちゃ意味ない!?)
    手がちょっと痒いかなと思っても、市販のハンドソープで洗うとそのうちに痒みが消えてます。

    症状がひどいからと行きずらかった、旦那さんの実家にも気兼ねなく行ける様になりました。
    この前は一人で行ってきちゃいました。
    私の精神状態がすごくすごく変わりました。
    人間不信で、誰も信じられなくて、私は汚いと思い込んで、人と触れ合えなくて、自分を隠したくて、早くおばあちゃんになりたいと願って、
    生きていたくなくて、この先の未来が怖くて希望も何もなかった自分。
    たった数ヶ月前なのに・・・。
    本当に本当に不思議です。

    魔法じゃないといわれるけど、私にとっては魔法の治療でした。
    ドクターの治療に、後は日々のセルフケアだけ。診察日以外は遊んで食べて一ヶ月暮らして。
    日本では原因不明の病気で、きちんと治せる病院はなくて。
    ドクターに出会えたこと、本当に本当に感謝しています。

    傷ついてばかりだった28年間、これから倍以上生きるので心にある傷もこれからの楽しみや幸せが癒してくれると思っています。
    アトピーは日本では治せないけど、マセソン先生は治す腕を持っています。
    最後の頼み!と思って賭けてみたけど、期待以上の結果でした。
    帰国してお金もまたかかったけれど、自分の体の為なので苦とは思いませんでした。
    行く前はお金との折り合いがなかなかつけれなくて悩んだりしましたけど・・。
    ここまで良くなるのなら、ウジウジ悩んでいた自分が恥ずかしいくらいです。
    別人のような自分のなれるなんて。
    これからは、よっぽどの無理をしない限りは激悪化はないと思ってます。
    日々皮膚も強くなってくんだろうと思っています。
    それに、最近気付いたのですがアトピーにかけるお金がないです(笑)
    私はオムバス会員だったので月のスキンケア代に二万からひどい時は四万くらい使っていました。
    それも治るスキンケア代ではなく、単なるしのぎの為です。
    使っても肌はカサカサガサガサしていました。もちろん痒みがなくなることもありません。
    それが、今ではゼロです。(コストコでスキンケア用品は大量買いしてきたのもありますが)
    一生苦しい思いをしながら毎月二万払っていくなら、一ヶ月の治療でポンとお金を払ってしまったほうがどんなに楽かと思います。
    これからはアトピーにかかるお金はアレルギー注射の更新くらいだと思います。
    それも3年から5年の辛抱。
    それが終わったらアトピーという病にかけるお金は本当なくなりそうです。


    今年のお盆休みには、一泊旅行へ行こうと計画を立てました。
    外に出るのも嫌だったのに、夏に旅行なんて・・・薬をバンバン使っていた中学生以来です。
    10月にはディズニーへ二泊する予定です。
    とても楽しみです。
    今まで引きこもって旅行も満足にできなかった分、今は色んなところに行きたくて仕方がないです。

    会社にも8月後半から復帰する予定です。
    帰国して一ヶ月もたたないうちにショートバーストになり、雑草花粉などのアレルゲンが怖くなってしまったので復帰を伸ばしてもらっていました。
    肌も安定してきて強くなっての復帰だから、不安は少ないです。
    会社に行ったら皆ビックリすると思います。
    手が丈夫になった今、ベーグルを作ったり、スコーンを作ったり、ハンバーグを作ったりと、とにかく手を使う料理ができるのが嬉しくて、色々しています。
    プールにも行ってこれました。プールに入るのも中学生以来です。
    嬉しくて一時間くらい入っていました。
    出来なかったことが沢山できるようになりました。
    痛みで始まらない朝はとても幸せです。
    痒みのない体は本当に快適です。
    ただ日々生きているのが嬉しいです。

    人間、健康なのが一番ですね。
    健康じゃないと何も始まらない。(私の場合は)
    アメリカでは心も体も、治療してもらいました。

    渡米治療に行ってこれたことを本当に感謝しています。
    もし、渡米前の私のように金額などの面で悩んでいらっしゃる方がおられましたら、私は自信を持って推薦したいと思います。
    ドクターの治療と、日々の自分のケアでアトピーは発症しないくらいの体になります。
    少しでも楽になるために・・と思って行ったのですが、予想以上でした。

    私は、より多くのアトピーの方がこの治療を受けられることを願います。
    帰国前、行こうかウジウジ悩んでいた時、ゆかりさんには本当にお世話になりました。
    お金を借りてでも行った方が良い・行けば楽になるのだから少しでも早く行った方が良い。
    本当にその通りでした。

    私のこの文が渡米治療を考えていらっしゃる方の励みになればと思います。

    治療前の状態

    aato3.jpg
    aka2.jpg
    aka1.jpg
    aka-画像 090

    治療後の状態
    aato5.jpg
    aato6.jpg
    aato9.jpg
    aato7.jpg

     最近はマニキュアも楽しめるようになりました。
    s-nai2.jpg
    s-nai1.jpg

    (ゆかり 注:下から2枚目の写真、関節に赤い傷があるように見えますが、本当はありません。画像を加工した際、なぜか赤みが妙に強く出てしまいました。頂いた写真にはありません)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     彼女が回復していく様子をリアルタイムで知っていたので、私はとても嬉しかったです。
     まだ一年たっていないので、秋の花粉など悪化の要素がまだ残っていますが、ここまで皮膚が厚くなってきていれば、もうそう滅多な事はないと思います。「完治状態」といってもいいんじゃないかと思います。
     彼女の場合、病歴・20代という年齢・治療に対する十分な理解・実行力などによって一番近道で治ったような感じです。
     とはいえ、4月に渡米して7月でこの状態、しかもドクターマセソン(皮膚科医)の診察は渡米中4回、帰国後ショートバースト時の1回だけ、ドクターベイカー(アレルギー専門医)の診察は3回だけです。(もちろん生活の注意事項はAAJオフィスからもらっていますが)「魔法」と言う人がいらっしゃるのも納得です。帰国後数ヶ月で彼女のような状態に至る人の方が多いようです。
     ただ治療に行った方全員が帰国後数ヶ月で完治状態に至るわけではありませんので、誤解の無いようにお願いします。時間のかかり方は病歴や年齢、自己ケアの出来などによって違いますので。
     また彼女が現在のほぼ完治状態を維持しているのは、彼女自身の努力によるものです。完治状態になるとケアが楽になるとはいえ、アトピー体質自体は変わらないので、治療後の方は皆さん、多かれ少なかれ自己ケアを続けています。(私もです)
     
     アトピーは治る病気なのです。
     治さないで絶望に淵に追いやる今の日本の治療法に対して、強い憤りを感じます。

     辛かった事までお話しくださった桜さん(仮名)、本当にどうもありがとうございました。きっと多くの方の励みになると思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    他の患者さん5-7

     掲載を続けている他の患者さんからです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    帰国してからの状況です。

    まず、アレルギーがひどい私はアレルギー対策としての生活道具を揃えました。
    一気に揃えたのではなく、少しづつ体の様子を見ながら揃えていきました。
    ・洗濯乾燥機(空気アレルギーの為、外干しできない)
    ・空気清浄機(同じく空気アレルギー対策)
    ・防ダニ布団と枕(ダニ対策)
    ・↑それらにかぶせる防ダニシーツ(ダニ対策)
    ・リビングにある長座布団用と座椅子用防ダニカバー(ダニ対策)
    ・調理用のポリエチレンの手袋(手湿疹対策)
    ・洗濯用に肌に優しいケアベール(帰国後の肌は敏感なため)
    ・車のお手入れ、エアコンフィルターの交換・車内清掃(カビ・ハウスダスト対策)
    これらはアレルギー対策として購入した物などです。

    次はアレルギー対策のために気をつけた事です。
    ・実家に行くと痒くなるのでしばらく自粛(犬も飼ってるのですがアレルギーのため触らない)
    ・花粉が飛んでいる昼間の外出を禁止して雨か夜に行動
    ・図書館はホコリっぽいのでNG
    ・エアコンのクリーニングを業者に頼む(内部にカビがついて自身では掃除できないため)
    ・ハウスダストアレルギーなのでフローリングにカーペットを敷いてたのを外した
    ・下着をつけない(ちょっとの刺激で痒みが起きるから)
    ・服は裏返しで着る(上記と同じ)
    ・洗濯は注水濯ぎ三回で最高水位で行う
    ・夫と自分の洗濯物を分けて行う(アメリカオフィスからの指示)
    ・外出から帰宅したらすぐにシャワー(花粉や汗などを落とすため)
    ・家にあるカーテンを洗う(ハウスダストやダニ対策)


    帰国したときは、私のアレルゲン(強)である雑草花粉がマックスな時期でした。
    雑草花粉なんて今までは全く気にしたことがなかったので、帰国して症状もすごく良くなってたので調子に乗って
    晴れて気温も高い日に車の窓を全開にしてウキウキ気分で30分くらいドライブをしました。
    それと眠気に負けて長座布団の上で顔をくっつけてうたた寝をしてしまいました。
    長座布団はまだ防ダニカバーはつけておらず、もちろん洗ってもない帰国前の状態でした。
    ・・・そしたら大変です。
    このダブルパンチ(雑草花粉とダニ)な出来事で顔に湿疹が表れてしまいました。
    顔にできる湿疹はだいたいがアレルギーによるものとドクターからは言われています。
    蚊に刺されたような痒い赤い盛り上がった湿疹が顔に沢山できてしまいました。
    帰国したばかりでまだ赤ちゃんのような皮膚だから、アレルゲンが顔についただけで湿疹ができてしまうようです。
    私はほとんどの物にアレルギーがひどいのでよっぽど強く反応してしまうようでした。
    それから、顔用の弱いステロイドでどうにか治そうと思いましたが、よっぽどこたえたらしく日に日に悪くなっていきました。
    ただの湿疹がアトピーに変わっていきました。

    そして、帰国して一ヶ月も経たないうちにショートバースト(ステロイドの内服)になってしまいました。
    ここまでひどくなってしまうと、ショートバーストをして一回皮膚を落ち着かせないとダメだというドクターの判断でした。
    5月末から9日間のショートバーストをしました。

    ショートバーストはすごいです。
    顔に広がっていた赤みが二日目くらいから一気に消え始めツルツルになり、身体にできていた赤い湿疹も茶色い終わった湿疹に
    変わっていきました。
    問題はショートバーストが終わったときです。
    AAJからは、どこから湿疹や炎症が始まるのか注意深く見ていてくださいとアドバイスをもらいました。

    まずは、布団です。
    私はダニ・ハウスダストもひどいアレルギーでした。
    でも家で使用している布団は嫁入り道具で購入してもらった高価な布団で、まだ一年と少しくらいしか使用してません。
    一年ちょっと使用しただけだから、洗ってもないけど大丈夫と高をくくってました。
    それが全然大丈夫じゃなかったんです。
    まず、ショートバーストが明けて少ししてから喘息のような息をするようになりました。
    夜に布団で寝るときだけ、出てくるんです、ヒューヒューと・・。
    それと、枕は結婚前から使用しているものを使ってました。これももちろん洗ったことがありません。
    それを説明したらAAJから
    すぐにやめてください。アレルギーがひどいんですから、自覚して、良くなるまでは洗える防ダニ布団(枕)を使ってください。
    って言われてしまいました。
    そこで、すぐに布団と枕を購入しました。
    使い始めて二日目くらいから喘息の症状がなくなりました。
    耳が痒かったのですが、その痒みもなくなりました。(枕にいるダニのせい?)
    嫁入り道具の布団は、アレルギー注射が効いてくるのを待ってまた使用したいと思います。

    帰国して、一番ネックだったところ・・
    それは、体のサイドでした。
    わき腹から腰にかけてです。
    赤い痒い直径1センチくらいの湿疹がボツボツと大量に出てきました。
    これはショートバースト前からもありました。
    AAJに相談したら、
    洗剤は何を使ってますか?
    との事。
    私:ある会社の粉洗剤(うたい文句はすすぎは一回でOK!な優しい洗剤)です。
    A:・・・それはいけませんね~。液体洗剤に変えてください!
    それで急いでケアベールを購入しました。
    液体洗剤の良い点は、服に洗剤成分が残りずらいことなんですね。
    敏感肌用のケアベールでも、ちょっと心配だったので使用量は規定の1/3程度にしました。
    あと、この商品は服による肌への摩擦力を少なくしてくれサラっと感がでるようになっているそうです。
    ケアベールに変えてから、肌の状態が良くなったと思います。

    それでも体のサイドにできた湿疹はしつこくて、痒みも結構あり、何が原因なのか分からないまま過ごしていました。
    6月も半ばになり、カゼをひいてしまいました。
    とにかく体がダルくて、布団から起き上がれずに丸一日寝ていました。
    お風呂には一日二回入らないといけないのに、一回も入れずに、次の日少し調子が良くなってから入りました。
    お風呂に入れずに布団の中で感じたこと。
    いつも痒くてチクチクする体のサイドが痒くないんです。
    全く不快感がないのです。
    調子がよくなってから、これは!?と思いお風呂からあがってスキンケアをプラスティベースからセタフィルローションに切り替えてみました。

    ・・・見事に的中。
    私の場合、悪化は単なる保湿のしすぎが原因だったらしいのです。
    それから、体のサイドにできていた赤くブツっとした大きな湿疹の塊は日に日に治まっていき、一週間ほどでただの色素沈着になりました。
    ・・・よっぽどプラスティベースが肌には重たかったんですね。
    お腹から下をローションにしていたのを、調子が良いのを見て顔以外の全てをローションに切り替えたのは6月後半頃でした。
    そのころには他にも良いことができてきました。
    帰国後、実家へ行くと体や顔がチクチクと痒くなってたのに、行っても無反応になりました。
    実家で飼ってる犬にも平気で触れるようになりました。
    素手で料理をできるようになりました。(それまでは、手湿疹予防としてポリエチレン手袋を使用)
    手をハンドソープで洗った後でも保湿がいらなくなりました。(あんなにひどかった手の皮膚がすごい強くなってる!)

    7月に入って雑草花粉も時期が終わったのか、顔も帰国後のような湿疹ができることもなくなりました。
    なので、お守りに抗ヒスタミン薬だけ飲んで昼間の外出もできるようになってきました。
    体にはTAC(ステロイド外用薬)がほとんど必要なくなりました。
    ローションだけで保湿がバッチリで、痒みがおきないのです。
    顔はたま~に痒くなったり、赤くなったりするときがあるので、すぐに顔用ステロイドを塗るようにしました。
    一晩で良くなります。



    そして、7月後半の今。
    体にアトピーらしい症状は全くありません。
    痒みもありません。
    カサっとなってる所すらありません。
    汗をダラダラかいてもチクリともきません。
    暑さで皮膚から汗がにじみ出るのか、それが良い保湿となってるみたいで、体全体の皮膚がしっとりとしています。
    ドクターからは、朝晩二回の入浴と言われましたが、とても調子が良いので朝だけはシャワーで済ませるようにしました。
    熱帯夜でも体に熱がこもって痒みが起きることもありません。
    去年は頭にはアイスノン、両手には保冷剤を持って寝ていました。
    それでも強い痒みがあり、掻き疲れるまで掻いて痛み共に寝ていました。
    今年はアイスノンの登場は必要なくて、布団に入るとすぐにストンと寝てしまいます。

    あと気付いたことは、帰国して悪化はしたけれど痛みがでるまでの悪化はありませんでした。
    悪化といっても、ちょと赤みがでたり、掻いてしまってちょっとだけ水がしみたりする程度です。
    皮膚がパックリ割れて修復不可能とか、皮がめくれるほどガッサガサになったりとか、汁が沢山でるような肌には一度もなりませんでした。
    普段なら今の時期は腕から手にかけて炎症で真っ赤で、曲げ伸ばしも辛く、ただただ生活するだけでも苦痛でした。
    今は悪化するような気が全くしません。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    他の患者さん5-6

    掲載を続けている患者さんのケースです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    アメリカでも同じように桜が咲いていて、花粉の季節でした。
    三回目のドクターの診察で、君はアレルギーがひどいからもう抗ヒスタミン薬を飲んだほうが良い
    って言われ飲むようにしました。
    患者はボディーソープや抗ヒスタミン薬をコストコで買うように連れていってもらえます。
    なので一年分は最低買ってきました。
    今まで自分の鼻がつまったり、鼻水がでるのは当たり前で過ごしてきたのですが、それを飲むようになってから鼻がスースー通るようになりました。
    アレルギーがひどいっていうのも気付かなかったから、花粉症の薬とかも飲んだことなかったので。
    私はアトピーに出たから鼻炎なはずがない!!って変に自信過剰でした。
    ひどいアレルギーがあったから、アトピー肌がひどくなったのに。

    ケアホームには二匹の大きな犬がいます。
    とても大人しくてとてもカワイイ彼らです。
    私は初日のアレルギー検査で犬にもヒットしてしまい、犬を触ったり顔を近づけたりすると顔が赤くなりチリチリ痒くなるようになりました。
    指先だけで触っても顔・首・手が痒くなり、赤いプチプチまでできる始末でした。
    なのに!!
    三週間を過ぎたころには、顔も指も首も痒くならなくなっていることに気づきました。
    アレルギー注射の治療、ビルドが完了したから?
    一週間前から抗ヒスタミン薬を飲み始めたから?
    肌が強くなったから?
    理由は自分では分かりませんが、この歴然の差にビックリしてした。何かが効いていることは確かで、全部かもしれません。
    抗ヒスタミン薬は、
    花粉類だけでなく、カビとか犬とか自分が持ってる全てのアレルギーに効きます。
    とアメリカオフィスのおば様が教えてくれました。

    ドクターの診察で
    痒みはありませんか?
    と質問され、どこも痒みがないことに気づいたのは四回目の診察時でした。
    痒み・・痒み・・と自分で考えてみましたが、いつの間にかなくなっていたことに気づきました。
    あのときは感動しました。

    帰国する五日前くらいに変な湿疹が出来始めました。
    赤みを伴った直径一センチくらいの膨らみがボコボコとおでこに沢山できていました。
    おでこに沢山あって、左まぶたに三個くらい。
    ほっぺに各一個。
    蚊に刺されたような湿疹です。もちろんまだ蚊がいるような季節ではありませんでした。
    ドクターの診察で、
    よく晴れて乾燥した日に外出したので、アレルゲンが顔についてできた湿疹。皮膚が丈夫になるまでは顔についただけでも湿疹ができます。
    とのことでした。
    ポートランドは花粉の季節(車に黄色い粉がたまってました)で、でも曇りや雨で、気温が低い日(10度)ばかりでした。
    それなのに、調度外出した日がよく晴れて気温も高い日でした。
    花粉などのアレルゲンにやられた為にできた湿疹だそうです。
    目の周りを中心にできる湿疹はアレルギーによるものだと教わりました。


    皮膚が生まれ変わって赤ちゃんのような肌になるため、丈夫になるまではちょっとの事で反応するって事が分かりました。
    でも一番悪かった手が帰国する頃には感触が変わってました。
    手が一番悪かったため、私の神経は毎日手に集中していました。
    手を毎日、一日何回も眺めてました。
    それが帰国する頃には、旦那さんの手(普通の人の手)の滑らかさに近づいてきた事を発見しました。
    旦那さんと手をつなぐと、いつもこんなツルツルで良いなぁって思ってた。
    私はいっつもいっつもガサガサしてて。
    手の平もガサガサしてて。
    アトピー肌はいくら良くなっても、常に乾燥していて、自分が良い状態と思っても、健康な人の肌を触るとその差にビックリします。
    私はこれがベストなのに、こんなに違うものかと。
    帰国する頃には、健康な人の肌のツルツルに近づいていました。
    一ヶ月でこうも変わってしまうとは・・・もう炎症による痛さを忘れていました。

    そして最終診察日。
    皮膚のスキンケアは良く、日本はもう湿気もでてくる時期で暑くもなるだろうから、炎症のない脚などから徐々にローションに慣らしていくと良いかもって言われました。
    でも、プラスティーベースを卒業する日がくるのがまだ信じれませんでした。
    私はアレルギーも多いしひどいから生活に気をつけるように言われてしまいました。
    討ってやる~!!というか、皮膚が丈夫になるまではとにかく避けるしかありません。
    アレルギー注射が早く効いてくると良いな。
    一ヶ月、長いようでとても短かったです。
    一ヶ月前の肌を写真で見ると自分でも痛々しい・・・。
    何するにも痛くて、手を洗うたびに水がしみてました。
    丈夫になれるよう、帰国しても日々のセルフケア頑張ります。

    診察以外での日々の生活はというと。
    買い物に行ったり、少し散歩に出たり、キッチンでまったりおしゃべりしたりと、楽しい生活でした。
    普通に英語しか話さない(当たり前ですが)ステファニーが始め怖くて(意味がわからなくて返事ができないので)、部屋にこもってましたが、
    帰国する頃には二人だけで散歩ができるくらいにまでなっていました。
    慣れですね。笑
    そして、一番の楽しみが<ご飯>でした。
    なんといっても毎日毎食、ご飯が美味しいのです。
    朝はコーヒーメーカーでコーヒーをいれて、ベーグルをクリームチーズたっぷりつけていただきます。(私の場合)
    お昼はサンドイッチやハンバーガー。スープも作ってくれます。たまにメキシカン料理でした。
    夕飯は毎日品数たっぷりのボリューミーなご飯です。
    手のサイズのステーキを二枚とか、毎日腹12分目まで食べていました。
    夜に甘い物を食べると夜中の痒みになるので控えていましたが、そんなことが関係なくなって、夕飯をたっぷり食べたあとにアイスやデザートを食べていました。
    アトピー治療という名の太り合宿のようでした。
    私はこの一ヶ月で三キロ太りました(皆さんだいたい丸くなるそうで)。
    モモには肉われが出来て、行きにはいてきたジーンズがはいらなくなりました。(はいらないというかモモからあがってこない;)
    帰国して一週間ほどはアメリカ食事がとても恋しかったです。


    来年の今ころは少し違う自分でいられると良いな。
    今までの心の傷も少しづつ忘れていくと良いな。
    そんな期待を胸にアメリカを発ちました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。