プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    車の清掃・除菌について

     車に乗った時、痒みなどの症状が出る方が結構いらっしゃるようです。
     今回は車の清掃・除菌についてです。
     といっても、私は症状が出ないため調べた事がないので、詳しい方から教えて頂いたものを転載します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    最も有名なのは酸化チタンの溶液にゴキブリを入れ有害物質や病原体の消滅を確認したという事例がありますね。
    光触媒の技術は一部病院の手術室の床や壁などでも使用されているために非常に効果的だと思います。
    しかしながら太陽光では、光触媒の効果は本来の10%程度しか発生しません、
    光触媒の効果を最大限に上げる方法はブラックライトを使う方法です、
    これは光触媒が反応する光の波長に関係しており、可視光線では効率が非常に悪い為、病院でも定期的にブラックライトで照らして殺菌するようです。
    実際のところアルコールスプレー消毒など、他の手法の方が効果的だと思いますが
    頻繁に消毒が必要な場合にブラックライトで照らすだけという手軽さにより活用されているようです。
    ですので、いかにも太陽光で殺菌可能と表記されているものについては
    間違いではないですが実効はあまりなくざんねんながら看板に偽りありです。

    ですので、車にブラックライトを積んでいる方や
    定期的にブラックライトの照射が可能な環境ならば良いかと思います。

    また、チタンや純金は一般にはアレルギー性は非常に低いとされていますので、
    安全性は高いと思われますが、インプラント、入歯などでまれにアレルギー反応を起こす方がいらっしゃるようです。

    他の方法としましては
    タクシーや商用車、喫煙ルーム、病院、公共機関などで使用されている、
    ナノテクビーム(イオン発生装置)と紫外線を発生させる
    エアーフレッシュという製品であれば、
    化学薬品などを一切使用、発生しない構造ですので安心かと思います。
    http://www.nanotech-beam.com/airfresh/airfresh.html

    シートやファブリックの洗浄にはカー洋品店でクリーナーが売っていますが
    最も効率的な方法は面倒ですがシートを外して洗剤で干して洗う方法で、
    シート内のスポンジ部分まで洗えてしまうためこれに勝る方法は無いと
    専門家の方もコメントされているようです。
    専門業者はお湯と泡でガンガン洗った後、バキュームで吸い取って乾かすようです。
    似た方法としてはスチームクリーナーの弱使用が近い効果を期待できるようです。
    一般的な方法はシートクリーナーを使用し気にせずガシガシ洗った後、掃除機で
    なんとなく吸い取り、その後車のエアコンの温風でガンガン乾かすという方法です。

    シートカバーはカー用品店で汎用品も、純正品(メーカー車種専用)もありますし、オーダーもできます。
    業者例(同様の業者は沢山あるようです。)
    http://www.car-custom.jp/example_seat/index.html

    また、リセッシュなども使えるようです(殺菌や妨ダニにはなりませんが、、)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    という事です。
    特定の商品名などが載っていますが、特に利害関係はありません、との事です。
    参考にしてみてください。
    おか○ーさん、ありがとうございました。♪

     さてさて、夏を間近に控えそろそろエアコンの準備をしてください。
     掃除の業者もそろそろキャンペーンをし始める頃なので、予定されている方は準備を進めてくださいね。
     一昨年、うちはダスキンにやってもらっていますが、2~3年に一度はやった方がいいとの事なので、今年、また依頼しようと思っています。キャンペーンを待っています!
     賃貸でエアコン付きの人も、お金かかってでもやった方がいいですよ。大家さんに予め許可を得て、依頼してください。賃貸こそ、やった方がいいかもしれませんね。

     やってもらった後は、薬剤が飛ぶかも、と思い、エアコンをつけっ放しにして、窓を開けてしばらくその部屋から退散しています。
     
     今年は業者に掃除依頼をしないよ、という方の場合、
     AAJのブログで過去の記事をちょっとお借りして転載します。
     2007年7月の記事ですね。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ベイカー先生の検査の際のチャートをお持ちだとおもいます。
    その中で mold、特にaspergillus mix(soil) などがプラスの方は気をつけてください。

    クーラーによる拡散とおもわれるアレルギー症状の悪化の報告が多いようです。

    アスペルギルス参考サイト
    http://www.santen.co.jp/al/al_kabi1.html参天製薬サイト

    おすすめする対策は
    1、クーラーのシーズンはじめは24時間ほど窓をあけたままで拡散させる
    2、フィルターのお掃除
     アルコールスプレーが良いようです。

    3、窓の下側、家具と隣接している壁にある黒いカビにアルコールスプレーでふき取る
    4、寝室などの部屋の角にほこりとともにカビがあるのでここもアルコールスプレーでふき取る
    5、旅行中のルームエアコンなども注意
     (フロントでアルコールスプレーをかりるとよいですよ)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    との事です。
     皆さん、ご注意を!

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    新しく試している事

     夏を前に、汗の処理など新しく試している事がいくつかあります。
     私は脇の汗がアトピーになりやすく、いつも悩みの種です。この対策として今試しているのは二つあります。
     一つは、ドクターマセソンが自身でやっている事だという事なのですが、汗を拭く時、ティッシュなどにセタフィル(私はバクトロウォッシュを使用)を出して、それで汗を拭く事です。
     これ、すごくいいです!
     今まで清浄綿などを使っていましたが、それよりもしっかり汗が取れる、という感じです。つくづく、セタフィルが洗浄剤、という事を実感しました。消毒よりも汗と汚れを皮膚から取り去る、という事が大事なんですね。ドクターがやっている、という事は、汗はそれほど肌に良くない、という事かな、と思います。
     この方法、セタフィルの成分が皮膚の上に残るので、環境によってはティッシュを濡らしてそれを拭き取ったりしますが、ダメならそれはそれでOKです。私はセタフィルに反応しないし、残ってもシャワーの時に流せば問題ありません。
     ちなみに私は既にセタフィルからAAJが作って販売しているバクトロウォッシュに移行しています。元のセタフィルよりも出来が良かった、というのは聞いていましたが、何となくわかる気がします。セタフィルよりも液体が安定していて、少し固めに出来ているように思います。私は無印のチューブタイプの持ち歩き用の詰め替え容器に移して使っています。これ
     二つ目は、オリモノ用のライナーを思い切って服の脇の下に当たる部分に貼ってしまう、という事です。笑わないでくださいね…。
     汗脇パッドを使おうかと思ったのですが、結構高いんですよね。ブラに引っかけるタイプの繰り返し使用できるパッドなんかもあるみたいですが、私はほとんどブラは使わないし、で、思いついたのでやってみました。
     結構いけます!吸水速乾、という感じも気に入っています。
     気が付いたのが、汗も悪いのだけど、服の擦れも問題だったんだなぁ、という事です。ライナーを貼ると擦れなくなるのが楽だな、と思うようになりました。
     ネットでいろいろ調べたら、やっぱり同じ事を思いついてやってる人、結構いますね。コストも大事なので、ちょうどいい感じです。中には半分に切って使っている人もいましたよ。
     キャミソールみたいなインナーを着る時は、脇に引っかけて貼ります。絶対上着は脱げませんが、この方法でOKでした。
     それとキャミソールにパッドが付いているような製品も結構出ているので、またちょっと、試してみようかな、と思っています。
     男性にも本当はお勧めです。仕事でTシャツ一枚になる事がなければ、下着Tシャツの内側にやってみるといいと思います。ライナー購入はネットなんかで…。汗脇パッドに比べるとコストが断然安いですから。

     そうそう、ライナーといえば、ライナー用の手作りナプキンの話。(http://iiizzz.blog9.fc2.com/blog-entry-424.html#more
     余った生地で作ってみました。14cm角(出来上がり寸法)に切った布地を角を丸く縫って、対角線にホックを付けるだけです。私は測らないで布を裁ってしまったので、大きさがまちまちになってしまって後悔しています。というのは、ものによってずれるので。14cm角は見本用に買った市販の布ナプキンの大きさです。これに近く出来たものが、一番ずれないです。。。
     私はお裁縫をしますが、しない人の場合、わざわざ布を買ってくるのも…、と思ったら、Tシャツなどの使い古しを使っても十分です。14cm角ってすごく小さいですから、Tシャツ一枚つぶせば、何枚も作れます。

     小さな事ですが、小さな事でトラブルが解決したりするものなんですよね。試行錯誤ですが、ちょっと面白いかも、と思ったりもするようになりました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    手湿疹の手袋

     渡米された方から、手湿疹の情報を頂きました。

     手湿疹の方は、台所仕事の際など、綿手袋をした上からゴム手袋をしていると思います。
     まずこのゴム手袋ですが、ゴム手袋に反応している場合もあるそうです。
     手袋の中で汗をかいて綿手袋が濡れてしまえば、その外側の成分が手袋を伝って手に付着し、手荒れの原因になる事があるので、ゴム手袋の成分を見る必要があるそうです。
     ゴム手袋に問題があれば、別の素材を試す必要があり、ポリエチレン製の手袋なんかが良いそうです。

     また綿手袋自体がトリガーになっている可能性もあります。
     綿手袋の中で汗をかけば、汗の刺激や雑菌による手湿疹の可能性もあるし、汁が出ていればもちろん雑菌がすぐに繁殖してきます。
     また綿手袋も自分に合わない洗剤で洗濯していれば、それでアレルギーを起こす事もあります。
     もちろん綿手袋を何度もはめたり脱いだりしたり、長時間同じものを使っていれば、雑菌も繁殖してきますから、手湿疹の原因になります。
     綿手袋は一度はめたものは、二度はめずに洗濯する事、また新しい綿手袋は、必ず洗濯をよくしてから使ってください。
     保護のつもりで使っていても、保護になっていない場合がある、という事です。

     綿手袋+ゴム手袋をしている方は、もう一度その成分や使い方を振り返ってみてください。

     それと、手湿疹の話ではないですが、帰国後のケアで変わったところがあるそうです。
     今までファイソヘクスを帰国後のセルフケアとして指示されていたのですが、それがなくなって、代わりにハイター風呂になったそうです。
    帰国してしばらくは家族も含め一週間に続けて二日(一日一回)入るように指示が出るそうです。
    高沢さんがおっしゃるには、キャップ一杯30~50ccだそうです。
     ハイターはキッチンハイターでなく、衣料用のハイターです。お間違えなく。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    洗濯機と乾燥機

     治療後、洗濯機の買い替えを検討する人もいらっしゃると思います。
     私の場合、洗濯槽のカビが心配だった事と、乾燥機の購入を考えたからです。
     
     洗濯機はタテ型(上から洗濯物を入れる、昔からある普通のタイプ)とドラム式とを検討した事があります。
    ・洗濯には縦型の動き、乾燥にはドラム式の動きが適している。
    ・ドラム式は、汚れ落ちが縦型に比べて劣る。(今はどうかわかりませんが)
    ・縦型の洗濯乾燥機は、乾燥まですると、しわがすごいらしい。
    ・ドラム式洗濯乾燥機は洗濯時間がとてもかかる。
    ・洗濯できる量と乾燥できる量に差があるため、例えば8kg洗濯しても、全て一度に乾燥は出来ない(乾燥はたいてい6kg)
    ・一体型は、乾燥している間、洗濯できない。
     こういった事が挙げられました。

     洗濯機を選ぶポイントとしては、
    ・すすぎがしっかりできるものを選ぶ。
     最近は節水がきつく、水量が自動で設定されてしまって手動で調節できないタイプの洗濯機なんかがあるようです。こういったものは避けましょう。
    ・槽乾燥が出来る。
    ・容量は出来るだけ大きなものが良いでしょう。
     洗濯ものの量が多い事と、布団など大きなものを洗う必要も出てきますから、大きなものでないと対応が難しいです。設置場所の大きさと相談しながら、できるだけ大きなものがいいと思います。

     この辺りを検討すればいいと思います。
     タテ型でもドラム式でもどちらでも構いません。

     乾燥機については、購入を強くお勧めします。乾燥機の方がむしろ重要、と思います。
     そして出来れば、洗濯機と一体型ではなく、別で買うのが理想的です。
     乾燥機は花粉を衣類に付着させないためと、雨の日などで洗濯物を乾かすのに時間がかかると洗濯物に雑菌が繁殖するので、短い時間で乾かすために必要です。
     アトピー患者の洗濯ものの量はすごいので、洗濯機を回しながら乾燥が出来る、というのも些細な事に見えますが、大きなメリットにつながっていきます。
     近所にコインランドリーがあって、乾燥機がそちらで使えるのであれば購入は不要だと思いますが、乾燥機は毎日使うものなので、家にあった方が楽だと思います。

     一番理想的なのはガスの乾燥機です。乾燥時間が短いし、ランニングコストも最も安いので。でもガスはいろんな条件で設置が難しい場合が多いので、電気の乾燥機を買う方の方が多いと思います。
     電気の乾燥機は洗濯機の上にラックを設置しておけますし、屋外でも置く事が可能です。
     聞いた事があるのとしては、SANYOのものはフィルターがティッシュで交換できるので、評判がいいようです。
     家の中で乾燥機を使うと家の中が湿気るので、換気をするなど対策が要るようです。
     
     浴室乾燥機を使って乾かす、という手もあるそうですが、アトピーの洗濯ものの量が半端じゃないので、やっぱり乾燥機を使う方をお勧めします。

     私は、といえば、ナショナルNA-VR1000というななめドラムの洗濯乾燥一体型を使っています。この製品はもうNAVR5500まで進化しちゃっているのかしら。
     乾燥機の設置が難しい、という事で、一体型にしました。

     タテ型でも今、乾燥機との一体型が出ているようですが、こちらはお勧めしません。使った事がないのでよくわかりませんが、小さなゴミが吸着して固くなって、それが当たってトリガーになってしまう、というのを聞いた事があります。という事は、脱水したまま水分を抜いてしまうような感じで乾燥させるのかしら…?と思いました。
     ドラム式で洗濯ものを広げて、細かいゴミなどを吹き飛ばしながら乾燥させるのが理想かな、と思います。
     なので乾燥機能を重視して、ドラム式のものを買いました。

     私はアレルギー検査でアレルギーがそれほど酷くなく、ボトルも一本のため、外干ししてから乾燥機に20分かけてからしまう、という方法を取っています。
     ドラム式の洗濯機は、叩き洗いの原理という事で、洗濯ものが固く仕上がります。柔らかく仕上げたい人は、外干しする前に30分ほど乾燥機にかけるとふんわり仕上がります。でももちろん、外干しした後また乾燥機にかけなくてはなりませんが。

     私が得た事に関しては以上ですが、他にも何か追加情報、または具体的にこの製品が良かった、ダメだった、などありましたら、書き込みなどよろしくお願いします。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。