プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アメリカオフィスより

     アトピーアソシエイション(AAJ)のアメリカオフィスより患者の皆様へ、という事です。患者同士の情報交換で回ってきましたので、こちらに載せますね。

    ①自宅意外で宿泊する場合に使うように、宿泊用のシーツを作りましょう 。

    ダニや洗剤がトリガーの人の場合、ホテルなどの宿泊施設で悪化したり、寝れない事があるかもしれません。 そこで、自分で普通の布団サイズのシーツ(薄いもの)を二枚購入して両端を縫い合わせ袋型にし、すっぽりとその中に入れるようにすれば、自宅意外でもトリガーを避けて安眠できるという話でした。
     抗ダニシーツで作ってももちろんいいですが、ダニは防ぎきれないかもしれません。

    ②コエンザイムQ10について

    もし常用してる方がいたら止めて欲しいとの事でした。
    お肉にアレルギーがある方は、ドクターの指示で服用するそうですが、そうでない方は体がその人に合うように毎日この成分を作るらしいので、自分の許容量を超えるとあまり良くなかったり、意味がなかったりするそうです。
    もし飲んでいる方がいらっしゃったら止めてくださいとの事でした。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     GWに既に入っていらっしゃる方もいる事でしょうね。
     豚インフルエンザが心配されます。人混みはなるべく避け、マスク着用と手洗いをきちんと行なってくださいね。
     インフルエンザらしき症状が出たら、すぐに病院へ行くのではなく、各自治体が発熱相談センターを設置していますので、まずそちらに電話をしてください。
     マスクの備蓄は大丈夫でしょうか?日本で一人でも感染が確認されたりした場合、マスクが品薄になる可能性がありますので、備えておかれた方がいいと思います。
     GWで人の移動が多いのが気になります。とにかく早く、事態が解決の方向に向かう事を祈ります。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    プラセンタ

     最近、アトピーの人のプラセンタエキスの注射、はやっています? 
     これ、間違った治療とドクターが断言しています。絶対やめてください。私も詳しくないのですが、アトピーに使用する以前の問題らしく、アメリカでも禁止されているそうです。
     プラセンタエキスは胎盤から作られますが、人の胎盤はお産の際、さほど清潔に取り扱われているわけではないです。
     私が見た所では、医療廃棄物として破棄されていました。他にもこんな記事を見つけました。こちら
     もう20年も前の話ですが、たまに医師が業者に売ったり、タダであげたりする事があるというのを聞いた事があります。でもそういう医師はごくごく少数。医師としてのモラルがあれば、そういう事はしないのが普通です。私は出産経験がないのでわかりませんが、胎盤処理費用を取られる事が普通ですよね?
     海外でも先進国では焼却処分というのが普通のようです。
     という事は、胎盤回収業者が焼却せずにどこかに売っている、という事になりますよね??これって条例違反になるのでは…?回収に来た業者は焼却処分を前提に回収に来ているのですから、どの人の胎盤か、感染があるかないか、などカルテを見たり、医師からデータをもらって確認を取っているとは思えないです。
     そういう事情から、人の胎盤は普通は品薄な筈なので怪しいですよね。
     調べていたら、やはり化粧品の多くは豚を使用しており、その他、牛・馬なんかも出てきました。。。

     安全性については、注射をしてくれる病院のHPでは問題ない、人の胎盤から作っている、安全性に問題ない、証明されています、というような事を書いてあったりしますが、本当かな、と。
     人の胎盤が品薄なので、動物を使っているとしたら、狂牛病においては、胎盤からの感染は確認できないものの、もし含まれていたとすれば、感染する可能性はあります。
     私が見た安全性をうたったプラセンタの宣伝では(どこかのクリニック)120度の熱処理を加えてある、との事ですが、「国際獣疫事務局(OIE)では、不活化するためには、133℃・3気圧・20分のオートクレーブ滅菌による熱処理が必要との国際基準が設けられている。」(wikiより)とのことで、処理が不足です。
     感染の問題は、プリオンだけに限りませんし。
     厚生労働省は胎盤エキスを注射した人の献血を禁止しています。記事はこちら
     また「ラエンネック」というプラセンタから作られた厚生労働省認可の薬があるそうですが、添付書類を読むと「本剤の主成分の原料であるヒト胎盤を採取する際には、問診、感染症関連の検査を実施するとともに、本剤の製造工程において加熱処理を行う等安全対策を講じているが、ヒト胎盤を原料としていることに由来する感染症伝播の危険性を完全に排除することができないことから、疾病の治療上の必要性を十分に検討の上、必要最小限の使用にとどめる。」(こちら)とあり、感染の危険がある事が書かれています。
     アメリカではプラセンタ注射をした医師は罪を問われるそうです。
     仮にこれによって感染が起こり国が罪を認めた場合、救済対象にアトピーが入るかどうか?私は入らないと思います。なぜなら効果・効能の所には「肝機能の改善」と書いてあり、アトピーの治療薬としてはスタンダードの治療ではないからです。そして打つ人の大半は美容目的と思われ、それと混同されて救済対象から外れるのではないか、と思います。

     でもそんなリスクを冒してでも、アトピーを何とかしたいから打ちたい、という方。
     皮膚科医のドクターマセソンは間違った治療、と言っています。
     安全性を棚に上げたとしても、女性ホルモンの分泌に影響を与えるため、生理とアトピーが関連してしまう事から、アトピーに対する影響もあり、正常化するまで大変だそうです。
     アトピーの治療薬としても使えないどころか、悪影響、というわけです。
     
     アトピーが酷いと生きる事自体が辛くなってしまい、死んだっていいからトライしたい、アトピーが酷いままよりはまだまし。
     そう思うかもしれませんが、正しい治療をすればアトピーは治ります。ヤケにならずに冷静に判断してほしいです。 

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。


     記事の量が多くなってしまい、読むのが大変、と聞きますので、少しずつまとめたり、整理していきたいと思っています。 また有用だと判断したものは、短くしたり、くっつけたりしたりしようと思っています。

    カンジダ

     風邪症状も落ち着きました。
     風邪、というより、ヘルペスだったみたいで、頭が重い感じ、頭が重い感じから来る軽い吐き気、だるさ、それらがアシクロビルを飲み始めたら急速に症状が消えていきました。。。風邪っぽい症状が出る人がいる、と聞いていたけれど、まさにこれだったのかぁ、と実感しました。寝込んだりしていたのですけど、早く薬を飲めば良かったです。
     職場で少し移動があったので、疲れが出たのかもしれません。ちなみに同僚は口唇ヘルペス出していました。今、季節の変わり目で出やすい時期でもあるように感じています。

     今日はちょっと下系の話になりますので、続きを読む以下に書きます。
     男性のも女性のも一緒に書いてしまいます。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    続きを読む

    風邪かな

     ここのところちょっと体調を崩しています。
     記事をちゃんと書く気力も体力もない、というか。。。読む事は出来るのですが、書くところまで行きません。
     脇腹のヘルペスもなにやら動いているようで、痒いなぁ、と思います。体調を如実に反映してくれますね。最近は薬を飲まなくても休むだけで良くなる事が多いのですが。
     そんな事情もあるせいか、最近、メールを頂いても返事がちょっとそっけなくなっているかもしれません。申し訳ありません。

     つらつら日記は通常1時間以上費やして書いているので、なかなか骨が折れるのです。
     にもかかわらず、ブログランキングは落ちていってしまいますし。
     ランキングの順位よりもアクセス数の方が大事だと思っていますが、ランキングが下がるアクセス数も下がってしまうので、それが気になります。
     アクセス数が下がると、検索でヒットもしにくくなり、アトピーで本当に苦しんでいる人がドクター達の治療を知る機会が減ってしまいます。私もそうでしたが、ドクターマセソン達の治療でないと絶対に治らない、と思われるアトピー患者の人達が確実に存在します。治療の存在を知った上で治療を拒否するのは構わないのですが、治療を望んでいる人たちにも同時に届かなくなってしまうのを思うと胸が痛むので、ランキングの順位はある程度大事だと思っています。
     ご協力、よろしくお願いします。

     今日はこの辺にしておきます。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    治療検討中の方へ

     渡米してのアトピー治療検討中の方の中に、ドクターに診てもらう時、最も悪い状態を診てもらわなくては、と、ステロイドを塗っていたのをやめてしまう方が中にいらっしゃるようですが、それは厳禁、と心得てください。

     脱ステすれば当然リバウンドが来ます。そして皮膚の状態が一気に悪化します。するといろんな感染を引き起こしてしまったり、アレルゲンの貫通も更に良くしてしまうし、体は一つでつながっていますから、当然体調も悪化してしまいます。
     ドクターはもう何百人もの日本人のアトピー患者を診ているので、最悪の状態を見なくても皮膚の薄さや色、病歴、今までの治療法、ステロイド歴などから重症度は十分に判別できます。
     なので皮膚の状態をわざわざ悪化させてしまうと、困難な治療をさらに困難にしてしまう事だけになります。
     ステロイドを塗り続けていた方は、そのまま継続して塗り続け、渡米時、ステロイドの内服薬でドクターの指示の元にリバウンドを調整して離脱してしまう方が安全で且つ治療にも良い方法なのです。

     これは渡米前のカウンセリングの際も同じ事なので、塗っている方は無理して脱ステしないでくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。