プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    先手必勝

     涼しくなってきたら風邪をひいてしまったようで、久しぶりに病院へ行ってきました。
     といっても自分の勤務先ですが、風邪を口実に、風邪薬のみならず、ヘルペスの薬やクラリティンも。風邪が口実だと内科を受診できるので、皮膚科に対して偏見のある私としては、内科をつい、好んでしまいます。
     ヘルペスは出たりでなかったり、で、やっぱり常備薬は持っていないと、と思って。

     病院は緊張しますね。
     親しい医師の診察だったら良いのですが、今の病院は医師とともに仕事をする事がないので、全く他の患者さんたちと同様に見てもらいました。
     私の場合、「この薬がほしい」というはっきりとした目的を持っているので、希望通りにしてもらえるか、が、すごく気にかかって神経質になってしまいます。
     基本的に、すごく医療不信なのだと思います。
     日本の病院で、納得できる診察・治療をしてもらった、という記憶がほとんどないせいもあるかも。
     医師と、一触即発になりそうになった事も何度かあります。
     そのためか、自然と身構えて診察に臨んでしまうのです。そうすると、医師と看護師って、すごく高い壁に見えるものですね。

     ヘルペスの薬はアシクロビルを希望したのですが、取り扱いが既になく、バルトレックスに切り替わっている、という事なので、バルトレックスにしました。
     バルトレックスはアシクロビルの「プロドラッグ」と呼ばれるものです。
     アシクロビルよりも量が少なくて、よく効く、と言われています。問題なさそうなので、私も飲んでみました。
     確かに、アシクロビルよりもよく効く気がします。スパッと症状がなくなる、というか。
     でも、日本の情報ではちょっと不安なので、一応今、安全性に対してAAJの明石さんに質問しています。

     でも今のヘルペスの症状は、早めに抑えているので皮膚に症状は全くありません。自分でいつも出る右の脇腹がピリピリしたり、過敏になったりするのが分かるので、そのタイミングで薬を飲んでいますが、薬が切れると症状が現れたりするので、しばらくは継続して飲んだ方が良さそうです。
     ちょっとびっくりしたのは、今回受診した医師にも、
    「しばらく飲んだ方がいいかもね」
    と、さらっと言われた事です。
     早期に薬を飲む、長く飲み続けても構わない、そういう知識がやっと普及してきたのかな、なんて思いました。
     薬は少なければ少ないほど良い、という考え方も、徐々に改められてきているのかもなぁ、なんて思いました。比較的、若い医師の診察だったのも良かったのかもしれません。

     病気は先手必勝な事も少なくありません。
     単純に風邪だけをとっても、一昨年、夫が風邪をひいて吐き気を我慢していたら、あっという間に脱水症状を起こしてしまい、介助なしでは歩けなくなってしまった事がありました。「吐き気」は、早目に薬を飲んで抑え、十分な水分補給が大事なのです。吐き気による脱水を起こしてしまうと、もう点滴をしないとダメだし、内服薬も全て吐いてしまうので、坐薬、もしくは点滴による投薬をしないとダメです。他の症状も出てきてしまうし、薬も他に必要になってしまいます。治すのにも時間がかかり、かえって体に負担です。
     風邪もよく休む事が基本ですが、私は酷くなる前に、寝る前に鎮痛剤と睡眠薬を飲む事をします。風邪による熱は、決して悪いものではなく、むしろ体内の菌を殺すのに役に立つと言われていますが、私は免疫力が低いせいか、発熱する力が弱く、微熱程度しか出ません。菌を殺せないのに我慢していても役に立たないし、体がしんどくて夜ゆっくり眠れない方が却って免疫に良くない、という気がしているので、独自のやり方ですが、痛み止めを飲んで体を楽にしてしまい、睡眠薬で強制的に熟睡する、という方法の方が、うまく治ります。
     結果として、鎮痛剤と睡眠薬1錠づつで済み、あれこれ飲まなくても済んでしまいます。

     ドクターマセソンの方法も、とにかく早め、早めの対処、薬の我慢はダメ、という指示です。これは理にかなっています。
     今思えば、アトピーの場合は自分でアトピーとわかるので、様子を見る事はあまり意味がなかったなぁ、と思います。
     日本の場合は、医療の現場でも「様子見」という言葉がよく使われるし、政治の世界でも同じで、対応が後手後手ですよね。「様子見」が好きなのは、一種国民性なのかしら。そのせいで、「西洋薬絶対悪」「自然治癒力」という言葉が好まれるのかもしれません。食事も「医食同源」の考え方があるから、「食事で治せる」という考え方がよくなじんで、アトピーを我慢するのでしょう。
     でも、違う考え方も受け容れてもいいと思います。世界はグローバル化しているのだし。
     ちなみに、医師不足問題。外国人医師の導入はダメなのでしょうか?どこの国籍の医師でも、優秀な医師なら問題ないと思うし、言葉も通訳をつければ良いのでは?と、思います。古い知識でヨロヨロ診察されるより、グローバルな視野を持ち、確かな知識を持った医師の方を私は選びます。優れた医師は洞察力も優れているので、言葉の問題は減るように思います。日本人のブランクの長い医師を高給で掘り起こすより、通訳をつけてでも現役の優秀な外国人医師を雇った方が、患者にとっても恩恵が大きく、かつ、安上がりなんじゃない?なんて思います。
     ドクターマセソンももドクターベイカーも外国人だったけど、全然問題なく良い医療を施してくれたし、漢方薬を使っていた時も中国人の医師だったし。イギリスでも一度、イギリス人の医師にかかった事があったけれど、問題はなかったです。
     ロンドンの中華街で見てもらった最初の中国人医師なんて、英語は本当に片言だったけれど、最初からピタッと処方を当ててきました。
     
     考えを新しくしていくのは、メリットもたくさんあると思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
    スポンサーサイト

    助言は難しい

     私の知人でアトピーの人がいます。私は彼女の皮膚を見て、アトピーだとすぐにわかったので、アトピーの話の機会を見て、
    「私、アトピーでアメリカに行って治療してきたの」
    と言いました。
     そして彼女が悩んでいる手のアトピーについて、少し助言してみました。
     けれど彼女は後日、
    「今週、○○市にある皮膚科に行ってくる。評判いいって言うし。」
    と言いました。そして彼女の行動から、私の助言は無視された、と思われました。
     
     私は渡米しての治療を勧めたわけではありません。
     彼女の症状は手湿疹が主で、あと、顔に出てきている状況でした。まずは簡単にできる雑菌を含む接触性のトリガーを疑って、日常生活を徹底的に見直す事から始める事が大事だと思いましたが、それより病院に行く事を選択したようです。
     もちろんその事について詳しく聞いてはいませんが、良くなった様子はありません。

     彼女が仕事ができないほどの状態であれば、まだ耳を貸してもらえたかもしれませんが、そうでなかった事もあったのでしょう。
     本当はアトピーは症状が小さいうちに徹底して治し、予防をしていく方が断然良いのです。
     けれど、ほとんどの方はそう言っても放置、そしてステロイドを塗って日常をやり過ごしていきます。

     私はこうして助言が無視されるのは仕方がない、と思っています。残念だけど、むしろそれが自然だろう、と。
     ただ、酷くなるのを黙って見ているのは自分の二の舞になるのではないか、と心配してついつい言ってしまうだけなのです。

     アトピーブログを見ていると、切なくなる事が多々あります。
     以前はコメントに渡米治療の事を書いたりした事もありましたが、やめてしまいました。
    「辛いです。」
    「疲れました」
    「ここのところ酷くなり、ブログをしばらく休んでいました」
    「今日は汁が止まりました。体が動きます。良くなってきたのかも!」「今日は汁が多くて包帯巻いてます。悪化しました。皮膚に服がくっついて痛いです。」
     そういうブログを読んでは切なくなります。
     そしてそういうブログに
    「脱ステはそういうものです。がんばれば、新しい皮膚が下からできてきますよ。時間はかかりますけど。私も頑張って良くなりましたので、あなたも良くなる筈です。」
     そんなコメントが入っていて…。
     切ないです。
     余程、その方に宛てて渡米治療の事を書こうか、とも思いますが、大きなお世話だな、と思って、ぐっと我慢します。

     ブログといっても日常全てが見られるわけではなく、自分の思いと自分の生活の本当にごくわずかな部分を切り取った一部でしかないので、その水面下にはどれだけの苦労と思いがあるのかしら、と思うと、胸が痛いです。
     
     でもそういうブログを読んでは、AAJのHPの次の治療チームのスケジュールを見ては、この人、今から手続きすれば、来月はぐっすり眠れるのになぁ~。一人じゃなくなるのにな~、なんて事をいつも思います。
     
     以前勤めていた精神科のじいちゃん先生は、
    「人にモノを言う時は、言う人とタイミングが大事だ」
    と言っていました。
     本当だ、と思います。
     
     求めなさい。そうすれば与えられます。
     捜しなさい。そうすれば見つかります。
     たたきなさい。そうすれば開かれます。

     これは聖書の言葉で、有名な一説ですよね。
     私はアトピーで苦しかった時、疑いながらも心に持っていた言葉です。

     求める事を恐れないでください。
     探す事を諦めないでください。
     たたく勇気を持ってください。

     求める事をやめてしまった人には、どんな言葉も届かないし、探していなかったら、与えられる人があなたを見つける事が出来ないでしょう。叩かなかったら、ドアは開かれません。
      
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  


     
     

    アトピーと政治

     福田首相が辞任を表明しましたね。

     アトピーと政治って、中には無縁、と思っていらっしゃる方がいるかもしれません。アトピーで苦しんでいても、選挙は行かない、行った事がない、という方もいると思います。体が辛くて、家から出られなくて選挙に行けない、という人も。
     政治は難しい、よくわからないから興味がない、誰でもいいからアトピーを治してくれ、ただそれだけ、という人もいらっしゃるでしょう。

     でも

     アトピーが治らない事と政治は関係ありますから、無関心でいてはいけません。
     政治はアトピーのみならず、生活の隅々まで関係しています。

     政治の事は私も詳しいわけではないけれど、人並みに関心はあります。
     アトピーが治らないってどういうわけ?ずっと真面目に働いて、税金も年金もきちんと納めてきたのに、アトピーが酷くて働けないのに、補助してくれるものがないってどういうわけ?なんでどこに行ってもステロイドばっか処方されるわけ?どうしてスギ花粉の問題は放っておかれるの?
     アトピーに関連した事だけを考えても、政治と絡む事はこんなにたくさんあります。

     以前から私は、アトピーが治らないのは、患者の責任でもないし、医師個人の責任だけでもない、制度の問題が大きくからむし、そこには国の問題が絡むのだ、と言ってきました。
     医療費削減ばかりが叫ばれる中、アトピー改善への研究費も十分に出ないでしょうし、政治家や官僚が腐敗していて、しかも国民皆保険では、製薬会社にとってものすごく良い市場、という事はわかりますよねぇ。(賄賂で都合のいいように法律や認可を整えてもらって、支払いは国民皆保険で保障される、というわけです)
     多くの人がアトピービジネス(治らないのに、お金を取られる。時にはかなりの金額)で悩まされてきていると思いますが、医療の現場で行われるものは、最も大きく悪質なアトピービジネスだ、と、私は思います。誤解を恐れずに言いますが、今の日本のステロイド外用薬の内容や処方は、「アトピービジネス」と言ってもいいのではないのかしら、なんて思います。医師が慎重に処方していようといまいと、本当に治したいと願っていようといまいと、です。
    アトピービジネスやってる人たちも、
    「あなたのアトピーを本当に治したいのです」
    と言うのですから、どこに差があるんだろう、と思う事があります。どっちも結果が付いてこないし、ステロイド依存患者を作り出す分、医療の場で行われる行為の方が患者のダメージは大きいし。
     今の日本のアトピー医療は、製薬会社が舞台を作り、一部の官僚や政治家がプロデューサーその他、利益を得る人達となって、医師と患者はその舞台で踊らされている、そんな印象があるのです。
    (余談ですけど、自民党の河野太郎氏もアトピーですよね。ご自身のメルマガ(?)に書かれていました。この中の5月28日の記事。
    http://www.world-reader.ne.jp/renasci/next/koono-020613.html
     お友達はきっと大勢の医師を含む、そうそうたる人達でしょうに、誰も彼のアトピーを治す事が出来ないんだ。でも私は治ったのだなぁと思うと、日本のアトピー治療は一種の鎖国状態なんだろうなぁ。政治家なんだから本人の怨念も含めて、アトピー撲滅の為に本気で医療改革に立ち向かえる立場にいると思うのだけど。でも逆に彼が突然治ったら、自分だけはお金をかけて治したっていう事になると思います。)

     私はこのブログの中で、ドクターマセソン達の治療を一貫してお勧めしていますが、日本で治るのならそれに越した事は絶対ない、と思っています。
     渡米しての治療は、日程、費用、言葉や生活習慣が違う事に対する抵抗、ステロイドの認識の違いなどによって、多くの人にとっては高いハードルです。アトピーになってもアトピーについて、ステロイドについて勉強する事なく近くの医者に保険を使って見てもらって治るのなら、それ以上良い事はないです。
     ただ、それを望むのは今の政治の状況の中では、夢のまた夢、というものです。

     今のアトピーの状況を変えるには、私はまずは政権交代なくしては無いだろう、と思っています。アレルギー科の設立と、アトピー研究の予算がしっかりなければ、アトピー克服はないと思うので、医療費削減の今の政策と逆行するからです。
     政権交代しても、どれだけ変わるか、それはわからないけれど、少なくとも政権交代がほとんどない自民党政治では、しがらみだらけでしょうから、もう希望は持てない、と思います。
     小泉首相になって、医療制度改革によって医師不足が起こり、医療費の負担も増えました。アトピーの重度の患者は治っておらず、ドクターマセソンによると、患者の悪化の度合いが10年前よりも酷くなっている(強すぎるステロイド外用薬が、どんどん認可されて処方されているせいではないかという見解です)という事です。
     ほんのその事実だけで十分です。
     貧富の差も広がり、ドクターマセソン達の治療を受けたい、でも、費用を用意できないのです、そんな人が徐々に増えてきているように思います。
     私のブログがスルーされる一つの理由は、
    「アメリカで治療なんて、無理、無理。第一、お金ないもん。」
     だと思います。
     最近小泉元首相が「売国奴」とあだ名される理由がわかってきました。今のままでいくと、アトピーが良くなるどころか、国民皆保険がなくなったり、貧富によって病気の治り方が全く異なる事もあり得る状況になってくるかもしれません。(がん治療の中では、もう既に貧富によって余命が違う、という状況も生まれてきているようです
    現役がん治療の功罪より
    http://umezawa.blog44.fc2.com/?q=%B6%E2%BB%FD%A4%C1&page=1
    http://umezawa.blog44.fc2.com/?q=%B6%E2%BB%FD%A4%C1&page=0
     
     私がよく読む政治絡みのブログの一つが
    植草一秀「知られざる真実」
    です。痴漢の罪で社会的に葬られたような人ですが、実はその裏に、政治の動きがあったようで、冤罪の可能性があるそうです。
     私はこの事を城内みのる氏のブログでそれを匂わす一文があり、背筋がぞくっとしました。もし冤罪であるならば、国家権力をもってこの人をはめた、って事ですよね。現代でもそんな事があるのか、と思いました。
     で、植草氏の著書「知られざる真実」を読んでみたのだけど、

     この人、殺されなかっただけまだ良かったのかも…、なんていう感想を持ちました。
     それからブログは毎日読んでいます。正直、文章はちょっと読みにくいのだけど、この人を社会的に殺してしまったのは、日本にとって大きな損失なのでは…、なんて思ったりします。
     冤罪が確定すれば、社会的に復帰できる可能性も出てくるので、個人的にはそうなって欲しいと思います。
     
     それと天木直人氏のブログ も読んでいます。

     あと最近知って面白い、と思ったのは、作家の大石英司氏。今この人の

    という本の2巻まで読み終わりました。1997年に出版された本で、2018年の話なのだけど、今の状況を辿っているような感じもあったりしました。ちなみにこの本の中で、アトピーは克服された病気になっていました。
     この本の良い悪いは別にして、面白い人みたいだったのでネットで調べてみたらブログやメルマガがあって。メルマガが面白かったので、思わず過去に遡って読んでしまいました。もちろんメルマガを申し込んじゃいました。無料版だけど。参考になるか分からないけど、作家の人の物の見方ってやっぱり変わってるなぁ。自分に全くない視点で面白いです。
     
     性格は治せない。
     ドクター達も言うけど、日本の医師、医療関係者もみんな言います。アトピーは治るけど、医療で性格は治せません。でもこの「性格」が政治に無関心、または変化を好まない、という国民の性格だとしたら、私達一人ひとりの心の中に、アトピーを治さない根があるのではないか。
     そんな事を考えました。

     今からでも遅くありません。
     近い将来、総選挙があるでしょうから、その時に備えて今から関心を持って世の中を見て欲しいと思います。マスコミは今、政府による報道規制・干渉がすごいらしいので、テレビ・新聞・ラジオなど報道の解釈には気をつけた方がいいと思います。

     長くなりました。お疲れ様でした。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。   
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。