プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピーが治りやすい性格

     アトピーは病気だし、遺伝的素因を持つ病気なので、どんな性格の人もなるし、悪化する病気です。社交的であろうと、引きこもりであろうと。
     でも、治る過程においては、性格が強く、影響するように思います。

     アトピーが治りやすい人の性格的な特徴を言うと、内向的よりは外交的、活発だったり社交的な人の方が、回復が早いように思います。
     それと、本質的なところで、素直な人かなぁ~。

     ドクターマセソン達の治療を受ける方の傾向をみると、どちらかというと女性が多く、また男女ともに外国に興味があったりするのです。
     女性は新しい事に興味を持ちやすいし、行動力もあるように思います。
     男女ともに考えが国際的な人が多い、というのは、アトピー治療の相違、海外の医療状況、治療費の事など、日本だけの視点ではなく、別の国の視点でもモノを見られる、という意味で、治療に対する理解がしやすいのだと思います。

     帰国後は、まず、きちんとケアできる人、困ったらAAJに相談し、アドバイスを元に行動に移せる人が当然早く治ります。
     あと、個人的に思うのは、やはり家にこもる人より、外に出る人の方が回復が早いような印象があります。
     外出すれば、トリガーの数が増えるので、一見あまり良くないように思うのですが、いろんな人と接する事により刺激を受けて、回復する能力を刺激されるのかしら…、なんて思ったりします。もちろんこういう人は、いろんな情報を聞いてきたりするので、その情報からアトピー治療に良い方にフィードバックされていったりする事もあるようです。
     もちろん、外に出て失敗するケースもあります。そろそろいいかな、と、新しく趣味の事をやり始めたりして、失敗する事もありますが、そこから何を改善したらいいかを学んで、またトライする、という、そういう人の方が治りやすいです。
     私もそういう意味では、よく、失敗しましたね。ははは。

     逆に引きこもり体質の人は、難しいです。
     元々、外出が好きではない、社交的ではない、という点もあるのか、AAJにもあまり相談していなかったり、治療後の人達とも積極的に交流しなかったり。また、気分転換に付き合ってくれるお友達がいなかったりするようで、発想を転換したり、気分を一新できず治療に対して前向きになる事が難しかったりする事が、回復を遅らせる一因になるように思います。

     道は、いろんな人と接する事によって、開かれていくものだと私は思います。
     ですから、外に出る事、いろんな人と接する事を恐れないで欲しいです。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
     
    スポンサーサイト

    感謝

     「感謝しなさい」

     そう言われる事、聞く事は、たくさんあります。
     たまにアトピーブログやHPでも、
    「アトピーに感謝しています」「アトピー、ありがとう」
    と、書いている人がいます。
     私は今でもそんな心境にはなれません。

     ただアトピーで辛かった事、苦しかった事、失った事、そんな事と同じくらい、得るものも多かったのも事実だと思っています。
     病気を通さなくては、到底分らなかった事が分かるようになり、自分の成長につなげられたと思います。
     ただそれを
    「アトピーよ、ありがとう」
    といった心境につなげる事は今でもできません。

     つなげる必要はないのだろう、と、思います。
     アトピーに感謝はできないけれど、得た事に対しての感謝なら、十分にしているからです。
     家族の愛情、友情、そして行動、それらに対して、深く感謝しています。
     実は一番感謝しているのは、やっぱり夫です。夫は何しろ、元々他人ですから。アトピーの私と一緒にいてくれた事、ケアに協力してくれた事、金銭的にも援助してくれた事。アトピーがなかったら、彼の本質の優れたところに気がつかなかったか、気が付くのはずっとずっと先だったと思います。
     結婚生活は我慢がいる、と言われていますが、アトピーだった私が結婚したために初めから、
    「アトピーなのに、結婚してくれた」
    と、感謝の気持ちを持った上で結婚生活を始める事が出来たし、アトピーを通して彼を信頼する気持ちは強くなったし、アトピーがあるから、体も弱いから、彼が弱った時もいたわる事も出来るし、支えあう気持ちも、彼を大事にしようと思う気持ちも自分の中に持ち、育てる事が出来たと思います。
     もしアトピーがなかったら、結婚自体してたか分からないし、鼻もちならない奴になっていたかもしれません。
     次いで、やはり両親です。ただ、両親に関しては、複雑なんですよ。子供に愛情を持ってくれてるのはわかるのですが、子育ては下手でした。ですから、子供の私としては、苦労した事もたくさんあり、元々複雑な気持ちがあった事、それと結婚前の劇悪化時を支え続けてくれていたけれど、やり方に矛盾がありました。生活の仕方が、アトピー向きじゃない、というか…。
     それでも結婚前に私がアトピーの為に自殺しなかったのは、やはり、両親の為でした。何としても、何としても、親より先に自分が自ら先立つのは、絶対ダメだ、と思ったからでした。私が自殺したら、両親の人生の過去も未来もが全てが塗りつぶされ、暗いものになってしまう、年老いてきている両親に、おそらく復活できる機会はないだろうから、それだけはダメだ、と思っていました。

     最後の最後で「愛」が救うって本当だな、と思います。

     そこから発想が、生き続けなければならない→なら助けてくれる人を見つけなくちゃ→、結婚と、なりました。

     でも、結婚して「しまった!」と思ったのは、アトピーが悪化の度合いを深めてきた時に再び「死」がよぎるようになり、私が死んで悲しむ人を増やしてしまった!という事でした。
     両親は、自分たちが作ったのだから、ま、仕方ないって思ってもらうしかないって思うけど、他人の夫まで巻き込んでしまう。ましてや優しい人だから、私が自殺してしまったらそのダメージは計り知れなく、仕事も続けられなくなってしまうだろうし、その先の彼の生活も人生も、めちゃくちゃになってしまうだろう、と、それに気が付きました。
     自殺は、周りが後に苦労するのです。
     何とか止める事は出来なかっただろうか、あの時あぁしてれば…、気がついていれば・・・、その後悔から多くの人を長い間、苦しめてしまうのです。
     夫は出会った時から何一つ、私に悪い事はしなかった人です。本当に、何一つ。。。
     なのに私が自殺したら、彼の人生から幸せの全てを奪ってしまうだろう、と思いました。気持ちを切り替えて再婚してくれるような人だったら良かったのですが、そういう人ではなかったので。

     とにかく自分の選択肢から「自殺」がないわけで、生き続けなくてはならなくなりました。
     そこから、ならステロイドを受け容れて、楽になって残りの人生を過ごす、というのもありか…、などという心境にもなり。。。あとは皆さんのご存知の通りです。

     ま、とにかく、私はアトピーに感謝はできないけれど、他ではしているからもう、いいでしょう、と思います。
     
     感謝って無理にする事ない、というか、そこまで到達するのに、やっぱりいろんな土壌がいると思うのです。それを無理して感謝していると、本当の自分とかい離してしまうような、私はそんな感覚があります。
     ただ悪い点ばかりに目を向けて恨み続けるのもおかしいです。良い点も悪い点もあるので、良い点だけに感謝すればいいのだと思います。
     
     最近、ちょっと思うのは、私がドクター達の治療を受けてあっさり治るタイプではなくて良かったのかも、という事です。
     私が帰国後も悪化を繰り返したからこそ、他の方で悪化を繰り返す方や、深刻な状態の方にも希望を与える事が出来るのかも、と思うし、私の辛かったアトピーも他の方の相談に乗ったり、解決に至った喜びを聞く事によって、苦しみが昇華されると感じるからです。
     そういう感覚って、多分、人生の醍醐味、なんだろう、、、と思うようになりました。

     私はアトピーというネガティブな経験を通して、多くのポジティブな事を得たと思います。
     それで、もう、いいのだと思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
      

    治療費は多めに用意してください

     昨今、アトピーによる貧困の問題も感じるようになってきました。
     アトピーで仕事ができないし、色々な療法を試すためにお金を使ってきてしまって…という・・・。家族関係が良く、サポートをしっかりしてもらえる家はいいですが、そうではないような所では、問題は深刻です。
     格差社会の影響もあって、世帯内での預貯金0の家も増えてきている、と聞きます。そんな中でアトピーが劇悪化してしまったら、その深刻さは大変だと思います。
     貧困の中にあってドクター達の治療を受ける、というのは大変な決意と準備がいると思います。

     渡米してドクターマセソン達の治療を受ける、という方の中には、治療の際に支払うギリギリの金額しか用意されない方がいらっしゃいます。現地であっさり治るタイプの方はそれで問題はないのですが、帰国後も悪化を繰り返すタイプの方は、帰国後も費用がかかります。
     費用の内訳としては、薬代、帰国後1年を過ぎれば再診費用、サポート代がかかります。
     またトリガー除去にかかる費用はそれぞれの環境によって異なります。私は洗濯機を買い替えたし、洗剤やボディソープなども変えましたし、空気清浄機を買い、エアコンの清掃を業者に頼みました。他の方など、布団を買い替える方もいらっしゃるし、住んでいる所の環境がどうしても問題で、引っ越しをされる方もいらっしゃいます。光熱費もケチる事ができません。
     問題だと思うのは、お金がなくて、ギリギリの費用しか用意できないという人の場合、ドクターの再診を渋ったり、トリガー除去に費用をかけなかったり、光熱費を節約してしまう事です。
     家族もギリギリの生活を強いられていれば、アトピーなんて「贅沢病」みたいに映ったりして、嫌みの一つも言ったり、トリガー除去に協力してくれない事もあると思います。
     
     でも、帰国後にきちんとケアとトリガー除去をしなかったら、また再発して悪化してきてしまいます。それこそ、高額な費用をどぶに捨てるのと同じ事になります。
     ですから、アトピーによって貧困に陥っている人ほど、ドロップアウトという選択肢をなくさなくてはならないと思います。

     アトピーの為に貧困に陥っている人達に、実は特に渡米してドクター達の治療を受ける事をお勧めしたいと思っています。貧困に陥っている人達の場合、劣悪な環境に身を置いている方も多く、重症度も高い方も多いと思います。
     漢方とか温泉療法とか、効くかどうかわからない療法にかけている時間もお金もないと思いますし、一刻も早く働ける健康な体を取り戻す事が急務でしょう。
     アトピー自体が諸悪の根源になってしまっているケースも結構あると思いますから、悪循環を断ち切る必要があると思います。

     ですから治療を検討する際、費用は多めに用意し、帰国後もアトピー治療の為に何でもやる、という覚悟で臨んで欲しいと思います。
     そして治療を決めたら最後、治るまでかじりついてください。
     
     帰国後、いつ仕事に就ける体になるか、は個人差がありますが、私の場合、しようと思えば帰国後すぐに開始できる体でしたし、多くの人はしようと思えばできるけれど、一応数ヶ月様子を見て、それから開始されているようです。AAJでもアドバイスとして、仕事は帰国後様子を見て、落ち着いてからがいいでしょう、という感じのようです。
     ただ現地で重度の診断をされた人や帰国後、環境との反応が強く出る人の場合などは、なかなか仕事復帰までかかるようです。それでも私個人としては、ドロップアウトした人を別にして、3年も5年も全く仕事ができない、というのは聞いた事がありません。なるべく早く仕事をしたいと思う人は、カウンセリングの際、それについても聞いておくといいと思います。

     帰国後、無理をするのはいけませんが、様子を見て短時間のアルバイト程度を始めて、少しづつお金を貯めて、それをトリガー除去の費用に回していく、という方もいらっしゃいます。そうしていくうちに環境が整っていって、仕事も長く出来るようになって、と、良い循環に入っていけます。

     貧困に陥っている方の場合、費用の工面はおそらく「借金」になると思いますが、その際、多めに用意されたがいいと思います。現地で重度の診断がついて、滞在延長になる場合もありますし、帰国後もかかる費用に充てる必要があります。
     貸してくれる人の気持ちも考えると、絶対に治さなくてはいけません。そして、お礼に利子も付けて、返済すると良いと思います。。
     治療費の内訳を、ドクター達への支払いだけを考えるのではなく、トリガー除去に必要な費用や光熱費まで含めて考えるのが適切だと思います。
     そして、カウンセリングの際、ご家族に同行してもらって欲しいと思います。お金がない、という家庭の場合、帰国後、治療への理解が不足して、協力してもらえなくて治らない、というケースもあるからです。
     例えば、洗濯洗剤が怪しいので、ケアベールなどリスクが低いけど値段が高い、という洗剤に変える必要がある、といった場合、洗濯をやる人が患者以外の場合、言っても変えてくれない、という事が起こるのです。
     お風呂の残り湯を洗濯に使い回しされてしまったり、乾燥機を使用してもらえなかったり、夏にエアコンを使わせてもらえなかったり…。
     そんな事からアトピーが治らなくて・・・、という方もいらっしゃいます。ですから、貧困に陥っている人ほど、同居家族の理解は大事なのです。なのでここは節約せずに、是非同行してもらってください。必要な治療費は、カウンセリングからスタートしていると思ってもらえばいいと思います。

     人生の中で「投資」が必要な場合があります。
     悪循環を断ち切るために、どうしても必要な費用ってあります。
     治療費をいくらか上乗せすれば、全額回収できるのに、節約したために全額どぶに捨てる事になったら、それこそ勿体無いです。(しかもアトピーが治らないままになるし) 

     貧困にはそれぞれ、色々な背景があります。ですからアトピーだけが原因で貧困に陥っているかどうか、は、わからないのですが、アトピーがその一因にあり、頼れる人があまりいない人ほど、綿密に情報収集をし、治療計画を練って臨まれるようにして欲しいです。
     そして治療を、人生自体を立て直すきっかけになるようにして欲しいと思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。