プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    最近の様子

     帰国後、約3年たちました。
     
     アトピーの様子としては、アシクロビルを時々飲んだりしています。
     脇腹の痒みはほとんどヘルペスのようで、アシクロビルがよく効きます。湿疹として出ていない程度でも、痒みを感じて、しかもその痒みの感覚をよ~~~く感じてみると、何となく痛みを伴うような、そんな痒みです。
     アシクロビルは大体一日1錠で、一晩で症状が消えますが、また夕方痒みが復活してきたりするので、しばらく飲み続けたりしています。
     とにかく早期に対処して、コントロールしていく事が肝要なので、我慢しないで薬を飲むようにしています。

     この間、他の方から
    「排卵の時、悪化されてましたけど、その後いかがですか?」
    というご質問を頂きまして、そういえばそんな事もあったな~、と思いだしました。
     生理に関連したアトピーのトラブルはほとんどなくなりました。いつ無くなったのか、思い出せない位です。
     今でも生理前など、時々乳頭が痒くなったりしますが、その程度。ドクターに処方されている外用薬のステロイドをチョンチョン、と塗り、ワセリンをその上から塗っておきます。それを3日以上続ける事はほとんどありません。痒くないと忘れてしまいます。

     新しい事としては、ニキビが出来ました!
     ニキビなんて、酷かった時には考えられなくて、自分に皮脂腺は存在しないんじゃないか、って思う位でしたが、出来るようになりました。
     眉間に出来ていて、なかなか治りません。洗顔はセタフィルなので、あまり皮脂を取らないんですよね。時々ダブのメイク落としを使ってみたりします。多分、ちゃんとしばらく続けて使えば良くなってしまうんでしょうけど、根気が無くて。
     ファンデーションもやめてしまったし、前髪も出来るだけ上げるようにしています。
     原因は、分かっています。
     皮脂が出ていたのに、ワセリンを使ったからです。髪の毛の雑菌から額を守るためだったのですが、既に不要の状態になっていたようで、ワセリンが毛穴を塞ぐ結果となって、ニキビになってしまいました。
     でもちゃんと取り組めば、治せそうな気がします。キッチンペーパーをお風呂に持ち込んで、入浴しながらお湯パックをしたら、かなり軽減したのです。毛穴が開いたからだと思います。
     なので、ダブのメイク落としとお湯パック、洗顔、と続けていけば、多分治るだろうと見込んでいます。元は乾燥肌の筈ですし。。。
     ま、正直、かっさかさのアトピー肌だったので、ニキビがちょっと嬉しかったりして。夫も
    「前は考えられなかったのにね~」
    と言ってくれたし。
     その内、本格的に治そうと思っています。

     あとは、バクテリアにはどうやらとても弱いようで、今でも結構気をつけています。今からの季節は難しい季節なので、汗の管理を頑張らないと。湿疹になりやすい所は、予防的にワセリンを塗っています。塗っておくとバクテリアの繁殖を防げるようです。
     鼻の下も塗っています。鼻水にはたくさんの雑菌が入っていて、これが皮膚を荒らすので、薄く鼻の下に塗っておくと、鼻をかんでも荒れずに済みます。
     
     色素沈着とか、どうなのかしら・・・。良くなったのか、よく分かりません。。。元々色黒のタイプなので。でもアトピーの跡は首元に残っています。アトピーの人が見たらわかると思います。
     しわは私は気になりません。人に比べて多いのか、どうなのか、それもよく分かりません。普通の人でも多い人もいますから。でもアトピー皺ではないです。皮膚が大分厚くなっているので。
     でも皮膚の厚みは完全ではないかなぁ。90%戻った、という感じ。残り10%はまだ、時間がかかるのだと思います。

     アレルギーも起こしにくくなり、安定しています。

     3年たったので、経過のまとめと評価?でした。
     経過とまとめは期日を決めてやるといいと思います。帰国直後は毎日、安定と共に3日、一週間、と間隔を空けていき、安定したら半年に一度、とか、1年に1度、とか。トリガー探しにも役に立ちますし、自身の変化と回復度を測る目安になります。

     そんな意味で、やってみました。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ドクターマセソン達の治療を受けたい、と検討していらっしゃる方へ。

     ミクシィ内にコミュが出来ました。
     「アトピー渡米治療」
     私以外の先輩患者さん達と交流出来ます。
     真剣に治療検討していらっしゃる方用のコミュなので、批判・中傷目的、興味本位、目的違いの方、またマナーを守れない方はご遠慮ください。
     治療前で悩んでいらっしゃる方、また治療後回復し、苦しんでいらっしゃる方に力を貸してもいい、と思っていらっしゃる先輩患者さん、ご参加ください。
     ちなみに管理人は私ではありませんので、私以外の方から情報やアドバイスを受けられますよ~。
    スポンサーサイト

    期待値

     渡米してドクターマセソン達の治療を受けよう、と決意して治療される方々の中で、期待値がちょっと高すぎるかな、と思う事が何度かありました。

    ・渡米して治療したら、アトピーがすっきり治ってしまう。もう、悩む事はない。
    ・ドクターの言われた通りにしていれば、必ず治る。
    ・現地で、すぐに症状が取れ、痒みなどが全くなくなり、帰国時は生まれ変わった肌になる。
    ・ついでに、アトピーで悩まされた人生から解放され、帰国後はアトピーとは無縁の世界で生きる事が出来る。そして人生やり直せる。

     そんな風に思って行かれる方もいるようです。

     でも、現実はそんなに甘くないかも。

     ドクターの治療に疑念の余地はありません。今思い返しても、ぞくっとするほど完璧な治療だったと思います。
     でもアトピーは生まれ持った素因と、環境要因が重なって発症するもので、そこへ間違った治療歴が更に問題を複雑化している、という日本独特の経緯を持った患者さん達が渡米するのです。アトピーの状況、アトピー歴、治療歴、トリガーも人それぞれです。
     単純に考えても、何年も、何十年もアトピーに悩まされてきた人が、渡米して4週間であっさり治ってしまう、と考える方が不自然、と思います。(でも、あっさり治る人もいますけどね、結構…)

     渡米して現地で治療している間は、皮膚を休め、回復する力を作る時間なのです。
     ですから、私もそうでしたが、痒みが取り切れなかったり(もちろん軽減しますよ)、脱皮する筈の皮膚が思ったより多くは脱皮しなかったり、眠り方も普通通り7~8時間だったり、と、人によってはイメージしていたよりは症状の変化が少なかった、という人もいます。
     
     帰国後は、トリガーだらけの家や環境の中に帰るわけですから、仮に現地で症状が無くなったり、軽減したとしても、再発してくる人は当然いるわけです。
     しかもアメリカにいる間は、アドバイザーの人にいつでも気軽に質問できるし、ドクターの診察も週に1度はあるし、何か問題が起こっても、すぐにドクターに連絡が取れる環境の中にいます。
     けれど帰国後は、定期的な診察もないし、誰もトリガーを指摘してくれる人はいないし、定期的に「どうですか?」と言ってくれる人も誰もいません。声を上げなければ、AAJ側には関知されません。
     受け身では、誰もどうしてもくれません。そうして再発を重ねてパニックになる人もいます。

     先程も書きましたが、ドクター達の治療に疑念の余地はありません。
     治る道はある筈なのですが、見えていないだけなのです。

     ですから私としては、渡米する前に、帰国後、再発して悪化する事をイメージして欲しいと思います。
     帰国後にショートバーストを繰り返す例は2~3割、と聞きますが、渡米する時点でどちらに自分が入るのか、わからないのです。しかも大金をかける治療ですから、失敗は許されない状況の人もたくさんいます。
     ですから、最悪を想定して、対策を立ててから渡米する事をお勧めします。
     帰国後悪化したら…、と思うと、まず最初に何をやるか、とか、トリガーをどう探せばいいのか、ショートバーストって何だろう?日常気をつける事は何だろう?悪化してきたら、いつのタイミングでドクターに連絡すればいいんだろう?どう書けば、伝わるんだろう?そういう事を頭の中でシュミレーションしておく事はとても大切です。そうすれば、現地にいる間にアドバイザーやドクターに直接疑問をぶつけて回答を得ておく事が出来ます。もちろん、下準備としてアトピーにどうしてなるのか、なぜ悪化してしまったか、ドクター達の治療法はどういうものか、を正しく理解しておく事は当然、とても大切な事です。(渡米前のカウンセリングで、説明があると思いますが)

     渡米さえすれば何とかなる。

     そんな足元が危うい思いでは、帰国後に想定外の再発が起こった時に、対処できません。アトピーが酷い状況では、思考もままならないかもしれませんが、この治療を最後にしよう、アトピーとの戦いに終止符を打とう、と思っているのなら、渡米は「賭け」ではなく、完治へのステップにしなくてはなりません。
     ずっと心配し続けてくれた家族や友人、一生懸命貯め続けてくれたお金を治療費として出してくれる人の気持ちを考えたら、裏切る結果に終わる事は何としても避けねばなりません。
     治療に必要なのは、気合いだけでなく、正しい知識と迅速な行動力も必要です。

     それと、ドロップアウトされる方にほぼ共通されているように思うのが、一人で悩みを抱え込む、という事です。相談しない、または相談のタイミングを逃すのです。

     わからない事は、考えても分かりません。

     シンプルです。
     質問や相談する事は恥ではありません。アトピーについて学び、生活環境を改善していくは、新しい言葉を勉強する事と同じ事だと思います。今までわからなかったから、アトピーが酷い状態が続いていたのです。渡米する事は、アトピーの治療学校に入学する、といったイメージを持たれるといいと思います。 
     
     アトピー改善は人生の中で一科目に過ぎませんが、それを通してたくさんの事を学べるといいと思います。
     ドクター達の治療を受ける事に期待する事は良い事だと思います。大いに期待し、完全に治す決意を固めてください。ただ、それと自分の思い通りに事が運ぶ、という事は別問題です。
     思い通りに治らない=ドクター達の治療が悪い、とすぐに考えないでください。そもそも人生なんて、思い通りにいかないものです。では、どうしたら思い通りにする事が出来るのか、それを考える事が大切です。
     自分の期待通りに治る事、完全に治す事、それを通して負けっぱなしの人生を逆転させる事、それらをどう実現していくか、それは自身にかかっています。
     ドクターをはじめAAJや他の先輩患者さん達もサポーターに過ぎません。でも、サポーターは応援してくれますよ。ドクターは「先生」ですし。
     期待通りに事が運んでいない方は、どうか、相談してください。そしてアトピー治療学校の卒業に向けて、頑張って欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    手湿疹出現

     梅雨入りより一週間位前、遂に手湿疹が出現しました。原因は台所のタオルです。私の場合、大体そうなんですよね。雑菌にホント、弱いです。
     食事を作っている間、何度も手を拭くのでタオルが濡れてしまいます。冬の間は雑菌の繁殖が少ないからまだ良かったんでしょうが、菌が繁殖するのに良い条件の季節になってきて、なんか変だな~、と思ったら右手の中3本の指の外側の付け根が赤く痒くなりました。
     すぐにその夜、ベタメタゾンというステロイド外用薬(ドクターマセソン処方)をぬって、上からワセリン塗って一晩で消えました。
     以来、タオルは一食作るにつき、3枚位は用意して臨んでいます。洗面所のタオルは夫と兼用していますが、一日2回交換で、時間で変えるようにしています。もちろん土・日は使用頻度によって濡れたら交換します。
     なのでタオルはかなりの枚数用意し、洗濯もかなりの枚数です。でもこれで手湿疹が予防できるなら、どって事無いです。

     手湿疹でお悩みの方は多いと思います。
     以前、手湿疹のケアについては書きましたので、そちらの記事をご参考にしてみてください。
    手湿疹
     主婦の人は上記でいいと思いますが、 最近は学生さんの手湿疹も多く聞きます。学生さんの場合、正直、お母さんの気合いで違ってくると思います。
     手湿疹の場合は、接触の物がトリガーになっている事が多いので、トリガー探しを必ずする事が大事です。直接手で触れるもの、全てを疑ってください。手に触れるものは全て、消毒、掃除をする事が大事です。ボールペン、シャープペンシルなどアルコールなどできれいに垢や汚れを落とす事、携帯電話、リモコン、パソコン、なども同様です。また手をよく付く場所、ソファや勉強机、カバンの持ち手、ドアノブなどもすべてきれいに汚れを落としてください。私は掃除用のアルコールが簡便でかつ、殺菌能力もあるし、油汚れもきれいになるので、お勧めです。
     菌の繁殖に良い条件は、水と温度と餌(有機物)です。ですから、水分の拭き取りや汚れを落とす、という事は、菌の繁殖を防ぐためにとても大切なのです。

     学校で何を触っているか、も大事で、体育や部活で何をしているのか、その時、手に何を触ったのか、細かく聞いてトリガーを見つけ出す必要があると思います。そうしていると、本人の意識も高まると思いますし。
     当然ですが、手洗い用の洗浄剤、ボディソープ、シャンプーも見直しが必要です。そして洗濯の洗剤、乾燥の仕方も、全身にアトピーがある人と同様のやり方の方が絶対無難です。
     手洗いは、控えた方が、と考えがちですが、洗った方がいいです。佐伯チズさんが以前、テレビでちらっと、
    「手を洗う人の方が、手がきれいなんですよ。」
    と言っていました。
     菌を落として清潔に保つ事が大事なので、きちんと洗ってきちんと拭いて、きちんと保湿、というのが、良い状態を維持するための条件です。
     これは手湿疹があっても、実は同じだと思います。ただ問題なのは、洗浄剤に含まれる脱脂力だと思います。なので、何度も洗う必要がある人はセタフィルを買った方がいいかな、と思います。
     手湿疹は雑菌の繁殖と関係するので、私は手洗い用には殺菌剤が入った物の方がお勧めです。ちなみに私が使っているのは、キレイキレイの泡タイプです。洗面所と台所と2カ所置いてあり、調理中でも時々洗浄します。ハンドクリームも年間通して常備してあり、乾燥具合に合わせて塗るようにしています。
     洗浄剤に問題があるとすれば、学校に置いてある石鹸などもダメなので、合う洗浄剤を持ち歩いてもらう必要があります。また恥ずかしくても、木綿の手袋などを許可してもらって、手を守っていく事が大事です。
     アトピーに「大変」「面倒」「お金がないから」は通用しません。
     手湿疹も一度きれいにして、自分に合った製品を使ったり、ケアをしていけば問題なく生活できるようになります。

     それにしても梅雨時って雑菌の繁殖がすごいですね。。。洗濯ものの部屋干しもすぐに臭くなる(雑菌が繁殖している証拠)季節ですから、乾燥機を上手に使って乗り切りましょう。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  

    アトピーの人でも看護師になれるのか?

     「アトピーですが、看護師になれますか?」
     そんなお問い合わせをいくつか頂いた事があります。一見イエス・ノー的に、簡単に答えられそうに見えますが、実は一概に言えなくて、意外と返事が長くなってしまって恐縮です。
     なので思い切って、長々と、語ってみたいと思います。

     お問い合わせくださる方は、どうやら手湿疹が主な方々の様なのです。
     で、手湿疹、アトピーで看護師になるのに向いていない、という理由については、

    1、手洗いを頻回に行わなければならない。

    2、感染症の患者さんから、感染症をもらってしまう恐れがある。

    3、患者さん同士で感染症を媒介してしまう恐れがある。
     アトピーの方の皮膚は、バリア機能が壊れてしまっていて、細かなしわが入っています。例えるなら、表面に塗装をかけていないガサガサの材木って感じ。そこに菌類が吸着し、しわの奥に入り込んだばい菌は、簡単な手洗いだけではきれいに落ち切らないのでは?と思います。手に残る菌の数が多ければ、感染症を媒介してしまう可能性も高まると思うのです。

     主にはこんな所を思い浮かべました。
     決して、アトピーや手湿疹の方が積極的に選んだ方がいい、という職種ではないと思います。

     ですが、看護師になりたいのです!という方でしたら、アトピーや手湿疹で諦めてしまうのも、勿体ない話のように思います。
     私は完治状態に至り、復職していますが、この職種で良かったかも、とも思ったりしている今日この頃です。なぜなら、

    1、ゴム手袋やマスクの装着は、感染媒介予防のためにむしろ推奨されるので、好きな時に好きなだけ付けれらる。

    2、手洗いをしなくてはいけないけれど、手洗い場には必ずペーパータオル、もしくはエアタオルが取り付けられているため、清潔に気を配れる。

    3、病院は温度調節がしっかりしているので、快適に仕事ができる。

    4、白衣の厚みがわりとしっかりあるし、更にエプロンを付けて仕事が出来るため、ブラジャー無しでも大丈夫です。パンツタイプの白衣も増えてきているので、ストッキングも履かなくていいです。というか、靴下の方が推奨されてきている流れのようなので、私はスカートタイプの白衣の時もストッキングは履いていません。サンダルも安全のため、禁止の方向ですし。

    5、メイクも、私はどうせマスクをしてしまうので、眉毛と口紅だけで他はやめてしまいました。つまり、メイクも仕事の一部、という業種なわけではないので、皮膚に負担がかかりにくいです。

     こんな感じで、私は特に支障を感じていませんし、銀行員やレジ打ちなどの様にお金を一日中触ったり、空調が悪くてダニとカビだらけの古いビルに一日中いたり、真夏でもスーツで外を飛び回ったりする職業に比べれば、むしろ恵まれた環境の中で仕事が出来る業種の一つと言えるかもしれません。

     手湿疹は、実は結構悩んでいる看護師は多くて、原因として一つに病院が推奨している「速乾性すりこみ手指消毒剤」(塩化ベンザルコニウム・エタノールなど配合:商品名は主にウエルパス)があります。これ、すごく荒れるんです。
     簡便でかつ、効果が高いので病院は勧めるのですが、すごく荒れるのであまりみんな使いたがらないです。
     私もこれでやるとすぐにダメになるので、ほとんどゴム手袋を使って作業し、必要な時は手洗い場に行ってきちんと手洗いします。
     私は更に、手荒れ予防のために、日頃からハンドクリームをよく使うようにしていますし、荒れやすい所はあらかじめ、ワセリンを塗っておいたりします。

     皮膚は正常に機能すれば、感染予防にすばらしいバリア機能なのです。なので、正常に機能させるようにする事が、自分を守り、かつ、患者さんを守る事につながると思っています。
     
     手湿疹、またはアトピーが酷いうちに看護学校に入って、これからなる、というのは正直、あまりお勧めできません。学生の実習は非常に肩身が狭く、我慢しなくてはならない事がたくさんあるので、アトピーが悪化するとわかっている事でも嫌とは言えないでしょう。
     でも完治状態に至っていれば、多少アトピーに悪い事をしたとしても、帰宅後速攻でケアに励めば、良い状態で保ち続ける事は可能だと思います。
     ゴムアレルギーの人も、確かそういう人用にシリコンか何かの素材でできた使い捨ての手袋も確かあったと思うので、諦める決定的な要素になるわけでもなさそうです。

     なので看護師になりたいのなら、まず、アトピーを治しましょう、と私は言いたいです。治せば、将来の道は開けるし、看護師以外の道だって可能でしょう。
     まずは「治す事」です。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。