プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    体力低下について

     最近、「渡米したいのだけど体力低下が酷くて…」というメールをいくつか受け取りましたので、これについて。

     まず、とにかく食べてください。

     明らかにアレルギーと分かっているもの以外は、きちんと食べてください。

     アトピーは消化器の病気ではありません。ですから、食べられる筈です。

     体がしんどいと食欲も落ちくるのはわかります。私もそうでしたから。それが重なると、体重が落ち、体力がどんどん落ちてきます。食べる事自体が、しんどくなったりもします。箸の上げ下ろしもしんどいほどになるかもしれません。
     でも、食べてください。でないと、治るものが治りません。
     前にも書きましたが、栄養状態が悪い方は、薬が効きません。治る力もなくなるのです。
     食べて体力をつける事が、治療への第一歩だと思ってください。

     渡米してドクター達の治療を受けたい、と思ったら、食べて体力を付けてください。アメリカに、ポートランドに着かなかったらどうしようもありません。

     アトピーは、強い炎症や痒みを主な症状としますから、何もしなくてもかなりエネルギーを使われてしまいます。炎症って、すごく体が疲れるのです。しかも痒みで眠れないですしね。
     ちなみに水分もすごくとられます。熱も水分も皮膚表面からどんどん抜けて行ってしまうのです。
     渡米前、ワセリンを使っていた時もありましたが、皮膚が塞がれて熱がこもってしまい、かえって辛くなったのを思い出しました。治療後はそんな事はなかったですが。
     ですからアトピーが酷い人は、水分も不足しやすくなると思います。水治療が良い、と言う人がいるのは、そのせいなのかもしれません。

     渡米する方の多くが、体力が既に弱っていらっしゃるように思います。
     私が知っている方でお一人、歩行も難しいかも、という事で、ドクターが、日本から付き添いがあれば治療依頼を受ける、という条件になり、奥様が付き添われて行かれました。現地で元気になって、奥様と楽しまれたようです。
     その時、アトピーのために新婚旅行も行かれなかった、という事だったので、奥様に、
    「新婚旅行みたいになりましたね」
    と言ったら、
    「治療と新婚旅行は別です~っ!!」
    と言われて、笑いました。
     歩行困難だったのに、すっかり笑い話になりました…。
     
     あとは渡米前のカウンセリングの茅ケ崎に辿り着くのが大変で、結構皆さん、休み休み行かれたり、渡米の時は、成田で一泊してから行ったりしているようです。

     私も一番酷い時は、箸の上げ下ろしが辛くなって、一口食べる度にため息でした。泣けてくるし。。。泣けてきて、また更に食べるのが嫌になって、家族に当たって、落ち込んで、また更に食欲がなくなり…。
     ご相談頂くまでそんな事があったのも忘れていました。
     確かに、当時を知っている友人は、
    「言えなかったけど、拒食症だと思っていた」
    と言っていた人が、何人もいてびっくり。私に言ってくれた人が何人もいたって事は、言えなかった人は何倍もいたって事ですよね。

     今はもう、そんな頃の面影もなく、普通の立派な中年です。だから当時着ていた洋服を見て、びっくりしますけどね。服、5号とか3号でしたから。
     まさか肥満を気にしないといけない日が来るなんて、思ってもみませんでした。
     結婚前の写真を夫と見ていて、やっぱり
    「詐欺じゃん」
    と、言われました。
     笑い話になる日が来るものですね。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
     
    スポンサーサイト

    完治(状態)は勝ち取るもの

     最近ちらほらと、ドロップアウトの方の話を耳にするようになりました。完治状態を手に入れる前に、ドクター達から離れてしまう事です。
     それを聞くと、とても残念です。

     帰国後、再発をし、ドクターに写真を送ってショートバースト、という事を繰り返していくと、ドクターからの指示がほとんどショートバースト(スケジュールに沿ったステロイドの内服)という事に気が付きます。
     そしてそれを繰り返して、自分なりにトリガーを当たってみたり、自己ケアを継続していても、また悪化をし、ショートバースト・・・というと、徐々にドクターの診断が間違っていないか、ステロイドの副作用は大丈夫か、今の状態はリバウンドじゃないか、などと治療への不信、ドクターへの不信、となり、不安とないまぜになって混乱するようになります。
     帰国後、再発を繰り返す人の多くがこんな感じの心理状態になると思います。

     治療後、数か月たつとアレルギー治療のために皮膚が非常に敏感になる人がいます。このタイプの人は渡米治療前の悪い状態の時に免疫システムがおかしくなってしまっていて、それが治療によって正常化する過程で起こる反応だそうです。
     これがあまりに強く出すぎてしまう人の場合は調整が必要だったりするので、まずはAAJに相談し、ドクター達に伝えてもらい、薬液の量を減らすなどという事が行われ、それでも調整がうまくいかない場合は再渡米される方もいます。
     もちろんトリガーを除去する努力はとても大切です。ちょっと敏感になる程度だったら、薬液を減らすよりトリガーをコントロールして、何とかこの時期を乗り切る方が早いかもしれません。

     この皮膚が敏感になる時期と、ショートバーストを繰り返す事に疑問を持ち、不安と不信が頭をもたげてくる時期と重なる事が多いのです。

     アトピーのトリガーはその人によって違うし、治療までの過程がそれぞれなので重症度も違います。でも治療後の患者さん同士の情報交換を、限られた数人で行うと
    「あなたも良くない?実は私も…」
    とか、
    「あなたはすっきり治ったの?どうしてわたしは治らないのかしら…」
    と、いずれも不安を煽るだけになったりします。

     ドロップアウトは早い人では1年たたないでしてしまいます。
     その方達の経緯や自己ケアの様子など、私は詳細は分かりませんが、みなさん費用をかけて治療するし、あれだけ高レベルの治療ですから、それを放棄してしまったら後がないと思うので、何とか完治状態を手に入れて欲しいと思います。

     そう思うと、自分もそうでしたが完治状態はボ~っとしていてやってくるものではないなぁ、と思います。
     動かなかったらダメです。
     良いと言われるものは何でもやる事です。
     洗濯ものは外干ししないで乾燥機を使う、風呂の残り湯を使用しない、掃除をする、入浴をきちんとし、指示通りのケアをする、など。

     完治は勝ち取るもの。

     そう思うと、積極的に動かないといけない、というのが意識されてくると思います。
     私が再発を繰り返していた時、「ちょっと位はいいや」という意識がなかなか抜けなかったのを思いだします。
     今日は疲れちゃったから、掃除は次にしよう。スリッパ、何となく変な感じだけど、すぐに買いに行けないし、洗えないから今日はいいや(悪化するまで購入しない)。洗濯もの、乾燥機はもったいないから明日の朝まで部屋干しでやってみよう(結局夕方までほったらかす)。具合が悪くなってきたけど、写真を撮るのが大変だから、もうちょっと様子を見よう。などなど。そんな事を恥ずかしながらしていました。。。
     今思うと、積極的に攻める意識が足りなかったんだ、と思います。
     また悪くなってきた、おかしい、診断に問題があるんじゃないか、と、自分の事を棚に上げて考えていた事もありました。
     そこら辺の意識を変えるまで、ちょっと時間がかかりましたね。もっと意識が早く変わっていて、きちんと出来ていたら、もっと早く完治状態を手にする事が出来ただろうし、相談ももっと早い段階で出来ていて、不安も少なく出来たんじゃないか、と、今になると反省する点が多々あります。

     完治は誰かがくれるものではなく、自分が勝ち取っていくもの。

     そう意識を変えて、積極的に攻めてみると、完治状態が足を速めて近寄ってきてくれるように思います。
     
     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    日焼け

     そろそろ日差しが強くなってくる時期になりました。

     日焼けはアトピーのトリガーになる可能性があります。
     ちょっと記憶が曖昧なのですが、紫外線がトリガーの人は、日焼けをして、直後に必ず悪くなる、とは限らず、2~3日してから悪化するケースもあるそうです。その為、トリガーを探す時、日焼けが思い当たらない場合もあるという事なので、これからの季節はそれも注意して皮膚を観察していった方がいいと思います。
     ちなみに、私は日焼けがトリガーという体質ではないですが、シミ、しわ予防のために日焼けは気をつけています!
     アトピーが酷かった頃も、アトピーが良くなった後の事を考えて、夏でもなるべく日に当たらないようにしていました。アトピーが治ってもシミだらけ・・・は嫌だったので。アトピーもいつかは良くなる、と、予感していたのかもしれません。
     
     日焼け止めは

     ニベア SUN プロテクトウォータージェル SPF25 80g


    ロート製薬 メンソレータム スキンケアUVマイルドミルクSPF24PA++ *pa
    と、両方使っています。特に使い分けている、とかではなく、夫がニベアの方を好み、私はニベアより前に買ったロートのもあって、という感じでたまたま家にある、というだけです。
     使用感は、どちらもトラブルなく使えるし、満足しています。ニベアの方が若干水っぽい感じかな。
     SPFやPAは、高いものほど刺激が強いような感じだったので、SPFは25まで、PAは++程度の物に抑えて、こまめに塗り直すようにしています。

     確か、ドクターのOK商品はニュートロジーナの日焼け止めだったと思います。日本では売ってないみたいですけど。。。ま、ドクターはアメリカ人なので、アメリカで入手できるものになりますよね。
     
     個人的には、日焼け止めでトラブルがないのなら、日焼け止めは使った方がいいように思います。やっぱり塗った方が焼けにくいです。焼ける=炎症につながりますから、塗る方が日光による刺激から守る事が出来ます。

     5月からは半袖になる機会も出てきますし、紫外線も一年で強くなる時期です。アトピーの人は日焼け対策を考えて、外出した方がいいと思います。
     もちろん日焼けを過大視して、家に引きこもるのはもっと問題ですけどね!

     楽しい夏に向けて、今からそろそろ準備したいです。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。