プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    旅の失敗

     2週間ほど前、秋田の乳頭温泉をメインに旅行をしてきました。
     で。
     久しぶりにアレルギー・アトピーを出してしまったので、その事を。
     時間の経過が前後するので、旅程を先に。
    水沢温泉→秋田駅周辺観光後、鶴の湯(乳頭温泉)→蟹場温泉(乳頭温泉)

     湿疹が出たのは、秋田観光後、鶴の湯に着いた後でした。

    1、宿泊先の浴衣、シーツ類の接触アレルギー
    2、お寿司を食べに行ったので、魚介類のアレルギーが出た。
    3、温泉の湯の成分で、合わないものがあった。
    4、宿泊先は山菜が中心の食事だったので、その中で合わないものがあった。

    1について。
     湿疹が出た次の日の夕方、蟹場温泉に行って浴衣に着替えてあれ?と思いました。痒みが酷くなり、ブツブツしてきたのです。そういえば、昼間は我慢できたのに、もしや??
     寝る前に浴衣やシーツ類に問題があるかも、と思い始め、手持ちの服に着替えてみる事に。それで少し、和らいだような感じがありました。
     でも水沢温泉は問題なかったし、渡米治療後、旅行は何度か行っていますが問題なかったので、グレーです。ただ、確かに帰国後の旅行は寝間着は持参していたように思います。(浴衣ってすぐにはだけて動きにくいので、あまり好きではない)
     なので可能性としてはこれが一番高いような気がします。

    2について
     秋田市に行った時、市場にある回転寿司に入りました。秋田の市場は海とも近いし、日本海の幸で鮮度も抜群!と、期待して入ったのですが、メニュー見て、あれ?一口食べて、あれれ???メニューの中には九州から運んできているものもあり、思ったより近くで獲れたものが少なくて、食べてみると、鮮度が期待ほどでは…。思わず夫と顔を見合わせてしまいました。
     頭の中で黄色信号は出たのですが、なるべく近くの漁港で上がったものを選び、腹6分位で店を後にしました。
     そして、湿疹が出たのは宿「鶴の湯」に着いて、お風呂に行ってシャワーを浴び始めた時でした。。。
     鮮度が特別悪いわけでもなかったし、食べてから3時間ほど経過してから湿疹が出たので、可能性としては絶対、とは言い切れないです。
     お風呂も早々に部屋に戻り、すぐにクラリティンを飲み、Tacも塗りました。それで少し落ち着いた感じに。

    3について
     今までいくつも温泉に入ってきたので、可能性は低いと思いますが、0ではないですよね。

    4について
     珍しい山菜がたくさん出ました。帰国して初めの春に、タケノコが怪しいかな?と思った事がありました。山菜はモノによってはあくが結構強く、アレルギーが出る人もいる、と聞いた事があります。けれど今まで旅先の山菜でアレルギーが出た記憶がないので、可能性は3同様、低いかなぁ…。

     接触アレルギーか魚介類のアレルギーか、どちらかはわかりません。もしかしたら両方かな、という気もします。食べ物アレルギーが出ると、皮膚が敏感になります。更に掻き始めるために皮膚も弱く薄くなってきます。そこへ合わない洗剤か、糊か、何かで洗濯したものを身に付けて更に強く反応したようにも思います。
     自分では今後、宿泊先のシーツ類も気をつけなければならない項目に入り、どうしようかな、と思っています。
     幸い、足や顔は反応がなく、皮膚が柔らかい部分に主に出るように思うので、寝間着を持参すればしのげるように思います。
     でも、今までなかったのになぁ…。乳頭温泉に入っている洗濯業者が使っている何かが悪いのかなぁ。。。

     魚介類も、北海道に行った時、網走の回転寿司で蟹の内子と外子、とか思いっきり食べても出なかったし、金沢の近江町市場の回転寿司もお腹いっぱい食べても大丈夫だったのに。。。日本海、魚が獲れなくなってきたのかなぁ…。温暖化を肌で感じます…。

     帰宅して、ドクターに写真送ってショートバーストしたいーーーーーって思ったのですが、湿疹が肉眼で見えなくなってしまっていました。自分で触るとかなり広範囲でブツブツして皮膚も薄くなっているのですが、背中など、自分で見えない所も夫に見てもらいましたが、やっぱり
    「見えないよ」
    というわけで、とりあえずTACで経過を見る事に。。。もしや、と思って、アシクロビルも飲み始めました。
     帰宅して10日ほどたち、完全に元通りでもないですが、旅行前とまぁ大体、ほぼ同じ状態になりました。
     あ~、びっくりした・・・。

     帰国後、すっかり落ち着いて数年たって、突然出る場合のトリガーって人それぞれです。聞いた事があるのは、化粧品、香水、家・マンションの購入、感染、かな~。
     皮膚も強くなったので、出にくくはなったので油断しました。タオルや寝間着など、身につけるものを持参すれば旅行はこれからも楽しめそうなので、今回の事を学びとし、次からは失敗しないようにしたいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    ママでアトピーの方へ

     結婚してお子さんがいらっしゃるけれど、アトピーでお悩みの方が大勢いらっしゃると思います。きちんと治療したいけれど、母であり主婦である、という立場は、どうしても自分を後回しにしてしまう、といった所があるかもしれません。
     治療に行かれた方で私より少しお若い方で、3人のお子さんがいらっしゃる方のお話をします。仮にSさんとします。アトピーで苦しんでいる方々と一緒に頑張りあい、励ましあいたい、とご自身のメールを転載する事をご快諾くださいました。

     この方は幼少時からずっとアトピーという方で、渡米してアレルギー検査でアレルギーの問題は大きい、という事でした。
     帰国後は、やはり徐々に悪化し、ショートバーストを繰り返し、ドクターには接触性のアレルギーの可能性があるので洗濯方法や、洗剤、素材などをもう一度チェックしてみるようにと、言われたそうです。

    以下、彼女から。。。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    そこで、明石さんに相談し、洗剤の量を減らしてみることに・・・
    今までは、少なめの洗剤量で一応洗濯していましたが、少なめといっても
    規定量の三分の二程度にしていました。
    でも、洗剤はもう5分の1程度にして自分の分だけ別に洗うことにしました。
    (洗剤はフリーアンドクリアより余分なものが少ない、『ケアベール』という敏感肌用の洗剤を使ってみました)
    そして、日本製のプラスチベースもやめて、ちゃんとプラスティベースをもう一度使ってみることにしました。
    今、ショートバーストが終わって上記のことを試し始めてから10日経ちますが、今までの悪化がうそのようにぴたりと止まり、炎症で厚くなっていた皮膚が落ちて正常化してきていす。手の甲などはゾウの肌みたいになってきていたのですが、TACを塗ると日焼けあとの皮剥けのようになって、厚かった皮膚が薄く普通になりつつあります。
    さすがに、帰国直後の状態にはまだまだですが、トリガーが判ったので一安心です。

    洗剤にかぶれていたんですね。プラスチベースは????疑わしいがどちらが本当の原因だったのか、確かめてみるのも怖いので、当分は、今のケア方法でやっていきます。
    ショートバーストで生まれ変わった皮膚が過敏な状態になるのは、結構あるらしく私も今まで、大丈夫だったものに過敏に反応してしまったということなのでしょうか。
    接触性のアレルギーにもっと意識的に取り組まなきゃいけなかったんだなーと、後悔することしきりです。
    空気のアレルギーがない時期なので、はっきり接触性のアレルギーのことがわかったけれど、花粉の季節だったら混乱して原因を特定できなかったかもしれないなあ、と思うと複雑な心境です。

    渡米治療後、私の状態が安定しないで悪化を繰り返していたので、夫は「アメリカ行っても駄目だったか~」とがっくり来ていましたが、やっと落ち着いて、洗剤がトリガーだったと知ると
    さらに脱力してました。

    悪化を繰り返してはショートバーストしてという感じでしたが、渡米治療をしたからこそ、日本の治療と違って、先が見えない思いをせずに、乗り切れたんだと思います。
    子供がいると、学校行事や役員活動などで家に引きこもってばかりはいられないし、やらなきゃいけないことがたくさんあって体がつらくても、なんとかやりこなす以外にないので、治療は早ければ早いほうが絶対に自分にとっても家族にとってもいいのです。

    PS
    ちなみに、子供にはアトピーはありませんが、一人にはかさかさの乾燥肌は遺伝していて
    冬の保湿は欠かせない感じです。赤ちゃんのころはあせもやおむつかぶれがありました。
    自然と治りましたが。
    あと、ぜんそく持ちの子どもがひとり。小学校に上がるまで、年に2,3回発作を起こしてました。
    健康が一番ですが、考えすぎないほうがいいかな。

    完璧な子供なんていないと思います。
    どんな子供であっても、愛おしい不思議なパワーをくれる存在です。
    夫は、健康優良、肌の色つやはとってもいい人でアレルギーはありません。

    アトピーがあって子どもを持つことを考えている方の参考になればと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     大切な事がいくつも書かれています。
     洗剤の事は後日、改めて書きたいと思っています。長くなるので。

     トリガーは見つかるまではオタオタしますが、わかると「脱力~」ですよね、本当に。 AAJの明石さんに相談するのが、やっぱり早道だと思います。

     この方はご本人いわく「 頑固者で一度言い出したらてこでも動かない」タイプの方、という事で、ご主人は反対のしようがなかった、という事ですが、治療が決まったらとても協力的に動いてくださったようです。また渡米中の苦労で奥様のありがたみと不在の寂しさを痛感した、そして、Sさんも一か月離れた事で、ご主人への愛情と感謝を再認識した、という事で、渡米前に比べて夫婦仲も良くなった、という風に伺っています。
     また帰国後くださったメールで、お子さん達の事を
    「子どもたちは、私が帰ってきてからずっと私から離れません。 すごく不安な日々だったようで、胸が痛みますが、これからいっぱい遊んであげることで、気持ちが落ち着いて来るのを待とうと思ってます。
    私の腕や顔をなでなでしたりして、『にこり』と している子どもは、私と同じようにアトピーを恐れていたんだろうなあ。」
    と書かれた部分には、じ~んとしました。
     子供さんたちにとって、お母さんが元気になる事、健康に幸せになる事は、何をおいても最も大切です。

     PSの部分には、励まされたり、希望を感じられる方が大勢いらっしゃると思います。アトピーだからと言って、子供を持つ事を諦める事ないです。
     それと行かれた方がおっしゃるのは、仮に子供がアトピーだったとしても、良いドクターがいる、その治療を受ける道がある、というのはすごく大きな事、という事です。

     「母」「主婦」という立場は、とても大切で自分を優先する事にためらいを覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、この方もおっしゃっていますが、「治療は早いがいい」です。
     検討されている方は、実現化に向けて動かれるといいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     

    加湿器

     先月、加湿器を購入しました。
     加湿器って、アトピーにとっていいのか悪いのか、ちょっと不明な代物です。なぜならやっぱりカビの原因になりやすいから。
     乾燥した国の方がアトピー人口が少ないです。これはカビが最も原因していると思いますから、乾燥している方がいいのかなぁ、なんて思ったりしました。
     夫は加湿器が欲しい人で、結婚前から使っていて、私と結婚した時持ってきましたが、古かったし、私が却下したので捨てました。でも私が住んでいる所は、冬はとても乾燥する所なので、やっぱり加湿器が欲しい、という事で購入しました。
     ところが、私が水抜きの方法を間違えた為に精密機械の部分に水が入ってしまい、慌てて分解して水を拭きました。その加湿器はしゃべる加湿機だったのですが、声が高く早いしゃべりに変わってしまい、タイマーなどが使えなくなってしまいました。そのせいで、しまう際、上手く内部が乾燥できず、今年出したら機械の中がカビてしまっていました。それでももったいないから使おうかな、と思いましたが、ダイキンの空気清浄機がものすごく反応するので、余程なんだ…と思い、廃棄を決意しました。
     でも新たに購入するのは迷いました。無しでも何とかいけるかな、と思いましたが、去年の年末にひいた風邪が咳がすごいタイプだったので、乾燥も一因かな、と思い、欲しがる夫に同意して購入しました。買ったのは、

    【サンヨー】ヒーターレスファン式加湿器
    CFKVW500A(W)(CFK-VW500A(W))

     これが思ったよりずっと良かったです。
     加湿している最中、水蒸気も見えないし、何よりも中の手入れがすごく楽にできています。湿度も自動でコントロールしてくれるし、進化しているのをとても感じました。
     最近の加湿器、すごいですね。

     加湿器を安心して使える理由の一つに、リビングを珪藻土にしたのは大きかったです。珪藻土は湿気も調節してくれるので、加湿しすぎも心配要りません。加湿器も湿度を感知して、自動で点いたり止まったりして調節してくれますし。12月は雨戸を閉めれば、鍋をやっても結露が出来ませんでした。珪藻土ってすごい。
     寝室は塗っていないので結露は出来てしまいます。でも思ったより酷くないですね。眠っている間に加湿するのは、やっぱり呼吸が楽です。今年中に珪藻土を塗る予定なので、来年はもっと楽になると思います。
     珪藻土を売っている業者さんは、寝室にやはり塗っているそうで、寝るまで数時間加湿器をかけて、寝る時に切ってしまうそうです。そうすると、加湿している間に珪藻土が水分を吸っておいてくれて、夜間、湿度低下と共に徐々に放出してくれるので楽だ、と言っていました。

     カビの問題さえなければ、加湿器はいいと思います。
     なので購入を迷っていらっしゃる方は、まず湿度計を使う事をお勧めします。場所による湿度の違いを把握しておくと、検討する際役に立ちます。うちも去年の秋に購入して使っています。冬は下がると珪藻土のリビングでも40%台に落ち込みます。でも上がってもめったに70%を超える事はないです。(雨の日に洗濯ものを大量に部屋干ししている時の話です。)大体60%前後で維持できます。

     加湿器もどんどん良くなっているので、今年、そろそろ安くなってきているのでこの時期に購入してしまっても、来年の新しい型を買ってもいいと思います。
     でもまず、部屋や家のカビの状態を十分にチェックして、また購入する際は中の手入れが楽でカビにくいタイプの物かよく調べてからがいいです。
     アトピーにとってどちらがいいか、その人の状況によってケースバイケースになると思いますが、保湿も重要な要素になっている事も考えると、治療後安定期に入っている人は購入を考えてもいいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。