プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    保湿剤を上手に使って

     この時期は汗の時期で、バクテリアに反応が強い人は結構大変な時期ですよね。汗で皮膚が傷む→皮膚が薄くなる→空気中のものや接触性のものなどにアレルギーを起こしやすくなる、という悪循環に陥りやすくなります。

     私は自分でやっている対策としては、ワセリン(私は問題なく使えるのですが、本当はプラスティベースの方がいい)を汗が出るところ、首や額など悪化しやすい所に厚めに塗る事です。
     若い人など、皮脂が多い人がこれをするとニキビになってしまう可能性が高いですが、ま、私の体質と年齢だとさほど関係ないのかニキビにはならないで、接触性のものからは結構シールドできる感じです。
     汗かいたらどうするの?と思いましたが、汗かいてもワセリンでシールドされているので、バクテリアが繁殖しにくいみたいな気がします。なので痒みが少なくて済みます。結構汗かいても、全然痒みを感じなかったりとか。

     コツはやっぱりワセリンを厚く塗る事ですね。
     一時このべっとりタイプは不要になったのですが、この暑さと汗の量で、皮膚が負けました。夏場のコントロールは難しいですね。

     私は脇などかなり汗をかくのでワセリンの方がいいですが、足のふくらはぎとかの汗の少ない部分は、ローションタイプの保湿剤なんかでも膜が張ってアレルギーからブロックできますよ。
     汗が多い所はローションタイプだとすぐに被膜が流れちゃうと思いますので、べっとりタイプがお勧めです。

     保湿剤ってアトピー予防なんかにと~っても有効です。渡米中もプラスティベースをガンガンに厚くたくさん塗った人の方が、回復が早いような話も聞いた事があります。
     夏は保湿剤、不要な気がしますが、アトピーが酷い人は皮膚の層が薄いうえ、皮脂腺など守ってくれる機能がほとんど働いていないと思いますので、夏場でも保湿剤は使った方がうまくコントロールできると思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     ドクターマセソンが10月27日に来日して、講演・公開インタビューなどをしてくださる事になりましたね。
     AAJに詳細が出ましたので、ご参照ください。
    http://www.a-association.com/information/drlecture2007.htm
     治療前の方はもちろんの事、帰国後のトラブルなどにも今回は注目してお話しくださるようなので、帰国後の方も行かれるといいと思います。
    スポンサーサイト

    敵が見えなきゃ戦えない

     アトピーは原因不明、とされているので、それを信じている人は、見えない敵と戦う事を余儀なくされてしまいます。
     
     アトピーがなかなか治らない重度の人、というのは、トリガーを複数抱えている人が多いです。アレルギーの数が多ければ多いほど、トリガーの数が多ければ多いほど、治りにくいのです。
     問題を整理して見ていかないと、多くの民間療法に振り回されてしまいます。
     ・布団をダニ予防のものに変えたら、治った。
     ・歯を治したら治った。
     ・アトピーに良い温泉があるので、そこへ行ったら治った。
     ・アトピーに良い化粧品がある。
     ・海外へ行ったら治った。
     枚挙にいとまがありませんが、どれかを実践したら治るだろう、という事で、どんどんお金が続く限りつぎ込んでいく、という風になっていくと思います。

     情報が飛び交い、患者本人も混乱してしまっていたり、いくつも試しているうちに心が固くなってしまったりして、多くの人が情報処理や正しい判断ができなくなってしまっているような気がします。
     何らかの治療法を試す時、それがなぜ治癒につながるのか、それが見えない治療法は、試さない方がいい、というのが私の考えです。
     もちろんコストがかからないものについては、精神的な被害も少ないので危険でなければ試してもいいと思いますが、コストがかかるものはやめた方がいいと思います。

     渡米してドクターの治療を受けて思ったのは、敵が見えるようになった、という事です。
     私のトリガーは1年に1~2回の花粉や草の種、猫、ハウスダスト、バクテリア、汗、ヘルペス、食べ物では魚でした。接触性のものは、洗濯洗剤、シャンプーはダメな製品が多く、ゴムはちょっとグレー、な感じです。
     このように敵が見えるようになったので、対策がとれるようになり、対策に失敗してもその日のうちに、イソジンウォッシュを使って洗浄したり、ステロイドの外用薬をちょこっと塗ったりしておけば良くなる、というのもわかるようになりました。
     つまり敵が見えるようになったので、対策、対処が出来るようになり、コントロールが可能になりました。

     渡米して帰国してくる段階で、アレルギーテストによって、空気中のものに関しては、自分が何がダメか、はっきりわかるようになります。
     接触性のものに関しては、帰国後に自分で経験的に見つけていく事になりますが、根気良く探していけば、見つかってきます。見つかればコントロールが可能です。

     最近思うのは、やはり渡米して治療する人の話を聞くと、アレルギーが酷いなぁ、という事です。検査項目すべてに強い反応を示す人も少なくないし、たまにはアメリカでのアレルギー集中治療の(ラッシュと呼ばれます)際、軽い呼吸困難を感じたり、気分が悪くなったりする人がいるようです。
     もちろん精神的なものもあるでしょうが、減感作療法がベースである以上、自分がダメな物質を体内に入れるわけですから、実際の反応として出ているケースもあるわけで、去年のドクターの講演の時にもドクターが言っていましたが、渡米して治療する人たちはアレルギーが酷い人が多い、という事です。つまり過敏な人、もっと言うなら超過敏な人が多い、という事です。

     敵が見えなければ、適切な治療ができるわけがなく、○○をして治りました、という人は、トリガーが一つで、しかもそれを見つける事が出来た、というラッキーな人、という事ですね。
     でも難治の人のトリガーが大抵複数、という事を考えると、それをやってみても治ってしまう可能性は低く、なおかつ「トリガー」の意識がなければ、やった事に対する評価も難しいです。
     また、敵が見えずに現象として「良くなった」だけでは、再発も防ぎにくいと思います。この典型は、湯治で遠くに行った人、とか、海外に行って良くなった人、などです。あと、解毒・体質改善系もこのタイプに入ると思います。
     
     私が渡米してドクターマセソンの治療を受けて本当に良かった、と思う最大の事は、トリガーがわかって、アトピーをコントロール下に置けた、という事です。
     見えない敵と戦うのは大変な事です。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。


    続きを読む

    漢方薬はリバウンドがないか

     漢方薬はリバウンドなどの副作用がなくて安全、と思っている方は多いと思いますが、ちょっと小耳に挟んだ話を。。。

     漢方薬でも、リバウンド様の症状が起こる事があるようです。

     この点に関しては、医療情報など、正確な情報を得て、の事ではないので半信半疑的に聞いて頂いて構いません。

     ただ私の経験でも、これはなるほど、と思いました。
     漢方薬を飲んでいた間、薬が変わって効かなくなると顔や体がむくんできたり、症状がかなり悪化したり、といった事はよくありました。
     不思議な事に、
    「悪化しました。酷いんです」
    と言って送られてきた薬を煎じて飲むと症状が軽減するのですが、
    「少し良くなりました」
    と言うと、次の薬から効きが悪くなったり、時には先程書いたようにかなり悪化する事がありました。

     漢方薬にステロイド様の作用があるんじゃないかなぁ、というのは、使っている時から何となく感じていました。ただ漢方薬の魅力は「副作用がない」というものだと思いますので、まぁ、問題にならないかな、と思っていました。
     漢方薬のステロイド様作用、というのは、最近もあれ?と思った事としては、最近アトピー治療で有名になってきた病院の中国人医師が、中国ではリウマチを専門にしていた、という事です。
     日本でも、リウマチの治療にステロイドを用います。
     リウマチ治療の知識がアトピー治療に役立つ、という事は、この共通点で思いつくのは、炎症と治療にステロイドを用いる、という事です。

     漢方薬に直接ステロイドを混ぜ込む荒業をやる所は別として、鶴治療院などの生薬の漢方薬を飲んできた私としては、漢方薬だけでもステロイド様の作用を出す事はある程度可能だと思うのです。
     ただ西洋の薬と違うのは、やはり副作用の問題でしょう。漢方薬は解毒剤と一緒に飲むようなものだと思います。
     でも私が経験したリバウンドのような症状が出る、という事は、漢方薬でも使い方によってはかなり強いステロイド様作用を作る事が出来る、という事だと思うのと、短期でしかそれを用いようとしなかった中国人医師の使い方は、そのリバウンド様作用と知っていたのだと思います。

     ステロイドを拒み、漢方薬に助けを求める場合も、結局は「ステロイド」なのかな、と思うと、なんだか皮肉な感じがします。

     渡米して治療して思ったのは、アトピーの炎症というのは思っている以上に強くてしつこい、という事です。渡米前は7年くらい脱ステしていましたから、渡米治療で久しぶりにステロイドを使ったのですが、ドクターの治療を受けて2年たちますが、この2年間の間に、かなりの量のステロイドを私は使ったと思います。
     でも、これだけの量のステロイドを使う必要があった、という事です。
     
     漢方薬で使う「ステロイド様作用」では私の炎症は強すぎて止める事が出来ず、でもリバウンドは出ていた、という事になります。
     ならばいっその事、ステロイドのみの内服薬で直接量をモニターしながら調整できる西洋医学の方が私は優れているように思いました。

     ステロイドについて、副作用は様々あります。ステロイドの副作用はあるのです。けれど私はこう思います。
     フグには毒があります。どんな毒性作用があるか、わかっています。
     けれど、どこに毒があるのかはもうわかっていて、そこの部位を取り除けば安全に食べられる事が可能です。
     ステロイドも同じ事が言えるのだと思います。
     もともと医療とはそういうものでしょう。ステロイドにどんな副作用があるのかはわかっていて、「だから危険だ」と声高に叫ぶだけでは解決に至りません。
     残念な事に、どこに毒があり、どうすればそれを取り除けるか、そういう事を知らない医師達の処方によって、アトピー患者は混乱してしまう事になりました。また、副作用で苦しんだ方、苦しんでいらっしゃる方がいる事も事実です。
     でもステロイドには強力な炎症を止める作用があり、それと同じだけの作用を持つ抗炎症剤というのは残念ながらないのです。
     ならばそれを使いこなす方向に向いた方がいいと思うのです。
     私は2年の間にかなりの量のステロイドを使いましたが、顔がむくんだ事もないし、ステロイド終了直後に症状が劇悪化した事もありません。
     つまりアトピーに対して安全に用いる方法は、確立している、と言っていいのです。

     私も実はステロイドの内服薬=強い、副作用がたいへん、というイメージを持っていました。医療従事者でもそう思っている人は多いと思います。
     でもアメリカで治療を受けた時、スーパーバイザーの方と話していて、
    「ステロイドの内服薬が出る、ってやっぱり相当なんでしょうねぇ」
    と言ったら、
    「そうでもないよ。外来でも普通に結構出るけどね」
    と軽く言われて衝撃を受けました。
     使いこなすって凄いです。
     
     植物がホルモン様作用を示す事は確かにあります。
     私の経験ではアロマセラピーです。エッセンシャルオイルに含まれる成分が女性ホルモン様の働きをするので、施術を続けていると生理にまつわるトラブルや不快感が軽減されていく事はよくありました。イギリスではお産に用いる助産師もいるという事で、分娩が通常よりスムーズに進んだり、産後の体の回復も普通よりいい、というのを文献で読んだ事があります。
     漢方薬は婦人科でも治療によく用いられますから、漢方薬がホルモン様の作用を持っていてもおかしくないでしょう。
     つまり漢方薬の処方によってはステロイド様作用をもったとしても不思議はないと思います。

     漢方薬がステロイド様の作用を持つという事がわかると、なぜ治る人と治らない人がいるのか、なぜ私が治らなかったのか、わかったような気がします。

     私も漢方薬はリバウンドがない、副作用の心配がない、と思っていましたが、当時の私の症状は軽いリバウンドだったと思います。
     ただ漢方薬のステロイド様作用は、白内障を起こさせたりするような事はない(と思う)ので、きちんとしたの所の処方なら問題なく、アトピーが治らないにしても、安全だと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    続きを読む

    衣類に注意

     衣類はアトピーにとって常に接している物として、素材、そしてデザインも気をつけた方がいいものです。

     素材は綿100%が一番無難だと思いますが、綿であっても固い綿であったり、表示の嘘で化繊がかなり入っているような感じのものとか、ストレッチ素材とかいろいろあります。
     固い素材のものはどうしても擦れやすくなりますから、お勧めしません。同じ理由でジーンズも状態がよほど良くない限り、あまり良くないのです。
     ジーンズは生地が固くて厚いのです。なので縫い目の所などどうしても固くなります。また、お尻や太ももなど、体に密着したデザインが多く、特に内モモの辺りは、歩くと擦れますよね。なので、状態が良くなるまでは、はかない方が無難です。
     帰国後、悪化を繰り返した人の中に、ドクターからジーンズ禁止令が出た人がいました。もちろん一生ではなく、状態が安定するまででしたが、今はもう何ともなくなったけれど、思い返すと当時はやはり内モモの辺りから悪化が広がっていて、柔らかい素材でフィットしないコットンパンツを2年位はいていたら、トラブルはなくなった、という事でした。
     
     素材は通気性と吸湿性に優れ、柔らかく、刺激がないものであれば、綿でなくてもいいのです。
     私は今の時期、綿と麻が入ったものをわりと好みます。麻は上質のリネンであればいいのでしょうが、そうでない麻は生地が固いので、私は綿と麻の混紡で、薄くて柔らかめのものを選んでいます。
     中には、絹がいい、という人もいます。これでなくてはならない、というものは無いですが、アトピー体質に向く素材と向かない素材はあります。

     またデザインも大事です。
     あまり体に密着しすぎないものがいいですよね。ふんわりした感じです。そでぐりも狭かったりすると擦れる原因にもなりますし、擦れる所はアトピーも出やすく、繰り返しやすいです。
     私は肩口がダメです。肩から脇をぐるっと一周している所が汗とスレと、皮膚の2面がくっつく所、という事で、アトピーの好発部位になっています。なので、肩やそでぐりの大きさも考えて服を選びます。
     でもどうしても仕事の都合で、きちんとした服を着なければならない人の場合は、ちょっとカッコ悪いですが、一つ上のサイズを選ぶのもの一つだと思います。

     女性はこの時期、ブラで悩みますよね。ブラのトラブルは意外と多いと思います。体にフィットした服を着なければならない場合は、どうしてもブラが必要になりますから。
     下着はこの点、アトピーに優しいものって少ないですよね。肩ひもがほとんど化繊だし、素材もデザインのきれいさにメーカーがこだわって、色鮮やかな感じ(色をきれいに出すには化繊を入れないとダメ)やレースを入れてきたりして、アトピーの人には悩みの種だと思います。
     なので私はブラをやめてしまいました。
     胸の辺りに切り替えがあるタイプのふんわりしたデザインのものは、胸のトップが目立ちにくいです。またブラウスは、ひらひらしたドレープがたっぷり付いたものなどなら、胸のトップが目立ちません。かっちりした仕事用のシャツなどは、タンクトップを一枚着ると目立ちにくくなったりします。
     「徹子の部屋」で以前、黒柳徹子さんがブラはしない、と言っていたので、彼女の服は意外と参考になるかもしれませんね。

     あとデザインでヒダも注意ですね。ヒダを寄せる、という事は、そこは布が重なり合う=厚くなる、という所なので、ヒダの部分が体に当たるデザインのものは、アトピーにはあまり向かないでしょう。
     また布が重なるデザインのものは、そこは服を2枚も3枚も重ねてきている事になるので、厚くなりやすく、汗が溜まりやすいです。また服を洗った時、そこは乾きにくいので生乾きになりやすいですからバクテリアが繁殖しにくくなります。
     やっぱりハワイとか、暑い国の服のデザインは参考になりますね。暑い国の服は、体が楽です。日本の暑さも熱帯化してきていますから、アロハシャツなんかが公式の場で正装と認められるようになれば、特に男性はずいぶん楽になると思います。スーツって、拷問みたいですよね・・・。

     衣類がアトピーのトリガーになる事は多々ある事なので、盲点になっていないか、普段着ている服をもう一度見直してみるのもいいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。