プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ヘルペス 続報

     私の最後のにっくきトリガーは「ヘルペス」であった事がわかったのが5月に入ってからで、それからアシクロビルを飲み始めました。
     このヘルペスはものすご~くしつこくて、今でも薬を毎日飲んでいる状況です。
     飲み始めた頃は錠数も一日5錠(一錠800mg)とかなりの量を飲んでいました。減らし始めるとすぐにヘルペスが活動性を取り戻してくるような状態で、一日1錠とかに減らせる日が来るのかしら…?なんて思っていましたが、何とか徐々に減薬に成功し、今は大体一日1錠で症状を抑えられる状態になっています。(やめると復活してくるのだけど)
     ヘルペスは「スピードが命」だそうで、ヘルペスらしき症状が出始めたらすぐに薬を飲んだ方がいいそうです。
     ヘルペスらしき症状は人によって違い、私の場合は脇腹(帯状疱疹が出る位置)の神経がムズムズと過敏になってくるような感じです。放置すると痒みが出てきて湿疹が出てくる、というところまで把握しました。
     グレーだな、というのは耳鳴りです。
     耳は幼い頃からわりと弱く、よく中耳炎を起こしていたのもあるせいか、風邪の初期に耳鳴りがしたりするのです。でもこれもヘルペスが関係している可能性があり、今後も観察が必要です。

     ヘルペスの薬は安全性が高く、ヘルペスウイルスにしか効果を発揮しないそうで、例えばAAJの明石さんの場合は、頭痛がヘルペスの症状だそうで、飲むと止まるそうです。でも例えばほかの理由だったとしたら、アシクロビルを飲んでも当然、頭痛は止まらない、というわけです。効く以上はヘルペスが原因、と特定できるそうです。

     アシクロビルはとにかくしっかり使う事が大事で、治療のゴールは自分でヘルペスの前触れの症状(前駆症状といいます)を把握し、スピーディに薬を飲み始める事のようです。
     ヘルペスは一度体内に入ってしまうと、生涯飼い続ける事になりますから、コントロールはとても大事です。

     アシクロビルをこの3か月、かなり飲みましたが、日本の処方はどうも圧倒的に足りないみたいですね。よく「後遺症」という言葉が使われますが、正直、おそらく「後遺症」ではなく、ヘルペスが治っていない、活動性がまだ活発な状態であるように思います。
     実際帯状疱疹に至ってしまった人などの処方量が、薬がたった一週間、とか、しっかりしっかり湿疹が出ているのにかかわらず、薬の量が最大使用量の半分、とか、3分の1とかの人の話も聞きました。
     そして更に問題なのが、保険点数の問題で、帯状疱疹の状態が重い場合、必要な量が保険の範囲内では出ないようです(私は医師ではないのでちょっと確認ができませんが)。この点に関しては、医師の自覚もないようで、ゾビラックスなどを一週間出したら、あとは「後遺症」として鎮痛剤などを出したり、神経ブロックなどの方向へ行ってしまい、ヘルペスが治っていない事を理解していないようですね。いわゆる「間違った治療」です。
     先程書いた明石さんも、治療に行くまでは頭痛薬などを処方されて、それをしょっちゅう飲んでいた、という事でした。今思うと、頭痛がした時、アトピーも悪くなっていたそうです。
     私の場合も、日本の病院だったら薬、全く足りなかったと思います。
     渡米前に帯状疱疹が出た時、日本の病院で外用薬が出た事がありました。まぁ効きましたが、今は使う気になれません。ヘルペスは体の中に住んでいるので、体の中から治す方がふさわしいと思うからです。ヘルペスの症状が湿疹だけではなく、頭痛や風邪様症状なども入る事を思うと、内服薬で治療する方が適切だと思います。

     アシクロビルは大きな副作用はないようですが、私の場合は下痢でした。5錠の時はちょっとしんどかったですね。下痢止めを飲むのも嫌だったので、乳酸菌を併用しました。
     乳酸菌は過去にあれこれ色々飲んできましたが、一番良いと思うのはファンケルの「ナチュラビオ」です。これ効きましたよ!下痢止めほどの作用はもちろん持たないけれど、今までの中ではベストですね。

     一時はいつになったらヘルペスはおさまってくるの?と、不安になる位でしたが、ようやくおさまってきました。まだ一日1錠は最低でも必要ですが、半年とか一年、毎日800mg、もしくは400mgでコントロールのために飲み続ける人もいるそうなので、私ももうしばらく飲み続けます。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    周囲のアトピーの人

    多い質問は
    1、本当にドクターが使うステロイドは安全か?副作用はないのか?
    2、本当に治るのですか?
    この二つが最も多いです。

    ちなみに答えとしては
    1、私の知識と経験の上での回答になりますが、副作用の心配は要らないです。私自身、副作用が出た事はありません。もちろんリバウンドもありません。(そう言えば、風邪は引きますね。毎回・・・。でも酷くなる前に、ショートバーストが終了します。)ドクターの治療でステロイドの副作用が出た話は、聞いた事がありません。(元気になってしまう、という人の話がありました。ま、副作用といえば副作用ですね。)
    ステロイドは世に出て何十年もたっている薬なので、本来は安全に用いる方法が確立されている薬です。
    数年前、新薬のプロトピックに飛びついた日本のやり方を思うと、新薬よりステロイドの方がむしろずっと安全と言えると思います。(日本のアトピーのステロイド治療はこの範囲に入りませんが)

    2、アトピーであれば、アレルギーの度合いにもよるのでしょうが、ドクターの指示に従ってきちんとしていれば、その先に「完治」はあると思っていいと思います。
     ただ、私は1患者なので、全ての症例を知っているわけではないですし、アトピーは高い自己管理能力が要求されますから、きちんと管理出来ない方や、治療につながる行為を帰国後、自己判断でやめてしまう方もいらっしゃいます。そういう方は治らない可能性が高いと思います。
     どんな医療行為にも100%治せます、というのは常識的にありませんから、どうなるかは、やってみないとわからないという事になります。
     個人的には、日本人の難治のアトピー患者の治癒率がここまで高い治療は、ドクターマセソンの治療以外、私は知りません。やる価値は十分にあります。

     と、こんな回答になります。
     いろんな人がいます。かなり調べている人、全然調べていない人、ネガティブな材料を探している人、心は決まっていて、背中を押して欲しい、と思っている人、など。
     返事を差し上げると
    「ゆかりさんって、親切な方なんですね」
    と、言ってくださる方もいます。(*^^*)ポッ
     
     アトピーも酷くなったら、自分で治せる、というのに限界はあると思います。何でもそうですが、私達は神ではないのですから、「自分でできる」という事に限界がある事があります。
     他の人の知恵を借りたり、プロの手に委ねたり、医療に限らず頼る事は悪い事ではありません。
     「頑なさ」は裏を返せば未熟さの表れである事が多いです。人は一人では生きていく事は出来ません。
     アトピーの治癒への道を遠くしているのが、患者本人でありませんように。

     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。



     

    空気

     帰国後の人が悪化するトリガーでおそらく、最も多いのがダストだと私は個人的に思っています。いわゆる「ハウスダスト」です。
     アトピーは全国的に広がっていますが、やはり大都市に多いですね。大都市は空気がやっぱり汚いです。外に出ても排気ガスもすごいし、古いビルも多いし、古いエアコンも多いし(カビの原因)、お店も多いからホルムアルデヒドなんかも多いと思います。
     大都市はやっぱり「ハイリスク」だと思います。
     
     私は結婚するまで空気にはわりと鈍感でした。換気が一番大切だと思っていたし、車の多い所を自転車で通勤していたのでマスクはする事が多かったですが、その程度。
     けれど夫は結婚する時、自分が使っていた空気清浄機を持ってきました。
     始めは別に関係ないや、位な気持ちでいたのですが、使っているうちに徐々に意識が変わり始めました。
     換気も大切だけれど、同時にダスト系、花粉なども部屋に入るわけで、アトピーの私にはやはり空気清浄機はあった方がいいのかな、と思うようになりました。
     夫も花粉症の症状が少し出た時があり、それまで寝室にしか空気清浄機を置いてなかったですが、リビングにももう一台買い足しました。
     正直、町中では持っていた方がいい家電だと思います。
     今年、家のリフォームをする予定なので、ホルムアルデヒドが気になっています。
     私はホルムアルデヒドは大丈夫なのですが、それでも一度、家具屋に家具を見に行った時、気分が悪くなった事がありました。夫も気持ち悪くなったと言っていたので、そうとう酷い所だったのでしょうが、発症してしまったら大変なので、リフォームに備えて新しく空気清浄機を買おうと思っています。
     夫が調べたところ、ダイキンの製品がいいんじゃないか、という事です。
    http://www.daikinaircon.com/ca/08.html?ID=catop
    このフラッシュストリーマという製品です。
    http://kakaku.com/item/21602010243/
    値段も下がってきてそろそろ買い時かな~、と。
     他の国産メーカーのは匂いやダストをとるのが中心で、ホルムアルデヒドに対応しているのはほとんどないのです。でもホルムアルデヒドがトリガーになる人は結構いて、新しい洋服、クリーニングした後の洋服、香水なんかもダメみたいですね。アメリカでも治療に行った人の中ではホルムアルデヒドがダメ、という事で、洋服を買いに行くのの禁止令が出る人もいるようです。
     私は今のところ大丈夫ですが、敏感体質なのでトリガーになりそうなものは避けて、発症させないようにしようと思っています。
     空気清浄機はどんどん進化しているし、替えフィルターも高いので、適当なところで新しい製品に買い換えていってもいいと思います。
     最もリフォームに関しては、換気が最も大切なので、工事の時期も秋にしてもらい、窓を開けっ放しでもいい時期に予定して、家具も作ってもらうのですが、それも製作後、しばらく製作所に置いておいてもらって薬剤を飛ばしてもらうようにお願いしてあります。

     ハウスダストは、帰国して掃除をする時、初めて足にゾワゾワするものを感じました。ホコリがたって、足が反応したのです。あ、これ、今私は敏感に反応しているんだわ~と思いました。すぐに長ズボン、ソックス、などをはいて、長袖にして、マスクをして掃除をする事にしましたが、あのゾワゾワ感を放置していたら、おそらく痒みにつながっていただろうと思います。
     ハウスダストは、今はアレルギーの注射のせいか、もうゾワゾワする事はほとんどないですが、大掃除をする時などは、今でも気をつけていますし、去年の引越しの時は、ショートバーストになりましたから注意するに越した事はないですよね。

     治療後の人たちも、「空気」には気をつけている人が多いです。引越しする機会があったので、思い切って空気がきれいな所にしたら皮膚の状態が安定的になった、とか、職場がどうしてもハウスダストが多かったり、古いビルだったりしてカビ、ホコリの問題があって、バイトだったからそこをやめたら良くなった、とか。
     子供さんの場合は、体育の授業で砂埃が酷かった、というと、もう湿疹になってしまったりするようです。
     空気は常にあるもので、トリガーと意識しにくいですが、選べるならやはり、空気がきれいな所がアトピーの人には暮らしやすいと思います。都市部では空気清浄機は必需品、位に思って、職場も変われないのなら会社の許可を得て、自費で購入して自分のそばに置いても十分価値があるように思います。

     敏感肌は何かと大変ですが、暮らしと折り合いをつけていく工夫を考えないといけないですね。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。


    トリガー探しは消去法2

     帰国して始めは何がなんだかわからないと思います。掃除もしているし、ドクターの指示通りの薬やケア用品を使っているし、と。
     そこでトリガー探しが頭打ちになってしまって、ドクターの治療への不信感が募ってきたりします。
     でも、そこはぐっとこらえて冷静に。
     私が今、後悔しているのは・・・

     私は帰国して、自分のそれまでの生活は変えたくなかったです。洗濯物は気持ちよく、太陽に当てて乾かしたかったし、洗剤も残っているからそれまでと同じものを使いたかったし、夏は電気代を考えるとちょっとエアコンを使うのを我慢したかったし。環境を思うとお風呂の残り水で洗濯したかったし、洗濯物を増やさないように、ちょっと位なら続けて使ったっていいじゃん。と。
     治療にお金をいっぱい使ったから、節約したい~~、なんて。
     でもスーパーバイザーと話しているうちに、自分がやるべき事をやっていない、という事に気がつきました。
     落ち着いて考えると、ドクターの治療はアトピー体質まで治してしまう治療ではありません。治療前から私の体に悪いもの(トリガー)はたくさんあるのです。この現実は治療後も変わりません。なのでこの生活パターンの中から、変えるべきものを変えていかなければならないと。
     でも、何が悪いのか、わからない。。。それと変える、という事は、コストがかかる事も出てくるという事もわかりました。
     一瞬悩んだのですが、でも私は変える事を選びました。
     アトピーは過敏な体が環境要因に反応するものなので、帰国後環境を変える事はやむをえない事です。
     そして思いがけず思ったのは、環境を変えようとする事は、自分が変わる事を意味していたようにも思います。

     そこからはやるだけの事をやってきました。
     それでもトリガー探しは、難しいです。夫に相談したりして、結局「消去法」しかない、という結論に至りました。
     アトピーが出た→ショートバースト→洗剤を変えた→一旦落ち着く→また炎症が始まる→始まる部位を確認→思い当たるトリガーを考えて除去→ショートバースト、みたいなパターンです。思い当たるもの一つをトリガーかどうか判断するのに、一度のショートバーストが付く、位の感覚かなぁ。(ちょっと大げさかも)
     とにかく皮膚の状態が悪いうちは、トリガーに反応するとすぐにアトピー化して全身に広がるので、ショートバーストしないと仕方がないのです。
     帰国後、ステロイドの恐怖感が消えないうちはショートバーストをためらいがちになってしまいますが、スーパーバイーザーと話をした時に、長年アトピーの人の場合、皮膚がアトピーを覚えている箇所があって、どうしてもそこから再発してしまう。だからショートバーストを繰り返しながら皮膚を安定的に保って、そのアトピー癖を取り去る必要がある、というのを聞きました。つまりショートバーストがそのまま治療につながる、という事です。
     という事はショートバーストが必要な回数は、人によって違うのです。そして環境要因のトリガーが必ずしも原因でない、という事もわかりました。

     帰国して悪化してきてしまう人は、トリガーになりやすいと思われるものを箇条書きにして、眺めてみる事をお勧めします。
     そしてそれらの一つ一つを順番に対策して、消去法で消していってみてください。

     トリガー除去を考える時、コストもかかったりするのでいろいろ迷うかもしれません。
     なのでまず、考えられるトリガーを箇条書きにして、お金がかからないものから一つ一つ判定して潰していくのがいいと思います。

     頭ではいろいろな事がわかっていても、帰国後、悪化が現実化してくると不安に押し潰されそうになって、どうしてもドクターの治療に不信感を抱いてしまう事もあるかもしれません。
     けれどそこでぐっと冷静になって、先の事まで考えてみてください。ドクターから離れても、他に頼る所もおそらくないでしょうし、結果が出るまでかかる人で2年とか3年とかかかる、というのは事前に承知の上だったと思います。
     まずは焦らないで、落ち着いて対処していってください。トリガー探しは一人では頭打ちになって、行き詰ってしまう事もあるかもしれません。なのでAAJに相談したり、他の人の情報を自分なりに集めてみたりするのも役に立ちます。



    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    トリガー探しは消去法1

     渡米してドクターマセソンの治療を受けて、一ヶ月の集中治療でぐんぐん良くなる人と、私のように炎症は止まったけれど、皮膚が完全に厚くなる事がなかった、というような人といるように思います。
     そして後者の人の場合、帰国後数ヶ月以内に悪化してくるようです。(私のように)
     その時はパニックでえ~~~~!!!!という感じでした。確かにアトピー体質は変わらないし、トリガーを除去していかなければいけない、というのは頭ではわかっていましたが、精神的にまずすっごく不安になるし、そういう時に限ってアメリカオフィスと連絡がうまく取れなかったり、思っていたより返事に時間がかかったり。
     そうこうしているうちに症状もどんどん変わっていってしまい、写真を送った時と状況が違う、という事もしょっちゅうでした。
     
     今冷静に考えると、私のように長年アトピーを患い、30も半ばでの治療で、ステロイドの使用歴も長く、という人は、渡米治療中、ステロイドでさし当たって炎症は食い止め、感染症も治し、休息をとって、など最大限の事はやってきますが、それだけですっかり、という事はちょっと難しいかな、と思ったりします。
     帰国して、まだ炎症こそ止まってステロイドも切れた状態ですが、皮膚の状態が良くなく、トリガーが何かわからない、でもアトピーを悪化させる何かがある筈の家に帰ってくるわけです。皮膚の状態が良くない、という事は、過敏でバクテリアにとっても培地みたいな状態の皮膚なのです。

     私が初めにショートバーストするきっかけになったのは、スリッパが原因で、左足の甲がちょっとおかしいな、と思ってTacを塗っていたら、それを振り切ってあれよあれよと言う間に全身に広がりました。全身に広がるまで一週間かからなかったと思います。
     始めは左足の甲ですよ。たったこれだけから一週間で全身に、なんて、今ではならないですが、当時はなりました。
     今考えると、皮膚が薄いっていうのはものすごくハイリスクなんだな、という事です。
     足の甲はバクテリアが原因です。おそらく掻いて、それが手について全身へ、のコースですね。一旦痒くなってしまうと、昼間は我慢していても夜、眠っている間に必ず掻いてしまいます。だから無意識でもあっという間に全身に広がるんですよね。

     ショートバーストする人は全体の2~3割と言いますが、その2~3割の人たちは、おそらく結構大変じゃないかな、と自分の経験で思います。広がるスピードがすごく速く、トリガーもうまく探せず、でもトリガーがわかって除去しても、ただのアレルギー反応とは違うため、ショートバーストしないとまず、炎症が止まりません。
     私が思い当たる、よくあるトリガーを列挙してみます。
    A
    1、ダスト
    2、カビ
    3、ダニ
    4、花粉など
    5、ホルムアルデヒド(治療は出来ない)
     これらはドクターベイカーの所で治療してきますが、治療の効果はすぐ出ない事が多いため、一年位はできるだけ避ける方向でしか、対処が出来ません。どうしてもショートバーストを繰り返す事になります。
     ただ効いてくるのを待つ間、酷い状態を続けるのは皮膚にとって良くない事なので、どちらにしても抗原に接しないよう対策するべきだと思います。


    1、洗剤
    2、金属
    3、バクテリア
    4、汗
    5、衣服の繊維
    6、ゴム\

     いわゆる接触性のものを考えてみましょう。
     接触性のものは、取り去る必要があります。
     

    1、食べ物
     食べ物アレルギーです。蕁麻疹の形で強く出るのでわかる人が多いと思いますが、大豆など常時口にするようなものだと、知らないうちに出っ放しだったりします。


     特殊な例として、私のようにヘルペスや、黒いインク系(繊維もダメ)の場合もあります。

     一応思いつくまま、列挙しました。
     長くなるので、続きは次回へ

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。