プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    世界はみんな、敵だった

     治療に行く少し前、まだアトピーアソシエイションのHPを見つける前。漢方薬もなぜか効果が鈍くなる事を多く感じるようになった時、結構悪化した時があった。家にいてもフリーズ状態で、気持ちがとても落ち込んでしまった。
     炎症で疲れ果て、掻いても掻いても治まらない痒みの我慢に体力を消耗し、涙が溢れてきた。
    「これで何度目なんだろう・・・」
    と、終わらないと思われた闘病に途方に暮れた時があった。

     真っ赤に炎症を起こした皮膚を見ながら、何かに反応している、この病態は一体なんだろう・・・?そう思った。
     
     花粉だろうか・・・?
     車からの排気ガス?
     何かの大気汚染物質?
     食べ物?
     水?
     衣類?
     洗剤?
     ダニ?

     容疑者の数は果てしないな~と思った。
     
     そう思うと、食べ物に疑いを持って食べるようになり、水が心配になり、服も繊維が、洗剤が気になり、体に触れるもの全てが気になってきた。
     天気の良い日に川原で散歩をしても、この空気が私を悪くするのかな、日差しが悪いのかな、そう思うと息をするのも嫌になった。

     世界はみんな、敵に感じた。

     治療に行って、犯人がわかり、対策し、元気になって、思う事。

     世界が優しくなった。
     風を、柔らかい日差しを楽しむ事が出来るようになった。

     あの頃の自分はおかしかったとは思わない。当然の反応だったと思う。でも、終わった事。
     ただただ、今の楽になった状態に、感謝、しています。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    温め過ぎない

     アトピーは冷えから来る、と頑なに信じてとにかく暖めまくる人がいるようですが、ちょっと要注意です。
     確かに冷えは万病の元ですし、冷えて乾燥して、とか、抵抗力が落ちて何やら痒みが、湿疹が、という人もいますから、冷やしすぎは良くないのですが、アトピーは「慢性の炎症」の病気です。つまり、軽いやけどの状態が常時続いていると考えてください。
     私は鶴治療院の漢方薬を長く飲んでいましたが、炎症が強い時は当然の事ながら冷やす薬が出され、冬はキュンキュンに冷えてました。夫が手をそっと握ってくれたのも、付き合い始めて最初のうちだけ。。。あとは触れると、「冷たいっ!」と、触れた手をさっと反射的に引っ込めていました。。。
     以前鶴治療院の先生(漢方薬)に食事について質問したときに、刺激物、唐辛子やからしなどは避ける様に言われました。にんにくやしょうがなど、体を温めるものについては、とり過ぎないように、普通でいい、と言われました。炎症が強いから、刺激物や温めるものはそれを促進してしまうから、と。
     冷え対策でにんにくやしょうがを積極的にとっている人、ちょっと注意してくださいね。

     また、私はサプリメントでもLカルニチンなど、代謝を促進するようなものはダメな事がほとんどです。今でもとると悪くなります。
     以前他の方で、私が大好きなゲルマニウム温浴がダメ、という人もいらっしゃいました。入浴にはいろんな効果がありますが、アトピーの炎症が強い状態で温めると、良い点よりも悪い点の方が多いように思います。
     
     冬は厚着をしたり、暖房などで思いがけずに汗をかいてしまう事もあります。汗はバクテリアを呼び、悪化につながりますから、衣服での温度調節など、こまめにしてくださいね。汗は冷えても膜状になって皮膚に貼り付き、バクテリアの繁殖を呼びますから、冬でも汗をかいたら拭き取ったり、シャワーを浴びたり、というのは大事です。

     アトピーが良くなり、冷えがすっかり良くなってしまった私は、大抵夫より薄着です。かつて真夏の37度の室内で、湯たんぽを抱いていたのが嘘のようです。その時は一年中湯たんぽでした。
     鶴治療院の漢方薬を使っていても、湯たんぽが要らないのは、6月半ばから9月くらいまでで、あとはずっと湯たんぽを入れていました。
     今はもちろん、湯たんぽは要りません。お風呂上りでベッドに入ると、暑くて足を出す事があります。去年の冬は、数回湯たんぽを使ったかなぁ・・・?今年はまだ使っていません。
     ずっと15年とか自分は冷え性だと思い続けてきたのに、本当は違ったのかしら・・・?と思う、今日この頃です。
     去年は今よりもずっと不安定だったので、何やら冷えるな、と思うと、アトピーが悪化していたりした事もありました。アトピーケアを一生懸命すると、冷えが取れるのです。
     冷え→アトピーではなく、アトピー→冷え、という図式もある事を忘れないでくださいね。詳しくは過去記事カテゴリ「冷え」をお読みください。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    続きを読む

    治療前の状態

     治療を検討される方から時々メールを頂くのですが、その中の最も多い質問が「治療前の状態はどうでしたか?」というのがあるので、記憶を辿ってみたいと思います。

     治療前、鶴治療院の漢方薬に頼り切っていました。漢方薬をやめる事はその時の私にとって、ほとんど自殺行為でしたね。アトピーに合わない漢方薬だと、即悪化。悪化すればほとんど身動きは出来ませんでした。朝、夫の朝食を用意するのがやっとで玄関にも見送りに行けず、布団に戻れず、テレビの前でコタツに入って、空腹も感じるか感じないかで、トイレに行くのがやっと、になるほど体力も気力も低下してしまいました。夫が帰ってくるまで、ぼんやりとテレビを見続けた時もありました。
     でも、漢方薬が効いてくれば、普通には活動できました。
     皮膚の状態は、首や膝などは大抵象の皮のような感じでしたね。粉(皮膚)もたくさん落ちるので、朝はシーツをそっと剥がし、外で払いました。それでも部屋の中には粉が・・・。
     顔はもちろんお化粧はほとんど出来ません。眉毛と口紅くらい。洋服も綿100%のものを選んで、ほとんど日持ちせず、という感じですね。
     ドクターの治療を受ける前は、時々ヘルペスにも悩まされるようになりました。

     鶴治療院の漢方薬がなかったら、多分、もっと酷い状態に陥っていたと思います。(実際、鶴治療院の漢方薬を使う前は酷かったので)なので渡米して治療を受けるのは、迷いもありました。漢方薬で何とか生活できていたので、どうしようかな、と。もっと酷い人がたくさんいるから自分はそれほど重症ではない、という思いもあったのです。
     けれど今からだが楽になり、皮膚の落ち着きや張りを見ると、行く前はかなり酷かったんだな、と思います。もう絶対絶対あんな状態耐えられない!!!と、今なら思います。
     正直、最近、ここまで良くなるとは思っていなかったなぁ、と思います。

     治療を迷う方のほとんどが、ある程度コントロールが出来ていて、それほど重症ではないのですが、と、おっしゃる方が多いのですが、自分の経験からすると、健康な人、という視点に立つとどうなんでしょう?と思います。重症ではない、と思うのは、瀕死のアトピーの人に比べて、という、その視点からの見方ではないかな、と思います。
     治療のゴールは「健康な皮膚」ですから、私があの時、その視点に立っていたらそれほど重症ではない、とは、思わなかっただろうと思います。
     また、治療を検討される方が私の治療前の状態を気にされるのはとてもよくわかります。私も治療後の方と知り合う機会があれば、同じ質問をしていたと思います。
     ですが、ドクターマセソンの腕を知ろうと思うのであれば、もうその質問は必要ないように思います。
     彼は既に400人以上もの日本の患者を治療してきました。4週間もの治療期間、しかも英語の国の海外、治療費の高さ、それらをもってしても決意するほどの患者たちですから、ありとあらゆる事を試し、裏切られ、挫折を経験してきた人たちです。ほとんどが重度と見てもいいです。
     アトピーの状態もいろいろで、私のように体が酷いタイプ、また顔が酷いタイプ、乾燥タイプ、炎症じゅくじゅくタイプ、二次三次感染を起こしているタイプ、長期の間違った薬物治療患者、リバウンドの酷さ、ヘルペスなど別の問題も併発してしまっている人、子供、成人、もう様々な患者を彼は治療してきました。そしてその9割以上もの人達が完治状態に至っている、といいます。(残りは帰国後、ドクターの指示に従わなかった人たちのようです)
     私はほんの、ほんの一例に過ぎません。ですからドクターにとってもう、前例がない状態の人、というのはいないでしょう。

     アトピーは解明されているのです。
     原因に沿った適切な治療をすれば、完治状態に至ります。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    まだ記事が全部は戻ってきておらず、FC2のお知らせも消えてしまっているので、もうやる気がないのかな、と思います。
    ドクターのレクチャーの記事、その他をバックアップできたものは戻していきますね。

     もうずっとこのブログを読み続けてくださっている方から、見つけて日が浅い方、今日見つけた方など、いろんな方がいらっしゃいます。ですから、内容が多少重複している事がありますが、どうぞご了承ください。
     カテゴリを工夫して、なるべく皆さんが知りたいと思う事を見つけやすくするようにしていますが、難しいかもしれませんね。
     ブログ右肩にある、ブログ内検索、などを使って、上手に記事を見つけてください。
     また、わからない事を質問するのに、治療前の窓口は基本的にはアトピーアソシエイションの明石さん(男性)なので、内容によっては躊躇されている方もいらっしゃるかな、と思います。私はアトピーアソシエイションのスタッフでもなんでもないので、責任はもてませんが、私で良ければメールフォームを使って、連絡してみてください。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    最近のケア

     昨日からFC2のブログのサーバーのトラブルで、昨日は午前中ブログが読めなくなり、今でも記事やコメントが復旧していない状態です。自分なりに一生懸命書いてきた記事ばかりですし、コメントも貴重なものなので絶対に復旧して欲しいのですが、このまま失われてしまったらどうしよう・・・、とちょっと呆然としています。
     考えても仕方がないので、とりあえず今日は「最近のケア」について。

     最近はやはり、乾燥対策ですよね。皮膚が乾燥すれば、そこに傷が付いてバクテリアが付きやすくなり、アトピーの原因になるので乾燥対策がまず第一の時期になってきました。
     保湿の方法としては入浴20分。私はもう朝はシャワーで夜20分以上湯船に浸かるようにしています。この間佐伯チズさんの本を立ち読みしてきましたが、ローションパックなるものがありました。コットンを水につけ、軽く絞り、それから化粧水で更に湿らせたものを顔にまんべんなく貼り、3分だったかな?そのままにしておく、というものですが、これと通じるものがありますよね。入浴の場合、全身パック、という感じですね。佐伯チズさんのパック、20分間暇なのでやろうかな、と思います。
     ちなみに20分の入浴ですが、顔も本当は必要なんです。フェイスタオルを湿らせて顔に乗せ、なるべく20分以上湯船に使っているのと同じ状態に近ずけます。この方が簡単ですが、佐伯チズさんの方法の方がしっかりと湿らせられるような気がします。ってことは、3分でなく20分がんばらないといけないって事ですね・・・。
     あと保湿としては、入浴後3分以内にプラスティベースですが、私は皮膚が薄い所だけプラスティベースにして、あとはローションを使っています。
     最近はローションをトイレにも置いています。服で覆われている所も乾燥してきますが、お腹や背中など、服を脱がないと保湿しにくい所もあるので、トイレに入った時、ついでにシュッと吹き付けたりして、マメに保湿するようにしています。
     ドクターの勧める保湿方法は、究極の保湿方法だと思いますので、美容にもいい筈ですよね。

     あと、花粉が飛んでいますよね。なので洗濯物は天日干ししますが、乾燥機を20分ほどかけてからしまうようにしています。乾燥機が使えないものは室内に干して乾かすようにしています。
     花粉といえば、うちのエアコン、ナショナルのエアコンなんですが、
    http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=CS-63RFX2S
    これ、エアクリーン機能があって、空気清浄と酸素を取り込んでくれる機能が付いているんです。換気とは違うらしいので、外の花粉を取り込まなくて済むようです。最近のはいいのが出来ていますね。
     また、外出から帰ってきたら、鼻の入り口を洗うようにしています。鼻洗浄とか、そんな本格的なのではなく、手の平で水をすくって鼻を付け、軽く吸い込みます。軽く、軽く、ですよ。それを数回やります。うちの母はこれをやるようになって、秋から始まる軽い喘息の咳がなくなりました。たったこれだけなんですけどね。

     あと最近気が付いたのですが、バクテリア対策にコロコロがいいように思います。そう!あの粘着テープのお掃除用品です。
     病院で感染対策に靴底に付いた埃やばい菌をクリーンな場所に持ち込まないようにするには、もちろん靴を換えるのが一番ですが、簡便な方法としては、粘着マットがあるんです。それを思い出して。
     朝起きたらベッドの中をコロコロで掃除します。毎日シーツなど洗えないですし、でも湿気で意外と不潔になりやすいかな、と思って。乾燥させるように気をつけていますが、朝起きて布団をめくらずに置いたら、夜ベッドに入ったら、足が痒くなりました。慌ててコロコロで掃除したら楽になりましたが、うわ!と思いました。
     もっと過敏に反応する人は、バスタオルを敷いて寝るといいと思います。バスタオルなら毎日交換できます。
     それと枕!
     私は枕は使わないで、バスタオルを折って、頭の部分に敷いて寝ます。頭が高いと眠れないので。
     うちの夫は枕で悩んでました。いい枕でも頭が蒸れる、とか、高さが合わない、とか、清潔が保てない、とか・・・。結婚時、2~3個ありました。それで私が提案しました。
    「バスタオルにすれば?」 
    「へ?だってそれじゃ、高くならないじゃん。」
    「別に何枚使ったっていいんじゃない?」
    という事で、最初の頃はバスタオルを4つ折りにしたものを3枚重ねていました。でも、時々2枚にしたり、元のビーズ枕を使ってみたり、そして今はなぜか、私と同じくバスタオル一枚です。
     バスタオル枕、じゃんじゃん洗えるし、通気性も抜群だし、お勧めですよ。

     最近、指先も乾燥してくるようになりました。とにかくマメにクリームを塗り、夜寝る時はその上から手袋をしたりしています。
     この間ちょっと深爪をしてしまいましたが、この時期の深爪は乾燥も手伝うので、爪の切りすぎにも注意しましょうね。

     早くブログの過去の記事、復旧しないかなぁ・・・。なくなったままなのかなぁ・・・。不安です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    追記

    教えて頂いて、レクチャーの記事、グーグルのキャッシュから取り出せました。
    とりあえず、ほっ(^_^;)
    FC2でも二次バックアップを調査し、随時復旧を検討しています。との事で、まだ望みはつなげそうです。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。