プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    治療結果及び帰国後のサポート

     ドクターマセソンのアトピーの治療結果です。

    ・90%以上の患者が時間と共に皮膚が良くなる。
    ・全員がスキンケアとアトピーに対する知識を覚える。
    ・一年目に炎症が減る。
    ・長期間の皮膚の安定とコントロール
    ・薬の量が時間と共に減る。

     ドクターは既に日本からの患者さんは400人以上診てきています。アメリカ滞在中、ドクターマセソンの治療によって皮膚の著しい改善、もしくは完治状態、というのに関しては100%です。
     ただ帰国後、トリガーを除去できない、保湿や入浴などのスキンケアをやらない、ドクターの指示を守らない、などがある場合に残りの一割未満に入ります。
     帰国後、湿疹が出た場合はデジカメで写真を撮り、アメリカオフィスへメールで送ってもらい、ドクターは写真と翻訳されたメールを受け取り指示を出します。
     ドクターは24時間患者を監視しているわけではありませんので、患者が自分自身で炎症のパターンを見て、一人一人、自分がドクターのようになってトリガーを探していく事になります。

     アトピー治療は自分でコントロールしていく必要があるので、医師と患者の信頼関係はとても大切です。トリガーがわからなかったり、皮膚がどんな状態か、いつから炎症が始まったか、など、医師と患者が協力して治療に当たらなければならないからです。
     その為に患者と十分にコミュニケイションをとっていく必要がある病気です。

     どうしても渡米治療できない事情があり、日本で何とかできる方法はないか、という質問がありましたが、残念ながら答えは
    「NO」
    でした。
     というのも、渡米治療を検討するような人は、既に様々な治療法をいくつも試し、それでも治らなかった重症度の高い人で、適切な医療を必要としている状態にあるので、日本にいながら自己ケアで何とかしようというのは、どうしても無理があります、という事でした。

     治療の補足になりますが、治療方法で、重症度がとてもとても高い人は、別の手段も残っているそうです。ただその治療は厳重な管理が必要な治療になるし、そこまでする必要がある患者さんは今までにも無かったという事です。
     ですからまだ、秘策が残っている、というわけですね。
     また細胞生物学の分野で今もアトピーの研究は進んでいる、という事です。 

     ドクターはこんな事も言っていました。
    「アメリカでは、
    『医学は自分の患者から始まる』
    という言葉があります。
     治療のガイドラインはありますが(ステロイドを安全に用いる方法なども含めて)、ガイドラインはあくまでガイドラインに過ぎないので、それを患者に合わせてアレンジしながら、工夫を重ねて進歩させていく事が大切です。」

    ドクターマセソンの言葉です。
    「日本の常識外の治療で、誤解やしがらみのある中、
     アメリカに治療にいらっしゃるアトピー患者の皆さんの
     勇気は本当に凄い事だと思います。」
    「自分に置き換えてもなかなか出来ない事と思います」
                 (↑おかぴーさん、日記からお借りしました♪)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     ドクターのレクチャーからは、以上です。
     出席された方で、
    「ゆかりさん、ここ抜けてますよ、大事なところですよ」
    というのがありましたら教えてください。

     出席して感じたのは、ドクターが日本の患者さんの状況をいろんな意味できちんと理解し、責任を持って治療に当たっている、という事、医師の倫理が日本に比べてきちんとしている、という事(法的な制約が多いゆえに、倫理もきちんとしている)、治療法が全てオープンであるという事、それゆえに信頼できるものだ、という事などを感じました。
     アトピー治療は医療側とコミュニケイションを十分にはかりながらしなければならないので、ドクターのパーソナリティも非常に重要な要素なのだな、と痛感しました。治療成績の良さは、ドクターの人柄も少なからずあるのだな、と思います。

     レクチャーでは治療後の方も何人か、出席者の前で話してくださいましたが(私も話しました・・・赤面!)、特に5年前に治療された方は圧巻の肌のきれいさでしたね。渡米前は風が当たっても痛い状態で、頭から布をかぶり、目の2ヶ所だけ穴を開けた格好をしていました、死ぬ事を覚悟していました、とおっしゃっていましたが、全く想像できません。色素沈着も微塵も無く、色白のきれい~な女性でした。
    「ドクターには命を頂いたと思っています。」
    と話していらっしゃったのが印象的でした。
     また今年の6月に行かれた方と帰国したばかり、という方がお話してくださいました。お二人とも確か帰国後、ショートバーストもしていなくて、もうごくごく普通でした。このうちの一人の方は以前「他の患者さん」として原稿を書いていただいた方でしたが、話は本当で、アトピーは跡形もなかったです。色素沈着も無かったですね。仕事もできなくなっていた、なんて嘘みたいでしたね。もう一人の方は若い女性でしたが、お化粧して、ちょっと上品なセクシーな感じのお洋服を着ていて、3年休んでいた大学に復学するという事でした。
     私も結構驚かれましたね。自分では首はまだ色素沈着もあるし、なんて思ったりしていますが、見た目ではもう、アトピーだったってわからないですよ~!なんて言われました。(*^_^*)久しぶりに化繊の肌にぴったりするカーディガンを着ていったのですが、全く痒く無かったので、
    「綿以外のも着られるようになるんですね~」
    なんて言われちゃったりして、そうか~、酷い時は着られなかったな、なんて思い出したりしました。

     ネット上でのお知り合いの方とも顔を合わせてお話しする事が出来て、とても楽しいレクチャーでした。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします。
    スポンサーサイト

    日本人になぜアトピーが多いのか

     日本人を数多く見てきているドクターは、いくつか欧米と日本の違いについて気がついている点を教えてくださいました。
     以下、「と言っていました」「だそうです」というのは、省いて書きます。

     アメリカではアトピーが出たら様子を見ることなく、適切な治療が開始されるので、早期にコントロールが出来るようになるために大きな問題にはならなりません。
     日本の場合は間違ったステロイド治療によって、長い間治療されるために、複雑化してしまっているのではないでしょうか。
     また日本人の特徴として、空気中のものにアレルギー反応を起こす人が多く、アレルギーの状態も酷いのです。アメリカ、カナダでは幼い時に空気中のものでアレルギーを起こしていても、その後落ち着いてくるのですが、日本人の場合は同じようにいったん治まるのですが、10代の時に突然ひどく再発し、アトピーの劇悪化につながります。
     なぜ日本人がアメリカ・カナダと比べて空気中のアトピーが多いか、という点に関しては、日本の方が都市部の人口密度が高く、また湿度も高いため、トリガーがその分増えるからだと思います。
     間違った治療を長期でしていると、アトピーも抵抗性を持つようになるし、日本人はアレルギーも酷いので、どんどん悪くなるようです。

     英語が母国語のカナダやオーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどはアメリカと同じような治療をしているし、おそらくヨーロッパでも同じような治療をしているようです。理由は元の文献が英語なので言語的に、情報を共有しやすいからだと思います。(←これらに関しては、ドクターはトップレベルにいる人なので、トップレベルでは、という話になるのかもしれません)

     またアメリカオフィスの付け加えとしては、日本での治療歴がある人は、途中からアメリカの医療を受けても事情や対処方法を知らない医師の元では治療が難しかったり、アメリカで子供を生んでも日本から薬を送ってもらって使った経緯がある場合も、同じように難しいそうです。
     また日本から漢方薬やアトピービジネスのものを送ってもらって使っている場合もあり、その中にステロイドを混入されていたケースもあった事から、病院にはかかっていません、と言っても、同じように難治に陥っているケースもある、という事でした。

     私からの付け加えになりますが、欧米で生まれ日本での治療歴がなく、欧米に住んでいても日本の都市部に長期間の一時帰国をしたりすれば、その間多くのトリガーにさらされるため、発症のリスク、治りにくさ、などは、日本と似た傾向が生まれてくるかもしれません。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします

    薬物療法

     治療は主には抗生剤とステロイドを用います。その他エリデル、サイクロスポリンなど、患者の状態に合わせて使います。

     鼻腔内のバクテリアに対して、抗生剤の塗り薬を用いています。
     皮膚や鼻腔内にバクテリアがコロニー(群れ)が出来ていて、抗生剤に対して抵抗性を持つものもあり、治療の難易度を上げます。それに対して適切な薬を選んで、治療をしていきます。
     抗生剤は適切なものを飲み薬でも使用します。
     ヘルペスが原因の場合は、抗ウイルス剤を用います。

    ・ステロイド
     ステロイドは適切で安全に用いる事が最も重要です。
     投与方法は、全身に用いる場合と部分的にクリームで用いる場合があります。全身投与の場合は、注射や飲み薬で用います。
     クリームで用いる場合、様々な強さと浸透性があるため、皮膚のタイプや場所によって使い分ける必要があります。

    クリーム
    1、特に強力なステロイド
    クロベタゾ-ル(日本で広く用いられている)
    長期連用の副作用
    ・皮膚が薄くなる。
    ・全身に吸収される。
    ・副腎の働きが停止。
    ・アトピーが対抗性(塗っても効果がなくなる事)を持ってしまう。
    ・リバウンドが起こる。

    以上の事から、アトピーには不向き。

    2、中~弱 0.025~0.1%
    トライアムシナロンとハイドロコーチゾン
    ・浸透性と吸収率が少ない。
    ・パルスで使うと安全。
    ・皮膚が対抗性を持たない。

    ドクターは25年以上これを用いて治療しており、一件のトラブルも無く、アメリカでは問題なく安全に使われているそうです。

    注射薬と内服薬

    ・炎症とリバウンドのコントロール
    ・短期で用いれば安全。
    ・長期で用いるのは安全ではない。
    ・状態が良くなるにつれて、使用する量が減る。
    ・使用期間が4週間以内で用いれば安全。
    ・期間をあけて用いれば、蓄積する事は無い。

     ドクターの30年もの経験から、アトピーは抑えるのが安全な治療法なので、上記を遵守して正しくステロイドを用いる事は、治療の大きな柱であり、メリットであるそうです。

    ・エリデルとプロトピック
     ステロイドで言うと弱~中程度に値し、効果があり安全に用いる事が出来る。

     その他、抗ヒスタミンやサイクロスポリンなどがありますが、詳しくはアトピーアソシエイションのHPへ。

     渡米して日本で使っていた薬を全てやめてもらうと、長期でステロイドを用いてきた人は5~7日目でリバウンドが始まります。これに対しては、ステロイドの内服薬で対処し、徐々に減らして調節していきますが、人によっては数回リバウンドが起こる事があるそうです。
     アメリカで他のドクターに見てもらって治療したけれど、良くならない、という人がいますが、理由の一つとしては、アメリカのドクターはリバウンドを見た事が無いから、というのが挙げられます。ドクターマセソンも日本の患者さんを診るまでは、リバウンドとはどんな症状か目にした事が無く、初めて見た時はとても驚いたそうです。ドクターはもうたくさんリバウンドも見て、制する事が出来るけれど、他のドクターはどうして良いかわからなくなってしまうだろう、と言っていました。

     ステロイドの薬品名は、上記に挙げたものしかレクチャーでは出ませんでしたので、それ以外はわかりません。
     漢方薬などにステロイドが混ぜられているケースはままあり、日本の表示の規定も甘いため、患者が知らずに使っているケースは数知れないようです。
     ちょっと調べたらこんな事例が出ていました。
    http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/06/h0603-1.html
    これ、混ぜられたのは「クロベタゾール」ですね。
     ドクターのラボで、過去に日本の患者さんが使っていた保湿剤(日本の医師の処方)や漢方薬の中からステロイドの混入が認められたケースがいくつもあり、またアメリカと同じ商品名であっても、ステロイドの含有量が全く違う(日本のものが○○倍強い)、といった事もあり、その為にドクターは一切日本の薬を信用しません。
     
     ドクターが薬物療法について話している時、特にステロイドのところでは、「適切に」「安全に用いる」という言葉を何度も何度も繰り返していたのが心に残りました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします。

    アレルギー

     今回はアレルギーです。

     アレルギーは主に空気中に含まれているもの、接触性、食べ物に分けられます。
     特に重要なのは、空気中に含まれているもの、です。この中にはダスト、カビ、花粉などがあります。
     症状としては、顔から始まり体へ広がる、という傾向があります。子供から大人になるにつれて始まる人が多くいて、理由としては、地元を離れ、都会へ引越への引越し、というものもあります。都会では人口密度も高く、ダスト、ダニ、カビなどトリガーになるものがたくさんありますので、そこで悪化するケースが多くあるようです。
     また引越し、というのもアトピー悪化の原因になります。(カビやダスト、ダニの量が変わる。エアコン付きの部屋へ引っ越したら、エアコン内にカビがたくさんいて、とか、埃にたくさん接して、という事など)
     これに対してはラッシュアレルギー治療(rush allergy treatment)をします。詳細はアトピーアソシエイションのHPへ。

     接触性のものはゴム、金属、洗剤等がありますが、バクテリアもこの中に入れる事が出来ます。

     食べ物アレルギーもアトピーのトリガーになります。

     子供の場合、バクテリアが原因よりもアレルギーや乾燥肌がアトピーの原因になりやすいけれど、大きくなるにつれて食べ物アレルギーが原因というのは減り、バクテリアが原因になる人が増えてきます。この理由は、食べ物アレルギーは大人になるにつれて治っていく事が多いのですが、子供が幼稚園に入り、学校へ行き、というように多くの人やものに接する機会が増えれば増えるほど、バクテリアにも多く触れる事になり、これがアトピーの原因の多くを占めるようになってくる、というわけです。

     6~7年前からドクターは日本の患者さんにアレルギー反応が原因の人を多く見るようになり、アレルギーの治療を取り入れるようになったら、大きな成果が上がるようになった、という事です。
     アレルギー治療もドクターベイカーと相談し、日本人の患者さん用に改善したそうです。改善した点は、元々治療薬はアメリカ用に作られていて、植物など日本にはあって問題だけれど、アメリカではあまり見かけず、問題ではないもの、というのは、似た植物では治療の効果が連鎖して上がる性質を利用しているそうです。これは、日本に帰国して検査をしていない植物に反応していたとしても、渡米中の検査で似た植物で反応が確認され、治療薬の中に入っていれば効果が上がる事が期待できる、という事もあります。
     また日本のアトピー患者は、通常のラッシュアレルギー治療では反応が強く起こりすぎるため、少し弱め、反応が起こらないけれどその中では最大の状態に調節して、治療をする、という事です。

     ラッシュアレルギー治療は、アメリカの中でもまだ非常に新しい治療法だ、という事ですが、このようにドクターベイカーと連携して日本人の患者さんにあった治療法を行っている、という事でした。

     アレルギーは近年増えているけれど、数が非常に多いため厄介で治療が難しいそうです。アレルギーが4種類の人と5種類の人を比べれば、当然4種類の人の方が治療が簡単、という事です。アレルギーよりもバクテリアが原因、という方がアトピーを抑えやすい、という事でした。

     私が感じたのは、アレルギーの問題がアトピーを複雑化させている、という事と、近年非常に難しくなってきている、という事です。
     アトピーのリスクにあった、先進国や都会に多い、上流階級に多い、というのは、このアレルギーの問題と深く結びついています。エアコンの普及率、モノの多さ、車の多さ、これらはカビやダストを多くします。昔は日本は車も無く家電も無く、緑も多かったし、家の作りも通気性が良かったけれど、今は昔と比べて格段にカビやダストが多くなりました。昔は緑も多かったので、それがフィルターの役目をしてダストの量を減らしたり、湿度も調節してくれてカビの発生を抑えてくれていた事も考えられます。
     国外へ行ってアトピーが治るケースも、日本の空気中のものに反応していた原因物質が、その国では少なかった、という事でしょう。これには気候や文化も深く関わっています。

     謎解きが出来てきたでしょうか?
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします

    トリガー

     アトピーを治療する上で、トリガーのコントロールはもっとも大切になると思います。

    炎症のトリガー
    1、感染:ウイルス(ヘルペス、上部呼吸器系感染、バクテリア)
    2、入浴やモイスチャーライザー(保湿)の過ち
    3、刺激物からの接触(化粧品や仕事や趣味で触るもの。毛布や衣服のチクチク、また空気中のものも含む)
    4、暑さ(汗)
    5、精神的ストレス
    6、アレルギー(食べ物・空気中のもの)

     炎症が起こるとそこにバクテリアが付き、鼻腔内に移り増えていきます。
     また皮膚はバリア機能が低下しているので乾燥し(逆の乾燥からバリア機能の低下、というのもあります)、水分を保つ事が出来ず、アトピーへと移行していきます。

     炎症はアトピーへと移行させていきます。炎症が起こってしまったら、薬(ステロイド、感染していたら抗生剤など)を使って状態を治していきますが、トリガーが除去されない限り、薬の効果が切れたら再び炎症が起こるので、徹底したトリガーの除去が完治状態を維持するための重要な方法になります。

     もう少しトリガーについて一つ一つ詳しく見ていきます。
    1、感染
     原因としてはヘルペスウイルス、バクテリア(主に黄色ブドウ球菌)などが挙げられます。子供は鼻、喉、気管支など、上部呼吸器系の感染が多いようです。
    2、入浴やモイスチャーライザーの過ち
     短時間の入浴や、美容法などの過ちで肌の乾燥を助長してしまったり、保湿剤が合わなくて、アトピーを招いてしまったりする事があります。乾燥はバリア機能を低下させ、痒くなったり掻いたりする事もあり、結果としてアトピーを招きます。
    3、刺激物からの接触
     チクチクする衣服、毛布、寝具などの刺激もトリガーとなります。また、化粧品なども刺激が強いものがあります。空気中でも刺激物が入ることがありますよね。シックハウスなど。
    4、暑さ(汗)
     汗をかくと、そこにバクテリアが付着しますから、アトピーに移行します。
    5、精神的ストレス
     詳細を聞き逃しました。
    6、アレルギー
     次回、詳しく書きます。

     このように、トリガーの数は分類できてもたくさんあり、アレルギーも含め、どれに反応するかは個人によってそれぞれ違います。上記に挙げた中に入っていないトリガーもあるかもしれません。(紫外線や虫刺されなど、ある意味、日本特有のもの)
     またいったん起こってしまった炎症は、私の場合、原因を取り除いてもなかなか引きません。長期的に完治した状態を保つために、トリガーの除去は最も重要ですが、炎症を早期に治さなければ、更にバクテリアを増やす事になってしまいます。炎症を自力で治す事が出来なければ、医学的には薬物療法が必要になります。

     アトピーが増えた背景には、トリガーが増えた、という事があるようです。アトピー体質を持って生まれてきても、ずっと昔はトリガーが無いか、トリガーが少なかったために、発症しなかったり重症化していなかった、と思われます。
     また気候の変化、環境の変化もトリガーを増やす結果となりました。
     トリガーの数が多ければ多いほど、再発のリスクは高く、また、難治化のリスクも高くなります。ある治療をしたらすっかり治って、余り気にした生活をしなくても戻らない、という人は、おそらくトリガーの数が少なかった人でしょう。
     要するに治りやすい、治りにくい、というのは、反応するトリガーの数に左右される、という事です。

     ですから、治療後は徹底したトリガー対策をする必要があり、数が多い人は専門家のアドバイスを受けなければ、なかなか自分一人では探しきれない事が考えられます。
     また高い自己管理能力も必要とされますので、ある程度意志の強さが必要な病気、とも言えますね。

     私もトリガーが多いし、反応しやすいので大変です。はっきり言って、「面倒」。
     でも高い費用をかけて治療してきたのだから、そのお金を自分でドブに捨てるマネは出来ません。面倒くささとの闘いの病気、とも言えるかもしれませんね。
     それでも最近はタワシをちょっと触っても痒くならないし、その後きちんと手を洗えば、湿疹は出ません。皮膚が厚くなって強くなってきたんですよね。
     皮膚が厚くなると状況もまた変わるので、それまでは徹底した対策が重要です。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします。

    アトピーとは

     しばらくの間、10/14に行われたドクターのレクチャーの内容を私なりの表現で書いていきたいと思います。

    アトピーの定義
    「慢性の炎症と痒みの皮膚病。一般的に子供に起こりやすいが、大人にも再発する可能性がある。ほとんどの場合、IgEレベルが高く、家族や自分自身にタイプ1のアレルギー、花粉症と喘息との関連が見られる。」
    (American Academy Dermatology Guidelines of care,March)

     アトピーは遺伝です。(←深刻に受け取らないでくださいね。方法はありますから。)
     これはドクターがレクチャー中に何度も何度も言っていました。
     アトピーは花粉症、喘息などと同じグループになり、家族にアトピーが誰もいなくても、花粉症、喘息などがいれば同じ事で、アトピーとして出るか、花粉症として出るか、喘息で出るか、というものです。
     
     アトピーは遺伝で、自分の体を拳銃に例えると、引き金を誰が引くか、です。それが「トリガー」です。
     トリガーの数はたくさんあり、どれがトリガーになるかは個々によって違います。アレルギーだったり、バクテリアだったり。(トリガーについては次回、しっかり説明します。)ですので、発症年齢が違ったり、田舎と都会で差が出たり、生活環境によって違ったりするわけです。

    リスクとしてわかっている事は、
    ・先進国や都会に多い。
    ・緯度が高い所に多い。
    ・上流社会に多い。
    ・家族歴で予測が可能。
    ・人種には無関係。
    ・男性に比べ、女性の方が少し多い。
    ・田舎と大家族には少ない。

     このリスクは、トリガーと大きく関係します。
     よく、昔はアトピーなんてなかったのに、というのをよく聞きますし、海外へ行って良くなりました、というのもトリガーと関係します。
     
     アトピーの定義は日本皮膚科学会が出しているものと、少し違います。日本の定義は
    「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くがアトピー素因を持つ」
    というものです。
     ですが昨今、寛解しない人が大勢出てきていますし、「炎症」という言葉がないので、定義が合わないところがあるように思います。ゆくゆくはアメリカの定義が採用されるようになるかもしれません。
     「炎症」という言葉が無い事から、炎症には注目していないようですね。炎症の認識が無いのにステロイドを処方している、という事になります。(つまり明確な認識がない。何だかわからないけど効くから処方している、という事)これでは、処方の基準があいまいになります。
     ドクターマセソンは炎症のコントロール目的でステロイドを使うので、ここら辺も日本の認識と異なり、日本の治療が解決に至らない理由の一つになっているかもしれません。
     また「慢性」という言葉もありません。慢性ゆえにステロイドの使用法は、注意深くしなければならかったのに、短期的な見方で浸透度の強いものを処方し続けているような気がします。外用薬の添付説明書にも、ほとんど(というか、私が見たものは全て)短期使用を歌っていたような気がします。医師たちがそれを無視して処方し続けている、という現実があります。

     このように定義は非常に大事です。診断も処方も「定義」に当てはめて考えていくからです。日本の定義はもはやふさわしくなくなっているように思います。
    (一体いつの定義を使っているんだろう・・・?あんまり最近のものに見えない。)

     次回は大事な大事な大事な「トリガー」について、です。

    追記
     昨日から「かずおさん」という方からコメントを頂いていましたが、私のブログの主旨から外れるものでしたので、削除させて頂いていました。
     先程、この記事をUPしたところ、早速「かずおさん」からコメントを頂きましたが、脅し文句が含まれているものでした。(削除しましたが)コワイですね。
     いろんな方がいます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。