プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    写真公開

     久しぶりに画像を公開します。
     帰国後4ヵ月半たちました。

     「続きを読む」に入れましたので、見たい方だけ、ご覧ください。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    頭を切り替える

     アトピーには、いろんな方法が紹介されている。食事や身の回りの環境を整えることからコストがかかる事まで。
     コストがかからない事に関しては、特に問題はないと思うけれど、コストがかかるものに関しては、その方法が果たして効果を上げているのかどうか、きちんと評価する必要があると思う。

     最近はアトピーのブログもとても多いし、掲示板もいろいろな意見が書き込まれている。でも、そのいくつかをずっと読んで追っていくと、その人が行っている方法が、明らかに効果を上げていないと思われるものがある。私もあえて、「効いていないと思いますよ」と、わざわざ書く事はほとんどないが、その人がどんな気持ちでやっているのか、どんなに辛い思いでそれにすがっているのか、いろいろ想像してしまって、心配になってしまう事が時々ある。

     アトピーに絡む製品の多くは、
    「長く使わないと効きませんよ」
    というものが多い。それが、食品や飲料水のようなものだと、
    「体の細胞のサイクルは・・・」
    と、くるわけだ。
     けれど、アトピーで高額の物に手を出すようになっている人は、一日千秋の思いでその効果を待っているのだ。
    「3ヶ月は続けてくださいね」
    などと、悠長な事は言っていられない。

     私も過去、いろいろな方法を試した事がある。効いていないと思いながら、あと一週間続けたら違うかも、なんて思った事もある。でも、漢方薬を含め、3日続けて効かなかったものは、一週間たっても一ヶ月たっても効いた試しがなかった。
     それと辛かったのは、挫折感だった。
    「これやってみたけど、またダメだった・・・」
    という思いは、希望をなくし、まだアトピーと付き合い続けなくてはならない、と悲しくなった。
     そうして心がどんどん固くなっていくのだ。

     アトピーを治すために、いろいろな方法に取り組むのはいいけれど、特定の方法に固執しない方がいいと思う。
     時々、この人は、この方法を続ける事を目的としているのか、治る事を目的としているのか、どちらなんだろう、と思うことがある。
     
     治る事を目的としているのだったら、やはり、一定期間をおいて、その方法を評価してみる必要があると思う。そして、効果がない、と思った場合は、頭を切り替えて、速やかに別の方法に切り替えていったほうがいい。その方が傷が少ないと思う。
     私は、漢方薬なら評価は3日、サプリメントなら一週間程度、と決めていた。今のアメリカの治療法は、大体1年見ている。今はもう、コストもそれほどかかっていないし。

     頭を切り替える、というのは、自分の考え方も変えるべき時は変える、という事だ。
     アトピーの宗教チックな考え方は、ステロイドの全否定、保湿の全否定、西洋医学の全否定、などが代表的だと思う。
     自分は、治りたいのかどうなのか、それをまず確認して、必要があったら自分の考え方を切り替える、というのは、治る為には必要だと思う。
     私も、ステロイドを離脱して何年もたって、アメリカに行って久しぶりにステロイドを使った。
     私がステロイドを離脱した理由は、大量のステロイドを必要とする体になってしまい、副作用を恐れたからだった。
     でも、今回、受け容れた理由は、ドクターの指示が正しく、副作用の心配をしないで離脱できる事が前提だったからだ。それに、ステロイドの離脱が問題になる科は、皮膚科くらいなもん、というのは知っていたから。
     私は、自分が治るためなら、かなりリスクがある治療でも、受け容れていたと思う。もちろん、丹念に情報収集はするけれど。
     私は、「完治」したい。漢方薬で感じた「軽減」では、納得できない。

     効かない治療に固執している事は、人生の大事な時間を捨てているのと同じだと思う。早めに評価して切り替えていく事は、治癒へ向かう近道だと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    冷え

     アトピーが良くなったから、本当に「冷え」が楽になった。
     以前から言っているけれど、冷え→アトピーという説がまかり通っているけれど、それは違う。
     アトピーになって、皮膚の割れ目から熱や水分が抜けるから冷えるのだ。おそらく、症状がひどい人ほど、冷えている筈だ。
     私も一番酷かった時は、真夏にエアコンのない部屋で、湯たんぽを使っていたけれど、今年の夏は、足が熱くて、エアコンをつけていても、全然冷えなかったので、サンダルがとても楽しかった。今もあまり靴下を履いていない。

     漢方薬を飲んでいる時に、漢方の先生から言われたのは、病気を治すのに二つ必要で、一つは表治といって、表に出ている症状を良くする事、二つ目は根治で、これは出ていないところを治す事。表治だけで良くなった、としてしまうと、治った事にならないので、根治までする必要がある。
     でも、あなたの場合は、根治のために体を温める必要があるけれど、体を温めると、皮膚の症状がひどくなり、炎症と赤みが強くなるので、冷やす薬を使わざる得なくなる。だから、根治に辿り着かない、と。

     言っている意味はわかるけど、5年飲み続けて、表治にも至らなかったら、10年たっても20年たっても同じだろうな、と思った。
     正直、現実的じゃないと思う。
     裏返せば、これは、アトピーの治療に漢方は向かない、という事ではないだろうか?

     ドクターマセソンは、初めて、冷えとアトピーの関係をきっちり説明してくれた。日本人の医師で、問診で「冷え」についてきくのは、多分一人もいない。
     
     「冷え」は、アトピーでなくても起こる事だ。でも、冷えていても、アトピーは治る。そして、アトピーが治れば、冷えは改善される。
     おそらく、アトピーが改善した人のほとんどが、冷えが良くなった、と思うと思う。それで、「冷えを治せば、アトピーが治る」というようになったのではないかと思う。
     でも、私の経験から言っても、冷えていてもアトピーは良くなる。冷えは一つの症状であって、アトピーの原因ではない、という事だ。もし原因だったとしたら、私はドクターの治療で改善していなかった筈だ。
     
     最近、アトピーのブログが本当に多くなってきたな、と思う。人気ブログランキングでも、たくさん登録されていて、アトピー人口が本当に多くなってきたな、と思う。
     日常生活に困難をきたしている人も多いし、ドクターマセソンとドクターベイカーのアレルギー治療が、早く日本にも取り入れられたら、と願ってやまない。

     自殺を考えていらっしゃる方、毎日、崩れそうな思いを必死に支えながらいらっしゃる方、希望はありますからね。私もかつてそうでしたから。そして、出来れば、アメリカ行っちゃえ~って、思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    アトピーアソシエイション

     アトピーアソシエイションは、基本的に、明石さん、という代表の方(日本在住)と、高沢さん、というスーパーバイザーの方(アメリカ在住)でやっている。
     この組織が出来ていったきっかけは、高沢さんがアトピーの酷い方をホームステイに受け容れて、アメリカ人のドクターにかかってみたら、(これがドクターマセソン)あっという間に治り、アトピー友達に連絡し・・・、というところから、口コミで広がっていったとの事だ。
     明石さんも口コミでこの事を知り、精神的にも自殺を何度も考えるような困難な状況の中で、何とか費用を捻出し渡米して治療したと。日本で何人の医師からも治療を受けてもよくならなかったアトピーが、ドクターの治療を受けてぐんぐん良くなり、それと同時に、やはり、日本の治療に対して強い憤りを感じたそうだ。
     それで、明石さんは自殺寸前まで追い込まれ、苦しんでいる多くのアトピー患者を何とかしてあげたいと思って、アトピーアソシエイションを作った、というわけだ。
     私も自殺したい、と考えた事があったから、明石さんの憤りはとてもよく理解できる。
     アメリカで治療を受けている時に、スーパーバイザーから明石さんの話をチラッと聞いたが、本当に酷い状態だったらしい。
     私自身は、セミナーに参加していないので、明石さんに直接お会いしていないのだが、電話で二回ほどやり取りしたように思う。
    「完治率とか、どうなんでしょう・・・?費用もかかるし、駄目だったら、と思うと、やっぱり不安です」
    みたいな事を話したような気がする。
     その時に
    「正直言って、借金してでも行った方がいい、と思いますよ」
    と、おっしゃった気がする。
    (本当は「オフレコ」だと思います。)
    その一言が、私の背中をぐっと押した。

     治療の申し込みをした後は、明石さんと高沢さんの間で、病歴の長さや年齢、重症度などを考慮し、治療日数を割り出していただいて、航空券の手配をした。

     スーパーバイザーの高沢さんは、300人程のアトピーの患者を実際見てらっしゃる方だが、驚いたのは、何の偏見もない事だ。
     アトピーはやっぱり見た目の病気だし、皮膚が剥がれ落ちたり、出血したり、汚す方も汚す病気だから、いくら治る、といっても、何となく嫌、みたいなところがあっても仕方ないかな、と思っていたけれど、
    「アトピーなんて、良くなってしまう病気だからね。」
    と、風邪か何かのような感じの捉え方のような印象だった。(もちろん重症度など、よく理解していらっしゃるが)
     一ヶ月ほどお世話になったが、とても良くして頂いたし、治った患者さんの話もたくさん聞き、元患者さんの結婚祝いの品の買い物に付き合い、(結婚出産と、大勢いるのよね~、とおっしゃっていた)アトピーで人生を投げようとした人達が、たくさん救われ、健全な生活に戻っていくのを聞いた。

     私も、ほんの偶然からアトピーアソシエイションのサイトを発見し、内容に釘付けになり、全ての理由に納得した。サイトもとても良く出来ているし、きめ細かなアドバイスもある。治療方法も全てオープンだ。しかも、これは、民間療法ではない。日本であれば保険が適用される医療なのだ。
     民間療法と医療の差は、本来治癒率や、改善率なのだ。そしてドクターマセソンの治療は、医療なのだ。
     私は、この認識の下に、即渡米を決意した。

     帰国後、5ヶ月目に入って、急に肌がしっとりしてくるようになった。炎症もすごく減ったように思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    スキンケア

     アメリカから帰ってきて、ちょうど4ヶ月たった。
     回復状況としては、順調です。
     今月に入ってから、姑にも魚介類が食べられない事を伝え(今まで言えなかった)、家でも徹底して食べるのをやめた。
     卵もやめた。(マヨネーズとかフライの衣やつなぎはOK)どうも、古い卵だと悪くなるようだったから。
     とにかく、食品を気をつけるようにして、痒みがぐっと減った。やっぱりアレルギーを出さないようにすると楽。
     ふくらはぎから下は、完全に皮膚が正常化した。
     秋風になって、かさつきを心配したけれど、入浴と保湿で特に大きなトラブルにはなっていない。

     今やっているケアとしては、朝夕入浴20分、そのあと3分以内にプラスティベースで保湿。(でも、油の量が増えてきたのか、つけなくてもいい所もかなり出てきた)これが基本。
     体を洗うのは、普段はセタフィルというアメリカの製品を使っている。汚れだけを分解するものなので、油は落ちない。手に入る人はお勧め。アメリカのスーパーなら置いてあると思う。ネットでも取り寄せが出来るようです。私は、一ヶ月に一本くらいのペースで使っている。
     ステロイドのクリームを塗る時は、入浴後、プラスティベースの前に塗る。その後、プラスティベースを重ね塗りする。

     消毒などもしているけれど、今は大体、これくらいで落ち着いている。写真を載せようと思ったけれど、今、婦人科系の薬を飲んでいるせいか、ちょっと不安定な時もある。回復としては、決して早くないと思う。
     私の想像だが、女性よりも男性の方が、治りはいいと思う。女性は生理があるから、ホルモンのバランスで悪くなりやすい。

     何はともあれ、落ち着いていて、「コロッと治る」という言葉も、何となく現実味を帯びてきた。アレルギーを出さないとか、朝、乾燥しているので、出来るだけ早く入浴する、など、コントロールも少しづつ出来てきたように思う。
     一年位は、きちんとケアしていかなくてはいけないようなので、がんばろうと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
     
     

    再発について

     ある掲示板でこんなのを見た。
    「ポートランドで治療を受けてきたけれど、帰国したら元の木阿弥になった。ブローカーに高額の支払いだけ損をした」
    というものだった。

     ちょっとびっくりしたけれど、私は帰国して4ヶ月近くたつが、どんどんいい状態に向かっていると思う。もう300人位日本から治療に行っているし、結婚、出産した人も大勢いる。アトピーアソシエイションと、今でも個人的にやり取りしている人も多いし、アトピーアソシエイション側でも、何年たってもサポートをしてくれる。
     掲示板に掲載した人のいう事の信憑性がよくわからないが、もし悪くなったとしたら、原因はなんだろう・・・?と、私なりに考えてみた。

    1、家族にもアトピーの人がいて、再感染した。
     
     これは、前回の記事にしたので、詳細はそちらを見て欲しい。

    2、帰国後自己ケアをしなかった。
     
     もしこの掲示板の人の言うことが本当だとしたら、ここに問題があったと思う。
     アメリカにいる間も、朝夕入浴20分づつ、保湿、などをしなければならない。そして、それは日本に帰ってからも続けなければならない。保湿は回復に向けて欠く事が出来ない。なぜなら、皮膚が厚さを取り戻し、バリア機能を正常化させなければ、再感染の可能性を低くする事は出来ないからだ。
     アメリカにいる間は、スーパーバイザーが様子を見てくれるが、帰国してからは自分でしっかりやらなくてはならない。それを面倒がる人は、また元通りになってもおかしくない。

    3、湿疹が出たときに、早期に対処しなかった。

     帰国する頃、注射のステロイドホルモンの作用が切れる頃になるので、湿疹がまた出てくる。ここから先は、もぐら叩きみたいなもので、塗り薬を使って治していく。自分の副腎皮質ホルモンの分泌が正常になれば、湿疹の頻度は減っていく。
     早期に対処していかなければ、湿疹はひどくなっていき、皮膚の状態が悪くなって再感染する、ということは十分考えられる。

    4、アレルギーの注射をやめてしまった。

     アレルギー治療は、必ずしも全員やるものではないが、昨今、アレルギーのない人はほとんどいないようなので、この掲示板の人も治療の継続指示があるのではないか、と思う。
     アレルギーの治療は、何年にもわたる治療で、途中でやめてしまえば、それまでの治療は無効になってしまう。
     アレルギーはアトピーを引っ張り出すので、アトピーが悪くなっても仕方がない。

    以上、考えられるだけ書いてみた。
     サイトの管理者も掲示板はあまり管理していないようだったし、いつ治療に行って、どの時点で書いているかわからない。中傷の可能性も高いと思う。
     帰国後4ヶ月の時点で、私は回復に向かっている。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    再感染の可能性について

     アトピーの大きな原因はバクテリアです。
     で、アメリカで抗生剤を飲んだりケアしたりして、感染を治して帰ってきました。でも、バクテリアなんて、どこにでもいるものです。これって、再感染の可能性があるんじゃないの?

     と、私も思っていました。
     で、結論からいうと、再感染の可能性、あります。ですので、これを防御するために、出来るだけの手を尽くします。
     今、私が行っている再感染予防の自己ケアは、週に一度、フィソヘックスで、体を洗います。(これは同居家族も全員、同じ日に洗うようにしてもらいます)そして、これも週に一度、ムピロシンという抗生剤の鼻腔用軟膏を朝夕、鼻腔内に塗ります。鼻に塗るのは、感染が鼻から始まるからです。
     そして、朝夕の入浴によって肌を保湿し、乾燥しているところ、皮膚が薄くなっているところなどに、プラスティベースという保湿剤を塗って、肌をシールドします。これをする事によって、肌を守り、皮膚の層の正常化をはかって、バリア機能を取り戻させる、という事です。
     バリア機能が戻ったら、感染の可能性は、更に低くなる、というわけです。
     最近思うのは、外出から帰ってきたら手洗い、というのは、意外と大事です。また、ちょっと汚れたものを触ったら洗う、という風にしたら、手湿疹も減ったように思います。
     関節のしわの部分や、指の間は落ちにくいので、意識して洗っています。

     日本に帰って、再度悪化する場合があるそうです。これは私が知っているだけで、二つのパターンです。
     一つは、家族の中で、同じようにアトピーの人がいる場合。家庭内でバクテリアの量が多くなるために、再感染してしまう、という事です。ですので、家族にアトピー患者が他にいる場合、同時に治療をする事が望ましい、という事です。(成人している方は、別居すると良くなるそうです)
     二つめは、アレルギーがひどい場合。これは再感染ではなく、アレルギーの反応ですが、皮膚症状は、湿疹ですよね。
     アレルギー治療は、半分位はアメリカでやってきますが、残りは時間がかかります。ですので、それが効いてくるまでは、抗原対策をしていく必要があります。
     私の場合は、ハウスダストがありました。帰国した頃は、裸足で掃除機をかけると、足の甲が赤くなったりしていましたが、今はあまり出なくなりました。原因がわかっているので、靴下を履いたり、肌を覆うようにしてマスクをして、掃除機をかけていました。

     日本に帰って多少の波はありますが、スーパーバイザーもアドバイスをくれながら、一緒に原因を考えてくれます。その中で必ず答えがあります。

     再感染しても、また治せばいいし、早めに対処するので治療前の状態に戻る事はありません。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

     
     

    USA治療を検討されている方へ

     私のブログは、どちらかというと重症のアトピーの方に向けて書いています。そして、もしかしたらアメリカでの治療に心惹かれていらっしゃる方もいらっしゃるのでは・・・と思います。

     アメリカでの治療は、今の時点で、行って本当に良かったと思っています。もし決意して行っていなかったら今もまだ、同じ状態で苦しんでいたと思います。
     私は、漢方薬をおそらく一流の漢方医の処方の元に5年間飲み続けました。けれど、結局治らなかったのです。それは事実です。
     日本でも、努力して軽減した方がいらっしゃいますが、私は努力しても良くなりませんでした。漢方薬で体質改善といいますが、5年間、ほとんど欠かさずのみ続けましたが、正直体質が変わったとは思えません。体質改善はとても少ない可能性なのだと思います。
     努力して軽減した人は、もともとの消化器の丈夫さ、体力などが影響しているような気がします。私は、体力から先に無くなるタイプですので、自力回復は無理だったと思います。
     
     日本でも様々な有名病院がありますが、治療法をみても「根治」につながるようなものではない様に思います。ですので、常に再発の危険にさらされます。
     私の知り合いで某有名病院に二人、入院治療した方がいますが、二人とも再発しています。その内一人の方はアトピーで離婚された、とも聞いています。治療に大金を使い、離婚し、子供さんを引き取り、金銭的にもかなり苦しい状況で、悪徳商法まがいの洗剤などの製品売りにはまっているそうです。

     アトピーでい続ける事のメリットは何もありません。
     そして、怖いのは、日本での治療のリスクが非常に高い、という事です。日本での治療期間が長ければ長いほど、難治化しているのです。
     そして、脅すわけではありませんが、アトピーアソシエイションは小さな組織です。そして、ドクターマセソンは本業の傍ら、日本からの患者さんの治療をしていて、年齢も50代です。あと10年したら、リタイアしてしまう可能性もありますし、別の事情でやめてしまう事もありえます。
     アメリカに行けば、みんなアトピーが良くなるわけではありません。ほんの偶然を介して、あるアトピー患者がドクターマセソンにたどり着きました。一時、ドクターマセソンが日本からの患者を他のドクターに託した事がありますが、結局治しきれなかったため、ドクターマセソンの所に戻されたのです。ドクターマセソンの治療は、シンプルですが、誰でも難治化したアトピーの治療が出来るわけではないのです。
     
     アトピーアソシエイションでもマスコミに働きかけていますが、報道されません。それは何故か。
     それは、患者が良くなってしまうからです。ドクターマセソンの治療でたらいまわしにされた患者が治ってしまうのは、その後に起こる訴訟の数を考えると、恐ろしくて報道できない、と取材に行った新聞社の記者が帰っていった、という話を聞いています。
     日本皮膚科学界では、「アトピーと上手に付き合う方法」などを打ち出して、既に治す事からあきらめてしまっています。

     私は、他の方のように、直接アトピーの相談に乗ることはしていません。なぜなら私の結論は、常に
    「アメリカに行ったら?」
    しかないからです。
     
     一人でアメリカに行くのが不安、という方は、アトピーアソシエイションにその旨を書いて相談すると、他の同じような方とスケジュールを合わせてくれたり、いろんな配慮をしてくれます。一生に一度くらい、アメリカで1ヶ月暮らしてみるのも悪くないと思いませんか?
     アメリカ行きを決めたら、苦痛は行きの飛行機までです。ドクターマセソンの元に行った所から、それまで以上の苦痛が起こることは一生無いのです。
     
     アトピーはバクテリア感染が原因ですが、ひどい人は、カビなど、他の菌にも2次感染、3次感染していて、皮膚にバクテリアが巣を作っている人などもいたそうです。悪い状態が長期化すればするほど、難治になっていくのです。

     アトピーアソシエイションから、別に何かをもらってるわけでもメリットがあるわけでもないのですが、(このブログを書いている事自体、知らせてありません)治療を迷っていらっしゃる方は、行かれた方がいいと思います。
     もし、どうしても私に公開せずに「相談したい」という方がいらっしゃいましたら、コメント欄を使って「管理者にだけ表示を許可する」にレ点を入れて送信してください。メールアドレスを記載して頂ければ、直接お返事します。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。