プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    漢方薬の参考書

     5年以上漢方薬を使い続けてきたので、自分でもそれなりに調べたり勉強したりしてみた。結果、知識は非常にお粗末だけれど、漢方医に症状を伝える時は、とても参考になった。
     たとえば、トイレの回数が減った、疲れやすい、体力低下、腹痛の有無など、実は大切な情報なのだが、皮膚の様子に気をとられがちだったり、自分ではたいした事はない、という範囲の症状だったりして、伝えずに処方されてしまう事があると思う。
     漢方医に直接かかれなくて、薬を郵送してもらう場合は、知識が多少なりともあると、処方のハズレの確率を下げられると思う。

     私が一番参考にしていたのが、こちら

     少し難しいけれど、よく起こる症状が解説付きで書いてある。なぜその症状が起こるのかがわかり、それに伴って起こっている複数の症状にも思い当たるものがたくさんあり、その症状には理由があったんだ、と納得。
     この本で、漢方医に話すべき症状を何となくつかむ事が出来たように思う。難しいように見える本だが、家庭に向けて書かれているので、思ったほど難しくないし、始めから終わりまで読まなくても、思い当たる症状だけ読んでいけば十分だ。

     簡単に読めてわかりやすいもの、といえばこちら

     起こりやすい症状がイラスト付きで載っていて、対策まで書いてあるのがいい。主に女性にターゲットを絞っているようだが、男性の更年期にも触れている。薬膳にも触れていて、食事作りにも参考にしている。
     また、不妊治療にどういうものを用いたらいいのか、もかなり具体的に書いてある。私自身、生理のトラブルがあり、漢方医いわく、アトピーと生理のトラブルを併せ持っている人が多い、という事なので、何かと参考になると思う。2年ほど前に買った雑誌だが、価格も手頃だし、いまだに人気があるみたい。

     他にも買ってみた雑誌や図書館で読んだ本などがあるが、わかりやすさ、身近さ、充実度などの面で上記の2冊以上のものは見つからなかった。
     ネットでもいろいろ検索できるので、あちこち見てみるといいと思う。ただ、中医学は理論がとても大切なので、どこかできちんとした本を読んだ方がいいと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    手湿疹(3)

     なかなか治らなかった手湿疹ですが、やっと、安心な状態になりました。
     以前、スーパーバイザーに写真を送ってドクターに診てもらったのです。そうしたら、
     
     手・足は皮膚が厚いので、今使っているステロイド、Tacでは効果はなかなかでない、という事だった。効果を出すには、もう少し、浸透度が高いステロイド軟膏を使う必要がある、との事で、薬を頼んで送ってもらった。
     来たお薬は、ベタメタゾンというものだ。使ってみたら、やっぱり、ちゃんと効果を発揮し、悪化の要因(雑菌が主)は、対策してあるので、良い状態に戻ってきた。

     今の時点で、ステロイドの種類は3種類、ロコイド、という、顔や、性器などに用いるもので、浸透度は、とても低く、また、弱いステロイドの分類に当たる。体内に吸収されるという事は、ほとんどないという事だ。次に一番用いる、Tacという薬。これは、首から下に用いる。こちらも、浸透度は心配しなくていい、との事だ。。詳細はこちら

     今回来た、ベタメタゾンは、手足に塗り、厚い皮膚にも浸透して、効果を出せるように、浸透度は他に比べると高い。
     理屈に基づいた、きめ細かな処方だと思う。
     
     繰り返しになるが、ステロイドは「強度」に気を取られがちだが、同時に「浸透度」を考えて用いなければならない。皮膚は部位によって厚さが違うので、厳密に考えて処方されなければならない。

     ちなみに、キンダベート、デルモベートなど、「ベート」と最後に付くステロイド剤は、浸透度がとても高い、という事だ。これは、強度に関係ないという事なので、注意して頂いた方がいいと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    手湿疹(2)

     だいぶ良くなってきた手湿疹ですが、やっぱり時々出ますね。
     前回もいろいろ書きましたが、やっぱり、雑菌の影響がすごいんだと思います。

     前回書いた後、かなり良くなったのですが、なかなか治りきらない。で、よ~く手を観察してみると、右手の方がひどい。掌の薬指と小指の第2関節より下に、湿疹がある。人差し指と親指の内側の骨ばった所がよく出る。左手右手より軽いものの、似たような所に出やすい、という事がわかった。
     はて?原因はなんだろう・・・?
    と、ずーっと考えて、思い当たるのがありました。

    何かを握る時当たる所じゃないか、と。

    鍋やフライパンを握る、包丁を握る、掃除機を握る。。。そういえば、これらの所の掃除って、怠けがち・・・
     そう思って、これらの持ち手の部分をきれいにしてみました。そうしたら、やっぱり効果がありました。。

     手は、様々に働くので、原因を見つけるのは大変なのですが、よ~く考えてみる事って、大事だと思いました。

     昨夜は、気が緩んで、ちょっと面倒だったので、台所のスポンジを素手で久しぶりに触りました。あっという間に、痒みが始まり、湿疹が少しづつ始まってしまいました。
     すぐに消毒して、ステロイドを塗りましたが大後悔・・・。スポンジの雑菌の量って、すごいんですね。夫が触ってもなんともないんですが・・・、アトピー肌の人は、やっぱり超敏感なんだ、と思いました。
     悪くさせると長引くし、広がってしまうので、早め早めに対処しています。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。