プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アレルギーの裏話

     アレルギーについては、いろいろなHPがあって、とても詳しく載っていたりするので、私のブログの中では簡単に。
     
     アレルギーは、いわゆる抗原(ダニ、ハウスダスト、食品など)の原因物質と、それを異物と捉え攻撃するために自分で作り出した、抗体の反応のひとつで、本来、異物であっても害がなければ、病的な反応は出ないのであるが、なぜか、出て欲しくないのに出てしまう、というのが、アレルギー反応というものである。
     アレルギー反応は、弱く出る事もあれば、強く出る事もあり、強く出た場合は、様々な強い体の反応をもたらし、死に至らしめてしまう事もある。そして、反応の症状は様々だ。
     抗原の物質が体内から排泄されてしまえば、アレルギー反応は治まる。
     抗原が入ってきて、「こいつはやばい奴だ!」と、体が認識し、抗体を作るのに時間がかかるため、通常、初めての抗原に対しては、アレルギーは起こらない。
     例として、蜂に刺された場合。生まれて初めて刺された時は、赤く腫れ上がったりするが、命には普通、別状は無い事が多い。怖いのは抗体が出来てしまった2度目以降だ。

     アトピー性皮膚炎の引き金とよくいわれるアレルギーであるが、抗原となる物質は人それぞれだ。で、アレルギー反応として、蕁麻疹が起こり、それがアトピーを引っ張り出す。
     今、私の状態がそうだが、アレルギーで蕁麻疹が出たあと、ぼこぼこした湿疹が平らになると、今度は、カサカサしてしまい激しい痒みと赤みをもたらす。アトピーだ。そして、意味不明な湿疹が出てくる事も多い。(アトピー)
     だから、治療の段階で、アレルギーのコントロールはとても大切だ。
     私の今の状態と対処は、大体食べ物でアレルギーが出るので、食べて2時間後位にぶつぶつし始めて痒くなる。「クラリティン」(抗アレルギー剤)を飲み、「ドキセピン」(抗うつ剤)を1~2カプセルだけ飲む。ドキセピンは、睡眠薬の代わりの様に処方されていて、痒みがあって眠れなかったら飲むように指示されている。
     「クラリティン」は、すぐにきき始め、24時間効果を持つので、何とか消火し、ドキセピンで、ぐっすり眠る。次の日、起きられないほど寝てしまう事も少なくないが、回復にどれだけ「睡眠」が必要か思い知らされる。
     「クラリティン」を飲むのを躊躇していると、回復にかなり時間がかかってしまう。早めに諦めて飲んだ方がいい。
     アレルギー物質が、空気中にある人は、常時蕁麻疹と引っ張り出されたアトピーとを併せ持っている事になるので、自分では、原因不明にしか思えない。(私はそうだった)

     アレルギー検査だが、抗原となる物質を皮下注射するテスト以外は、当てにならないそうだ。
     私が病院に勤めていた時でも、ドクター達は、患者さんに血液検査のアレルギーテストを勧めていたが、実は、ドクター達も、経営上勧めていただけで、(当時保険点数が高かったから)特に、「やっても仕方のない検査」という認識が一般的だった。理由は、「アレルギーは突然なったり治ったりする事があるし、検査で出たもの全てを除去しても、患者は治らない事が多いから」だそうだ。
     これと似たものとして、IgEなどの検査があって、「数値が高いね。」というだけで、アトピーなどの治療方針に特別意味を持っていない事がほとんどだ。ただ、収入として割りに大きかったので、やるのを勧めていただけ。まぁ、患者さんもやると何となく納得してくれるし、といったところかな。
     これはちょっと、裏話。
     私も一度だけ血液検査をした事があるが、スギ花粉以外でなかった。アメリカでやった検査では、ハウスダストもしっかり出たし、他の花粉もちょっと出た。血液検査って、当てにならないな、っと思った。

     ちなみに、「クラリティン」という薬は、アメリカでは処方箋無しで薬局で普通に買える薬だ。それ程安全度が高く、よく効くのに眠くならない。日本でも、種々の事情を乗り越え認可されたので、医師にかかる機会があったら、処方しておいてもらうと便利だと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
     
     
    スポンサーサイト

    ダニ問題

     この夏、一度ダニに刺されました。夫は2~3回刺され、大慌てで洗濯ソファカバーや布団も全部はがして洗濯しまくりました。多分、原因は、クッションだったと思います。

     そこで、今回は「ダニ」について。
     ダニで問題になりそうなのは、チリダニ類とツメダニ類みたいです。チリダニ類(ヒョウダニ類)は、人を刺さないけれど、ツメダニ類は、刺します。ツメダニは、ヒョウダニや、コナダニの体液を吸って生きているそうです。だから、ヒョウダニや、コナダニを増やさなければ、ツメダニには刺されないようです。(私は、増やしてしまったようです。ショック)
     で、アトピーと関係が深いダニですが、ダニは、死骸や糞がアレルギー物質となるそうで、生きているダニは特に影響はないそうです。フンは水に溶けてしまうので、洗濯が効果的だそうです。
    参考にしたのは下記の資料


     ダニアレルギーのある人は、朝起きると酷くなっている人が可能性が高いそうです。アトピーは通常、朝が一番調子がいい筈なのですが、ダニアレルギーがあると、布団の中のダニと反応してしまい、朝酷くなってしまう、というわけです。
     布団の中のダニ対策としては、干したり、掃除機をかけたり、というのがありますが、ダニを通さない高密度のシーツや布団カバーなどを使う、という手があります。防ダニの布団などがありますが、高価なので、安価にするには、カバー類を変える、という手があります。
     アトピーがある無しにしろ、私としては、次の布団は丸洗いできるタイプがいいなぁ、と思っています。
     私は、クッションや籠に付いてしまったダニ落としに、車の中を利用します。真夏の車内は温度が上がるし、日も当たるので、車の中に置いておきます。黒い布をかけると効果的だそうです。

     そうそう、ダニ、といえば、疥癬を引き起こす「ヒゼンダニ」というのがいます。私が勤めていた病院で、患者さんで酷い湿疹の人がいました。2件皮膚科に行って、「アトピー」と診断され、ステロイドを塗ってすごい悪化。私が勤めていた病院は皮膚科ではありませんでしたが、じいちゃんドクターは、すぐに「疥癬」と見抜いて即、オイラックスという軟膏を処方し、610ハップを取り寄せました。
     オイラックスという軟膏は、効能に「疥癬」というのはないのですが、実は一番効く軟膏。610ハップは、硫黄の入浴剤で同じく疥癬によく効きます。
     疥癬は、接触したり、寝具や服などを通して広がります。
     しかし、2件皮膚科に行って疥癬をアトピーと診断するなんて、とほほ。。。この例を見て、家族全員「アトピー」と言われている人は、一度、疥癬を疑ってみた方がいいと思いました。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    アトピーとマラセチア 抗真菌薬

     夫の実家に帰ったら、姑が新聞の切抜きを取っておいてくれた。それは、アトピーとカビの関係について、だった。いわゆる、空気中に含まれるカビの事ではなく、皮膚表面に付くカビの事で、抗真菌薬の投与によって、重症例が改善した、というものだった。
     資料はこちら

     以前、大手小町のサイトを検索していたら、近所にできた皮膚科に見てもらったら、「カビだよ。今、アトピーといわれている人の7~8割がカビだよ」と言われ、カビにきく薬が処方されて治った、という18歳の男子高校生の投書が載っていた。ちょっと古い記事だったが、リンクしようと思って探したが、もう見つからなかった。

     アメリカでの治療方法と照らし合わせて考えてみると、日本の皮膚科では、「感染症」の治療をしないな、というのが気になっていた。アメリカに行った時、初めに抗生物質を処方されて、きちんと感染の治療をした。これは、必須だったと思う。処方された薬は、セファレキシンという薬で、抗生剤の中でも、それ程強くない。これで私程度のアトピーはOKというわけだ。(日本でも同じタイプの薬があるが、製造過程で微妙な違いが出るらしいので、同じタイプの薬ならいいじゃないか、というわけにはいかないらしい)
     それに比べると、抗真菌薬はかなり強い。
     マラセチアについては、リンクした資料に詳しく載っているが、まだまだ研究が始まったばかり、という感じである。重症だからといって、やたらに抗真菌薬を使うようになってしまうんじゃないかという心配があるけれど、研究は進んで欲しいような気がする。

     アメリカでは既にアトピーの研究は進んでいるし、治療法もきちんとしているのに、どうしてそこから資料を取り寄せたり、留学したりして学んでこないで、「マラセチア」という菌の名前が突然出てきてしまうのか、よくわからないが、アトピーと感染の関係は間違いなく存在する。アトピーの治療に感染症の治療が加わりそうな気配は、嬉しいニュースだと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    主婦の手湿疹

     帰国した時は、手湿疹はきれいに治ったのですが、やっぱり徐々に出てきてしまって、回復に時間がかかっていました。見通しがたったので、今日はその話。

     結婚してから、やっぱり手に湿疹が出てきてしまって、ちょっと大変でした。食器洗い機を夫の両親が買ってくれたので、結婚して3ヶ月くらいから、食洗機を使っていましたが、素晴らしいです。
     別に回し者じゃないですが、働いている主婦も働いていない主婦も、買ったほうがいいです!
     もちろん、手湿疹が出ている人にはお勧め!!私も以前はこれ無しでどうやっていたのかしら・・・と、思うほど。水道代で結局元が取れる、っていうし、洗剤も触らなくていいし、マックスバリュにある、トップバリュの製品が、成分の80%が自然に帰る、という環境にやさしいものがあるので、良心の痛みも少ない。
     汚れ落ちも、手洗いよりきれいになるので、夫は即日「食洗機派」になってしまった。手洗いのぬくもりより、汚れ落ちですよ。夫も手洗いの洗い物はほとんど嫌がるが、食洗機は並べて入れるだけなので快くやってくれる。私がアメリカに行っている間も、本当に助かったと言っていた。
     というわけで、食洗機派お勧め。

     手湿疹に悪かったのは、どうやらスポンジやタワシみたいだなぁ、という事がわかった。
     食洗機に入らないのは、当然手洗いしていた。洗剤は絶対荒れるので、後でゴム手袋をして洗っていたが、使う必要がない場合は、素手でちょちょっと調理の合間に洗ったりしていた。でも、数日前から、徹底してやめた。スポンジを触る必要がある時は、全てゴム手袋をするようにしたのだ。そうしたら、悪化がぴたりと止まった。Tacを付けているので、良くなっている。
     もちろん、ゴム手袋の下は、木綿の手袋をして、毎日洗濯する。

     手湿疹は、非常に治りにくいそうだ。でも、手だけ荒れる人は、もう一度生活習慣を見直すと、良くなる鍵があるかもしれない。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    アトピーと空腹

     アメリカに治療に行く前、お腹が空くと、痒みがひどくなって炎症も酷くなるなぁ、と思っていました。一度調べよう、と思っていて、調べた事があります。
     やっぱり、関連性がありました。
     そのとき調べたページは今回見つからなかったので、記憶を辿って・・・
     
     低血糖に関するものだったので、お腹が空いてもさほど血糖値が下がらない人は、痒みが酷くなったりはしにくいかもしれませんが、私はかなり下がってしまうので、アトピーのみならず様々な症状が出ます。
     お腹が空いて低血糖になってしまうと、体は血糖を上げようと働きます。そうすると、体は興奮するように傾いてしまうので、炎症は起こりやすくなります。当然、抗炎症作用を持つ副腎皮質ホルモンの分泌は抑制の方に傾き、アレルギーは起こりやすくなり、アトピーも悪化する、というわけです。

     特別糖尿病の家系ではないのですが、糖の代謝はちょっと異常かと思うほど悪いです。(もし検査をしたら、正常の範囲内と思いますが)アトピーも悪くなるし、フラフラになるし、機嫌も悪くなるし、口数も減ります。眠くなるし・・・。ちょっと甘いものを食べると、ぱっと目が覚めます
     今は仕事はしていないので、早め早めに食事をします。甘いものは好きではないし、腹持ちが悪いので、ご飯を食べてしまいます。ご飯と梅干程度なら、カロリーも知れているので。
     おかげで、一日5食位食べたりします。
     幸い、満腹感が嫌いなので、腹八分とか、間食用に食べる時は、腹五分位しか食べませんが。
     実は、ダイエットには2時間毎に少しづつ食べる、というのは、とてもいいそうですよ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。