プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    悪化の原因

     北海道に行く前の悪化は、何が原因だったのか。
     自分の中でずーっと考えて思い当たる事がある。
     多分、スリッパが原因だったと思う。
     足の甲が初めに悪くなって、おかしいな、と思っていたが、何となく履いていたスリッパが嫌~な感じがしてきて、仕方ないので、履いていなかったビーチサンダルの裏にガムテープを貼って室内履きにしてしまった。
     だから旅行中、ホテルでスリッパを履くのが何となく嫌だった。

     今回の悪化で思うのは、皮膚は雑菌と意外とよく反応するんだな、ということ。
     スリッパもそうだが、帰ってきてから、また手が少しブツブツしてきた。それ程悪化がないのでTacを塗って様子を見ているが、多分、台所のタオルが原因のような気がする。
     額もカサついてきた。これは多分、汗と髪の毛が原因。
     汗をかく所は、なんだかブツブツしているので、朝夕の入浴に加えて、お昼にシャワーを浴びる事にした。

     こんな状態がいつまでも続くわけではないらしく、皮膚がまだ幼弱なため、どうしても反応しやすいらしい。皮膚が丈夫になれば、雑菌やアレルギー物質と接しても湿疹が出にくくなるという事だ。

     今は季節が夏で、バクテリアは汗でとても増えやすくなるので、とにかく汗をきれいにぬぐってしまう事が大切。
     
     スーパーバイザーからは、日記をつけるように言われている。何を食べたか、何色の服を着たか、(黒の色素などにアレルギーを起こす人がいる)どこへ行ったか、いつ悪くなったか、など、日記をつけると悪化する時の共通点が見えてくる、というわけだ。詳しくはこちら
     悪化の原因は必ずある、という事なので、なんだかわからないけど、というふうにはしないように、よーく気をつけて日常生活を改善していこうと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

     
    スポンサーサイト

    ステロイド内服開始

     新しい湿疹が足の甲に出来始めたのは、今月に入ってすぐの頃だったと思う。雑菌が原因かと思ってスリッパを変えたが効果なし。Tac(ステロイドの外用薬)を塗るが、効果が無く、かえって痒みが増すので、スーパーバイザーに写真を撮って送るが、写真が見ずらいとのことで、次の日、再び撮り直して送る。
     ドクターに転送してもらい、今回の内服薬開始を指示され、薬を送ってもらう事にするが、トラブルがあって薬が届かない。やっと今日、内服を始める事が出来た。
     日本とアメリカでは、かなり時差があるので、どうしても対応が遅れがちになる。患者の方は苦しいし、一日千秋の思いで待っているので、もう少し確実で迅速な対応をして欲しかった。(愚痴)

    ドクターに送ったいくつかの写真の一枚はこちら


     ドクターからの返事は、
    「この水泡性の湿疹は、アトピーの一種で足や手の甲に季節性で、時々できる。それぞれ深いタイプのものなので、通常のTacを塗る治療では反応しない。」
    との事で、今回内服薬(ステロイドで、日本ではプレドニン)開始の運びとなった。
     量は、初めの3日間が、1日60mg、次の3日間が1日40mg、最後の3日間が20mgとなって終了する。
     成人の一日量いっぱいの60mgから、いきなりスタートする。
     さすが、大胆だなぁ。でも、湿疹の質を見分けて処方されるのは、初めてだ。Tacを塗っても効かない事は、お見通しだったらしい。

     アトピーとステロイドは、ずいぶん話題になるもので、実際難治化を招いている。問題の一つは、長期間にわたって、浸透度が高くて、効果が少ないものを塗り続ける、というものがある。
     日本の薬の処方の仕方の問題の一つは、不十分な量の薬を長期にわたって続ける事がある。
     悪い例の代表は抗生剤で、抗生剤を不十分な少量で(効かないから)長期にわたって使ったりする例だ。これは、菌の耐性化を招き、大きな問題となる。(日本では数年前から言われ始めた事で、徐々に変わりつつあると思う。もちろん、一概には言えず、あえて少量を長期間投与する事もある)
     ステロイドの問題もこれと似ている。とにかく、しっかり治してしまうことが大切だ。

     私の治療はある程度アメリカでやってきていて、あとは皮膚の厚みを戻したり、働きを正常化していく事が目的だ。だから湿疹や炎症は、皮膚の回復を邪魔するので、ステロイドを使って消してしまう、というわけだ。イメージとしては、道に置いてある邪魔な石をどける、と思って頂ければいいと思う。
     短期間の集中治療で、徐々に離脱するので、リバウンドを含めた深刻な副作用は考えられない。ただ、飲み忘れが一番怖いので、私は携帯のアラームを使う事にした。
     皆さん、私が飲み忘れないように、祈っててくださいね。くれぐれも、忘れる、忘れない、で、賭けなどしませんように・・・

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    症状改善のために

     時々書いていますが、ドクターからの指示のセルフケアの中に、入浴朝夕20分以上づつ、というのがあります。皮膚からの水分の吸収を図るためには、20分以上、浸かっている必要があるのです。それ以下だと皮膚に水分が入らず、むしろ乾燥に傾きやすいから、だそうです。
     特に入浴剤などはなく、水道水に含まれる塩素の事も、特に何も言われませんでした。(私はビタミンCを入れていますが)
     20分浸かる、というのは簡単なようで、結構長いです。だから水温を低くしないと、のぼせてしまいます。おかげで私が入った後は、とてもとてもぬるいお湯です。
     
     入浴については、既にアメリカに行く前から実行していました。でも、途中で痒くなってしまって、かなり辛かったですね。途中で冷やしながら入りましたが、痒くなって皮膚を掻き壊してしまう事もあるので、天秤にかけるといいかどうかは微妙ですが。
     帰ってきてからは、皮膚の様子も全く違うし、季節も暑くなって、ぬるーいお風呂でも大丈夫なので、結構快適です。お風呂を出た後も、特に痒みは強くなりません。
     
     私が帰ってきたら、入浴朝夕20分づつ、というのは、夫も知っていて、アメリカから帰ってお風呂場を覗くと、そこにはなんと、お風呂で聞けるCDラジオがありました。そう、夫がプレゼントしてくれたのです!!
     これは嬉しかったなぁ。買ってくれたのは、充電電池つきで、コードなしで聞けるのでとても便利。時計も付いているので、時間も計りながら、お風呂に入っていられます。
     何もないと退屈で、なんだか肌の事が気になって、そのうち痒くなってきちゃったりするので、気をそらすにももってこいです。
     私はこれと、空のペットボトルを持ち込んで、CDやラジオを聞きながら、表情筋を鍛えています。(「あるある」でやってた。とても効く!)普段やろうと思っていても、何となくやらずに過ぎちゃうので、毎日忘れずに(?)できるし、無駄なく過ごせます。

     入浴の効能は保湿ですが、朝、どうしても肌が乾燥していますから、朝入るのは、とってもお勧めです。
     入浴後は3分以内に、保湿のクリームを塗ります。これで、完了です。
     朝夕の一日2回は、面倒くさい時もあるけれど、治療なので、がんばってやっています。アトピーじゃない人も、肌からの保湿は大切なので、美容のためにもやってみてはいかがでしょうか。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    嬉しかった

     昨日のブログに、アメリカで治療した方からコメントを頂いた。大学に復帰されたようで、とてもほっとした。
     私は、彼がアメリカに着いた日と、一週間後に一緒にドクターのところへ行った。初めは、長旅の疲れや飛行機の乾燥もあったと思うが、ちょっと疲れた様子で、痒そうだった。「わ~、やっぱり大変そうだな」と思ったが、一週間後に会った時は、顔の皮膚が新しく出来上がっていたのがとても驚いた。
     「あれ?こんなにかっこよかったっけ?」
    というのが、正直な感想だった。(!)
     顔しか見えなかったが、まだ少し赤みがあって、でも明らかに正常な皮膚がそこにはあったのだ。
    「床屋さんに行ってくればいいのに」
    と言ったのを覚えている。もしかしたら、アトピーで床屋さんに行くのをためらってしまっていたのかもしれないし、顔を隠す意味もあって、少し長めにしていたのかもしれない。でも、その時の私の目には、もはや隠す事は無いように思えたのだ。
     だぶった期間が一週間だけだったので、そこから見ていないが、帰ってきてからも時々、「どうしたかなぁ」と、思っていた。
     彼が帰国したら、ご家族もお友達も驚いたようで、無事、本業の学業にも戻れたとの事で、本当に良かったと思う。

     私は一番キレイでおしゃれが出来る20代の半分はアトピーに捧げてしまったし、結婚式の時は、肌が隠れるようなデザインのドレスが2着しかなく、色ドレスは、その内の1着の色違いのものだったので、やめてしまい、白のドレス1着だけを着た。選択肢がたくさんある人達が、うらやましかった。(ちなみに着物は肌の状態からとても無理、と判断した。)
     劇悪化して10年たつが、早くドクターマセソンと会えていたらなぁ、と思う。
     先ほどの彼と比べて、私の方が回復が遅いと思うし、トラブルも多いと思う。アトピー歴が短くて若い方が、治りが早いし、失うものは少ない。
     もう、アトピーは解明され、治療法もある。健康に越した事はないと、つくづく思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。 

    アトピーの原因

     アトピーの原因は、既に解明されている
     もはや奇妙な病気でもなんでもない。

     アトピーの原因は、ブドウ球菌の感染だ。ブドウ球菌は、どこにでもいる菌だが、感染してしまうのは、アトピー体質を持っている人だ。この体質は遺伝する。
     鼻から感染し、体内に入り込んだブドウ球菌(以後バクテリア)は、血液を循環し、皮膚炎を悪化させて、エクゾトキシンという物質を生産して、痒みの原因となる。
     痒みによって掻いた皮膚は、バリア機能を低下させているため、バクテリアがそこにも付き、更に痒くなり、悪化させていく、というわけだ。
     それでも、元気な時は、治ったりして、良くなったり多少悪くなったり、で推移するが、受験や、仕事のストレスなど、免疫を下げる大きな出来事が起こるとそれをきっかけに、一気にバクテリアが増え、劇悪化、となるわけだ。
     これが、アトピーの基本的な病気の仕組みである。仮説でもなんでもない。これについては、既に学会では発表されているし、治療効果もきちんと上がる。
     日本人のアトピー患者の場合は、ここにステロイドの問題が加わったり、アレルギーの問題が加わったり、長期間のアトピー期間と間違った治療方法などが治療を難しくさせている。

     重要なのは、既に、ここまで解明されている、という病気なのだ。

     私の想像だが、イソジンの塗布や消毒で治癒した人は、この感染がうまく治った例だと思う。
     ただ、私の場合などは、抗生物質の内服は、不可欠だったと思う。皮膚の消毒だけで、全身に感染したものが治っていたとは思えない。
     もちろん、様々な努力によって、自分の治癒能力を上げて、治っていく人もいると思う。でも、重症の人は、既に普通の人よりも治癒能力を落としてしまっているわけで、努力だけで治すのは、非常に厳しいように思う。
     私が病院に勤めていた頃、イソジン治療の噂は聞いていた。強力に勧めている病院があり、それまでの治療方法に比べれば、治療効果は上がっているが、医師達が思っている程上がっていない、とも聞いた。
     医療は、治療効果が100%に近くなっていかないといけないのだ。あの人には効くけど、この人には効かない、そんな治療は、民間療法とさほど変わらない。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。 

    ちょっと悪化

     実は、数日前から足に湿疹ができたり、手に湿疹ができたりしている。
    アメリカのスーパーバイザーに連絡して、ドクターから薬の指示が出ている。詳細は後日。
     蕁麻疹も昨日出て、またクラリティンを飲んだ。足の湿疹は痒いし、蕁麻疹も辛いし、結構散々な気分。
     蕁麻疹の湿疹は、今回の原因は、外出先で食べたチャーハンに入っていた、ほんの一切れのカニと海老。どちらもほんのわずかしか食べていない。夫の目を盗んで食べた。それで出たのかよくわからないが、可能性はある。
     それと、ひょっとして、ナンプラー?
     冷やし中華のタレに、ナンプラーを入れたのだが、ナンプラーも魚から出来ているから、可能性はある・・・。
     一つ一つ、特定していくしかないように思う。アメリカから帰ってきて、いったんクリアな状態になっているから、悪化するのがよくわかる。後は一つ一つ、原因を追究していくしかない。
     こんなに自分が食べ物アレルギーがあると思わなかった。
     でも、魚全部が駄目でもないはずなので、一つ一つ特定していこうと思う。

     今日のgood newsは、塩豚が成功した事だ。
    炒め物に使ってみたが、ハムみたいな味わいになった。塩をたくさん使って漬ける事と、水分を除去するのがコツみたいだ。夫は、成功にニコニコしていた。
     落ち込みそうな時は、悪くなった事を数えるのをやめて、いい事を数える。おいしいものを食べ、よく眠る。嫌な事は先送り。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。 

    写真公開

    写真をやっと撮って、載せ方がやっとわかったので、初めて公開します。
    necks.jpg


    上の写真は、顔から首にかけて。
    顔は色も落ちていて、正常な皮膚です。
    首は、自分の皮脂が出始めているので、表面上は滑らかですが、アトピーの爪痕がはっきり残っています。
    でも、掻き傷などはもう、ありません。

    arm1s.jpg


    次の写真は、左腕の写真。
    自分で撮ったので、あまりうまく写せませんでしたが、御容赦を。乾燥しているように見えますが、実際はもう少し滑らかですよ。色も、黄色がかかって、赤みが強く写っていますが、炎症ではなく、光加減です。表面に薄い皮が張っています。写真で見るより、皮膚はもっと厚いです。肘から上は、ぱっと見は、もうアトピーだったとはわからないかも。
    でも、写真に写っているように、まだ完全な厚みに戻っていません。脱皮を繰り返しながら、ゆっくり厚くなっていくそうです。
    肘の所は、長年のアトピーの痕跡がなかなか消えてきませんが、もう、掻き傷もないし、溝も徐々に浅くなっていっています。

    両方とも、クリックすると大きくなります。(ちょっと恥ずかしいけど)

    最近の様子ですが、食べ物のアレルギーが意外と品目が多いみたいで、2歩進んで1歩戻る、位のペースです。
    やっぱり駄目なのは、ですね。
    この間、散らし寿司に入ってた”でんぶ”が、駄目だったようです。二口位しか食べてないのですが、ちょっと悪くなりました。
    (上の刺身は乗せる前で、食べてない)
    加工品は、添加物も多いし、鮮度の落ちた質の悪い魚を使ってるかもしれないので、それで出たのかな、と思います。
    自分の傾向を考えると、鮮度が落ちた魚は出やすい、ということですね。
    日本に帰ってから、ちょっと不安定なので、自分なりに気をつけています。虫刺されなのか何なのか、プチプチ湿疹が出たりして・・・
    食べ物も、添加物で大分ごまかされていたりするのが多いので、避けるのが結構大変。それを思うと、欧米の方がはっきりしていて、わかりやすいです。魚食べないから、入ってないし。
    一年位は不安定な状態が続くが、徐々に湿疹の出る回数が減ってくる、と。焦らない、焦らない、ですね。

    さて、写真、いかがだったでしょうか?
    御意見、御感想をお待ちしています。
    GWの頃には、身動きが取れないで、半べそをかいて、夫に食事を作ってもらっていた状態でしたからね。
    「粉集め」もしなくなったし、(すごい掃除が楽!)上出来だと思うのですが。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    アトピーという病気の認識

     私がまだ、現役で看護師をしていた頃。3~4人、アトピーの患者さんが入院してきて、ケアした経験がある。
     そこは眼科病棟。白内障や網膜はく離を合併して、検査→手術していった。
     私はその頃、ステロイドをやめている頃で、リバウンドもあって、顔は眉毛が抜け、赤く丸くなってしまっていて、マスクで顔を隠して仕事をしていた。
     まだアトピーから、白内障や網膜はく離を起こす、というのは比較的新しい頃で、患者の人達は20~30代だったように思う。
     私は自分もアトピーだったので、彼らを気にしながら仕事をしていた。
     白内障や網膜はく離は、原因がいまいち不正確、としながらも、おそらく、白内障はステロイドの副作用と、顔面を叩く事による網膜はく離ではないか、と、言われていた。
     患者さん達には、原因がどう、説明されていたかよくわからない。彼ら自身も、いろいろと努力してきたに違いない。
     私は彼らが入院中、夜中に痒みで苦痛を訴えるのではないか、怒りで不機嫌なのではないか、不安からいろんな質問をしてくるのではないか、もしくは、投げやりな態度が見られるのではないか、そう思っていた。
     ところが、彼らは、一様に静かなのである。特別怒った様でもなく、淡々としていて、影が薄いのだ。検温の時に、
    「痒みとか、いかがですか?」
    と、きいても、
    「はぁ、それ程でもありません」
    と、苦痛を訴えるわけではない。
     私はなんだか、すごく不思議だった。
     白内障や網膜はく離を起こしてる、という事は、それまで相当苦痛と戦ってきた筈。しかも、副作用などで、視力にまで障害が出ている。視力障害は、とても怖い。でも、なぜ彼らは、こんなにぼんやりして、穏やかでいられるんだろうか?病気に対する認識は、一体どうなんだろう?もともと性格的に、疑ったりしないから、ここまでになってしまったのだろうか・・・?

     私は、その頃、全身真っ赤に燃え上がるような炎症と、絶え間ない痒み、浸出液、顔がパンパンに膨れ、眠れない、食べれない、といった日々を送っていた。怒りと苦痛の毎日だったのに、あの静けさはなんだろう?
     「アトピーって、大変な病気だけど、わかってる?」
    そんな風に言って、聞いてみたいような気がした。
     
     彼らの病気の認識度は、どうだったのだろう?
     彼らは、アトピーは大した病気ではないと思い込み、苦痛のある所に言われたように薬を塗り、掻くのはいけないから、あちこち叩いた、のではないか。疑ったり、なぜ、と疑問を持ったりしないタイプだったのではないだろうか?病気の重大さが認識できていなくて、ここまで来てしまった様な気がした。
     それから彼らがどうなったか、私は知らない。

     アトピーそれ自体では、視力は失わない。アトピーは治る事があるが、いったん落ちてしまった視力は、戻らない事がある。私はそれを、とても恐ろしいと思ったし、自分はそうなりたくない、と強烈に思った。

     今アトピーの人も、自分はまだ、他の人に比べれば、たいした事はない。毎日辛いけど、何とか仕事に行ける。辛い時は、ステロイドやプロトピックで、何とか乗り切れるし、医師もそう勧める。まだ、我慢できる。
     そう、思っているかもしれない。
     私は、苦痛を他の人と比較する必要はないと思う。日本人が、辛い、と思うのは、結構よっぽどなのだ。
     ステロイドやプロトピックで何とか乗り切るのもいい。でも、重大な副作用が現れた時、どうするんだろうか?白内障くらいならまだいいが、難治のもになったり、プロトピックの副作用は皮膚がんだし、一体、どうするんだろう・・・。それらが起こってから医師に言っても、医師は元の体を返してはくれない。

     私がアトピー攻略法で、始めに上げたのが、病気を認識する事だった。この重大性をわかって頂けただろうか。
     どうか、しっかりと受け止めて、治療に望んでもらいたいと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
     


     

    治療効果

    最近の状態を報告したいと思います。

     先週末から3~4日かけて、かなり皮が剥けました。大きな皮剥けは、3回位だと思いますが、一番剥けた様な気がします。
    アトピーが酷い時は、ステロイドを塗ると皮が剥け、どんどん皮膚が薄くなっていきましたが、治療後の皮剥けは、だんだん厚くなっています。ちょうど日焼け後の皮剥けと同じような感じで、新しい皮膚が下から上がってくるんですよね。
     
     特筆すべきは、生理が来たのです!(男性の方には、ちょっと失礼します。)帰国した時に生理が来たので、10日ほどで再び来た事になります。
     私は、実は、ひどい生理不順で、とにかく来ないのです。3~4ヶ月来ない事も時々あり、以前は産婦人科でホルモン剤を使って来させたり、ホルモン治療も少しの期間ですが、やった事があります。
     出血量も少なく、漢方薬を飲んでいる時、漢方医を悩ませる種になっていました。生理が来る様な薬を入れると、アトピーが悪化してしまうので、調整が難しい。でも、生理を来させていかないと、根治できない、と。
     漢方医の話では、アトピーの女の人は、同時に生理のトラブルを併せ持つ人が多い、という事でした。
     今回の生理は、おそらく無排卵だと思いますが、私の場合、淤血(おけつ)もひどく、舌は白く、縁は紫の斑点。側面は、静脈が浮いてしまっていて、初めて漢方医にかかった時に、「年寄りの舌みたいだ」と、酷さに目を丸くされました。
     今回の出血は、血液量も多く、にこごりみたいのもたくさん出て、腹痛も何もないのです。
     生理の出血が、とても気持ちいいんですよ。
     舌の静脈の浮きも、少し改善されています。
     無排卵の月経は、問題になりますが、今回の場合は、特別だと思いますし、とにかく淤血(おけつ)を出さないといけないので、喜ばしい事です。

     よくアトピーは、体の冷えや、血液の滞りなどが原因、と言われますが、逆なんだなぁ、というのをしみじみ実感しました。
     熱も水分も皮膚の割れ目から出るから、体は冷えるし、血液は、皮膚の炎症の為に、皮膚表面に集まってしまい、長く居ることになり、循環は悪くなり、代謝も悪くなり、くすみにつながり、掻く刺激とあいまって、色素も沈着していきます。
     血液が滞れば、淤血(おけつ)となって、生理のトラブルに結びつき、他にもさまざまな問題を起こすでしょう。
     
     なんだか、いろんな謎解きが出来てきました。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。