プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    費用について

     ドクターマセソンの治療を受ける、となると、確かに高額な費用がかかります。それをどう捻出するか、非常に難しい問題になるでしょう。特にニート状態に陥っている人は、八方塞りの状態になっているのではないか、と心配です。アトピーは既に治る病気なので、それで全てを失ってしまうのは、あんまりだと思います。

     今から書く内容については、私がアトピーアソシエイションとなんら利害関係がない事、治療を強要するような意図がない事、ハンドルネームで書いていて、私が特に責任のある立場にない事、でも同病者で治療後の患者である事を頭に置いてお読みください。
     
     ドクターマセソンの治療を受ける、完治を目指す、と、既に決意されていて、でも費用の調達で悩んでいらっしゃる方、まず御家族に相談してください。そのためには病気の成り立ちや治療法などをよく理解して、必要であればセミナーに出席するなどして、十分に理解してください。
     その上で、真剣に「治療に行きたい」と、御家族に隠さず心情を打ち明けてみてください。
     たいていの場合、両親があなたのアトピーで共に苦しんでいる場合が多く、「もしものために、と貯めて置いた」「結婚資金に、と思って貯金していた」といったお金があるかもしれません。
     もちろん、アトピーのあなたは心が痛むと思いますが、あなたの人生がかかっているし、健康になったら十分親孝行してあげられます。ありがたく受け取ってしまってもいいと思います。「もしもの時」は今、ですし、結婚資金はなくても結婚できます。
     私も実はこの部類でした。
     費用は自分が独身時代に貯めてきた預金をはたいて行くつもりでした。夫は家計、つまり彼の預金から出すように言ってくれていました。(もちろん受け取る気はなかったけれど)
     でも、両親は私が長年苦しんできた事を見てきたし、私の将来にも不安を感じていました。更に母親が幼い頃アトピーだった、という遺伝が明らかだったため、「私のせいだったかも」と、責任を感じていたので、行く事を決めて伝えると
    「そうね。漢方もずっとやってるけど治らないし、この辺で新しい治療に賭けてもいいね。治るかもしれないし。」
    と、費用を出してくれる事になりました。
    (ちなみにうちは、決して裕福な家庭ではありません。今ではアトピーの話になると、アメリカに行ってきたら、と返事をするそうですが・・・)
     今まで治療を受けてきた多くの方も、似たような状況で治療にこぎつけたのではないか、と思います。

     ですが、何はともあれまずは患者本人の決意が必要です。周囲の人は病気ではないのですから、苦しみを理解する事は出来ません。あなたがどうしたいか、それを明確にする必要があり、もし決めたのなら、預金がなければ費用は自分だけでは解決できない問題です。ですから周囲に相談する必要があります。
     もし家族でも、両親が全て負担するのは無理でも、兄弟からもいくらか分担してもらって、という事にもなるかもしれません。
     そしてあなた自身が費用を出してもらう事に強い抵抗があったり、兄弟なんかで自分も決して楽ではない、という人から出してもらう、という場合、借金の形で利子を付けて返す、という方法もあります。
     帰国したら、ほとんどの人が次の日から働ける状態になります。(それくらいの状況でないと、多分ドクターマセソンから帰国の許可が出ない)
    ですから、費用の金額を考えても、フリーターであっても両親の家に居候させてもらう、など住居費の負担がなく、小遣い無しで必死で働けば、ほとんどの人が一年から一年半で完済する事が可能だと思います。
     もし家にお金がなくても、正社員で働いている、とか、両親のどちらか、または配偶者が正社員で働いている、土地、建物がある、など、信用される条件があれば、銀行に相談する事も出来ます。知り合いの銀行員に聞いてみましたが、条件は銀行によってそれぞれだけれど、貸してくれる筈だよ、という事でした。(消費者金融は絶対駄目ですよ!!)

     私の経験からですが、行って治療を受けてきちんと自己管理、ケアをしていけば治ります。もし治療を決意して、費用を借金したとしても、手配がスムーズに行って順調に治療を受けられれば、最短で今から3ヵ月後には借金の返済を始める事が可能です。
     
     治療費を借金する、という考え方は極端に聞こえるかもしれませんが、ニート状態に陥っている人は、深刻です。「今の状況を何とかそこそこまで持って行って、何とかバイトをしてお金を貯めたら治療に行こう」
    そう思うのは、ごく正常だと思いますが、それではいつになったら叶うのか、先の見通しは全く立たないのです。その考え方で重症のアトピーの状況を打開するのは、可能性が低いのが正直現実です。それどころか、「そこそこ」を目指して少しでも状況を好転させるために、つまらない民間療法へ月に2~3万でもつぎ込んでいき、治らない治療で失うものを増やしてしまいます。
     それに、生きているだけでもお金はかかります。
     食費、住居費、健康保険に年金と、仮に住居費を除いても、かなりの金額になります。働いてなければ、それは御家族の負担になっているでしょう。それが続くと自分が「お荷物」と感じて、自分自身をも傷つけていきます。
     でも、考え方を変えれば、教育ローンなど、学費ですら借りる時代です。でも治療費の借金は全ての資本となる「体」であり、遊興費などではもちろんないし、そして実は学費よりも健康の方がはるかに大事ではないですか?

     借金をするとしたら、当然よぎるのが
    「もし、治らなかったら・・・」
    という事です。もちろんリスクですが、ドクターマセソンの治療に関して、個人的にはリスクは低いと思います。でもこれは、自分で確認するべきだし、リスクの大きさも踏まえて自己ケアを怠らない気持ちを作って欲しいと思います。
     自分が治ってみないと実感は出来ないですが、帰国したら働けます。親孝行も借金返済も、帰国したらみんな出来ます。

     自分の殻に閉じこもって、「お金がないから絶対いけない」と思い込み、アメリカに行きたい気持ちも誰にも打ち明けていない人も多いんじゃないかと思います。でも「駄目だ」と決めつけているのも、自分自身だったりするものです。
     周囲は助けてあげたいと思っても、その全てを断っているのも自分自身だったりしますから、
    「治療に行きたい」
    と言ってみると、案外前向きになったのを喜んでくれたりして、意外な反応が返ってきたりするかもしれません。
     まずは相談することです。そして出来れば、費用を何とか捻出して「治る道」を歩んで欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
    スポンサーサイト

    帰国後の費用

     帰国後の費用について、いくらくらいかかるのか、という質問があったので、ちょっと、思い起こしてみた。
     帰国時に薬関係のケアセットが付いて、の帰国になるが、実費で買ってくるのが、処方箋のいらないセタフィルとクラリティンは、買って帰ってくる。これらをどれだけ向こうで買ってくるか、にもよる。帰国後に不足して頼めば、手数料と送料が付いての請求になってしまう。
     私はかなり買ってきたので、これらはまだ頼んでいない。
     私が頼んだのは、プラスティベースとフィソヘクスだ。
     プラスティベースは、帰国後、注射のステロイドが切れたら症状が出てきた事もあり、アメリカにいる時より使用量が増えたため、アメリカから持ってきたものがじきに足りなくなって、1ヶ月ほどで頼んだような記憶がある。手数料と送料含めて、一万円ちょっとだったような気がする。
     これは、アトピーの面積が小さかったり、悪化が少ない人は、減りが少ないだろうし、家族の乾燥肌にも使ったり、という人は、減りが早いので、かなり個人差がある、という事だ。
     フィソヘクスは消毒用のボディソープで、週に一度同じ日に、同居家族全員が使う、というものなので、家族の人数が多ければ多いほど減りが早いはずだ。
     なので、私は、帰国して2ボトル頼んだ。
     また、手湿疹の薬も送ってもらったので、その分も含めて、約一万7千円ほどだ。
     なので、半年で約3万円ほどだ。
     あと、アレルギーの治療があるので、普通の人は病院代がいくらかかかってくると思う。(私の場合、知り合いに頼んでいるので、施術料はかかっていない)
     また、私も来年、薬液が無くなるので、頼まなくてはならない。薬液もかなり取られると思う。
     ただ、ケア用品に関しては、もう頼まなくてもよさそうなので、残りはアレルギー治療費用だけだ。

     という事で、毎月だいたい一万から一万五千円くらいだと思う。
     ただ、もうプラスティベースは全身に塗らなくてもいいので、使用量が激減してきた。フィソヘクスも、あと半年位は持つし、その後はもう頼まなくてもいいようなので、治療を始めて約一年たてば、後はアレルギーの治療だけになると思う。
     
     完治しない漢方薬に月に3~4万円かかっていたので、一週間ごとに良くなってきている私にしては、かなりのコストダウンだ。
     エステだ、洋服だ、化粧品だ、と、女の人もかなり使うし、男の人は、車や趣味にお金をかけるので、それらを一年我慢するのと、帰国後は、さほどコストは変わらないと思う。
     何よりも体が楽になるし、健康には変えがたい。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    嬉しかった

     昨日のブログに、アメリカで治療した方からコメントを頂いた。大学に復帰されたようで、とてもほっとした。
     私は、彼がアメリカに着いた日と、一週間後に一緒にドクターのところへ行った。初めは、長旅の疲れや飛行機の乾燥もあったと思うが、ちょっと疲れた様子で、痒そうだった。「わ~、やっぱり大変そうだな」と思ったが、一週間後に会った時は、顔の皮膚が新しく出来上がっていたのがとても驚いた。
     「あれ?こんなにかっこよかったっけ?」
    というのが、正直な感想だった。(!)
     顔しか見えなかったが、まだ少し赤みがあって、でも明らかに正常な皮膚がそこにはあったのだ。
    「床屋さんに行ってくればいいのに」
    と言ったのを覚えている。もしかしたら、アトピーで床屋さんに行くのをためらってしまっていたのかもしれないし、顔を隠す意味もあって、少し長めにしていたのかもしれない。でも、その時の私の目には、もはや隠す事は無いように思えたのだ。
     だぶった期間が一週間だけだったので、そこから見ていないが、帰ってきてからも時々、「どうしたかなぁ」と、思っていた。
     彼が帰国したら、ご家族もお友達も驚いたようで、無事、本業の学業にも戻れたとの事で、本当に良かったと思う。

     私は一番キレイでおしゃれが出来る20代の半分はアトピーに捧げてしまったし、結婚式の時は、肌が隠れるようなデザインのドレスが2着しかなく、色ドレスは、その内の1着の色違いのものだったので、やめてしまい、白のドレス1着だけを着た。選択肢がたくさんある人達が、うらやましかった。(ちなみに着物は肌の状態からとても無理、と判断した。)
     劇悪化して10年たつが、早くドクターマセソンと会えていたらなぁ、と思う。
     先ほどの彼と比べて、私の方が回復が遅いと思うし、トラブルも多いと思う。アトピー歴が短くて若い方が、治りが早いし、失うものは少ない。
     もう、アトピーは解明され、治療法もある。健康に越した事はないと、つくづく思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。 

    治療27日目

    今日は、ドクターマセソンの、最後の診察だった。
    「ここも、ここも、ここも、乾燥してる。乾燥したら痒くなる。掻けば、皮膚が硬くなる。そしたらどんどん硬くなって悪くなる。その循環に入ってしまうから、乾燥させないように。」
    という事だった。
    どうしてもプラスティベースが服に付いて、取れてしまい、乾燥してしまう。もっともっと、まめに塗りなおしていかないと・・・。
    ドキセピンは安全な薬だから、妊娠しても飲み続けて事故が起きた事はないけれど、妊娠中は、薬は控えるに越した事はない。アレルギーの注射薬は、正確には薬じゃなくて、免疫に関係したもので、自分用にブレンドされているから、妊娠中でもやめる必要はない。」
    との事。
    「後は、ゆっくりゆっくり回復していく。色もどんどん良くなるだろう。時間が友達だよ。」

    今後は、写真を撮ってネットで送るような方法なので、直接顔を合わせて話をするのは、これで最後だ。
    一緒に写真を撮ってもらった。
    もう一見アトピーとはわからない所まで来たが、やっぱりまだ皮膚の溝もあるし、時々湿疹もできるから不安もあるが、焦らないで、今から一年ぐらいかけて、ゆっくりゆっくり治していくつもりだ。

    先週一緒に診察に行った人達だが、一週間で、凄く良くなっている。若い人達だから、回復が早い。
    今日来た人達もいて、しんどそうだった。自分もそうだったのかな、と思うと、なんだか不思議な気がする。

    荷造りも大体終わった。
    明日は日本に帰る。
    日本に帰ったら、お味噌汁が飲みたいなぁ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。






    治療26日目

    夕べは、ミスター・アンド・ミセス スミスを見に行った。
    ブラッド・ピッドと、アンジョリーナ・ジョリーが主役。
    すっごく面白かった。絶対お勧め!!
    久しぶりに面白い映画見たな~って思った。
    それにしても、アンジョリーナ・ジョリーの迫力、凄かった。あんなに顔も体も凹凸があって、うらやましい。
    アクションものを見終わると、なんだか自分も強くなった気がして、妙に胸を張って映画館を出てくるんだけど、鏡を見ると、がっかりするのよね。あ、エクセサイズしなきゃ・・・って。
    日本公開はまだ先みたいだけど、また見に行っちゃおうかな。。。

    さてさて、アトピーの方ですが、首のしわがやっと溝が浅くなってきた。髪の毛が首にかからないように、なるべく結ぶか、襟のある服を着た時は、襟を立てるようにして、首を保護している。
    わずかな努力に見えるけど、結構違うもんだなぁ。
    額も同じで、前髪がかからないように気をつけ始めたら、やっぱり良い肌を維持できる。
    日本に帰ったら、美容院で、髪型を美容師さんと相談して、工夫しようと思う。
    夕べは映画を見て帰ったら夜中の12時半だったので、ちょっと疲れて、膝頭に丘疹がポコポコできた。Tac(ステロイド外用薬)を塗って休んだら、朝はほとんど消えていたけれど、膝頭のしわがまだ結構残っている。と言っても、来た時とは比べ物ならないほどになってきているが。だんだん、贅沢になってくるようで、ほとんどアトピーで覆われてたのに、今度はわずかに残ってるアトピーが気になってくる。
    残りは一年位かけて、ゆっくり治っていくみたい。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。