プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    顔のアトピー

     顔のアトピーについては今まで何度も書いていると思うのですが、最近、自分でも記事を見つけられなくなってきていまして。。。ですから重複する箇所がたくさんあると思いますがご容赦ください。

     顔のアトピーの原因は、接触性で考えられるのは、手で触る(雑菌や刺激)、ボディソープ、保湿剤やメイク用品、過敏な人はワセリンや時にはステロイド外用薬の基剤になっている軟膏などです。それともう一つ重要なのは、空気中に漂っている花粉やカビ、ダストなどに反応している事です。接触性のものはカウンセリングで特定できれば除去する事によって改善を図れますが、空気中のものに関しては逃げようがなく、皮膚が厚くなるのとアレルギー治療の効果を待つ、という結構不安な期間を過ごさねばなりません。その為、治療に関して不信感を抱く原因の一つになっています。

     そこでアメリカオフィスのカウンセラーの方に治療の現状をいくつか質問してみました。
     するとまず、ステロイドやプロトピックをたくさん長期間塗っていた方がやはり難航するケースが多いそうです。(確かに中にはステロイドを保湿剤代わりに塗ってしまっていた、という方も結構いらっしゃいますもんね)
     また女性は顔をよく触る人が多く、癖になっている人も少なくないので、面倒でも日記を書いて触った回数までしっかり書いてみるといいとの事でした。
     また回復までの期間を正確なデータではなくていいので、主観の印象で目安的に教えてください、と聞いてみたところ

     以下、chatworkより引用
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    かなりの要素が加わっているので、一つの答えはありませんが、私の印象では:
    空気中アレルギーにかなり敏感、顔がシーズンによって赤くなる - 6ヶ月 ~ 1年ぐらい
    保湿剤にも敏感でほとんどの物が使えない、アレルギーもたくさん - 2年ぐらい
    保湿剤にも敏感で、ステロイド外用薬を顔にかなり使っていて、アレルギーたくさんでリバウンドを渡米治療中に起こし、ヘルペスも持っている ー 3年ぐらい

    この中でも渡米治療1ヶ月でめちゃくちゃ良くなる方もいます。全身が痒かったのが、体の表面積10%未満に治まる方も多いです。

    アレルギー注射の効果がかなり出てくる方は、空気中のアレルギーに対して楽になると思います。日光性アレルギーPMLEを持っている方やステロイドをかなり長い間顔に塗っていた方ほどすぐに赤くなりやすいです。顔の皮膚はかなり敏感で、アトピーを持っていない人でも簡単に赤くなったりします。まぶたの部分なども、手で擦りやすいので、手についてる物質などが顔についてしまいます。

    顔にしつこく炎症が出ている場合は、顔に塗っているもの/使っている物をショートバースト後すべて止めて、プラスティーベース又はセタフィルローションだけにして、HC軟膏を使って日記を書いて様子を見てください。顔が赤くなるタイミング、どこから赤くなる(ほっぺ、額、口の周り?)、どこに行ったら悪くなる/良くなるなどを慎重に見る事が重要だと思います。場合によっては生理で悪化している方は避妊ピルなどが効果的です。

    これからもし顔が空気中アレルギーの反応からしつこく赤くなっている方は、今日本でアレルギー治療が可能がどうか検討しています。もしこれが可能であれば、日本で”ミニラッシュ”を行ってブルーのボトル0.1ccから、0.2ccに上げたりする事が出来ます。ドクターベイカーの了解を得て継続する形になります。
    ーーーーーーーーーーーーーー--ーーーーーー

     顔のアトピーは精神的に辛いので、長期化する場合は一時的に免疫抑制剤を使う事も出来るのか質問してみた所、やはりそれは適応にならないそうです。
     でもこうして見ると原因もカウント出来るほどに絞れそうですし、目安の期間もわかったので、ゴールが見えない時に比べて少し気が楽になりそうです。
     避妊用のピルに回復を助けてもらえそうな人は結構多そうです。
     ピルは日本では一般的ではありませんので、怖い、と思う人も多いと思いますが、量もそれほど無いですし、もっと本当は他の分野でも使われていい薬だと私は思っています。
     薬はあるのですから、我慢する事はありません。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト