プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    頭皮のアトピー

     頭皮のアトピーはわりと治療が難しい、私はそんな風に感じていました。でも最近、治療が進んできたようで、かなり治療成績が出てきたようです。
     頭皮のアトピーの原因は

    ・シャンプーが合っていない。
    ・イースト菌の繁殖

     この辺りが主な原因のようです。シャンプーは以前、head and shoulderという日本ではあまり見かけない(販売されていないかも)ものでしたが、最近はfree&clear のシャンプーが勧められているようです。これって洗剤のメーカーと一緒なのかな?(ちなみに私は今もfree&clearの洗剤を使っています。)
     シャンプーを変えても駄目な場合、イースト菌を疑うそうで、対処としてはフルコナゾールを処方するという事でした。
     
     少し前に聞いた患者さんで、「ウルテカリアUrticaria」という珍しい蕁麻疹を起こしていた、というのを聞きました。これは寒冷蕁麻疹みたいなもので、この患者さんの場合は水に対して蕁麻疹を起こしてしまうそうです。ステロイドも効果が無く、抗アレルギー薬のクラリティンが効くそうです。指示通り入浴の1時間前にクラリティンを内服したらシャンプーの時の痒みがはっきりと減ったそうです。
     イースト菌とこの蕁麻疹との鑑別は、イースト菌だと一日中痒みが続くけれど、「ウルテカリア」だと水に濡らした時に痒みが出るという事でした。
     へ~~~~。

     この「ウルテカリア」の診断なんておそらく、日本で出来る医師はいないんじゃないかと思います。
     
     こういう診断と治療が必要なので、中にはアレルギー治療さえすればアトピーは治ると思っていらっしゃる方がいるようですが、やはり皮膚科とアレルギー科の両方が必要なのです。

     ちなみによく寒冷蕁麻疹の話も聞きます。私も子供の頃、入浴時に蕁麻疹が出た事がありました。でも今思うと皮膚の乾燥が原因だったと思います。皮膚が乾燥するととにかく「刺激」に弱くなるのです。温度もそうですが、もしかしたら刺激に弱い皮膚が空気に直にさらされる事によって花粉か何かに強烈に反応していたかもしれません。

     頭皮のトラブルは治りにくいイメージでしたが、こんな感じでわりと出尽くしてきた感じがあります。治療後数年たっても頭皮だけが・・・、という方は是非、再診してみてください。

    追記

    アメリカオフィスからお知らせです。
    以前、このブログ内で「他の患者さん」に教えていただいたexedermもお勧めだそうです。exdermは日本では買えないので、アメリカオフィスに依頼するとアメリカオフィスから送ってくれるそうです。
    またfree&clearのシャンプーも調達が難しいようであれば送ってくれるという事です。
    お困りの事があれば相談してみてください。 


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     今月のドクター講演会が11/24(土)に行なわれます。貴重な機会ですのでぜひ行ってみてください。
     それと私事ですが、私、講演会出席が難しくなりました。行けない気配濃厚です。残念~~~~。お会いしたいと思っていた方々がたくさんいらっしゃるのに。。。ごめんなさい~~。
    スポンサーサイト