プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    達成感

     頬にニキビが1つ、出来ました。
     これが保湿過剰のサインか、と思って、今まで使っていたセタフィルの保湿クリームからローションに落としました。

     私はかなりドライな体質な様で、去年まではワセリンを使う事が多かったです。でもセタフィルの保湿クリームに変えてから、ワセリンよりむしろ保湿が上手くいくようになった様に思います。多分、ワセリンが衣服に付着して取れてしまっていたのかな、と思いました。セタフィルの保湿クリームは皮膚への密着度が高いのかもしれません。これに変えてから、首のトラブルが激減しました。
     でも冬に入ってみると保湿クリームだと水分量が少ないようで、潤い不足感がありました。なので夏に使っていたニベアのクリームローションを大量に使ってみる事にしました。すると一日中潤い感が続き、体も温かくなりました。
     それからクリームローションの大量使いをしていましたが、最近また、保湿クリームを気分で使ったりしています。
     ニベアのローションも少なくなり、セタフィルローションも使ったりしています。セタフィルローションは近所の薬局には無いので使った事がなかったのですが、セタフィルのクレンザーとローションを誤発注してしまい、我が家にやってきました。返品も出来なかったのでそのまま使ってみる事にしましたがなかなか良いのです。脱衣所に保湿グッズは置いてあるので、夫もこの冬、使っていたそうで、静電気がほとんど飛ばなかったですね。冬はいつも静電気マンだったのですが。(冬に静電気で悩む人は、乾燥が主な原因という事がわかりますね)使用感が良いので、男性も使いやすいと思います。なので今後はニベアからセタフィルローションにしようかな、と思います。
     
     さて顔ですが、ローションを塗るのは初めてでした。正直、最初だけピリッとした刺激を感じました。2回目以降はほとんど感じなくなりましたが、顔にローション合わない、という人もいる事を実感しました。
     鼻周りは全く保湿していません。顔も乾燥の分布があるなぁと思いました。体もあるんですよね。よく帰国後、ニキビと乾燥が混合してしまい、保湿が難しいという事を聞きますが、そうだろうと思います。見えない所に関しては誰かに見てもらって、保湿の分布を把握して保湿剤も使い分けが必要ですね。私も夫に年に何回か背中を見てもらっています。すると「ここがカサカサしているよ」とか「クリームが届いていないよ」とか指摘を受けます。

     そうそう口角炎ですが、単純ですがリップクリームを口を開いて口角にべったり塗りこむようにしたら、出てくる頻度が激減しました。ビタミンB2を毎日飲んでいましたが、やめてしまいました。ワセリンでは塗っているつもりだったのですが、リップクリームの方が取れにくいのでしょうね。
     アトピー肌は皮膚表面の細胞が空き空き、というのを意識すると、口角も同じ事で保湿が上手くいっていなかった事が原因だったのかもしれません。口は物を飲んだり食べたりするし、女性はお化粧をする都合上、無意識に保湿に気を使いにくい場所なのかもしれません。

     渡米した時のカッサカサの痩せた肌からニキビが出来るほどの潤い肌になるまで5年以上かかったけれど、ようやくたどり着いた感があります。今渡米する人たちの方が保湿が上手なので、みんなどんどんセタフィルローションとか、何も使わなくなる人とかいるので羨ましいですが、私なりの速度だったのかな、と思います。実はニキビが頬に出来た時、何となく、本当の完治状態に至ったような気がしました。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    セタフィルクリーム

     先月購入して気に入ったもの。
     セタフィルのクリームです。

     私はすごく乾燥しやすい体質みたいで、今でも冬はワセリン使っているんです。
     渡米中は毎回ドクターに乾燥を指摘されていました。自分では頑張って塗っていたつもりだったのですが、駄目でしたね。今はケアホームのカウンセラーの方の指導が良く、みなさん保湿がしっかり出来るようで、滞在中も乾燥して、という話は聞かないです。
     皮脂の出が良い人は、渡米中に早くもプラスティベースが重くなり、ローションタイプの保湿剤に移行するようですね。肌の状態に合った保湿剤にしていかないとニキビになっちゃったりするそうです。すごい人は帰国後、保湿剤自体ほとんど不要になる人もいるみたいで。。。こうなると、アトピー自体が本当に存在していたのか、後に知り合った人はわからなくなってしまうでしょうね。
     私の場合は体質的に強い乾燥体質みたいです。だから夏場でも絶対保湿剤が要ります。塗っていない場所があるとそこからトラブルが発生する事が多いので塗りむらにも注意が必要です。夏場は汗を落とす事が私には最重要のためシャワーの回数が増えるので、どうしても皮脂が落ちちゃうんですよね。その分、保湿剤で毎回補っています。
     去年はワセリンのロッキングローションを使っていましたが、今年はそれではちょっと足りず、夏でもワセリンと組み合わせていました。
     この製品を買ったのは、たまたま洗剤が無くなったので購入した際、送料無料までにするのにどうしよう、と商品を探していたところセタフィルのクリームを発見。試しに購入してみました。
     すごく良かったです。ワセリンみたいにべた付かず、塗った後もサラッとつるっとしています。塗り広げるのが簡単で、なおかつ意外と取れにくいです。私は顔も塗っていますがOKです。かなり気に入りました。
     セタフィルは良い商品が多いですね。セタフィルクレンザーはドクターから渡されるほどの品ですし。そうそう、アトピーアソシエイションで作っていたバクトロウォッシュ、在庫終了となっていて残念でした。バクトロウォッシュはセタフィルクレンザーとほとんど同じものですが、使用感想としてはバクトロウォッシュの方が液の安定性が良くて気に入っていました。セタフィルクレンザーは時々水みたいのと分離しちゃったりしましたが、バクトロウォッシュはそういった事がありませんでした。セタフィルクレンザーよりも使用量が少量で済むようにも思います。なのでセタフィルクレンザーの値段によりますが、コストパフォーマンスは日本で購入するならバクトロウォッシュの方が上の事もあるかもしれません。
     セタフィルローションは私は使った事がありません。でも評判いいですね。何と言ってもドクター推奨ですから安心ですし。

     それにしても夏場もローション移行できなかったので、これからはなかなか難しいのかも。トシ、なんだろうと思います。。。
     でも皮膚の状態に合ったものがあるので、つるつる肌は維持できています。特に問題なしですね。
     自分に合ったケア商品がわかっているので、もうジプシーの苦労は無いです。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 

    日焼け

     そろそろ日差しが強くなってくる時期になりました。

     日焼けはアトピーのトリガーになる可能性があります。
     ちょっと記憶が曖昧なのですが、紫外線がトリガーの人は、日焼けをして、直後に必ず悪くなる、とは限らず、2~3日してから悪化するケースもあるそうです。その為、トリガーを探す時、日焼けが思い当たらない場合もあるという事なので、これからの季節はそれも注意して皮膚を観察していった方がいいと思います。
     ちなみに、私は日焼けがトリガーという体質ではないですが、シミ、しわ予防のために日焼けは気をつけています!
     アトピーが酷かった頃も、アトピーが良くなった後の事を考えて、夏でもなるべく日に当たらないようにしていました。アトピーが治ってもシミだらけ・・・は嫌だったので。アトピーもいつかは良くなる、と、予感していたのかもしれません。
     
     日焼け止めは

     ニベア SUN プロテクトウォータージェル SPF25 80g


    ロート製薬 メンソレータム スキンケアUVマイルドミルクSPF24PA++ *pa
    と、両方使っています。特に使い分けている、とかではなく、夫がニベアの方を好み、私はニベアより前に買ったロートのもあって、という感じでたまたま家にある、というだけです。
     使用感は、どちらもトラブルなく使えるし、満足しています。ニベアの方が若干水っぽい感じかな。
     SPFやPAは、高いものほど刺激が強いような感じだったので、SPFは25まで、PAは++程度の物に抑えて、こまめに塗り直すようにしています。

     確か、ドクターのOK商品はニュートロジーナの日焼け止めだったと思います。日本では売ってないみたいですけど。。。ま、ドクターはアメリカ人なので、アメリカで入手できるものになりますよね。
     
     個人的には、日焼け止めでトラブルがないのなら、日焼け止めは使った方がいいように思います。やっぱり塗った方が焼けにくいです。焼ける=炎症につながりますから、塗る方が日光による刺激から守る事が出来ます。

     5月からは半袖になる機会も出てきますし、紫外線も一年で強くなる時期です。アトピーの人は日焼け対策を考えて、外出した方がいいと思います。
     もちろん日焼けを過大視して、家に引きこもるのはもっと問題ですけどね!

     楽しい夏に向けて、今からそろそろ準備したいです。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  

    メイク

     最近は週に1~2回、メイクアップをするようになりました。
     といっても、ファンデーションと眉毛と口紅だけですが。
     以前から眉毛と口紅はしていましたが、ファンデーションはここ10年以上した事がなかったので(自分の結婚式はさすがにしましたが)、化粧品選びからスタートしました。

     試供品はファンケルとJINOを取り寄せてみました。ファンケルは一応安全性には定評があるし、JINOはシャンプーを使っているので何となく好感があって。
     ファンケルはパウダーファンデーション、リキッドファンデーション、化粧下地、白粉の試供品を手に入れられましたが、JINOはパウダーファンデーションのみの入手可能でした。
     結果としては、どれも問題なく使えました。使用感としてはファンケルのパウダーファンデーションは浮いてしまい、うまく肌に乗りませんでした。
     でもまだ何を購入するかはまだ決めていません。
     佐伯チズさんの本を立ち読みしてきたのですが、30代からはリキットファンデーションにした方がいい、と書いてありました。その方が皮脂の問題でうまく行くし、リキッドは手で塗れるので、化粧スポンジの雑菌の問題がない、と。
     でも、正直使用感としては、JINOのパウダーがいいかなぁ、と思っています。

     というのも、最近、お風呂上りに顔にはワセリンを使っています。前はファンケルのFDRシリーズの物を使っていたのですが、すぐに期限が切れちゃうし、何となくすっきりしない感じがあったりしたので、冬で乾燥の時期にもなってきたので、まぁワセリンでいいや、と思って使い始めたら、やっぱり安定しています。
     朝夕ワセリンを使うので、お化粧なしで日焼け止めを使う時も結局ワセリンの上から日焼け止めを塗る格好になっていて、そのせいか、日焼け止めのトラブルがなくなりました。(以前は日焼け止めで肌荒れを起こす事がありました)
     なのでファンデーションを塗る時、ワセリン+日焼け止め+ファンデーション、という形になるので、パウダータイプが安定するのかな、という風に思いました。

     もう一つ大きな問題だったのが、クレンジングでした。
     ファンケルのクレンジングオイルとダヴの「モイスチャークレンジング メーク落とし」を使ってみましたが、初めの頃はどちらも肌荒れを起こしてしまいました。赤みが出たり、という事はないのですが、どうやら原因は、ごっそり皮脂も持ってかれてしまい、極度の乾燥になってしまい、肌荒れを引き起こすような感じなのがつかめました。
     なのでクレンジングがダメなら、クレンジング不要のファンデーションを使うか、お化粧を諦めるか、どちらかだなぁ、と思っていました。
     でもワセリンを塗るようになって、ダヴのメーク落としは問題なくなりました。(ファンケルのクレンジングオイルは使っていないのでわかりません)おそらくワセリンを使っているので、それで皮脂がうまく守られるようになったからかな、と思っています。
     
     ワセリンの上に重ねてあれこれ塗っていいのかな、とか、クレンジングがダヴでいいのかな、とか、心配はあるのですが、お化粧の頻度も少ないので、まぁこれでいいのかなぁ、と思っています。

     まだアイシャドウなどは購入していないので何を選ぶかわかりませんが、マスカラはファンケルのを試した時、問題なかったです。

     どの製品でもダメな人は必ずいると思うので、試供品を使ってみるのはとても大切な事だと思います。
     ちなみにミネラルファンデーションがトラブル少ない人が多いみたいですね。私もダメだったらミネラルファンデーションかな、と思っていました。これってクレンジング要らずでしたっけ?あんまり知らないのですが。。。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。