プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピー性皮膚炎3

    アレルギーについて、もう少し書き足したいと思います。

    アレルギーは主に

    1、接触性
    2、空気中にあるもの
    3、食べ物

    に分かれます。

    1、接触性

     金属アレルギー、洗剤、スキンケア用品、繊維など。

    2、空気中にあるもの

     ハウスダスト、カビ、花粉、PM2、5など。

    3、食べ物アレルギー

     卵、牛乳、など。

    これらがアトピーを悪化させる要因になり得ます。
     アレルギーは人によってアレルゲンになっているものが違います。
     皮膚が薄くなっている人ほど悪化しやすく、特に空気中にあるものに対して皮膚が反応を起こしてしまうほど敏感になってしまうと、難治のタイプになってしまう人が多いです。というのも、アレルゲンは皮膚を貫通して、アレルギー反応を常に誘発してしまいますし、空気中の原因物資は取り除くのがとても難しいからです。つまり24時間、アレルギー反応を起こし続けてしまう事になり、皮膚が炎症を起こしっぱなしになってしまうからです。

     
    自己免疫に対して

     近年、問題になってきているのがこのタイプです。
     アレルギーが酷い状態が続いている患者さんの中に、どうやら自分の汗などの体液に含まれるタンパク質に対して炎症反応を起こしている人がいるという事がわかってきました。
     アレルギーの場合、通常は他者、つまり自分のものではないものに反応します。洗剤だったり、花粉だったり。けれど、自分の汗に含まれるタンパク質に反応している場合は別です。自分に対して攻撃してしまっているからです。こうなると「自己免疫疾患」とも言える状態であって、診断にしろ治療にしろ、皮膚科の範囲を超えてきます。というのも、その反応が皮膚に止まっているものかどうか、わからなくなり、内科的な病気も考慮した方がいい事も出てくる可能性があるからです。

     簡単に自分の体液にまで反応するようになるわけではなく、通常は徐々に、です。日本の場合はアレルギー治療がほとんどできない為、皮膚が悪化した状態が続いた時間の分だけ、どんどん接触性→空気中→自己免疫問題 と進行していく可能性が強まります。
     全員がこの道を辿るわけではありませんが、そうしたリスクはあるという事を知っておいた方がいいと思います。
    時々、渡米治療を何年も「様子見」する方がいらっしゃいますが、様子見が重症度を増大させるだけという悪い可能性がある事も考慮して欲しいと思います。実際いらっしゃいますので。

     
    スポンサーサイト

    アトピー性皮膚炎2

    アトピー性皮膚炎とは、バリア機能不全をベースにした皮膚炎の総称と言えるわけです。イメージとしては極端ですが、粘膜みたいな肌、とでも想像してもらえると以下の事に納得してもらえると思います。

    1、感染

     皮膚がき弱な為に色々な菌に狙われます。一番多いのは「黄色ブドウ球菌」です。この菌はどこにでもいる為、最初にくっつきます。というか、普通の人はバリア機能でブロックされるので、ゴミがくっ付いた程度で済むのですが、アトピーの人は感染してしまいます。それが痒みの元になったり、人によっては微熱が続いていたりします。
     もちろん抵抗力の低下によって、もっともっと色々な菌に狙われます。食パンのカビの実験みたいな感じ。
     また、抵抗力の低下はヘルペスの悪化などを招き、炎症を更に拡大させます。

    2、刺激に弱い

     衣服の擦れ、汗、洗剤などの化学物質など。些細な事が原因で炎症が起こります。

    3、アレルギー

     アレルギーを起こすと炎症に繋がります。花粉など、空気中に浮遊しているものが皮膚に付着すると、バリア機能が機能しないので、貫通してアレルギーを起こし、炎症を引き起こします。
     またアレルギーは生まれながら起こしやすい体質というのがあり、アトピー体質(バリア機能を作れない)+アレルギーを起こしやすい体質、となると、当然ながら劇悪化しやすい体という事になります。
     近年はこのアレルギーが特に注目されています。というのも、アレルギーが相乗効果的にアトピーを悪化させるからです。またアレルギーが酷くなると、全身へのダメージも大きくなり、QOLが著しく下がる事が分かっています。

     基礎知識として知っておいて欲しいのは、決して「アトピー=アレルギー」ではない、という事です。日本の情報は、あたかも「アトピー=アレルギー」という風になっています。その為に腸内細菌云々とか、油がダメ、とか、おかしな事になっています。
     アレルギーは皮膚炎だけでなく、喘息、花粉症などの発露があり、必ずしもアトピーだけの問題ではありません。この問題はアトピーの側からのアレルギー、アレルギーの側からのアトピー、という二つの側面ある、という事を念頭においてください。

    4、冷え

     皮膚が薄くなってしまっているので、体温が抜けていってしまいます。ですから多くのアトピー重症患者は、冷えにも苦しんでいます。私も真夏の38度の室内で湯たんぽを抱えていた経験があります。

    5、ステロイドの副作用

     日本では殆どの人が最初に病院にかかり、ステロイド外用薬を処方されていると思います。でもその時、原因を追求される事は殆どない為、繰り返し使うようになっていきます。
     ステロイド外用薬は長期使用で様々な問題を引き起こす事が分かっていますが、その一つに「皮膚が薄くなる」というものもあります。ただでさえ薄くなっている皮膚をステロイドの長期使用によってますます薄くしてしまいます。また当然ながら、皮膚から体に吸収されますから、白内障など色々な問題を引き起こしています。
     また免疫の問題とも絡みますから、全身へのダメージを大きくするのにも一役買っています。

     間違えないで欲しいのは、ステロイドは本来「治療」としてとても有用な薬です。問題はうまく使われず、それどころか長期使用によって副作用の局面が大きくなってしまっている、という事です。

     他の国では保険の関係もあり、ステロイド外用薬が長期に処方される事はあまりないので、この問題は日本特有とも言える問題なのかもしれません。
     

    アトピー性皮膚炎1

     「アトピー性皮膚炎」とよく言いますが、この病気ってどういうものなのか、分かっている人は少ないように思います。なのでこの病気について分かりやすく説明してみます。

     はじめに、分かりやすくする為に「真正アトピー」と「仮性アトピー」とさせてください。ただこうした言葉は医学上ありません。私が勝手に付けたものですので、それを念頭にお読みくださいね。

    1)真正アトピー

     遺伝子の問題で、正常なバリア機能をきちんと作れないタイプ。
     発症年齢が早いことが多い為、乳幼児期に発症する人はこのタイプが多いと思います。バリア機能を作れない為に皮膚炎を起しやすく、アレルゲンが皮膚を貫通してしまう為に重症化しやすいです。ステロイドも幼少期からスタートする事が多い為に、ステロイドの副作用にも晒されています。

    2)仮性アトピー

     バリア機能を作る遺伝子はあるので、発症年齢は様々。乾燥肌や合わない化粧品による接触性の皮膚炎、汗疹の放置などをきっかけに、ステロイドの多用、長期連用、トリガーを除去しない、など間違った対処によって悪化させてしまう。


     皮膚を守る為にはバリア機能の他に皮脂腺や汗腺なども関係します。真正アトピーであっても思春期など皮脂腺や汗腺が活発に働いている時は、それほどアトピーが重症化せずに経過する事も多いと思います。ですが、引越しや職場環境によって、またストレスなどによって皮膚が長時間乾燥する状況に置かれると重症化していく事が考えられます。

     「仮性アトピー」の人は元々バリア機能を作れる為、何かのきっかけに完治してしまうことは十分あると思います。この場合が多くの「体験談」や多くの「治療法」に結びついているように思います。治りやすいアトピータイプはどちらかといえばこのタイプ、と思います。(ただし油断は禁物)
     
      真正アトピー、仮性アトピーとも症状は見た目に同じですし、重症度の判定も治療法も同じです。皮膚炎を一旦ステロイドを使って完全に抑え込み、感染への対処、皮膚への水分供給、保湿によって皮膚のバリア機能を強める、炎症を起しやすい体質への対処としてアレルギーへのアプローチ。
     仮性アトピーであってもアレルギーが酷くなってしまった人は難治になりやすいので、治療に当たって分ける必要はありません。
     唯一あるとすれば、真正アトピーはアトピーが完治しても保湿などバリア機能を補充する事は必須です。それに比べて仮性アトピーは保湿も完全に要らなくなる人が出てくる事です。ただこれも仮性であっても年齢が高い、乾燥しやすい場所に長時間いる必要があれば必要になるでしょうし、真正アトピーであっても皮脂腺汗腺が活発で、保湿が重くなってしまう、という人もいるでしょう。また性ホルモンも皮膚の潤いに関連しますから、若い人ほど不要になるケースが出てくる事が考えられます。

     それらを踏まえると、真正アトピー、仮性アトピーを見分ける必要等何もありません。
     ただ私自身は恐らく真正アトピーのタイプです。幼少時の発症で、アレルギー体質で、完治状態に至った今でも保湿は必須です。塗り忘れるとそこが炎症を起してくる事があり、旅先に保湿剤を忘れた時はホント辛かったです。なので、遺伝子でバリア機能を作れないんだなぁと思い、諦めて一生保湿剤を塗っていこうと思っています。その程度です。

    続きます。 

    独断と偏見で 3

    ・ 合成洗剤、界面活性剤はダメ

     自然派の話ですが、最近はやっと下火になってきたように思います。突き詰めると接触性アレルギーの話になるので、合う洗剤と合わない洗剤がある人が多いと思います。ドクターマセソンからは、成分の数がシンプルなものがリスクが小さい(多いとヒットする可能性が高くなる)と言われています。それでもヒットしちゃう人は、とにかく探すか、お湯で洗うという人もいます。
     シャンプーやボディソープなども同じですね。

    ・漢方・東洋医学

     西洋がダメなら東洋を、と漢方薬や東洋医学(鍼灸や瀉血など)に行く人も多いと思います。私も漢方薬使ってましたから大きな事言えないですが、結論として、治らなかったですね。今思えば当たり前ですが。
     私が行っていた鶴治療院は塗り薬はステロイドが入っていてニュースに出てしまいました。私はバラクリームはあまり使ってなかったです。生薬の飲み薬を使っていましたが、結局はステロイドと同じ作用を生薬で出すだけでした。(ですからセミの抜け殻等入っていても、やめるとリバウンドが出ました。)当時は仕方なかったとはいえ、お金を無駄にしてしまいました。
     東洋医学、といってもアトピーにおいては抗炎症作用をいかに出すか、それだけのように思います。アトピーやアレルギー根治の為に世界の名だたる製薬会社が何十億もかけて薬を開発しているのに、東洋医学や漢方薬が勝てるわけないと思います。ですから使用を検討している方にはお勧めできません。

    ・オーガニック食材

     農薬で湿疹が出る人もいるかもしれませんね。そういう人がオーガニック食材に切り替えたら皮膚が良くなる、という事もあると思います。ただその人はアトピーではなく、農薬による何らかの皮膚障害であって、生まれついてバリア機能が作れないアトピー体質の人のアトピー性皮膚炎とは本来、診断が異なる可能性が高いように思います。テレビで中国人の人も農薬で皮膚に症状が出ている人が出ていました。
     農薬が付いた野菜を触る事によって、接触性皮膚炎の手湿疹を起こしている人もいるかな、と思いました。
     数か月前テレビを見ていたら、かんきつ栽培でEUに輸出しようとしたら農薬の値が高すぎてダメで、EU向けには別の畑でEU向けに作っていると言っていました。苺も台湾に輸出しようとしたら農薬の値が高すぎて輸出できなかったそうです。
     農薬は気にするときりがないので、出来るだけ皮を剥くようにしている程度で、普通にスーパーで買っています。

    ・温泉

     温泉は湯治によって皮膚から水分の吸収が図られる事、お湯に殺菌作用があれば皮膚の感染が良くなる事、環境が変わる事によって、カビや埃などのアレルギー症状が緩和される事、温泉地の環境でストレスが減る事などから、温泉療法は効果があった、などの口コミは多くありますね。
     でも温泉の環境によって逆に感染症を移されるリスクもあります。私はむしろこちらのリスクが怖いです。一般客でも温泉で感染を移されるケースは少なくなく、入院患者さんで蜂窩織炎になって足がパンパンになってしまった人をよく見ました。

    ・紫外線療法

     これは紫外線の殺菌作用で感染症を改善するのを目指しているんじゃないかと思います。でも感染症をターゲットにするなら菌を調べて抗生剤投与の方が優れているし、紫外線そのものがトリガーとなってアトピーが悪化してしまうリスクもあるかもしれないと思います。今でも続けている病院があるのは、設備投資してしまったので回収したいという経営的な側面もあるのでは?なんて思ったりしちゃいます。

    ・活性酸素除去など

     丹羽療法のSOD製品など有名ですね。健康にいいのかもしれませんけど、解明されてきているアトピーの仕組みを考え合わせると、直接関係があるようには思えません。クリームとかは接触性皮膚炎の問題が無ければ「保湿」にはいいのかもしれませんけど、セタフィルローションとかの方が圧倒的に安いですよね。SOD関連商品は、治る理由も見つからないし、使った事も無いので効果はわかりません。
     
    ・整体・カイロプラクティック

     眼中になかったので、調べた事が無かったですが、これかな。http://www.dan15.jp/14428664692455歪みを取って、臓器を健康にする→アトピーが治る、というわけですね。 
     アトピーは内臓の病気ではありませんし、整体は事故が怖いです。友達が整形外科に勤めていて、整体で傷めた、という患者さんが後を絶たないと言っていました。
    「ゆかりちゃん、危ないから整体は絶対やめた方がいいよ」
    とアドバイスをもらっていました。
     アトピーで悩んでイチかバチか、にしても、リスクが高すぎます。アトピー以前の問題ですよね。「整体師」は国家資格ではないので教育レベルが怪しいように思います。私はこれからも行く事は無いでしょう。

    ・プラセンタ

     胎盤ホルモンですよね。女性ホルモンの作用によって皮膚がしっとりするかもしれませんが、渡米治療の情報によると、生理がガタガタになり、渡米治療で良くなっても、生理のトラブルからアトピーが悪化しやすく、完治状態にするのに時間がかかると聞いた事があります。
     安全性の問題もあり、勧める医師のモラルに疑問があるケースも耳に入ります。

    ・水素水

     調べていて笑っちゃったのがこれです。http://www.skincare-univ.com/article/006580/
    内科の先生が書いているのですが、今年5月国民生活センターがはっきり効果を否定しています。http://biz-journal.jp/2016/05/post_15145.html推奨していたこの先生は信用出来ないって事になりました。医学部出ていると思うんですが。。。

     以上、これ位かなぁ。まだ治療法ってありましたっけ?

     民間でお金とって治療を勧めている所は、間違いに気付いても生活が懸かっているので修正する事が出来ません。代替医療を勧めている病院も同じです。設備投資してその回収もあるし、スタッフに給与を払っていかなくてはなりませんから、それが良いと言い続けるしかないのです。そうした事情を念頭に情報を見るといいかな、と思います。
     あと実験でアトピーになったマウスは客観性を持つのにいいと思います。これをやったらマウスは治るかな?と思ってみるのです。カイロプラクティックでマウスのアトピーは治るかな、と。そうするとあほらし、という治療法も出てきます。

    独断と偏見で 1

     アトピー治療にはあれがいい、これがいい、と色々言われています。それらの解釈を私流独断と偏見でジャッジしたいと思います。

    ・肉を控えろ
     これはこちらのページhttp://www.drmakise.com/atopy/atopy7-5.cfmからかしら?一見、なるほどと思いますが、???という所が私にはいくつかあります。色々書くと炎上しそうなので書きませんが、ま、要するに肉食は日本人にはまだ適応できないって事みたいですね。ちなみに私はアトピー酷かった時、お肉食べて症状が軽減しました。
    「日本人には」的な記述は医学的には稚拙かな、と思います。

    ・白砂糖はダメ
     http://byebyeatopy3month.web.fc2.com/sato.html
    https://nicoly.jp/article/61
     精製された砂糖は血糖値を一気に上げるので、痒みを増幅させる、というのが根拠かな。実際、痒くなるという方もいらっしゃるようです。食事制限を強くしている人は、血糖値が上がって身体がシャキッとするので炎症と痒みが出る事もあるかな、と思います。
     血糖値を上げる、というのであれば、白砂糖に限らず、ストレスでも上がりますし、他の要素でも上がります。http://www.skincare-univ.com/article/009224/ですが普通であれば、血糖値は上がり過ぎる事は無く、インスリンによって血糖値は調整されます。
     白砂糖で血糖値が上がり過ぎて、というのであれば、糖尿病を疑うべきです。
     ところでこれを厳守するなら、ブドウ糖果糖液はいいのか、とか(漬物やポン酢、市販のドレッシグなどによく入っています)、別の人工甘味料はどうか、とか今はもっと複雑です。

     腸内環境の問題は本当はもっと複雑で、遺伝的要因や育った環境が大きく関わるわけで、白砂糖だけで腸内環境が良くなったり悪くなったりするとは考えにくいです。

     コルチゾールの話も出てきますが、コルチゾールの問題があるとしたら一つ気がかりなのは、ステロイド外用薬の副作用の糖尿病です。今まで「まさか」と思って書いた事はありませんでしたが、ステロイド外用薬による白内障はかなりの件数で出ているので、可能性としては否定出来ないと思いました。健診を暫く受けていないような人は、一度糖尿病の検査を受けた方がいいかもしれません。

     ビタミンが不足するなら果物やサプリで補えばいいです。グラニュー糖をちょっと食べたくらいでビタミンがなくなってしまうとはちょっと思えません。

    ・油断ち
     http://www.drmakise.com/atopy/atopy7-4.cfm
     どうやらサラダ油系の油がアレルギーの原因になるからアトピーの原因にもなっている、という事みたいです。
     アレルギーの原因は遺伝的な体質も含め、色々原因があります。アトピーにおいてはアレルゲンが薄くなった皮膚を貫通して免疫システムを刺激してアレルギーを引き起こしたり、悪化させている事もわかっています。
     私たちは多種多様な物質を日々接していて、アレルギーの原因は免疫も絡む複雑なものです。
     確かにサラダ油などのオメガ6不飽和脂肪酸は良くない油で、色んな病気との結びつきがあると言われていますが、サラダ油を食べたら、全員アレルギーになるわけではありませんよね。
     アレルギーについては様々な研究が進んでいて、既にアレルギー免役療法とか、dupilmabなどの薬が出来てきています。

     以前の記事でクローディンの研究のリンクを載せましたが、http://www.jst.go.jp/pr/info/info1190/実験のマウスがアトピーです。油と砂糖と肉をやめたらこのマウスは治るんでしょうか…。

     調べていて思ったのは、要するに設定が「アトピーなんてのは、スナック菓子や甘いものばっかり食べて、運動もしない、掃除もしないで、家でゴロゴロしてばっかりの奴がなるんだ」という事に尽きるように思います。
     でも今はそうではない事が解明されていますので、根拠なしとジャッジしてもいいと思います。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。