プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    独断と偏見で 3

    ・ 合成洗剤、界面活性剤はダメ

     自然派の話ですが、最近はやっと下火になってきたように思います。突き詰めると接触性アレルギーの話になるので、合う洗剤と合わない洗剤がある人が多いと思います。ドクターマセソンからは、成分の数がシンプルなものがリスクが小さい(多いとヒットする可能性が高くなる)と言われています。それでもヒットしちゃう人は、とにかく探すか、お湯で洗うという人もいます。
     シャンプーやボディソープなども同じですね。

    ・漢方・東洋医学

     西洋がダメなら東洋を、と漢方薬や東洋医学(鍼灸や瀉血など)に行く人も多いと思います。私も漢方薬使ってましたから大きな事言えないですが、結論として、治らなかったですね。今思えば当たり前ですが。
     私が行っていた鶴治療院は塗り薬はステロイドが入っていてニュースに出てしまいました。私はバラクリームはあまり使ってなかったです。生薬の飲み薬を使っていましたが、結局はステロイドと同じ作用を生薬で出すだけでした。(ですからセミの抜け殻等入っていても、やめるとリバウンドが出ました。)当時は仕方なかったとはいえ、お金を無駄にしてしまいました。
     東洋医学、といってもアトピーにおいては抗炎症作用をいかに出すか、それだけのように思います。アトピーやアレルギー根治の為に世界の名だたる製薬会社が何十億もかけて薬を開発しているのに、東洋医学や漢方薬が勝てるわけないと思います。ですから使用を検討している方にはお勧めできません。

    ・オーガニック食材

     農薬で湿疹が出る人もいるかもしれませんね。そういう人がオーガニック食材に切り替えたら皮膚が良くなる、という事もあると思います。ただその人はアトピーではなく、農薬による何らかの皮膚障害であって、生まれついてバリア機能が作れないアトピー体質の人のアトピー性皮膚炎とは本来、診断が異なる可能性が高いように思います。テレビで中国人の人も農薬で皮膚に症状が出ている人が出ていました。
     農薬が付いた野菜を触る事によって、接触性皮膚炎の手湿疹を起こしている人もいるかな、と思いました。
     数か月前テレビを見ていたら、かんきつ栽培でEUに輸出しようとしたら農薬の値が高すぎてダメで、EU向けには別の畑でEU向けに作っていると言っていました。苺も台湾に輸出しようとしたら農薬の値が高すぎて輸出できなかったそうです。
     農薬は気にするときりがないので、出来るだけ皮を剥くようにしている程度で、普通にスーパーで買っています。

    ・温泉

     温泉は湯治によって皮膚から水分の吸収が図られる事、お湯に殺菌作用があれば皮膚の感染が良くなる事、環境が変わる事によって、カビや埃などのアレルギー症状が緩和される事、温泉地の環境でストレスが減る事などから、温泉療法は効果があった、などの口コミは多くありますね。
     でも温泉の環境によって逆に感染症を移されるリスクもあります。私はむしろこちらのリスクが怖いです。一般客でも温泉で感染を移されるケースは少なくなく、入院患者さんで蜂窩織炎になって足がパンパンになってしまった人をよく見ました。

    ・紫外線療法

     これは紫外線の殺菌作用で感染症を改善するのを目指しているんじゃないかと思います。でも感染症をターゲットにするなら菌を調べて抗生剤投与の方が優れているし、紫外線そのものがトリガーとなってアトピーが悪化してしまうリスクもあるかもしれないと思います。今でも続けている病院があるのは、設備投資してしまったので回収したいという経営的な側面もあるのでは?なんて思ったりしちゃいます。

    ・活性酸素除去など

     丹羽療法のSOD製品など有名ですね。健康にいいのかもしれませんけど、解明されてきているアトピーの仕組みを考え合わせると、直接関係があるようには思えません。クリームとかは接触性皮膚炎の問題が無ければ「保湿」にはいいのかもしれませんけど、セタフィルローションとかの方が圧倒的に安いですよね。SOD関連商品は、治る理由も見つからないし、使った事も無いので効果はわかりません。
     
    ・整体・カイロプラクティック

     眼中になかったので、調べた事が無かったですが、これかな。http://www.dan15.jp/14428664692455歪みを取って、臓器を健康にする→アトピーが治る、というわけですね。 
     アトピーは内臓の病気ではありませんし、整体は事故が怖いです。友達が整形外科に勤めていて、整体で傷めた、という患者さんが後を絶たないと言っていました。
    「ゆかりちゃん、危ないから整体は絶対やめた方がいいよ」
    とアドバイスをもらっていました。
     アトピーで悩んでイチかバチか、にしても、リスクが高すぎます。アトピー以前の問題ですよね。「整体師」は国家資格ではないので教育レベルが怪しいように思います。私はこれからも行く事は無いでしょう。

    ・プラセンタ

     胎盤ホルモンですよね。女性ホルモンの作用によって皮膚がしっとりするかもしれませんが、渡米治療の情報によると、生理がガタガタになり、渡米治療で良くなっても、生理のトラブルからアトピーが悪化しやすく、完治状態にするのに時間がかかると聞いた事があります。
     安全性の問題もあり、勧める医師のモラルに疑問があるケースも耳に入ります。

    ・水素水

     調べていて笑っちゃったのがこれです。http://www.skincare-univ.com/article/006580/
    内科の先生が書いているのですが、今年5月国民生活センターがはっきり効果を否定しています。http://biz-journal.jp/2016/05/post_15145.html推奨していたこの先生は信用出来ないって事になりました。医学部出ていると思うんですが。。。

     以上、これ位かなぁ。まだ治療法ってありましたっけ?

     民間でお金とって治療を勧めている所は、間違いに気付いても生活が懸かっているので修正する事が出来ません。代替医療を勧めている病院も同じです。設備投資してその回収もあるし、スタッフに給与を払っていかなくてはなりませんから、それが良いと言い続けるしかないのです。そうした事情を念頭に情報を見るといいかな、と思います。
     あと実験でアトピーになったマウスは客観性を持つのにいいと思います。これをやったらマウスは治るかな?と思ってみるのです。カイロプラクティックでマウスのアトピーは治るかな、と。そうするとあほらし、という治療法も出てきます。
    スポンサーサイト

    独断と偏見で 1

     アトピー治療にはあれがいい、これがいい、と色々言われています。それらの解釈を私流独断と偏見でジャッジしたいと思います。

    ・肉を控えろ
     これはこちらのページhttp://www.drmakise.com/atopy/atopy7-5.cfmからかしら?一見、なるほどと思いますが、???という所が私にはいくつかあります。色々書くと炎上しそうなので書きませんが、ま、要するに肉食は日本人にはまだ適応できないって事みたいですね。ちなみに私はアトピー酷かった時、お肉食べて症状が軽減しました。
    「日本人には」的な記述は医学的には稚拙かな、と思います。

    ・白砂糖はダメ
     http://byebyeatopy3month.web.fc2.com/sato.html
    https://nicoly.jp/article/61
     精製された砂糖は血糖値を一気に上げるので、痒みを増幅させる、というのが根拠かな。実際、痒くなるという方もいらっしゃるようです。食事制限を強くしている人は、血糖値が上がって身体がシャキッとするので炎症と痒みが出る事もあるかな、と思います。
     血糖値を上げる、というのであれば、白砂糖に限らず、ストレスでも上がりますし、他の要素でも上がります。http://www.skincare-univ.com/article/009224/ですが普通であれば、血糖値は上がり過ぎる事は無く、インスリンによって血糖値は調整されます。
     白砂糖で血糖値が上がり過ぎて、というのであれば、糖尿病を疑うべきです。
     ところでこれを厳守するなら、ブドウ糖果糖液はいいのか、とか(漬物やポン酢、市販のドレッシグなどによく入っています)、別の人工甘味料はどうか、とか今はもっと複雑です。

     腸内環境の問題は本当はもっと複雑で、遺伝的要因や育った環境が大きく関わるわけで、白砂糖だけで腸内環境が良くなったり悪くなったりするとは考えにくいです。

     コルチゾールの話も出てきますが、コルチゾールの問題があるとしたら一つ気がかりなのは、ステロイド外用薬の副作用の糖尿病です。今まで「まさか」と思って書いた事はありませんでしたが、ステロイド外用薬による白内障はかなりの件数で出ているので、可能性としては否定出来ないと思いました。健診を暫く受けていないような人は、一度糖尿病の検査を受けた方がいいかもしれません。

     ビタミンが不足するなら果物やサプリで補えばいいです。グラニュー糖をちょっと食べたくらいでビタミンがなくなってしまうとはちょっと思えません。

    ・油断ち
     http://www.drmakise.com/atopy/atopy7-4.cfm
     どうやらサラダ油系の油がアレルギーの原因になるからアトピーの原因にもなっている、という事みたいです。
     アレルギーの原因は遺伝的な体質も含め、色々原因があります。アトピーにおいてはアレルゲンが薄くなった皮膚を貫通して免疫システムを刺激してアレルギーを引き起こしたり、悪化させている事もわかっています。
     私たちは多種多様な物質を日々接していて、アレルギーの原因は免疫も絡む複雑なものです。
     確かにサラダ油などのオメガ6不飽和脂肪酸は良くない油で、色んな病気との結びつきがあると言われていますが、サラダ油を食べたら、全員アレルギーになるわけではありませんよね。
     アレルギーについては様々な研究が進んでいて、既にアレルギー免役療法とか、dupilmabなどの薬が出来てきています。

     以前の記事でクローディンの研究のリンクを載せましたが、http://www.jst.go.jp/pr/info/info1190/実験のマウスがアトピーです。油と砂糖と肉をやめたらこのマウスは治るんでしょうか…。

     調べていて思ったのは、要するに設定が「アトピーなんてのは、スナック菓子や甘いものばっかり食べて、運動もしない、掃除もしないで、家でゴロゴロしてばっかりの奴がなるんだ」という事に尽きるように思います。
     でも今はそうではない事が解明されていますので、根拠なしとジャッジしてもいいと思います。
     

    女性のホルモン

     私は去年の秋頃から低用量ピルを飲み始めました。もちろん避妊目的などではなく、更年期にかかってきたのか生理痛が酷くなってきたからです。
     私は排卵の辺りから生理開始二日目までの二週間、時々痛くなります。若い時は生理の頻度が3~4か月に一度だったので(多嚢胞性卵巣症候群)、ロキソニンを飲んでもあまり錠数は気にならなかったのですが、40過ぎてから生理間隔が短くなって、早いと一か月に一度(普通なんですけどね)来てしまうようになりました。
     そうなるとロキソニンを飲む頻度が上がってしまい、結果的に一か月に10錠も消費するようになってしまいました。
     2年ほど前に産婦人科医に「ブスコパン」を併用するといいよ、と教えてもらいました。ブスコパンは鎮痙薬で通常は胃痙攣のような痛みに使うものですが、子宮の余計な攣縮にも効果があるようです。あまり知られていない効用ですが、ロキソニンは耐性をもってしまうので、使い過ぎると効かなくなるから、併用した方がいい、と言われました。(ブスコパンは市販薬なので薬局でも買えます)
     ブスコパンを使い始めた頃は良かったのですが、やはり痛み自体が強くなってきたようで、ブスコパンもロキソニンも使う、しかもロキソニンは月に10錠も、、、という状態になったので、ピルを使う事にしました。
     ピルの効果はとても良く、使い始めて二ヶ月目にはブスコパンを使用中止、ロキソニンも5錠以内に落とす事が出来ました。今は一か月に5錠以内で過ごしています。

     ピルについては沢山情報があるので、もっと知りたい方は調べるといいと思います。日本はピルについて後進国と言われており、また産婦人科医が不足しているせいもあるのか、新しい情報もあまり入ってきません。医療事故もたくさん起きており、気になっている分野です。

     昔の女性と現代女性は大きく変わりました。昔は7~8人も子供を産んで、平均寿命も今より短かったです。でも今は私のように全く産まない人も増え、産んでも一人とか。当然生涯の生理の回数も今の方が多いし、母乳をあげなければオキシトシンというホルモンをあまり作らなくても良くなりました。そして閉経してから長く生きなければならなくなりました。50歳で閉経すれば、残り30年もの間、女性ホルモンが減少した状態で生きなければなりません。
     「自然」に任せれば、色々な弊害が起こる事は不思議ではありません。私が一番懸念しているのは、骨粗しょう症などに代表されるような、筋骨格筋の変化です。放っておけば様々な問題を引き起こし、とても生き辛くなってしまいます。
     ですから人工的にコントロールする事は現代では必須ではないかと思います。

     また更年期の低用量ピルはがん予防にも効果があるようです。
    http://fujinka.ogyaa.com/pill/cancer/index.html
     

     むしろ飲んだ方がいい、というわけです。

     若い女性の体はエストロゲンに守られていますが、更年期を経てエストロゲンはぐぐぐぐーっと減ってしまうので、年を取った女性の体は沢山のリスクに晒されてしまいます。ですから私は閉経したらホルモン補充療法をやりたいと思っています。あちこち骨折しながら残りの人生を生きていくのは嫌なんです。
     ホルモン補充療法はまだ一般的ではないので、情報に注意していきたいと思います。 

     そうそうこんな記事を目にしました。
    http://mess-y.com/archives/17089
    布ナプキンの話ですが、ピルにも触れられています。

     アトピーの患者さんで生理に影響されてアトピーが悪くなる患者さんがいて、ドクターマセソンは低用量ピルを処方してアトピーの湿疹コントロールに用いています。普通の人でも生理の時に神経が興奮してイライラしたりするわけですから、アトピーの人が神経が興奮して炎症を引き起こしたとしてもおかしくありません。
     私がもう一つ懸念しているのは、重度のアトピーの患者さんはストレスに長くさらされて生きてきており、それによりホルモンバランスが狂っている可能性がある事、また低用量ステロイドを長期間体内に取り入れ続けてきた(皮膚に塗り続ける)事による根が深いホルモンバランスの崩れがあるのではないかと思います。
     ですから低用量ピルをアトピーの治療に用いるのは、合理的と思います。実際、効果も出ていると聞いています。
     渡米治療した患者さんで生理によるアトピーのトラブルを抱えている人は、もしもうそこそこの年であれば、結婚して妊娠、出産をするのも荒療治かもしれません。妊娠、授乳中は生理来ませんし、ドクターマセソンがまだ診察してくれる内に産み終えてしまう方が安心じゃないですか?ドクターストップがかかっている人はだめですが。
     高齢出産のリスクも大きいので、アラサーの方は妊娠出産を体の治療の一環として捉えて、人生をデザインしてもいいかもしれません。アラサーなら明日妊娠しても体にとって「早すぎる妊娠」ではない筈です。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     本文と無関係ですが、このブログのFC2の社長が逮捕されてしまい、FC2、どうなってしまうのか、とちょっと心配です。記事の量が多すぎて、引っ越しも面倒くさく・・・。昔、突然記事が消されてしまった事もあったので、ある日突然FC2ブログ全部がなくなってしまう事もあるのかも、と、ちょっと心配です。

    カンジダ

     風邪症状も落ち着きました。
     風邪、というより、ヘルペスだったみたいで、頭が重い感じ、頭が重い感じから来る軽い吐き気、だるさ、それらがアシクロビルを飲み始めたら急速に症状が消えていきました。。。風邪っぽい症状が出る人がいる、と聞いていたけれど、まさにこれだったのかぁ、と実感しました。寝込んだりしていたのですけど、早く薬を飲めば良かったです。
     職場で少し移動があったので、疲れが出たのかもしれません。ちなみに同僚は口唇ヘルペス出していました。今、季節の変わり目で出やすい時期でもあるように感じています。

     今日はちょっと下系の話になりますので、続きを読む以下に書きます。
     男性のも女性のも一緒に書いてしまいます。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    続きを読む

    風邪かな

     ここのところちょっと体調を崩しています。
     記事をちゃんと書く気力も体力もない、というか。。。読む事は出来るのですが、書くところまで行きません。
     脇腹のヘルペスもなにやら動いているようで、痒いなぁ、と思います。体調を如実に反映してくれますね。最近は薬を飲まなくても休むだけで良くなる事が多いのですが。
     そんな事情もあるせいか、最近、メールを頂いても返事がちょっとそっけなくなっているかもしれません。申し訳ありません。

     つらつら日記は通常1時間以上費やして書いているので、なかなか骨が折れるのです。
     にもかかわらず、ブログランキングは落ちていってしまいますし。
     ランキングの順位よりもアクセス数の方が大事だと思っていますが、ランキングが下がるアクセス数も下がってしまうので、それが気になります。
     アクセス数が下がると、検索でヒットもしにくくなり、アトピーで本当に苦しんでいる人がドクター達の治療を知る機会が減ってしまいます。私もそうでしたが、ドクターマセソン達の治療でないと絶対に治らない、と思われるアトピー患者の人達が確実に存在します。治療の存在を知った上で治療を拒否するのは構わないのですが、治療を望んでいる人たちにも同時に届かなくなってしまうのを思うと胸が痛むので、ランキングの順位はある程度大事だと思っています。
     ご協力、よろしくお願いします。

     今日はこの辺にしておきます。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。