プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    完治までの道程3

     前回も書きましたが、正直、ここまで良くなると思っていませんでした。
     もともと0歳の頃からアトピーだったし、10年も皮膚の8割以上、異常な皮膚に覆われていたせいもあって、「正常な皮膚」というものの定義が実感としてよくわからなかったのです。

     渡米中の経過も、早い人はどんどん良くなるそうですが、私は炎症こそなくなり、確かに脱皮もしましたが、皮膚が厚くなった実感、というのはあまりなかったのです。
     でも眠れるようになったり、冷え性が治ったり、胃腸も元気になったような、そんな実感があり、全身状態が良くなったのはわかるのですが、痒みも残っていたし、こんなもんかな~?という感じでした。
     帰国後も正直、そんな感じが続いていて、しかも帰国後2ヶ月くらいでショートバーストだし、元の状態には戻らないものの、このまま行ったり来たり、の繰り返しなのかな?と思っていました。
     皮膚の方は、今思うとシワが深かった所も徐々に浅くなり、着実に厚くなってきていたんだと思うのですが、痒みもすぐに出るし、1年を過ぎても夜中に掻いているのを夫に指摘されたりして、まだ痒みが消えきっていないんだな、と思っていました。
     評価の基準のつもりだった1年を超えても、3歩歩いて2歩下がる状態を続けていたので、ボチボチ?なんて思っていましたが、1年2ヶ月頃、突然皮膚が厚くなってきたのを感じ始めました。バクテリアなんかに反応するのが鈍くなってきたのと、もっちりしてきた感じがしたのです。アレルギー注射がやっと効果を表してきたみたいですね。私の場合、遅かったんだと思います。
     その後は徐々に実感として皮膚が厚くなってきたり、痒みも減ってきました。最近は夜中に掻いている事もないようです。
     自己管理法についても、バクテリアからの身の守り方や、自分に合った洗浄剤を見つけていく事なども、この2年の間にわかり、日常のペースに取り込んでいく事が出来ました。
     これは家族の協力も必要でした。夫は協力的だったし、私の食べ物アレルギーへの協力、洗濯機買い替えなども快く受けてくれました。感謝です。

     こうしてみると、私は自分がいかに「難治性」のアトピーだったかわかります。温泉療法、その他の民間療法にいくら時間とお金を費やしても、おそらく治らなかったでしょう。
     民間療法で治る人、というのは、見た目は酷く見えたとしても、問題の根がそれほど複雑ではない人のように思いますから、私とは違うタイプの人だと思います。
     今でも朝使ったタオルを昼に使えば痒くなりますし、シャンプーもいい加減にすすげば、額に赤みが出ます。再発予防に努めているから、良い状態を保てるという事がわかります。
     アトピーは原因不明なのではなく、生まれもっての過敏な体が環境の何かに反応して起こる、という事を実感しています。
     皮膚の新生のスピードも年齢のせいやおそらく体質のせいもあり、遅い方だと思います。
     この2年、何度も不安に思いました。この程度がゴールなんじゃないか、と。
     でも、今はあぁ違ったな、と思います。
     そして、こんな体質の私であっても完治に至ったという事は、他の方も十分治る、という事です。

     だから何をやっても治らない、と思っている方、それは違うとはっきり申し上げたいです。
     適切な治療とその人のトリガーの除去をしなければ治らないだけです。何かをやって治らないのは、それが原因と結びつかない、適切ではない方法だからです。
      
     ようやく今に至り、終結、と思っていますが、アトピー体質は変わらないないし、次は再発させないようにして、コントロールしていく事が課題です。
     アトピーは良くなったけれど、世の中にはたくさんの病気があり、アトピーはその中のたった一つに過ぎません。アトピーコントロールのみならず、他の病気にも気をつけていかなくては、と思います。
     病気は予防していく方が楽で安い!
     これがアトピーを通して学んだ事の一つです。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    完治までの道程2

     続きです。

     保湿はずっと一日に2回お風呂に入っていました。途中で一度やめたけれど、悪化してきた時に2回入浴を復活させました。でも今年の4月位から朝はシャワーだけにしています。

     ステロイドの塗り薬Tac500gは、丁度1年で使い切りましたね。2個目を今使っていますが、一年位たつのに半分も減っていないです。薬は早めに使っているので、ケチっているつもりはありませんが、不要になってくるんですよね。使用量が激減する、というか。もう最近は使っていないですしね。

     そして最後がヘルペスがトリガーでしたね。
     これはアシクロビルを飲んで対応していますが、アシクロビルを飲み始めて、全体に一気に調子が良くなったように思います。ヘルペスがいつも皮膚を刺激していたのか、それが無くなったので皮膚も厚くなりました。おかげでちょっと位の刺激なら問題なく過ごせる様になりました。例えば、衣服の縫い目の刺激とか、ちょっと位の汗とか、平気になりましたね。

     帰国後、ショートバーストをする人は2~3割だそうなので、私は明らかに経過があまり良くなく、間違った治療も原因だったと思いますが、真性のアトピーでもあったと思います。
     それでも科学的に一つ一つクリアしていけば、確実に良くなる、というのを実感しました。医学、すごいです。
     正直、行く時はここまで良くなると思っていませんでした。第一、完治状態に至るのはきっと全体でもわずかな%で、渡米時の状態から6~8割改善すれば御の字かな、位な気持ちでした。
     ところがところが、滑らかになるものですね~。おそらく生まれてから、一番良い状態だと思います。

     あと体も丈夫になりました。
     この間久しぶりに風邪を引いて、あんまり家事が出来ない~、寝かせてくれ~、と夫に言ったら、
    「そう言えば、丈夫になったね~。」
    と言われました。
     そうそう、結婚してから一年位はふらふらで、朝もよく夫を送り出すまで持たなくて、朝食を用意してすぐに寝かせてもらったり、夕食が作れなかったり、夫が帰宅して、
    「ずっと寝てたの。ごめん、何もやっていない」
    という事もよくありました。
     でも帰国後は、2度寝は良くあるけれど(笑)、夕食が作れなかった事は一度もないですね。一日中ベッドにいる、という事がないです。
     いかにそれまで炎症に体力も気力も奪われていたか、という事ですね。

     冷え性も治りました。渡米時は、湯たんぽをどうやって持っていこうか頭をずいぶん悩ませました。6月まではいつも湯たんぽを使っていたし、場合によっては7月8月もエアコンを止めて湯たんぽを使ったりして寝ていたので、驚きです。
     今年の冬は、湯たんぽを3回位使ったかな。靴下を履いて寝るのは嫌いなので。

     体力的にもいろんな不快な症状に関しても、改善されたと思います。アトピーとリンクして、ずいぶん苦しめられていたんだな、と思いました。



    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    完治までの道程1

     アトピーが完治するまでの道程を、まとめてみたいと思います。
     渡米中の事は、日記に詳しく書いてあるので、帰国後の事から。

     帰国後ショートバースト(ステロイドのスポット的な内服)は2ヶ月毎位にやっていました。最後にやったのは今年の冬が最後でした。
     帰国後、初めて悪化したのは夏場のスリッパが原因でした。なので足から始まり、あれよあれよという間に広がったのを覚えています。でもこれでバクテリアにとても反応しやすいのがわかり、清潔を心がけるようになりました。
     あとトリガーとしては排卵。
     食べ物アレルギー。魚介類がダメな私は、初め、姑に魚介類にアレルギーがあるのを打ち明けられず、クラリティンを飲んで挑んでいましたが、無理していると夫の実家に行くのが嫌になってしまう、と思い、思い切って姑に話して、理解を得ました。メデタシ、メデタシ。
     これをきっかけに、食べ物を無理して食べるのはやめました。たとえ旅行でも。
     他に、外食時や買ったものの中に魚介類が含まれていたり、サプリメントに反応したり。サプリメントのカプセルに反応したりしていました。コラーゲンとかもダメでしたね。CoQ10も、ローヤルゼリーもダメでした。何となく、元気が出る、とか、きれいになる、体内の脂肪を燃焼させるようなものとか、原材料に魚介類を使いそうなものとか、そういうのがわりとダメですね。なので、食べ物でせっせと取る事にしています。サプリメントは結構しっかり蕁麻疹が出るので、要注意です。。。
     手湿疹は、タオル交換など、バクテリア対策が要でしたね。詳しくはカテゴリの「手湿疹」をご覧ください。 
     接触性のアレルギーとしては、額や首のシャンプーが原因の皮膚炎に長い間悩まされましたね。でもこれも、今年の春頃に制覇。ゴムは正直、グレーゾーンなんです。今でも・・・。

     空気中のアレルギーで検査に反応したのは、スギ花粉、草の種、ハウスダストが強く出ました。あとは、猫がちょっと。ダニは無かったです。
     アレルギーの治療が効いてきた、と一番実感できたのは、1年2ヶ月位たった頃かな。それと今年のスギ花粉。途中まで症状が出ていたのだけど、途中から止まりました。

     クラリティンは帰国後の1年、アレルギー注射が効いてくるまでは、わりと頻回に飲んでいたように思います。あんまり記憶がないのですが、空気中のものにも反応していたし、食べ物アレルギーのじんましんも食べるまでわからなくて、がんがん出していたので。
     でも最近はあまり飲まなくなりました。頻度にして、月に一度位かなぁ。おかしいかな?と思ったら、まず飲むようにしているのですが、そんな事もあまりないので。

     次回に続きます。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。