プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    独断と偏見で2

     肉・油・白砂糖で痒くなるという人は、前提が心配です。
     私の経験からですが、炎症などで体力がものすごく落ちていて、痩せてしまっている人がこれらを食べると、体が元気になって、炎症も元気になるのです。
     それと逆に肉・油・白砂糖をやめて良くなったという人の場合は、それまで余程酷い食生活をしていたか、肉か何かにアレルギーを持っていた人だろうと推測します。
     今は自炊しない人や家庭が増えていて、不健康な生活をしていたら何らかのトラブルが起こっても不思議ではありません。不健康な生活をしている人がおそらく吹き出物か何かができ、そこへ何かに感染して、アトピーとどこかで診断されていたとしたら、その人は自分が「アトピーなんだ」と思い込んでいるに違いありません。そこへ食事療法を取り入れて健康的な生活になったら、肌トラブルは改善するでしょう。それでその人は「食事を変えて治った」となるわけです。
     でもそれは元々アトピーでは無かったのです。
     それを聞いて私のように遺伝子レベルでアトピーの人がこれらの食事療法を取り入れたらどうなるか。治す体力を落とすだけです。
     良質で高価な油に切り替えるのは、コストがかかるし、外食も出来なくなるので、自然と食事摂取量が減ってしまいます。白砂糖もしかりです。何しろめんつゆにだって入っていますし、市販の煮物にも入っています(あ、でもブドウ糖果糖液とか別の安い糖液かな。本みりん使ったら高価になってしまいます)。

     アトピー患者が求めているのは、健康な人が健康を増進する生活方法ではなく、今ある痒みや熱感、痛みを治してくれる治療法です。浸出液が出ているのを止めて健康な肌にしてくれる医学的措置ではないでしょうか。

    (ところで今回、ドクター牧○のアトピー何とかというHPを見ましたが、ちょっと驚きました。瀉血ツアーとかやっているんですね。
     プロフィールを見ましたが、熊本大学医学部を卒業されているようですが、何科でどこの病院に何年居た、とかHPでは経歴がわかりませんでした。HPを見ると、主にアトピー患者を対象にした病気で悩んでいる患者に対してサプリメントを売っていらっしゃるように見えます。(そのビジネスモデルを見てか、サプリメントをアトピー患者に売る医師が出てきているのが気になります。)私の目には何だか弱みに付け込むビジネス商法そっくりで、モラルに疑問を感じました。
     HPの内容は正しい所と奇妙な所があり、辻褄が合わない所が誤魔化されています。信じてしまう人がいるのも無理ないかもと思い、正直、怖いなと思いました。
     医師が王道を外れ、患者に王道以外の商品を売るのは患者にとって危険です。医師が王道を外れるにはその医師なりの理由があるわけですから(犯罪に手を染めた過去があるかもしれません)、経歴をチェックしたり、治療法を吟味する必要があります。)
     
     食べ物に関しては、アレルギーの点だけ気を付けて健康的な食生活をすればいいと思います。
    スポンサーサイト

    アトピーの栄養不良

     アトピーの食事というと「肉抜き 油抜き 砂糖抜き」とよく書かれています。そのために多くの患者さん達が実践し、栄養不良に陥っています。酷い例になると低血糖状態が続いて、脳にダメージも出るケースがあると聞きました。またあまりに栄養不良が強い場合は薬が効かなくなります。ですから食事療法は実は注意深く行わなくてはなりません。

     仮に「肉抜き」の生活をしたとしましょう。
     一日に必要なたんぱく質の量は男性だと中等度で体重辺り1.147g、女性だと1.144gです。男性が体重65kgとすると一日に74.5gほど、女性で体重50kgで57.2gと出ました。(こちらを参照しました)これをたんぱく質含有量の食品一覧と照らし合わせてみましょう。http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/protein.htmlこの表はどうやらその食品100gに含まれるたんぱく質量のようです。イワシは一匹頭が付いて70g位で計算すると食べる部分は頭を落とすので50g位でしょうか。イワシ100gに対してたんぱく質は25.8gです。男性だと74.5gのたんぱく質をイワシだけで取ろうと思うとイワシが290g位必要なので5~6匹必要になります。ちなみに15才の子供の場合、体重辺り1.496g必要なので、イワシはもっと必要ですね。
     必要な栄養素の量は年齢や仕事などの活動量によっても違います。一日中家で過ごす人とスポーツ選手とでは違うように、です。また病気によっても違います。
     
     肉は良質なたんぱく質といわれています。良質かどうかは「アミノ酸スコア」というものによって決まるようです。スコア表を見ると肉・魚は100で差は無いようです。成人男性だと豚挽き肉だけでたんぱく質を取ろうとすると400gが一日の量になります。

     ご飯やパン、野菜などにももたんぱく質は少しでも含まれますから、一日合計で摂取できればいいのですが、やはり摂取効率になると肉・魚などは大切です。
     たんぱく質は皮膚を作るためにとても大切な栄養素ですから、きちんと取らなくてはいけません。

     で、肉抜き料理を作るとすると、先ほど書いたようにイワシだと男性で一日5~6匹必要になってきてしまうのです。半分の3匹だとしても他の3匹分を別の何かで補わなくてはいけません。それと毎日何らかの魚を取らなくてはいけません。
     魚にはいろんな種類がありますが、最近聞かれるのは魚の値段が高い事です。お刺身なんかちょっとでかなりの値段ですし、切り身だと一枚100~150円位で手に入るものもありますが、一枚150円の切り身を家族4人で二切れずつ食べたら魚だけで1200円です。焼き魚にした日には、他の料理は野菜を刻んで市販のサラダドレッシングにだしの素で作った味噌汁でしょうか。これだと添加物も取りますね。他に納豆やお豆腐なんかかな。
     肉だと調理が簡単で特価を狙えば値段も安く、野菜を入れたボリュームのあるおかずが作れます。夜、仕事を終えて5時6時に帰宅する主婦にとっては、肉は調理に強い味方の筈です。毎日続けるためには価格や調理の問題も見逃せません。

     肉抜きで一日のたんぱく質量を満たそうと思うと結構頭を使わなくてはなりません。更に油抜きにすればもっと調理の幅は狭まりますし、特にビタミンAは脂溶性で油と相性がいいのですが、油抜きだとビタミンAの摂取効率が下がります。でもビタミンAは皮膚の構成に大切な栄養素で欠乏すると皮膚が乾燥しやすくなったり皮膚細胞の抵抗力が弱まったりと、アトピーにはマイナスになるのです。

     肉抜き、油抜きをやると摂取カロリーがどうしても下がります。そこへ「砂糖抜き」です。アトピーの人が栄養不良になるのは当たり前の話、という事になります。

     肉抜き、油抜き、砂糖抜きの食事療法とアトピー改善の因果関係も私にはわかりません。単純に日本人より欧米人のほうが肉・脂・砂糖をたくさん取りますから、因果関係があるのなら彼らにこそアトピーが多発していなければいけませんが、そんな感じは全くありませんよね。

     真面目に「肉抜き 油抜き 砂糖抜き」を実践して脳にダメージが残ってしまった場合、これは後から取り返しがつきません。また子供に行えば成長発達にもダメージを与える可能性があるものです。
     ですから除去食は安易に行うべきものではなく、本当に除去食が必要かどうかを判断して、もしアレルギーなどの関係で本当に行わなければならないようなら、常に必要栄養素量を確認しながら行わなければなりません。

     重度のアトピーの人は栄養不良の人が多いと思いますが食べないと治りません。体力が無ければ治らないのです。もし間違った食事療法をしていたらただちにやめて欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    体力低下について

     最近、「渡米したいのだけど体力低下が酷くて…」というメールをいくつか受け取りましたので、これについて。

     まず、とにかく食べてください。

     明らかにアレルギーと分かっているもの以外は、きちんと食べてください。

     アトピーは消化器の病気ではありません。ですから、食べられる筈です。

     体がしんどいと食欲も落ちくるのはわかります。私もそうでしたから。それが重なると、体重が落ち、体力がどんどん落ちてきます。食べる事自体が、しんどくなったりもします。箸の上げ下ろしもしんどいほどになるかもしれません。
     でも、食べてください。でないと、治るものが治りません。
     前にも書きましたが、栄養状態が悪い方は、薬が効きません。治る力もなくなるのです。
     食べて体力をつける事が、治療への第一歩だと思ってください。

     渡米してドクター達の治療を受けたい、と思ったら、食べて体力を付けてください。アメリカに、ポートランドに着かなかったらどうしようもありません。

     アトピーは、強い炎症や痒みを主な症状としますから、何もしなくてもかなりエネルギーを使われてしまいます。炎症って、すごく体が疲れるのです。しかも痒みで眠れないですしね。
     ちなみに水分もすごくとられます。熱も水分も皮膚表面からどんどん抜けて行ってしまうのです。
     渡米前、ワセリンを使っていた時もありましたが、皮膚が塞がれて熱がこもってしまい、かえって辛くなったのを思い出しました。治療後はそんな事はなかったですが。
     ですからアトピーが酷い人は、水分も不足しやすくなると思います。水治療が良い、と言う人がいるのは、そのせいなのかもしれません。

     渡米する方の多くが、体力が既に弱っていらっしゃるように思います。
     私が知っている方でお一人、歩行も難しいかも、という事で、ドクターが、日本から付き添いがあれば治療依頼を受ける、という条件になり、奥様が付き添われて行かれました。現地で元気になって、奥様と楽しまれたようです。
     その時、アトピーのために新婚旅行も行かれなかった、という事だったので、奥様に、
    「新婚旅行みたいになりましたね」
    と言ったら、
    「治療と新婚旅行は別です~っ!!」
    と言われて、笑いました。
     歩行困難だったのに、すっかり笑い話になりました…。
     
     あとは渡米前のカウンセリングの茅ケ崎に辿り着くのが大変で、結構皆さん、休み休み行かれたり、渡米の時は、成田で一泊してから行ったりしているようです。

     私も一番酷い時は、箸の上げ下ろしが辛くなって、一口食べる度にため息でした。泣けてくるし。。。泣けてきて、また更に食べるのが嫌になって、家族に当たって、落ち込んで、また更に食欲がなくなり…。
     ご相談頂くまでそんな事があったのも忘れていました。
     確かに、当時を知っている友人は、
    「言えなかったけど、拒食症だと思っていた」
    と言っていた人が、何人もいてびっくり。私に言ってくれた人が何人もいたって事は、言えなかった人は何倍もいたって事ですよね。

     今はもう、そんな頃の面影もなく、普通の立派な中年です。だから当時着ていた洋服を見て、びっくりしますけどね。服、5号とか3号でしたから。
     まさか肥満を気にしないといけない日が来るなんて、思ってもみませんでした。
     結婚前の写真を夫と見ていて、やっぱり
    「詐欺じゃん」
    と、言われました。
     笑い話になる日が来るものですね。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
     

    食事制限2

     食事は人間が人間として活動していくための根源の力です。
     必要なカロリーや栄養素は、年齢によっても性別によっても、仕事の内容、活動状況、身体状況によっても異なってきます。
     アトピーは慢性的に炎症があり、常にストレスフルですから、普通よりも少し多目くらいでいいです。治る為には、体力のためにも皮膚を作るためにも栄養素が必要です。
     動物性のたんぱく質は、とても効率よく摂取できて、体にとって優れた働きをします。
     問題なのは、偏食や過剰摂取です。けれど10代~40代くらいは適度にきちんと摂取しなければ、体が動かなくなります。
     最近問題と言われ始めたのが、高齢者の肉嫌いです。高齢者は嗜好的に油分を嫌がる傾向になってきます。確かに必要な量は減ってきますから、たくさんとる必要は無いのですが、中には徹底して食べない人もいて、たんぱく質や脂質などが不足し、健康障害の元になります。なので適度に食べる事を勧められる様になってきました。

     肉・白砂糖・卵・乳製品などを否定するその根底にあるのは、医学や栄養学ではなく、ほとんど「思想」のような気がします。「思想」でアトピーが治るでしょうか?
     私達アトピー患者が最も必要なのは「治癒」「治癒状態」であり、思想ではないのではないでしょうか?

     ベジタリアンになる人の中には環境問題などを考えて、という人も中にはいます。でもそれは体力的に余裕がある人が考える事であって、アトピーが重症化している人が言っていられる余裕はないと思います。
     環境問題は複雑ですから、肉を食べるのをやめればいい、という問題でもありません。本気で環境問題を考えるのなら、選挙の時に環境問題をしっかり考える政治家に投票する、とか、同じものを買うにしても、環境問題に取り組んでいる企業から多少高くてもそちらの製品を買う、とか、もっと勉強して、環境に害になりにくいものを選ぶ、など別の視点もあります。

     ファッションの様にいろんな食事療法がはやったりします。でもそのほとんどは、丈夫な消化器を持った人しか楽しんでやってはならないと思います。
     体調が良くなった!という人は、大抵もともとタフな人で、睡眠時間が短く、外食ばっかり、お酒もたっぷり、吹き出物が出たり、便秘だったり、でもこれですごく体調が良くなった!と言います。
     私から見れば、それだけの生活をしていてその程度しか体が悪くならないって、余程消化器が丈夫なのね、という感じです。私は、体が丈夫なタイプではないので、もしそんな酷い生活をしたら、吹き出物や便秘、多少の慢性疾患ではすみません。倒れて救急車でしょうね。
     真似していい人と真似してはいけない人がいるのです。
     全ては基本に返り、きちんと栄養学の見地からどうなのか、自分の生活状況や体調はどうか、それらと合せて考えるべきです。
     極端な食事療法は、病気の人に決して勧めてはいけません。病気の人は千差万別の状況があって、中にはわらをも掴む思いの人がいるのです。そこに間違った方法を勧めたら、死をももたらす事になりかねません。勧める人は善意でしょうが、何か起こった時に、どんな気持ちになるでしょうか。
     
     時々アトピーで有名な病院、というような所で食事療法を勧めるようなところがあるようです。
     中には強力に除去食を勧める病院もあり、結果、深刻な事態をもたらす事も少なくないのです。
     今の時代、いろんな人もいますから、いろんな医師もいます。医師免許は一度取ったらずっと有効なので、医師免許を取った後に性格や精神的に問題が出てきても診察を続ける事は可能なのです。それを念頭に置いて、医師を見ることも大切だと思います。

     アレルギーに関しては何度も書いていますが、血液検査は当てになりません。血液検査で出てもアレルギーが実際には起こらない、なんて事は普通です。
     ドクターベイカーの所では皮内注射で反応を見ますので、安全且つ確実にアレルギーを知る事が出来ます。食べ物の検査も出来ますので、大豆や小麦粉など、頻回に口にするような食べ物に不安がある人は、渡米の時に検査してくるといいでしょう。

     どんな事でもそうですが、固執するのは良くありません。今まで食事療法に固執していても、この記事を読んで無意味だ、とわかれば、次の食事から普通に戻せばいいだけです。

     一番大事なのは、治る事、です。食事制限ではありません。どんどん切り替えていきましょう。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     「他の患者さん」でも書いた、マカロンちゃん(旧:My Happy Ending)が帰国しました。経過も順調で元気そうです。
     ブログを書いていらっしゃいますので、リンクします。皆さんの参考になさってくださいね!


    Angel Sphere



    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    食事制限1

     アトピーの人で、食事制限をしている人はかなりいると思うけれど、どうやらそれがとても深刻化しているらしいです。

     以前からいろんなHPで肉・乳製品・白砂糖・油分などの摂取はアトピーに悪い、それらが毒になって蓄積している、などなど間違った情報がそれらしく書かれ、実践している人も多いようですね。
     これらを本気で実践している人達は、当然ながら体重が落ちます。しかもちょっとやそっとじゃなく、ほとんど拒食症に近いような体型の人も少なくありません。
     こういった極端な食事療法によって起こる、深刻な問題がいくつかあります。その中の一つが低血糖による脳障害です。
     これらの食品を制限していると、体に必要な栄養素やカロリーが不足してきます。体は常にお腹がすいた状態で、血糖値が下がります。低血糖状態、という状態になります。それは普通、食事の時間になって食事によって栄養分が補給され、血糖値は正常になりますが、食事制限をきつくやっている人は、この血糖値がうまく上がらず、慢性的に低血糖の状態が続きます。
     この低血糖によってダメージを受けるものの大きな臓器が「脳」です。脳はブドウ糖をたくさん必要とします。お腹がすくと仕事や勉強などがはかどらなくなりますね。ブドウ糖が不足してくるのです。
     ところが食事制限によって、低血糖状態が続くと、脳が慢性的に糖分が不足しついに働きが悪くなります。そうして脳障害という状態になっていきます。
     脳障害が起こると、これはほぼ、不可逆性です。つまり、治りません。
     アトピーは治りますが、脳障害は治りません。
     厳しい食事制限をしていて、物忘れがひどい、集中力が無い、理解力が不足する、などの症状は、脳障害の恐れがあります。思い当たる方、いらっしゃいませんか?また妙に精神が高揚したり、活動が活発になっている人もいます。本人は気がついていないかもしれませんが、周りには分かります。
     とにかくアレルギーの問題だけを整理して、無意味で且つ、有害な食事制限はやめましょう。

     またアトピー治療に当たっても深刻な問題になります。
     ひどい低栄養状態の人には、薬が効かないのです。

     私も病院で経験があります。
     拒食症の患者さんが入院してきました。吐き気を訴えましたので吐き気止めが処方されましたが、効きません。追加しても効きません。彼女は抗生剤などの薬なども効果を発揮しませんでした。
     確か拒食症の患者さんで「薬が効かない」という人は数人いたような気がします。
     当然、渡米してドクターの治療を受けても、治療が効果を発揮しません。薬が効かないのです。
     食事制限をしている人は、増えてきているのか、ドクターも困っているようです。

     低栄養状態にある人が風邪を引いたり、交通事故にあったらどうなるでしょうか?
     普通の人では考えられない深刻な事態になる事も十分ありえます。

     若い人でベジタリアンに憧れて、動物性のものを絶つ人もいるようですが、日本ではまだベジタリアンの歴史がほとんどなく、代替食品の数も不足しています。海外のいわゆるベジタリアンの人たちでも、いろんなタイプのベジタリアンがいて、代替食品を使ってたんぱく質などが不足しない様に気をつけていたりします。
     ただ単に動物性のものをやめるわけではないのです。

     時々、食事制限をし始めたらアトピーが楽になった、調子が良くなった、という人もいます。確かにアレルギーの問題があった人がそれをやめたので、それで調子が、という人もいますが、そうではなく、低栄養状態で生命維持がやっとの状態の人の場合、炎症や痒みを起こす力もなくなって、それでアトピーが良くなったように感じる、という場合も少なくありません。食べ始めて低栄養状態を脱すれば、炎症や痒みを起こす体力が戻ってくるので、酷くなったように感じるのです。
     私も思い当たります。
     まだ酷かったとき、食事制限ではありませんが、風邪を引いて寝込んだ時、炎症と痒みが楽になるのです。

     正しい理由に基づいていない食事制限は、やめるべきだと思います。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。