プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピーと婚活

     私の結婚は今思えば、婚活によって実を結んだものです。
     で、結婚後、です。

     ご存知の通り、私のアトピーは悪化していきました。
     仕事はアトピーの事もあったし、家事負担の事もあったので、徐々に絞りました。

     結婚して思った事。
     洗濯物の量って、2倍になるのね。
     汚す人がもう一人いるって事よね、という事でした。

     つまり一人暮らしの時に比べて、家事の量が倍増する、という事です。

     結婚した時は、私はまだ仕事もしていたし、夫に家事を手伝って欲しかったので、まずお風呂掃除を頼んでみました。
     すると夫は不機嫌。
     一度か二度、思いっきり不機嫌そうにやってくれましたが、はっきりと
    「仕事でヘトヘトになって帰ってきて、それから風呂掃除なんて、できない」
    と言われました。。。

     確かに夫は疲れて夜帰宅します。見ていても疲れている、とわかるのだけど、私は私で自分の体もしんどかったので、家事に協力的になってほしかったから、せめてお風呂を洗う位やって欲しかったのです。
     けれどそれは無理だ、と悟りました。それ以上頼んでも、夫婦関係を悪化させるだけだと思いました。

     夫の名誉のために言いますが、夫は優しい人です。
     でも、今のサラリーマンは正社員をぎりぎりまで絞っているために、残った正社員にかかる負担がすごい所が多いと思います。うちもそうで、会社で働いている間は強いストレスがかかり、なおかつ昼食も食べられない時があるほど働いています。
     その夫に
    「お風呂を洗って」
    「家事を手伝って」
    というのは、無理な話だったのです。
     ましてや夫は体力がない方だったので、余計です。
     夫は一人暮らしなら問題なく暮らしていける人ですが、要するに、私の世話までする体力がない、というわけです。
     週末なら洗濯位はやってくれますが、待てない家事が多いですよね。平日は忙殺され、週末は家事でへとへとに、なんて事を夫に要求はできませんでした。

     体が弱い者同士が結婚した場合、どうしても家の中は汚くなります。
     とはいえ、アトピーの場合は皮膚から落ちる粉がすごく、放置すればあっという間にダニのえさになり、ダニが急増してしまいます。放置しておくわけにいかないのです。
     お風呂も普通の人なら二日に一度洗えばいいかもしれませんが、アトピーの場合、落ちた皮膚が湯船にたくさん付着してしまうので、毎回洗わないといけません。
     夫は家の中の汚れは我慢する、と言ってくれましたが、私は気が気ではありませんでした。実家の私の部屋で、畳の上にダニが大発生した事があり(私の皮膚がエサ)、毎日殺虫剤を使ったりして大変だった事があったからです。
     洗濯ものだってどんどん溜まっていきます。保湿剤がべっとり付き、掻き傷から出た血が付着したような衣服を夫の休日の週末まで放置するわけにもいきません。
     体調が一週間に一度でも楽になる時が来ればいいのですが、そんな日は来ないのです。
    朝起きて
    (今日も無理…)
    と思う日々が幾日も続きました。情けなくて泣けてきました。

     正直、お先真っ暗な気分になりました。

     専業主婦になっても自分では家事ができない、夫も出来ない、放置する事も出来ない、となれば仕方ないので、実家に電話して母に相談しました。
     すると母は私の姉と一緒にすぐに来てくれて、二人で洗濯ものをかたずけ、掃除もしてくれました。その時は本当に有り難かったです。
    「またいつでも言ってくれればいいよ」
    と言って帰っていきました。感謝の気持ちでいっぱいです。家族って本当に有り難いなぁ、と実感しました。

     たった二人の生活も切り盛りする事が出来ない…。

     このままこの状態が続けば、と思うと、うちの両親との同居、あるいは別居や離婚も考えるようになりました。
     結婚して1年もしない内に動けないような状態になりましたから、夫には本当に申し訳なく思いました。夫はごく普通の結婚生活を望んだだけだったのに。
     入籍してしまったので、別れるとなれば離婚になってしまいます。結婚には社会的な側面が大きくありますから、離婚となれば、夫を精神的にも社会的にも傷つけてしまいます。
     時間を戻して結婚をなかったものにできたら、夫は違った健康な人と結婚し、普通の結婚生活ができたのに…、と本当に思いました。

     アトピーが原因で離婚、というケースはたくさんあると思います。
     またお子さんがいらっしゃる場合は、もっと確率が上がると思いますし、中には子供さんを自分で育てる事が出来ず、一緒に暮らせなくなるケースもあると聞きます。
     私が結婚してすぐに妊娠していたら、おそらく出産後は、誰かに託さざる得なくなっただろうと思います。

     なのでアトピーで婚活中の方には、アトピー治療(ドクターマセソンの治療)を優先してほしい、と思います。
     結婚したら何とかなるだろう、というのは、甘い見積もりのような気がします。
     できれば婚活よりも治療を先に、と思いますが、でも経済的な事とかいろんな問題がありますから、結婚後に治療、と思っていらっしゃるのなら、結婚したら出来るだけ早い時期に治療をされた方がいいです。結婚生活が崩壊しない内に。ただ結婚して渡米すると、最低一か月家を空ける事になるので、家事その他で旦那さんにかかる負担が大きくなります。それを加味して十分に準備していかれた方がいいと思います。
     
     結婚はゴールでなく、スタートです。婚活されている方は、結婚後の生活をしっかり想像して、優先事項を決めてくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    私の結婚式

     結婚の時、選べたドレスは二つだけでした。最近のドレス、露出系が多いみたいで、アトピーには選択肢が少なかったですね。首が隠れるデザインがほとんどなかったのです。二つのうち一つがとても気に入ったので良かったですが、もう一つは嫌いでした。
     結局衣装は一点だけで、お色直しは髪型やメイクを少し変えるだけに留めました。それでもお色直し、と言って一応退席するきっかけを作らないと、トイレに行って汗を拭いたり、痒みを収めたりする時間に当てました。
     衣装を選ぶ時もヘア・メークをやってくださる方にもアトピーの状況は伝えて、それを隠すような工夫を考えて頂きました。
     ドレスは首は隠れるけれど、肩と腕が出てしまうので、ベールで肩を隠し、肘がしっかり隠れる長い手袋をつけました。
     メイクはさすがプロで、肌に負担がかからないようなメーカーのものを使ってくれました。(どこのメーカーか聞いておけば良かったです。後悔)おかげで式の最中、顔がアレルギーで痒くなる、という事はありませんでした。
     衣装を1点にしたので、お色直しの時の休憩はちょっと長めに取らせてもらいました。トイレへ行って掻きまくり、汗を拭いてからトイレを出て、メイクさんにキレイにしてもらって会場へ戻りました。

     式はこんな感じで無事済みました。
     ちなみに披露宴、もう一回やってもいいな♪来てくれる人は私達のためにキレイにしてきてくれて、私も専属のヘア・メイクさんにきれいにしてもらって、みんなから口々に最大の賛辞でしょう?やっぱりいい気分でした。
     よく式や披露宴をしたがらない人がいるけれど、余程事情がない限り、した方がいいと思うけどなぁ。人生で一度位、キレイなカッコしてみんなに褒め称えられる時があってもいいと思うんですよ。
     私はもう一回やってもいいな~、と思うけれど、夫は
    「もうしなくていい。面倒くさい」
    って言ってました。
     もう一回くらいやってもいいっていう女性の方、結構いると思うんですけどね。お金かかるし、来てくれる人も迷惑だろうから一度だけだけど。。。
     2次会はやりませんでした。どちらかというと遅い結婚だったので、友達も家庭を持っている人が多かったし、何よりも、私自身の疲労が予測されたので、体力的な事を考えて2次会は無しにしました。
     
     結婚式の日の夜は、ホテルに泊まる話も出ていましたが、彼も私のアトピーの状態や体力のなさを何となく知っていたので、
    「申し訳ないけれど、夜は家に帰ってのんびり眠りたい」
    と言って、夕食だけ一緒に食べました。
     でも、これ正解でした。
     式や披露宴は疲労困憊してしまいます。アトピーがひどい時って、ものすごく体力ないですよね。緊張すると悪化するし、衣装も締め付けがあるし。なので、慣れた所で休むのが一番です。

     アトピーの人は、結婚式や披露宴など、ちょっと悩むかもしれませんが、今、結構そういう人いるようなので、衣装やヘア・メイクさんもいろいろ一生懸命考えてくれるし、意外と知っていたりしますよ。
     なので、アトピーだから式や披露宴は・・・、と思わずに、一生に一度だし、式や披露宴をした方が世間体もいいので、ちょっとがんばってでもやった方がいいかな、と思います。
     負担が大きいようなら、式や披露宴の時間を短くする、とか、参列者の数を減らす、とか、いろんな工夫が出来ますからね。式場側の担当になる人も、いろいろ考えてくれます。退席のきっかけ、とか、時間配分、とか。したいけど諦めかけている人は、相談してからやめるかどうか決めてもいいと思います。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    私の結婚物語8

     結婚が二人の間で決まって、私の両親に紹介する事になりました。(私は外堀を固めにはいったのです)
     彼はとても緊張した面持ちで、おまんじゅうを持ってやってきました。
    いわゆる
    「娘さんと結婚させてください」
    というセリフもなく、世間話で終わり、帰る間際に
    「では今後とも、どうぞよろしくお願いします」
    と、彼は言って帰っていきました。
     うちの親にしてみれば、やれやれ、やっとかたずく、という感じで、手順等はもはやどうでもよくなっていました。それより将来の私を案じるがために、結婚を強く望んでいたようでした。
     余談ですが、今、離婚して戻るとなると、親は私を
    「のしを付けてもらって、3倍返しでもちょっとどうかな」
    という事でした。。。ちょっと、お父さん・・・

     今度は私が夫の両親の所へ挨拶に行く番で、緊張して行きました。
     夫の両親は大喜びだったようです。というのも、両親も何度かお見合いの話も夫に持っていっていたようでしたが、ことごとく蹴ってきたらしいのです。舅は既に結婚は諦めていたようでしたが、姑は
    「あの子のいい所をわかってくれる人は、必ずいる筈だ」
    と、希望は捨てなかったみたいです。
     で、挨拶に行くと、姑はドンペリを用意してくれていて、
    「おめでとう。これ、二人に」
    と、プレゼントしてくれました。とてもびっくりして、感動しました。
     夫の両親はとても性格がいい人達だと思います。この両親の子なら大丈夫。私はそう、確信できました。

     こうして私達は順調に入籍、結婚式へと進んでいったのです。

     私の母が言うには、
    「挨拶に来た時は、こんなに暗そうな人でいいのかしら、と思ったけど、結婚式ちょっと前の頃なんか、今にもスキップしそうにとっても明るくなってびっくりした」
     確かに、夫は大きく変化しました。知り合った頃はちょっとナヨッとしたところがあったのですが(私はホモではないか、思わず彼に訊いてしまったほど)、とても男らしくなっていったし、私も女らしくなったと思います。それぞれが自分の性別の役割を意識して果たしていく事によって、自分らしくなっていったと思います。
     
     私達はアパートを借り、入籍を済ませましたが、引越しは結婚式に間に合いませんでした。優柔不断な彼は、、なかなか引越し日を決めないのです・・・。私は入籍は済ませたので、一生一緒に居るんだから、まぁいいや、と強く言うのはやめました。
     その為、結婚式の当日、式終了後、私達はそれぞれの家へ帰る事にしました。ホテルに泊まる事も考えたのですが、支度も面倒だし、私は何よりも、疲れる式の後、アトピーの悪化を考えて、慣れた部屋で一人でのんびり眠りたかったのです。
     なので!
     式終了後、一旦、バイバイ。
     さすがに彼はその日の夜、一人の夕食は嫌だ、というので、待ち合わせをして居酒屋へ行って二人で乾杯し、終わったら彼はタクシーで寮へ、私は自転車で自宅へ帰りました。
     彼いわく、
    「寮に帰って、結婚式が夢じゃないかと思っちゃった。」

     期待しないでした結婚でしたが、今では友達から
    「仲いいよね~」
    と、驚かれます。私も、仲いいかな、とよく思います。彼のいい所は、結婚後にたくさん知る事が出来たし、彼は結婚向きの人だったなと思います。
     どちらかというと、私が策を講じて結婚に持って行きましたが、彼にうらまれたりする事もないですし、幸せそうな顔で毎日を過ごしていますよ。

     長くなりましたが、「私の結婚物語」、これで終わりです。
     アトピーでも結婚できます。しかも、アトピーは良くなります。どちらを先にしてもいいと思いますが、幸せを諦める必要は全くありません。
     結婚を夢見る独身の方、どうか知恵を使って賢い選択をしていって欲しいと思います。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    私の結婚物語7

     私の心の中の目標は、スピード結婚でした。
     10年付き合って別れるカップルもいるし、昔は写真お見合いで結婚して、一生添い遂げる夫婦もいる。だから大体の相手の事情と様子がわかれば、結婚しちゃおう、と思っていました。
     目標は知り合って2ヶ月でプロポーズ、4ヶ月で結婚でした。
     結婚が目標のお付き合いなのに、ずるずる付き合われたら、私が年だけとっちゃうじゃない~~っ!遊ばれたら困るわ、と。駄目なら駄目で次に行きたかったので、とにかく早く結論が欲しかったのです。
     ところが、目標の2ヶ月が来たのですが、プロポーズがありません。彼は、とても楽しそうにデートするのですが、意思表示がない。。。
     ん~~~。2ヶ月じゃちょっと早いか。仕方なく妥協し、4ヶ月まで待ってみる事にしました。
     ところが、4ヶ月になっても何も意思表示がない!
     私は思い切って彼のパソコンのメールアドレスに、将来の事を考えているのかどうか、メールしてみました。すると、すぐに返事をくれて、そこには結婚したい意思がある事を明確に書いてくれました。
     私はとりあえずホッとし、そのままお付き合いを続けましたが、

     肝心のプロポーズがやって来ないっ!

     彼が私のことを好きなのは、とてもよくわかるのですが、結婚しなかったら意味がありません。彼を紹介してくれた人に相談して、それとなく訊いてみてもらったりしたのですが、彼は「ちゃんと結婚の意思はある」と伝えながらも、肝心の行動がない。。。
     仕方ないのでクリスマスまで待ってみましたが、(この時点で知り合って約5ヶ月)クリスマスにもプロポーズがない!!
     私はどうすればいいのか考え、プロポーズしてもらうのは、諦める事にしました。。。(泣)
    で、思い切って尋ねてみたのです。
    「私達、いつ結婚するの?」
    と。
     彼は、
    「そうだね。いつしようね。」
    と・・・。

     私は策を講じ、ゼクシィを買って見せ、結婚式場へ行ってみようと提案しました。男の人って、第3者が介入してくるとシャンとするんですよね。
     以前から目をつけていた所へ一緒に行くと、結婚式場の人が具体的にいろいろ教えてくれます。いつ結婚式を挙げる予定なのか、招待客は何人くらいになるのか、食事はどんなイメージをしているのか、など、私が訊きたくても訊けない事を、さくさく訊いてくれます。彼もはっとした表情です。
     おかげで行く時はきょとん、としていた彼ですが、帰りには具体的にイメージを掴め始めたみたいで、あーだ、こーだ、と言い始めました。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    私の結婚物語6

     お付き合いをしていく中で、彼がどんどん明るい顔つきになるのを目の当たりにしてびっくりして、私まで嬉しくなりました。会話が成り立たないほど口数が少なく、寂しそう~だった人が、冗談を言うようになり、明るく笑うようになりました。
     私はプリティウーマンのリチャード・ギアの気分で、彼の変化をとても好ましく思いました。(今は知り合った頃の面影は、みじんもなくなりましたよ。)
     
     私が何かのきっかけでアトピーの事をさらっと言った時、
    「そうか。」
    と言って、
    「自分が今飲んでいるサプリメント、きっとアトピーにもいいと思うんだけど、欲しい?買い置きがあるから一つあげるよ。もし迷惑だったらはっきり言って。要らないのあげても迷惑になるだけだから。」
    と、言ってくれました。
    「欲しい!」
    と返事をし、次に会う時にプレゼントしてもらいました。サプリメントのプレゼントはそれからもいくつかしてくれました。
     私はとてもびっくりしました。アトピーの人ならわかると思いますが、「あれがいいよ」「これがいいよ」と、既に大金をつぎ込んでいます。皆情報はくれるけれど、それを買ってくれません。情報をくれた後、試したかどうか確認する人まで居て、本当に迷惑でした。
     ところが彼は、それをプレゼントしてくれ、更に他にも良さそうなものを気にして見つけてくれて、欲しいか必ず確認してからプレゼントしてくれるじゃありませんか!
     正直、私は彼の心遣いと優しさに感動しました。きちんと婚約した後は、アトピーについてどれだけ苦しい思いをしたか、話せるようにもなりました。(逃げられない状態にしてから、なんですが・・・)
     
     彼とデートした後はいつも、自分がとても良い事をしたいい人になった感じがしました。とても気持ちよく別れられたのです。
     それに気がついてから、はた、と思いました。一緒にいると、自分の悪い所悪い所を引き出す人っていませんか?自分は意地悪じゃないのに、まるで自分が意地悪みたいに言いたくない事を言わざる得なくなるようにする人。彼は、その正反対。私の良い所良い所を引き出すかのようで、だから自分は彼といるととても優しくていい人でいられる。一生暮らしていくのなら、優しくていい人の自分でいたい。彼と一緒にいるのは、自分にとってとてもいい事なんじゃないか。
     そう思いました。
     彼との結婚を決意した理由を問われたら、おそらくここだったと思います。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
     


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。