プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    シャンプー

     私が使っているシャンプーは何ですか?というご質問を頂きました。
     私はJINOのシャンプーをずっと使っています。でもあまりそれを全面に書いた事はなかったかもしれません。なぜなら実は、他の患者さんでJINOを使った方がいて、合わなかった、という方が何人もいらっしゃって。。。
     私は元々、頭皮のアトピーはあまりなかったので、ほとんど参考にならないというわけですね。JINOのシャンプーに興味のある人はお試しがあったと思うので、問い合わせてみてください。

     シャンプーについては何回か記事を書いていますので、今回の記事は重複するかもしれません。

     頭皮のアトピーの原因は、まずシャンプー剤に対してアレルギーがあるか無いか、それと頭皮の皮脂の量や髪の毛の量などによって、蒸れてイースト菌などが繁殖する事が原因ではないか、と私は認識しています。
     なので、頭皮のアトピーで悩んでいる人はこの2点に着目するといいんじゃないかと思います。

     ドクターが推奨しているのはexederm シャンプーです。残念ながら日本では発売していませんので、渡米された方はアメリカオフィスに頼んで送ってもらっているようです。(後日追記:サイトから直接購入できるそうです。詳細はコメント欄をご参照ください。)
     最近発見したのですが、セカイモンというサイトがあって、exederm のシャンプーが赤ちゃん用のものだけだと出ています。ただ赤ちゃん用のものだと洗浄力が足りない、また、成人向けの方が敏感用に出来ている、など成分が色々違うかもしれないので、こちらはお勧めではないです。でもこのサイトで時々チェックするといいのかもしれませんね。ちなみに一度、私はこのサイトでコーヒーメーカーを買いました。無事届きましたよ。

     このシャンプーの推奨前は head and shouldersのシャンプー(Head & Shoulders Dandruff Shampoo Classic Clean - Singleというもので日本のH&Sとは別物)でしたが、中の成分が良くないものがある事がわかり、exedermに変わりました。でも問題なく使えている人は、引き続きhead and shouldersを使っている人も結構いると思います。

     イースト菌が絡んでいるので、ニゾラールシャンプーもケースバイケースで勧められるようです。フルコナゾールの内服薬も処方されたりして、成績は良いようです。またはfree and clearのシャンプーも推奨の一つだそうです。また人によってはステロイドのローションを処方される人もいるようなので、ドクターに相談するのが一番の早道のようですね。

     あとは帰国後の患者さんで国内調達のシャンプーだとカウブランドの無添加シャンプー、バルガスシャンプー、スカルプDとか、結構様々なようです。一度合った、と思っても、夏場や生理などの影響で皮脂の量に変化があって、蒸れてまた調子が悪くなる、といった事もあります。
     私は洗浄力が強いシャンプーは乾燥してきて過敏になってしまうようで合わないみたいです。JINOはアミノ酸系のシャンプーなので、それが合っているようです。皮脂を落とす力は弱いので、運動をやった日などは一日2回シャンプーする事もあります。またシリコン製の柔らかい頭皮ブラシを併用しています。

     頭皮のアトピーも人によって原因が様々なので、合うシャンプーを見つけるのがちょっと大変なようですが、合うものが見つかると解放されるので、それまでの辛抱ですね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 

     この記事中、多少間違っている部分があるかもしれません。もしあれば、教えてください。追加情報などもあると嬉しく思います。
    スポンサーサイト

    シャンプー

     先日、渡米して治療を受けた方が帰国され、新しいケア用品を教えてくださいました。
     
     まずシャンプーですが、exederm(エクセダーム)シャンプーです。エクセダームという会社が出している商品です。

    exederm.jpg
     
     ドクターマセソン推奨だそうで、かなり低刺激だそうです。そのためか、あまり泡が立たないのでちょっと使いづらい点はあるようですが、良いようです。
     まだ3人ほどしか渡していない、という事なのでデータが集まっていないと思いますが、頭皮にトラブルがある方はなかなか改善しなくて辛いようなので、シャンプーに関しては一つの選択肢になると思います。

     この商品は日本未発売なので、試してみたい方はAAJのアメリカオフィスに相談してみてください。

     あともう一つ。
    vaseline.jpg

     vaseline社のclinical therapy(クリニカルセラピー)というローションです。

     私が使っているのは、ヴァセリン社のロッキングローションですが、パッケージが似ていてびっくり。でも出すところが違います。

     このクリニカルセラピーは、ケアホーム向かいのセーフウェイで$5.99だった、という事です。日本未発売みたいですね。

     私が使っているロッキングローションとどう違うのかな、と思って調べてみました。
    http://www.vaseline.com/Carousel.aspx?Path=Consumer/OurProducts/IntensiveRescueRange/Home
     こちらのクリニカルセラピーの方が皮膚がまだ薄く、赤く痒みがある方に使えるみたいですね。

     今、円高なので、8月チームの方はケア商品購入に関して、お得だったんじゃないかなぁ、なんて思います。(治療費は円建てなので、関係ないですが)

     私は首と顔(額は何もつけず)は今でもべったりタイプのワセリンを使っています。体質的に、やっぱりドライタイプみたいなので、乾燥の季節になると、体にもワセリンを使う箇所が出てきます。
     あとはロッキングローションをザーッとつける感じです。保湿をサボると乾燥を感じるので、やっぱり必要ですね。
     中には夏場は不要になってしまう人とかもいるので、同じアトピーになっても、肌質は若干違うんだな、と思います。ま、年齢のせいも多分にあると思いますが・・。

     ケアに使うものは、アトピーには悩みの種だったりしますよね。試供品で悪化する事もあるので、やっぱりある程度信頼できる製品を教えてもらった方が、失敗率が低いです。
     皮膚やアレルギーの回復度合いによって、また肌質によって合う製品と合わない製品が人によっても違うので、皮膚の状態をよく観察してくださいね。
     また合う製品があるのなら、あまり浮気はしない方がいいかもしれません。浮気して悪化、治療に数ヶ月を要した、という事例もあるそうなので気をつけてくださいね。

     こちらの二つの情報を教えてくださったゆうさん、どうもありがとうございました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

     

    洗濯

     洗濯の話です。
     もう何度目かの話になって恐縮ですが、それだけ、トラブルの元になりやすいトリガーだ、という事ですね。

     柔軟剤の使用は止めた方が無難です。
     柔軟剤を使用すると、繊維に残った柔軟剤の揮発成分が皮膚を悪化させる事があるそうで、衣服に直接触れていない顔なんかも揮発成分によって悪化する事があるそうです。
     ドラム式の洗濯機は、天日干しするとタオルなんかかなり固くなります。なのでどうしても柔軟剤を使いたくなると思いますが、やめましょう。柔らかく仕上げたい時は乾燥機を使ってください。干す前に30分ほど乾燥機にかけてから天日干しし、取り込んだ後20分ほど乾燥機にかける、という方法がいいかなと思います。(アレルギーの酷い人は、乾燥機で全部乾かしてくださいね)
     ドラム式は叩き洗いの方法なので、繊維が寝てしまうんですね。それでそのまま干すと硬くなってしまうので、乾燥機をかけて寝ていた繊維が起こしてから干すといい、というわけです。
     顔のアトピーが、という方、空気アレルギーだけではなく、柔軟剤のせいかもしれない、と見直してみてください。
     また洗濯をするのが患者本人ではない、という方の場合、洗濯をする人がこっそり柔軟剤を使っている、という場合もあるようです。要チェックです。
     ちなみに私は使った事がありません。柔軟剤、嫌いなんです。干す前に乾燥機も使わないので、うちのタオル、すごく硬いです。でも皮膚が安定しているせいか、問題なく使えています。でもデリケートな皮膚の状態の方はやはり、タオルは柔らかい方がいいと思うので、乾燥機を上手に利用してみてくださいね。

     あと医療従事者の人の話になりますが、白衣の洗濯について。
     ドクターの治療を受けに行く人たちの中には、医療従事者の人も結構いらっしゃる、という事で、帰国後、白衣によってトラブルが続くケースが結構あるそうです。
     普通は病院のクリーニングに出していると思いますが、このクリーニング、結構きついものを使っているらしく、洗剤そのものによる接触性のものはもちろん、揮発成分で顔なんかもトラブルを起こしたり、タグに洗剤が残ったり、縫い目に残ったり、など、何かとトラブルの種になっていたりするそうです。
     なので、すごく嫌なのはわかりますが、自宅に持ち帰り、自分で洗濯するしか方法がないそうです。これはもう、ドクターマセソンからのオーダーです。

     私自身は問題なかったので、今、普通に病院でクリーニングに出しちゃっていますが、再就職するにあたって白衣の事は考えました。もしダメだったら自宅で洗おう、と。
     その時考えていたのは、玄関にハイターを溶かしたバケツを置いておき、白衣はビニールの袋(ゴミ袋など)に入れて持ち帰り、玄関でそのままハイターに浸けこんでしまう、浸けこんだ白衣だけを単独で洗濯機で洗う、というものです。白衣の数が不足するようなら、自分で購入するしかありません。
     今、白衣であればデザインが多少異なっても許される所が多いと思いますので、通販カタログで不足分を補って購入すといいと思います。今の白衣は針刺し事故を防ぐために、化学繊維100%で硬めに出来ていたりするので、擦れなどが心配な方は、買う前に問い合わせをして確認するか、気になる白衣をいったん全部購入し、返品で対応するといいかな、と思います。サンプルを見せてもらえると一番いいですけどね。
     
     医療従事者は、いろんな菌がたくさんいる場所で働く、手洗いが頻回、手袋を装着する場面が多く、また忙しくて着替えなどがままならない、などという事で帰国後のトラブルもやはり多い職場のようです。トリガーについてなかなか気が付きにくいかもしれませんが、ドクターマセソンも同じ医療従事者という事で、わかってくれる面が多くある様に思います。なので再診の時に相談をするとか、AAJと連絡を取って相談していくといいと思います。

     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    洗濯洗剤

     洗濯ものというのは、意外とトリガーになるケースが多いです。主に洗濯洗剤と花粉の影響なんかが考えられます。
     洗濯洗剤については、アメリカから帰国する際、「ALL」という製品を勧められて購入してくる方が多いです。アメリカのスーパーでふつうに売られているので、皆さん、濃縮されているタイプをスーパーでしこたま買って帰られるんですよね。
     問題はこの洗剤がなくなった後で、AAJからはカークランドのフリー&クリアが代用できる、という事だったのですが、どうやら偽装表示があって、蛍光増白剤が入っていたようでした。それでそのまま使い続けている人と、いろんなきっかけで洗剤探しをしている方がいらっしゃいます。またALLを個人輸入などで取り寄せる人もいらっしゃるようです。
     私が使って問題なさそうなのは、以前もご紹介したバイ・ファー・ゼットがいいと思いますが、いかんせん、価格が実用的じゃないんですよね。
     今新しく名前が挙がっているのは、ライオンから出たケアベール。私は使った事がないですが、悪くないようですよ。
     あとアリエールも問題なく使える方もいらっしゃいます。私はダメだった記憶が…。

     洗剤は万人に合う、というものはないと思って探した方がいいようです。ドクターお勧めの「ALL」もダメだったという方もいらっしゃいますし。もちろん刺激が少ないもの、という視点で商品が絞れてきたりしますが、最後の最後はやっぱり使ってみるしかないかなぁ、と思います。
     
     AAJの明石さんのブログに洗濯について記事が出ましたので、ご参照ください。
     日本の洗濯機は節水に走りすぎてしまい、すすぎが出来にくいようです。なのですすぎ性が良い洗剤を選んだり、洗剤の使用量を減らしたり、すすぎの回数を多くするようにする事が大事です。
     うちの洗濯機も恐ろしく節水で、勘弁して欲しいです。すすぎは最高水位で最大の4回で設定しています。今の時期は水が冷たいので、30度ほどのお湯で洗うように設定しています。洗剤はフリー&クリアを継続して使っています。洗剤はもともと少なめでしたが、少なくしすぎたようで、洗濯ものが乾き切らない時、すぐに匂うようになってしまい、少し増量しました…。

     この間の記事のSさんも、洗濯洗剤がトリガーだった、とおっしゃっていましたが、治療後の方が最後のトリガーが洗濯洗剤だった、という方が結構いらっしゃいます。洗濯洗剤が合わないと、結構はっきり、しつこく出るように思います。接触性の物って、わりと分かりやすく出るものが多いように思います。金属もそうだし、ゴムなんかも。部位から探る事が可能ですが、洗濯洗剤の場合、広範囲なので他の要因を疑いやすく、ひょっとして・・・、と最後の辺りで洗剤を考えるケースも多いようです。
     
     それと私見になりますが、治療後で「トリガーが洗濯洗剤でした」という事が出来る方は、治療自体がうまく行っている状態のように思います。
     というのも、治療前の場合はおそらく、何をやってもダメ、という方がほとんどだからです。
     治療前を思い起こしてみると、確かにトリガーへの取り組み方はいい加減だったようにも思いますが、あの状態で洗剤一個替えた位で、アトピーがピタッとおさまる、というのは想像できなかったです。トリガーも混乱、皮膚も反応しまくり、という状態で、治療なくして現在の状態までもってくる事は、やっぱり不可能だったと思うのです。
     また、帰国後も悪化を繰り返し、色々な物への反応が止まらず、右往左往している時期、というのは、確かにトリガー除去がうまくいっていない、というのもありますが、体も異常な反応をしている時、という風にも言えると思います。
     なので治療後の方が「トリガーが○○でした」と言える、という事は、治療前と比べて体自体も良い方向に変化している、という事を指し示すように思います。
     一昨年のドクターの講演会での質疑応答で、
    「日本でアトピー改善のためにできる事を教えて下さい」
    という質問に、
    「ありません」
    というはっきりしたドクターの回答を思い出します。
     なので洗濯洗剤一つとっても、治療前と治療後の方を同じレベルで話す事は無理な事かなぁ、という風に感じます。

     たかが洗剤、されど洗剤です。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     

    額と首

     額と首の私なりのケア方法を。

     額と首は、ドクターから「接触性アレルギー」と既に言われていて、トリガー探し、対策を結構集中してやりました。
     まずは疑ったのはシャンプー。
     頭皮には問題なかったので、わりとないがしろに考えていたのですが、やっぱり可能性が高いので、重い腰を上げてシャンプー探しから始めました。
     汗をかきやすい所だし、バクテリアの問題も絡みやすいと思ったので、殺菌系のシャンプーを試したりしましたがダメでした。
     そこで皮膚に優しい、というアミノ酸系のものに的を絞り、試してみる事にしました。
     私のブログの中でも「石鹸について」という記事でも書いてありますが、

    「アミノ酸系の洗浄成分は何種類かあるのですが、グルタミン酸系のアミノ酸洗浄成分が主剤になっているもの、グルタミン酸系のアミノ酸洗浄成分が主剤になっているもの、水 の次 つまり2番目か3番目に○○グルタミン酸○○(○の部分はいろいろ「ココイルグルタミン酸TEA」など)と書いてあるものが一つの目安になるでしょう。
    他にもアミノ酸系には アラニン系 タウリン系 など いくつかあります。」

     というアドバイスに着目し、試してみる事にしました。

     アミノ酸系洗浄剤が主体のものを探すには
    「ココイルグリシンNa」などみたいに「○○グリシン○○」「○○メチルアラニン○○」「○○グルタミン酸○○」「○○メチルタウリン○○」「○○アスパラギン酸○○」などの成分名がアミノ酸系なので、これらが成分表示の上位(1~3番目位まで)にきているものが良いそうなので、成分名をチェックしながらネットで検索してチェックしていきました。

     当然ですが、全成分表示になっていないものは除外し、価格も高すぎるのは除外(どうせ続かないし、お試し購入ももったいないので)、そして信頼できそうなメーカーのものに絞っていきました。
     その中からいくつか、試供品、ミニボトルなどを試し、最終的にこれかな、と思って今使っているのが味の素が作っている「JINO」です。
     これだけは傷にしみなかなったのです。
     使った感じや泡立ちなど、他の要素を考えてもいい感触がありました。

     ただ残念ながら額は完治に至りませんでした。。。

     もうシャンプージプシーにも疲れてしまったのもあったので、他のものを試すのも、ま、いいや、という感じもあり、シャンプーはこれにしよう、と思いました。
     で、発想を変えてみる事にしました。
     これだけいろいろ試してみてダメ、という事は、シャンプー剤を髪から完全にすすぎ流すのが難しいんじゃないか、と。
     頭皮にはトラブルが無かった事から、頭皮は問題ないと判断。
     ただ髪に残ったシャンプー剤が額や首に付いた時に、トラブルを起こすのかな。ならばそれを洗浄剤で洗って流してしまい、髪が額にかかる前に保湿剤でシールドしてしまったらどうだろう、と思いつきました。

     皮膚に良くないものが付いてしまったら、すぐに流したり、それでもダメなら洗浄剤で洗って流しますよね。その発想です。
     それまで顔を洗ってから髪を洗っていましたが、順番を変え、髪を洗ってタオルを巻いてきっちり髪を入れ込み、なおかつ5ミリ~1センチくらい生え際を出すような感じにします。
     そして洗顔剤で額の際、襟足、耳の後ろなど、頭皮ギリギリまで洗います。そして流しました。多少タオルが濡れるのは無視です。とにかく洗って流す、という事に重きを置きました。

     入浴後、タオルを外す前に額、首に保湿剤を塗り、それから髪を乾かすようにしました。

     これを始めてすぐに赤みが引き、今は前髪や後ろの髪を下ろしても問題なくなりました。
     大成功!!
     やっと制覇できました。
     ただ少しでもすすぎが足りなかったりすると、ポツポツ出てきます。ひえ~!私って本当に超敏感肌なのね、と思います。またすすいだりするのは面倒なので、保湿剤とかでさっとシールドしちゃうようにしています。朝の入浴時、どうせまた髪をお湯で流すので。

     参考までに、
     私が使っている顔と首用の洗浄剤と保湿剤はファンケルのFDRというシリーズの洗顔液と乳液です。(体は基本的にセタフィルです)

     自分で工夫して湿疹を出なくする、というのは、何やら成功感があるものですね!

     お詫びしたいのは、以前の記事で、「顔を洗ってからシャンプー」と書いた事です。私も試行錯誤だったので・・・。参考になさっていた方、ごめんなさい。

     あと、気をつけて頂きたいのは、シャンプーや保湿剤など、私が使っているものを一応商品名を書きましたが、これらが合う、合わないは個人差があります。私がダメだったものが合った方もいらっしゃいますし、私に合ったものがダメだった方もいらっしゃいますから、参考程度にして選んでみてください。
     洗顔料、保湿剤は、ドクターの治療を受けた方ならセタフィルやプラスティベースをお使いかもしれません。問題なければそれで構わないと思います。
     私は治療後あと少しで2年になりますし、セタフィルを額に使うのは何となく合わないような感じがありました。(セタフィルも疑ってみたので)赤みも出ないし、悪くはないのですが、FDRの方が私にはいいかな、という感じでした。セタフィルも残り少ないし、別のメーカーも試してみないと、という時期でしたしね。
     プラスティベースももう使ってないですし。

     これから夏になって行きますから、汗がまたトラブルの種になっていく季節ですよね。
     今はJINOを使っていますが、夏場は殺菌系のものと併用した方がもしかしたらいいかもしれないので、今後は様子をみながら検討していくつもりです。(今イメージしているのは、シャンプーは2度洗いにして、一度目を殺菌系、2度目をアミノ酸系にする、という事です)

     でもケア方法が落ち着くとほっとしますね。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。