プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    相談する人を選んでください

     人生、なかなか一人で決められない事がたくさんあります。
     恋愛について、対人関係について、勉強について、仕事について、結婚について、家庭について、生きている間は、悩みや迷いと同居しているようなものですよね。
     誰かに話を聞いてもらいたい、誰かに意見を聞きたい、誰かに励ましてもらいたい、そんな時はたくさんあります。
     ここで間違ってはいけない事、それは相談する相手、です。

     私もそう思うと、相談する相手はよく間違えたものです。言ったところがかえって傷つけられてしまったり、賛成を得たいのに反対されたり。意見がずいぶん食い違ってしまったり、かえってこじれる、とか。
    (言うんじゃなかった~・・・)という事が多々ありますよね~。
     
     相談する相手の性格や生き方をみるのは、本当は当たり前な事なんですよね。そしてどんな返事が返ってくるのか、ある程度予測する事も必要だと思います。
     
     借金の相談をサラ金にしたらどうなるでしょう?

     渡米治療の相談も同じです。
     脱ステ派に相談したら、どうなりますか? 

     アトピービジネスに強い警戒心を持っている人に相談したらどうなりますか?

     アトピーと無関係の人に相談したら、どんな返事が返ってくると思いますか?

     日本人皮膚科医に相談したら、どんな返事が返ってくると思いますか?

     アトピーと無関係の人たちは、アトピーの苦しみが分かりません。知らない治療や組織は警戒の警告をします。身近なのはアトピーより「詐欺」だからです。
     日本の皮膚科医は通常、アメリカの医療の実態を知りません。そして多くの患者さん達がアトピービジネスの被害にあっていることを知っています。(アトピーの治し方は知らないけど) そうなれば、アトピーと無関係の人たちと同様、警告や反対をするに決まっています。また更に、自分が治せないアトピーを医療で治せる、という事に対し、不信感、あるいは嫉妬心で攻撃してくる事もあります。医療知識があり、頭がいい分、こちらに斬り込む言い方で来ます。厄介だし、相談すれば傷つけられる事は避けにくいです。

     相談相手を間違えると、自分がバカを見ます。

     自分がアドバイスする立場になった時を考えてみてください。
     誰かにアトピーの相談をされたとしても、自分が返したその返答に、どれくらいの責任を持って返事をしますか?間違っていたとしたら、絶対に代替の治療法を見つける、そしてそれにかかる費用も、治らなかった時のそれからの生活費も、精神的なケアも、全て自分が見ます、というだけの覚悟を持って返答しますか?
     そんな事は無いと思います。
     そこまでの覚悟と思われるのも困るし、そんな覚悟もそもそもありません。「責任は持てないけど・・・」というのが、実は暗黙の了解事項である事が、相談する側される側の常識でしょう。
     周りはある意味「無責任」なのです。ですから参考にする事はあってもそれに振り回される事になってはいけません。自分と他人は違うのです。きちんと一線は引きましょう。
     
     特に渡米治療に関しては、自分の気持ちをしっかり持ってください。
     知られていない治療だけに賛同は得にくいです。相談相手は吟味してください。帰国後も同じです。

     他人に影響されやすい人は、そうした自分を自覚して、相談相手を吟味したり、全てをさらけ出すのを調整した方がいいです。
     また普段からいろんな人の言動をよく見て、自分に何かあったら相談できる人かどうか、観察しておく事も大切な事だと思います。

     一人で悩んでもいけないし、誰彼構わず相談するのもダメです。良識ある人を普段から見極めておく事は大事ですよね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    治療のモチベーション

     渡米しての治療は、帰国後、悪化無し、あるいはショートバースト1~2回で済む方の場合はみるみる皮膚が良くなるので、ケアを続ける気持ちを持ち続ける事は難しくないですが、心配なのは時間がかかる方の場合です。
     何度もやってくる悪化の波の中では、治療を続けよう、頑張ろう、という気持ちを持ち続けるのが難しく、不安にさいなまれてドロップアウトしてしまう方も多いんじゃないかなぁ、と思いました。
     治療のモチベーションを維持する、という事は、重要な事です。
     
     治療後の方にどうやって持ち続けているのか聞いてみました。

    ・誰かに注意してもらう
     
     私はこのパターンでした。夫に注意してもらったり、あとブログに経過を書いていたので、くじけそうになった時、励まして頂いたりした事が大きかったです。

    ・先輩患者さんたちのブログを読む。

     私以外にも治療の経過をブログに残していらっしゃる方が何人もいらっしゃいます。
     他の人たちも頑張っているんだな~、頑張っていたんだな~、というのが励みになりますね。

    ・他の人との交流を持つ。

     同じ治療チームだった人と頻繁に交流すると、
    「な~んだ、私だけ悩んでいたわけじゃなかったんだ~」
    というのがわかって、安心したり、励ましの言葉のやり取りができてすっきりしたりします。
     この辺り、今後AAJで具体的に活動を始めるような事を聞いています。やっぱり他の人との交流を積極的にしたり、相談しあったりした方が治療経過・成績共に良いので、ドクターからも交流会を強く求められているそうです。
     みなさん!交流は治療に必要な「ドクターオーダー」と思って、積極的に連絡を取り合いましょう!!
     具体的にどうするか、は、AAJのHPに近々詳細が出ると思います。

     あと治療後の方用にミクシィ内にコミュニティがあります。「アトピー渡米治療」のコミュとは別のもので、治療後の方たちがコミュニケーションをとったり、情報を共有できるようにしています。このコミュを利用してみてください。
     参加ご希望の方は、私にメール、あるいはミクシィ内のメッセージでいつの治療だったかを書いて、連絡をください。
     治療後の方たち用のものなので、治療前の方は入れません。その方は「アトピー渡米治療」のコミュに参加してください。 

     絶対早く治りたい!という方は、どんどんご自分の気持ちや経過をオープンにしてみてください。個人的にはミクシィの日記がお勧めかな。公開できる人を友人まで、なんかに制限すればかなりプライベートな事まで書けるし、コメントももらえるので励みになると思います。

    ・ドクターに励ましのメッセージを書いてもらう。

     渡米時、現地でカードを買って診察の時に持参して、「never never never give up」と、ドクターにメッセージを書いてもらった、という方がいらっしゃいました。
     それを部屋に貼っておくと、お風呂をさぼりたくなってカードをみるとドクターに
    「お風呂に入れ」
    と言われているような気がして入る、とおっしゃっていました。
     これ、すごく効果的だと思います。
     11月にドクター来日が決定しましたので、帰国しちゃった~、という方は、カード持参で講演会に来てください。

    ・色々あったんだから、こんなもんかな、と思う。

     頑張る事に疲れてしまったら、少しリラックスしましょう。あっという間に完治状態に至った人なんかを見ると、情けなくなってしまったり、どうして自分だけ…、と思ってしまったり、治療を疑ってしまったりすると思います。
     短期ゴールと長期ゴールを設定して、小さな達成感を大事にしたり、目標を高く上げすぎないようにしてみてください。
     ご自身のアトピー歴、治療歴を思い出して、「ま、こんなもんか」とつぶやくのもいいと思います。


    他にも「自分はこうしてる」というのがあれば、どんどんコメント欄に書き込みをお願いします。

     さてさてドクター来日の案内が出ましたね。
    http://www.a-association.com/information/drlecture2009.htm
     11月7日(土)に決定したようです。
     アレルギー科の師長も一緒に来てくださる事になったので、アレルギー治療について突っ込んだ話もできると思います。
     治療前で検討中の方もOKなので、是非いらしてください。半信半疑の方、直接話を聞かないと分かりません。じっとしていもアトピーは治りませんよ。治りたいのなら、治すための行動をとりましょう。

     私も参加の意向です~♪が、ちょっとまだ確定ではありません。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    洗濯とお風呂情報

     今までに洗濯洗剤・お風呂について何度か書いてきましたが、AAJの明石さんとお話しする機会があり、最新情報を得ましたので。

     今までアメリカ製のALL とフリー&クリアをお勧めしてきましたが、上手くいかない例が目立つようになってきた、という事です。
     この原因は、洗剤成分のアレルギー云々の問題、というより、洗剤がうまく落ち切らない事による「かぶれ」が原因、という方が多い、という事です。
     その為、洗剤が残留しやすい下着のゴム口付近などが悪くなりやすい、との事。(そこは汗とも絡み、さらに悪くさせやすい)
     日米の水質の違い、洗濯機の違い(日本は節水型が主流ですよね)によって、高濃度の洗剤が衣類に残留してしまう事が多いので、洗剤自体に問題がある、というよりは、上手くすすげない、という事に一番問題があるようです。
     アルコールも15度とかなら全然飲めますが、100度では無理ですよね。それと同じように、高濃度で残留してしまう事による「刺激」が原因で悪化するケースがあり、そういう方には「ケアベール」などがやはりトラブルが少ないそうです。
     なのでALLやフリー&クリアをお使いの方で、思い当たる節がある方は、洗剤の使用量を今よりもぐっと減らしてすすぎの回数を出来るだけ多くするようにしてください。最低3回はすすぐべき、という事です。
     「ケアベール」に変更できる方は、変更された方が無難です。それでもすすぎの回数は3回以上をお勧めします。
     私はまだフリー&クリアを使っているし、すすぎは4回で水位は最高で設定しています。今のところ問題なく使えています。洗剤は少なめで使っています。

     それともう一つ。
     この夏、入浴時にバクテリアが湯内で繁殖する事が原因の一つと思われる感染の問題が多かった、という事で、去年のレクチャー時にドクターから広報された方法、「お風呂にハイター」が効果的、という事です。

     入浴時に湯内にハイターをキャップ一杯ほど入れて入浴する、そして出る時に薬液を落とすために体を洗って出る、という方法です。
     「お風呂にハイター??」と、驚かれる方も多いと思いますが、入浴時、湯内で雑菌類は繁殖にふさわしい環境になり爆発的に増えます。その為に、以前から低い温度で入浴する事を勧められるようになりましたが、「ハイター」はもう一歩積極的な方法ですね。

     「ハイター」というと、漂白剤のイメージが強く危険な感じもしますが、その成分を調べると「次亜塩素酸ナトリウム」という成分で、それは哺乳瓶の消毒に用いられる「ミルトン」と同じ成分です。ミルトンで哺乳瓶を消毒する場合、消毒液を洗い流さず、そのまま使用してもよい、という事です。そう言われると恐怖心も和らぐかしら、と思います。
     要するに、希釈の濃度が大事、という事ですね。
     なのでお風呂にミルトンを使ってもかまわないと思いますが、製品の濃度が薄いので、コスト的に割高です。
     「ハイター」と「キッチンハイター」の違いを調べてみると、キッチンハイターには洗浄成分が添加されている、という事なので、どちらかというと普通のハイターの方がいいかもしれませんね。

     で、ワタクシ、キッチンハイターをキャップ一杯入れて、入ってみました。
     やっぱり今まで、若干の痒みを感じていたのは、バクテリアのせいだったのね、と再認識できました。痒みが起こりにくいです。
     ただ、皮膚が薄い首の所は、少し刺激を感じました。
     なのでキャップ7分目か8分目くらいに減らしてみてもいいな、という風に感じました。
     お風呂を出る時に体を洗いましたので、出た後は全く問題なしでした。
     治療後、皮膚がまだ安定してない人は、入浴時痒みを感じて掻いてしまう人も少なくないと思いますが、この方法だと痒みは少なくて済むと思います。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    治療費は多めに用意してください

     昨今、アトピーによる貧困の問題も感じるようになってきました。
     アトピーで仕事ができないし、色々な療法を試すためにお金を使ってきてしまって…という・・・。家族関係が良く、サポートをしっかりしてもらえる家はいいですが、そうではないような所では、問題は深刻です。
     格差社会の影響もあって、世帯内での預貯金0の家も増えてきている、と聞きます。そんな中でアトピーが劇悪化してしまったら、その深刻さは大変だと思います。
     貧困の中にあってドクター達の治療を受ける、というのは大変な決意と準備がいると思います。

     渡米してドクターマセソン達の治療を受ける、という方の中には、治療の際に支払うギリギリの金額しか用意されない方がいらっしゃいます。現地であっさり治るタイプの方はそれで問題はないのですが、帰国後も悪化を繰り返すタイプの方は、帰国後も費用がかかります。
     費用の内訳としては、薬代、帰国後1年を過ぎれば再診費用、サポート代がかかります。
     またトリガー除去にかかる費用はそれぞれの環境によって異なります。私は洗濯機を買い替えたし、洗剤やボディソープなども変えましたし、空気清浄機を買い、エアコンの清掃を業者に頼みました。他の方など、布団を買い替える方もいらっしゃるし、住んでいる所の環境がどうしても問題で、引っ越しをされる方もいらっしゃいます。光熱費もケチる事ができません。
     問題だと思うのは、お金がなくて、ギリギリの費用しか用意できないという人の場合、ドクターの再診を渋ったり、トリガー除去に費用をかけなかったり、光熱費を節約してしまう事です。
     家族もギリギリの生活を強いられていれば、アトピーなんて「贅沢病」みたいに映ったりして、嫌みの一つも言ったり、トリガー除去に協力してくれない事もあると思います。
     
     でも、帰国後にきちんとケアとトリガー除去をしなかったら、また再発して悪化してきてしまいます。それこそ、高額な費用をどぶに捨てるのと同じ事になります。
     ですから、アトピーによって貧困に陥っている人ほど、ドロップアウトという選択肢をなくさなくてはならないと思います。

     アトピーの為に貧困に陥っている人達に、実は特に渡米してドクター達の治療を受ける事をお勧めしたいと思っています。貧困に陥っている人達の場合、劣悪な環境に身を置いている方も多く、重症度も高い方も多いと思います。
     漢方とか温泉療法とか、効くかどうかわからない療法にかけている時間もお金もないと思いますし、一刻も早く働ける健康な体を取り戻す事が急務でしょう。
     アトピー自体が諸悪の根源になってしまっているケースも結構あると思いますから、悪循環を断ち切る必要があると思います。

     ですから治療を検討する際、費用は多めに用意し、帰国後もアトピー治療の為に何でもやる、という覚悟で臨んで欲しいと思います。
     そして治療を決めたら最後、治るまでかじりついてください。
     
     帰国後、いつ仕事に就ける体になるか、は個人差がありますが、私の場合、しようと思えば帰国後すぐに開始できる体でしたし、多くの人はしようと思えばできるけれど、一応数ヶ月様子を見て、それから開始されているようです。AAJでもアドバイスとして、仕事は帰国後様子を見て、落ち着いてからがいいでしょう、という感じのようです。
     ただ現地で重度の診断をされた人や帰国後、環境との反応が強く出る人の場合などは、なかなか仕事復帰までかかるようです。それでも私個人としては、ドロップアウトした人を別にして、3年も5年も全く仕事ができない、というのは聞いた事がありません。なるべく早く仕事をしたいと思う人は、カウンセリングの際、それについても聞いておくといいと思います。

     帰国後、無理をするのはいけませんが、様子を見て短時間のアルバイト程度を始めて、少しづつお金を貯めて、それをトリガー除去の費用に回していく、という方もいらっしゃいます。そうしていくうちに環境が整っていって、仕事も長く出来るようになって、と、良い循環に入っていけます。

     貧困に陥っている方の場合、費用の工面はおそらく「借金」になると思いますが、その際、多めに用意されたがいいと思います。現地で重度の診断がついて、滞在延長になる場合もありますし、帰国後もかかる費用に充てる必要があります。
     貸してくれる人の気持ちも考えると、絶対に治さなくてはいけません。そして、お礼に利子も付けて、返済すると良いと思います。。
     治療費の内訳を、ドクター達への支払いだけを考えるのではなく、トリガー除去に必要な費用や光熱費まで含めて考えるのが適切だと思います。
     そして、カウンセリングの際、ご家族に同行してもらって欲しいと思います。お金がない、という家庭の場合、帰国後、治療への理解が不足して、協力してもらえなくて治らない、というケースもあるからです。
     例えば、洗濯洗剤が怪しいので、ケアベールなどリスクが低いけど値段が高い、という洗剤に変える必要がある、といった場合、洗濯をやる人が患者以外の場合、言っても変えてくれない、という事が起こるのです。
     お風呂の残り湯を洗濯に使い回しされてしまったり、乾燥機を使用してもらえなかったり、夏にエアコンを使わせてもらえなかったり…。
     そんな事からアトピーが治らなくて・・・、という方もいらっしゃいます。ですから、貧困に陥っている人ほど、同居家族の理解は大事なのです。なのでここは節約せずに、是非同行してもらってください。必要な治療費は、カウンセリングからスタートしていると思ってもらえばいいと思います。

     人生の中で「投資」が必要な場合があります。
     悪循環を断ち切るために、どうしても必要な費用ってあります。
     治療費をいくらか上乗せすれば、全額回収できるのに、節約したために全額どぶに捨てる事になったら、それこそ勿体無いです。(しかもアトピーが治らないままになるし) 

     貧困にはそれぞれ、色々な背景があります。ですからアトピーだけが原因で貧困に陥っているかどうか、は、わからないのですが、アトピーがその一因にあり、頼れる人があまりいない人ほど、綿密に情報収集をし、治療計画を練って臨まれるようにして欲しいです。
     そして治療を、人生自体を立て直すきっかけになるようにして欲しいと思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
     

    ステロイドによる月経異常

     渡米してドクターマセソンの治療を受ける女性の場合、結構生理のトラブルを訴えられる方が多いです。

     現地ではステロイドを筋肉注射しますから、生理が来る人が多いと思います。
     ステロイドはホルモン剤なので、様々な効果を持ちます。アトピーに関する期待される作用は、炎症を止める作用ですが、他にも色々な作用を併せ持っていて、その中の一つに生殖系への作用がありますので、それで生理に対して影響が出てきます。
     私もアメリカ滞在中、2回、生理が来ました。中頃と終わり頃だったように思います。排卵して約2週間で生理は来ますから、ステロイドの注射によって排卵して、生理が来たのだと思います。
     帰国後も、ショートバーストをすると生理が来ました。
     私は元々「多嚢胞性卵巣症候群」(帰国後の不妊治療で分かった)という、非常に排卵しにくい体質だったので、生理が来るのはWelcome!でした。東洋医学での「お血」もたくさん溜まっていただろうから、生理の出血は悪いのが出て行くようなイメージがあったので苦にならず、、出血量もしっかりあって、気持ち良かったです。たくさん出るから、ちゃんと食べなくちゃ~、と思って、しっかり食べましたし。(そしてしっかり太りましたし…)

     生理のトラブルで怖いのは、出血が続く事による貧血です。
     女性の体は元々生理・出産の為に出血に強い体にできていますが、それでもじわりじわりと出血が長期に続く場合、やはり貧血の症状が出てきます。
     ですから出血が数カ月続く場合は、血液検査をされる事をお勧めします。ついでにみなさんおそらく、婦人科検診もしていらっしゃらない方も多いでしょうから、これを機会に検診もされるといいと思います。
     じわりじわりとした出血が長期に続く場合、自覚症状がなくても貧血になっている場合があります。 病院でケアに当たった患者さんは、血液検査するとびっくりするような数値なのに、本人は
    「ちょっと息は切れやすかな」
    位の自覚でびっくりした事があります。もちろんアカンベーをしてもらうと、下まぶたの裏、真っ白でしたけど。

     ステロイド使用による月経異常ですが、アトピー治療を優先させる限り、どうしようもないです。
     治療には優先順位がありますから、アトピー治療をトップに掲げるであれば、それによる月経異常、食欲や気分にむらが出来る、などの影響は諦めるしかないでしょう。
     ご存じの通り、アトピーの炎症はハンパじゃありません。必要な量のステロイドは使わざる得ないです。
     ステロイドの注射は現地で一度ですし、ショートバーストも1~2年でしかも頻度はどんどん減ってきますから、人生の中で一時的な出来事です。なので月経がおかしくなってしまう方は焦らず、出血が続く方は貧血に気をつけながら、しっかり食べて出血に備えていくといいと思います。

     この副作用は、当然ながらドクターの想定内のものですから、びっくりしなくても大丈夫です。

     これから渡米される方は、生理用品を多めに持っていかれるといいかもしれません。
     もちろんアメリカの生理用品を試すのも楽しいので、現地で買ってもいいのですが、私は通気性や肌への影響では日本製のが優れているように思いました。
     
     女性の方は生理のトラブルが出やすいので、頑張ってケアして、早く良くなってショートバーストしない体にしたい、と思われる方が多いのですが、男性の場合、生理がないので副作用を自覚する機会が少なく、自己ケアが大変なこともあってショートバーストに頼ってしまう方もいらっしゃるようです。
     昨今、そういう患者さんの場合、ドクターが治療を中止する、という事もあるようです。

     ステロイドの全身投与はあくまでも一時的な治療で、アトピー治療の優先順位が高い時の方法です。頼りすぎるのも問題ですし、拒否しすぎるのも問題です。
     副作用も怖がりすぎないでくださいね。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。