プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピーという病気の認識

     私がまだ、現役で看護師をしていた頃。3~4人、アトピーの患者さんが入院してきて、ケアした経験がある。
     そこは眼科病棟。白内障や網膜はく離を合併して、検査→手術していった。
     私はその頃、ステロイドをやめている頃で、リバウンドもあって、顔は眉毛が抜け、赤く丸くなってしまっていて、マスクで顔を隠して仕事をしていた。
     まだアトピーから、白内障や網膜はく離を起こす、というのは比較的新しい頃で、患者の人達は20~30代だったように思う。
     私は自分もアトピーだったので、彼らを気にしながら仕事をしていた。
     白内障や網膜はく離は、原因がいまいち不正確、としながらも、おそらく、白内障はステロイドの副作用と、顔面を叩く事による網膜はく離ではないか、と、言われていた。
     患者さん達には、原因がどう、説明されていたかよくわからない。彼ら自身も、いろいろと努力してきたに違いない。
     私は彼らが入院中、夜中に痒みで苦痛を訴えるのではないか、怒りで不機嫌なのではないか、不安からいろんな質問をしてくるのではないか、もしくは、投げやりな態度が見られるのではないか、そう思っていた。
     ところが、彼らは、一様に静かなのである。特別怒った様でもなく、淡々としていて、影が薄いのだ。検温の時に、
    「痒みとか、いかがですか?」
    と、きいても、
    「はぁ、それ程でもありません」
    と、苦痛を訴えるわけではない。
     私はなんだか、すごく不思議だった。
     白内障や網膜はく離を起こしてる、という事は、それまで相当苦痛と戦ってきた筈。しかも、副作用などで、視力にまで障害が出ている。視力障害は、とても怖い。でも、なぜ彼らは、こんなにぼんやりして、穏やかでいられるんだろうか?病気に対する認識は、一体どうなんだろう?もともと性格的に、疑ったりしないから、ここまでになってしまったのだろうか・・・?

     私は、その頃、全身真っ赤に燃え上がるような炎症と、絶え間ない痒み、浸出液、顔がパンパンに膨れ、眠れない、食べれない、といった日々を送っていた。怒りと苦痛の毎日だったのに、あの静けさはなんだろう?
     「アトピーって、大変な病気だけど、わかってる?」
    そんな風に言って、聞いてみたいような気がした。
     
     彼らの病気の認識度は、どうだったのだろう?
     彼らは、アトピーは大した病気ではないと思い込み、苦痛のある所に言われたように薬を塗り、掻くのはいけないから、あちこち叩いた、のではないか。疑ったり、なぜ、と疑問を持ったりしないタイプだったのではないだろうか?病気の重大さが認識できていなくて、ここまで来てしまった様な気がした。
     それから彼らがどうなったか、私は知らない。

     アトピーそれ自体では、視力は失わない。アトピーは治る事があるが、いったん落ちてしまった視力は、戻らない事がある。私はそれを、とても恐ろしいと思ったし、自分はそうなりたくない、と強烈に思った。

     今アトピーの人も、自分はまだ、他の人に比べれば、たいした事はない。毎日辛いけど、何とか仕事に行ける。辛い時は、ステロイドやプロトピックで、何とか乗り切れるし、医師もそう勧める。まだ、我慢できる。
     そう、思っているかもしれない。
     私は、苦痛を他の人と比較する必要はないと思う。日本人が、辛い、と思うのは、結構よっぽどなのだ。
     ステロイドやプロトピックで何とか乗り切るのもいい。でも、重大な副作用が現れた時、どうするんだろうか?白内障くらいならまだいいが、難治のもになったり、プロトピックの副作用は皮膚がんだし、一体、どうするんだろう・・・。それらが起こってから医師に言っても、医師は元の体を返してはくれない。

     私がアトピー攻略法で、始めに上げたのが、病気を認識する事だった。この重大性をわかって頂けただろうか。
     どうか、しっかりと受け止めて、治療に望んでもらいたいと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
     


     
    スポンサーサイト

    アトピー攻略法(3)

    アトピー攻略、3回目です。

    6. まとまった費用が必要な治療法を選んだ場合、何度も再検討する。
     多額の費用が必要な場合、本当にそれに賭けるかどうか、何度も何度も検討して欲しい。richな人は失敗が許されるが、そうでない人は、必ず一度で完治しなければならない。また、多額の費用をかけて良くならなかったら、精神的ショックも大きい。それはきっと、アトピー悪化につながる。
     その為には治療法のアンチの意見を再検討し直して欲しい。
     私の場合は、失敗率が1割でもあれば、それを選ばなかった。9割の人が成功するにしても、自分がその中の1割に入ってしまったら、後が無くなるからだ。これが、私が湯治をしたり、有名な病院に行ったりしなかった理由である。
     本当に効果のあるものに関しては、毒の入ったアンチの意見がほとんどない。あったとしても、経験した事がない人が、発言しているだけで、信憑性がない。
     本当に良くなるものには、男女差も、重症かどうかのレベル差もないのだ。
     

    7.費用を捻出する。
     月々のものに関しては、その他の支出を減らして、浮いた分を当てるか、収入を増やすしかない。忘れないで欲しいのは、体調が良くなれば、状況によっては収入を増やす事が出来る事だ。
     問題は、預金がなく、まとまった費用を必要とする場合だ。
     再検討を繰り返し、これに賭ける、と決めた場合は、相談を含め、やはり身内に話すのが一番だ。両親や兄弟などを含め、家族会議だ。
     中には、「家族に心配や費用の負担をとても頼めない」と、思っている人もいるだろう。でも、あなたにとって、アトピーの問題は、生死を賭けた大きな問題なのだ。無理してがんばり続けて、もっと悪化した時の迷惑をしっかりと考えて欲しい。
     それと、普通の家庭であれば、親が誰よりも心配している筈だ。助けたいと思っていても、子供のプライドを優先して、言うのを我慢していたり、実態を知らなかったりする。話さないのは、水くさい。
     まず、実態の苦しさをわかってもらい、自分が選んだ治療法の説明をする。それには費用がかかり、自分が用意できない事も正直に伝える。
     患者が詐欺にあった様に、一つの治療法に盲信してしまう事があるので、人生経験のある人の冷静な意見を聞く事はとても大切である。そして、必要なら、費用を払ってしまう前に、それを行なっている所に一緒に話を聞きに行ったりして、他の人から見ても、信憑性があるかどうか、判断してもらうといい。
     費用の負担に親ばかりを当てにしてはいけないが、将来の結婚費用に、と内緒でヘソクリをしていたり、親類からお金を借りる都合をつけられるとか、思ってもいない知恵を持っていたりする。まずは、相談しなければ、道は開けない。
     事情があって、親に相談できない場合は、職場の上司に相談して、給料の前借りをする事が出来るかもしれないし、会社の制度で、利用できるものがあるかもしれない。
     学生の場合は、事情の有無にかかわらず、親に話すのが第一条件だが、親が親身になってくれない場合、治療法が病院治療であれば、学校の先生などに相談するのがいいと思う。担任教師である必要はないので、人を選ぶ事。大学ならカウンセラーや事務に尋ねるなどして、相談するといい。
     知恵を持っている人や、人助け精神、というのを持っている人がいる。身内ではない人に相談する場合は、お金というよりは、知恵を借りるという事になるだろう。利用できる社会制度があるかもしれない。
     大事な事は、声を上げる事だ。
     気をつけて欲しいのは、借金をする場合は、必ず治らなければ借りてはいけない。治らなかったら、あなたの健康のみならず、多大な迷惑をかけ、社会的信用なども失うからだ。
     でも治ったら、一生懸命働いて、多少の利子をつけて、お金を返す事が出来る。(借りるのは、身内だけにするべき)
     
    8.状況が整ったら、迷いは捨てて、実行する。そして治療法を励行する。
     十分に準備した後だから、あとは思い切った行動力だけだ。治る事をしっかり見据えて、必要な治療法を励行しよう。手を抜いてはいけない。あなたの体はあなただけのものではない。今現在、孤独で辛い思いをしている人も、未来に必ずあなたを大事にしてくれる人がいる筈だから、その人のために、未来のためにがんばって欲しい。
     一種の楽観も必要だ。何とかなるさ、と思う事も大切。

     と、3回にわたって書きました。参考になったでしょうか?
    え?疲れちゃったって?
     明日からは、ちょっと軽くしたいです。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    アトピー攻略法(2)

    昨日の続きですが、少し補足です。
    3の、スキンケア用品ですが、中にはステロイドを混ぜ込んでいるものがあります。やけに効く、というのには注意です。
    3については基本的に、出費を伴わないものについて書きました。

    4.費用がかかるものについて検討していく。
    2で情報収集して、やってみようかな、という治療法がいくつか出てくると思う。それについて具体的に検討していくのだ。以前にも書いたが仮にわずかな金額であっても、良くならなければどぶに捨てるのと同じだ。だからこの段階に一番エネルギーを注がなければいけない。
    2でも書いたが、アンチ側の意見を集めるのは重要である。いくつかのアンチ側の意見に出くわしていくと、効く可能性が高いか低いかが、おぼろげながらわかってくる。
    やってみたいな、とすぐに飛びついてはいけない。たとえば漢方の場合など、調べると非常に深い。よく知らずに処方したり、売ったりしている人も多いので、どこで買うか、は非常に重要。
    口コミ情報をよく検討して欲しい。
    直接行かなくてはいけない療法(針など)でも、ここは、と思う所があれば、遠くても思い切って電話してみて、アトピー患者が多く来ているか、辺りの質問から入り、実は、と、簡単に自分の事情を説明して、困っている状況を伝える。感触がよければ、自分の住んでいる近くで良い所があれば教えてもらえないか、と、諦めないで尋ねてみる。切実さが伝われば、人助け意識で、情報をくれるかもしれない。その世界のネットワークで、紹介してくれる人がいるかもしれない。駄目もとでも、どんどん挑戦して欲しい。何しろ、生きるか死ぬかの、人生の危機なのだから。
    興味がある療法の所への質問のポイントは、
    1.どういう治療を具体的にやるのか。
    2.アトピー患者でその療法を受けている人は、全体の何割程度か。(たくさん見てる所は、経験があるし、口コミで広がっている事もある。)
    3.完治までの期間
    4.完治する人の割合
    5.費用
    なにしろ目的は完治なので、質問の答えが「その人によります。」だけの返事など、返事があいまいな場合は、そこにお金をかけてまでやる価値があるか、よく考えて欲しい。質問の態度としては、非常に困っているのですが、という雰囲気を伝える。
    すごくいい所だがHPをやっていない所も多い。(商売っ気がなかったり、年配の人は、パソコン使わない人も多いから。)そういう所は、電話してみるしかない。

    5.費用の検討をする。
    やる療法を決定したら、費用の検討に入る。
    少額のものであれば問題はないが、重症者に効力のある治療、というと、ある程度の金額を要する場合もある。
    完治の可能性が高いのであれば、諦めないで、じっくり検討して欲しい。
    アメリカ治療の場合は、帰国したら働く事が出来るし、いろんな保険で後日返金される事もある。
    例であるが、アメリカ治療の場合は、事前にまとまった金額が必要であるが、鶴治療院のように、月々、3~4万という場合もある。まとまったお金は用意できないが、月々3~4万円なら何とか、というケースもあるので、さし当たって漢方薬で状況を好転させて、お金をためて、アメリカ治療に向かう、という手段もある。
    漢方は、一日いくらとなっているので、一ヶ月、毎日使わなくてもいい。本当に急を要する状況の時だけ使う、という事も出来る。こうすれば、出費は抑えられる。
    でも、私の経験から言って、
    完治するのが一番安い
    悪化して仕事をやめたり、学校に行けなくなったりして、でもアトピーの治療には費用がかかり、預金も底を尽き貧困に陥り、精神的にも追い詰められて、死に向かっていく人も少なくない。アトピーは難病指定されていないから、保護してくれる制度がないのだ。

    まだ、あと、もう少し書きたい事があります。
    私は、3回にわたって書く、というのが、パターンかしら。
    私のアトピーは、さらに良くなっています。攻略法が終わったら、詳しく書きたいと思っています。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

    アトピー攻略法(1)

    アトピーという病気を前に、どうしたらいいか、私のお勧めの方法を紹介したいと思う。
    重症な人向けなのですが、重症でも、現実から目をそむけようとする人もいるので、もしかしたら当てはまるかも、と思って読んでいただけたらうれしい。

    1.現状をしっかりと認識する。
     現在の自分の生活を、現実的にしっかり見直す。自分が痒みと炎症にどれだけ支配されているか。日常の中で疲労感はどれくらいか。眠りが取れているか。集中する事が出来るか。また、もしかしたら、これで治るかも、と思って使っているものがあったら、それがいくらで月にいくら位かかっているか。友人や職場の人に「アトピー、大丈夫?」と、言われているかいないか。
    既に友人との約束をキャンセルせざる得なかったり、職場を休んだり、学校を休んでいないか。落ち込み具合はどうか。
    重症度をしっかりと認識して欲しい。重症だ、と思ったら、死ぬか生きるか、という人生の危機をしっかりと認識する。

    2.治る、という決心をする
     みんな良くなりたい、と思っていると思うが、治る為には、強い決意が必要だと思う。普通の病院に行ってもなかなか治らないアトピーは、治す為には根性が要ったりする。
    固く決意し、揺らがないようにする。
    諦めてしまったり、投げてしまったら、道は閉ざされてしまうかもしれない。
    自分を救うのは自分しかいないのだ、という位の気持ちを持つ。

    3.具体的に方法を調べる。
     今はネットが充実してるので、一番頼りになると思う。いろんなサイトを見て回って、必要なら質問をして情報を集める。そこに、「こんな質問をして恥ずかしくないか」という思いは、持たないで欲しい。
    気になるものがあれば、アンチ側の意見も情報収集した方がいい。掲示板など、中傷の場合もあるけれど、アンチの意見は充実している。その治療法を体験した人の意見を探すのだ。体験してないのに、批判だけする人の意見は読み飛ばす。まずは、知る事からスタートだ。
    それと、医学的知識も出来れば持った方がいい。身近に医療従事者がいれば、副腎の働きと副腎皮質ホルモンとは何か、ここら辺だけは教えてもらうのが一番だと思う。ネットで勉強する事も出来るが、解剖学、生理学をきちんと勉強した人に教えてもらうのが一番わかりやすいし、質問も受けてくれる筈だ。
    副腎、副腎皮質ホルモンは、アトピーの中で重要な単語だ。ステロイドホルモンの投与による副作用を知るのは、次のステップだ。

    3.実践できそうなものから始める。
     いきなり高額の商品を購入して、というのはお勧めしない。食事に気をつける、とか、運動する、とか、スキンケア用品も試供品をもらってくるなど、生活の中で改善できる所から始める。
    一つ一つについて、体がどう反応したか、検証していくといい。あまり無理して一つの事に固執しない事。多少良くなる程度なのか、完全完治に向かいそうなのか、期間を設けて評価してみる。
    悪化したら、即やめる事。一度悪化した方法を続けていて、良くなる可能性は非常に低いからだ。
     
    話が長くなるので、今日はこれでやめにしておく。洗濯機が止まったので、干さなくては・・・。
    なんだか最近は、重い話ばかりになってしまって。なんだか、軽い話題も書きたいなぁ。。。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。