プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    漢方薬はリバウンドがないか

     漢方薬はリバウンドなどの副作用がなくて安全、と思っている方は多いと思いますが、ちょっと小耳に挟んだ話を。。。

     漢方薬でも、リバウンド様の症状が起こる事があるようです。

     この点に関しては、医療情報など、正確な情報を得て、の事ではないので半信半疑的に聞いて頂いて構いません。

     ただ私の経験でも、これはなるほど、と思いました。
     漢方薬を飲んでいた間、薬が変わって効かなくなると顔や体がむくんできたり、症状がかなり悪化したり、といった事はよくありました。
     不思議な事に、
    「悪化しました。酷いんです」
    と言って送られてきた薬を煎じて飲むと症状が軽減するのですが、
    「少し良くなりました」
    と言うと、次の薬から効きが悪くなったり、時には先程書いたようにかなり悪化する事がありました。

     漢方薬にステロイド様の作用があるんじゃないかなぁ、というのは、使っている時から何となく感じていました。ただ漢方薬の魅力は「副作用がない」というものだと思いますので、まぁ、問題にならないかな、と思っていました。
     漢方薬のステロイド様作用、というのは、最近もあれ?と思った事としては、最近アトピー治療で有名になってきた病院の中国人医師が、中国ではリウマチを専門にしていた、という事です。
     日本でも、リウマチの治療にステロイドを用います。
     リウマチ治療の知識がアトピー治療に役立つ、という事は、この共通点で思いつくのは、炎症と治療にステロイドを用いる、という事です。

     漢方薬に直接ステロイドを混ぜ込む荒業をやる所は別として、鶴治療院などの生薬の漢方薬を飲んできた私としては、漢方薬だけでもステロイド様の作用を出す事はある程度可能だと思うのです。
     ただ西洋の薬と違うのは、やはり副作用の問題でしょう。漢方薬は解毒剤と一緒に飲むようなものだと思います。
     でも私が経験したリバウンドのような症状が出る、という事は、漢方薬でも使い方によってはかなり強いステロイド様作用を作る事が出来る、という事だと思うのと、短期でしかそれを用いようとしなかった中国人医師の使い方は、そのリバウンド様作用と知っていたのだと思います。

     ステロイドを拒み、漢方薬に助けを求める場合も、結局は「ステロイド」なのかな、と思うと、なんだか皮肉な感じがします。

     渡米して治療して思ったのは、アトピーの炎症というのは思っている以上に強くてしつこい、という事です。渡米前は7年くらい脱ステしていましたから、渡米治療で久しぶりにステロイドを使ったのですが、ドクターの治療を受けて2年たちますが、この2年間の間に、かなりの量のステロイドを私は使ったと思います。
     でも、これだけの量のステロイドを使う必要があった、という事です。
     
     漢方薬で使う「ステロイド様作用」では私の炎症は強すぎて止める事が出来ず、でもリバウンドは出ていた、という事になります。
     ならばいっその事、ステロイドのみの内服薬で直接量をモニターしながら調整できる西洋医学の方が私は優れているように思いました。

     ステロイドについて、副作用は様々あります。ステロイドの副作用はあるのです。けれど私はこう思います。
     フグには毒があります。どんな毒性作用があるか、わかっています。
     けれど、どこに毒があるのかはもうわかっていて、そこの部位を取り除けば安全に食べられる事が可能です。
     ステロイドも同じ事が言えるのだと思います。
     もともと医療とはそういうものでしょう。ステロイドにどんな副作用があるのかはわかっていて、「だから危険だ」と声高に叫ぶだけでは解決に至りません。
     残念な事に、どこに毒があり、どうすればそれを取り除けるか、そういう事を知らない医師達の処方によって、アトピー患者は混乱してしまう事になりました。また、副作用で苦しんだ方、苦しんでいらっしゃる方がいる事も事実です。
     でもステロイドには強力な炎症を止める作用があり、それと同じだけの作用を持つ抗炎症剤というのは残念ながらないのです。
     ならばそれを使いこなす方向に向いた方がいいと思うのです。
     私は2年の間にかなりの量のステロイドを使いましたが、顔がむくんだ事もないし、ステロイド終了直後に症状が劇悪化した事もありません。
     つまりアトピーに対して安全に用いる方法は、確立している、と言っていいのです。

     私も実はステロイドの内服薬=強い、副作用がたいへん、というイメージを持っていました。医療従事者でもそう思っている人は多いと思います。
     でもアメリカで治療を受けた時、スーパーバイザーの方と話していて、
    「ステロイドの内服薬が出る、ってやっぱり相当なんでしょうねぇ」
    と言ったら、
    「そうでもないよ。外来でも普通に結構出るけどね」
    と軽く言われて衝撃を受けました。
     使いこなすって凄いです。
     
     植物がホルモン様作用を示す事は確かにあります。
     私の経験ではアロマセラピーです。エッセンシャルオイルに含まれる成分が女性ホルモン様の働きをするので、施術を続けていると生理にまつわるトラブルや不快感が軽減されていく事はよくありました。イギリスではお産に用いる助産師もいるという事で、分娩が通常よりスムーズに進んだり、産後の体の回復も普通よりいい、というのを文献で読んだ事があります。
     漢方薬は婦人科でも治療によく用いられますから、漢方薬がホルモン様の作用を持っていてもおかしくないでしょう。
     つまり漢方薬の処方によってはステロイド様作用をもったとしても不思議はないと思います。

     漢方薬がステロイド様の作用を持つという事がわかると、なぜ治る人と治らない人がいるのか、なぜ私が治らなかったのか、わかったような気がします。

     私も漢方薬はリバウンドがない、副作用の心配がない、と思っていましたが、当時の私の症状は軽いリバウンドだったと思います。
     ただ漢方薬のステロイド様作用は、白内障を起こさせたりするような事はない(と思う)ので、きちんとしたの所の処方なら問題なく、アトピーが治らないにしても、安全だと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    暑くなりました

     昨日、今日と夏日ですね。暑くなりました。
     アトピーの皆さん!悲しい汗の季節になりました・・・。

     私は汗かきなので、もう既にちょっと辛いです。
     でもアトピーが酷かった頃は、冬より夏の方が良かったんですよ。なぜかな~、と考えてみると、当時、とても痩せていて、いわゆる生命力が無かった頃だったので、汗もかきにくかったみたいなんですよね。なので乾燥が良くなる夏の方が、冬の乾燥よりも良かったみたいです。
     漢方薬を飲み始めたら、汗をかくようになってびっくりして、鶴治療院の先生に、
    「汗をたくさんかくようになったのですが」
    と言ったら、
    「暑い時、汗をかくのは普通です」
    と言われました・・・。
     正直、何となく解せない感じがしましたが、今は納得です。漢方薬でちょっと普通に近付いたせいだったみたいです。

     汗はとにかくこまめに拭き取る、着替える、できるだけシャワーを浴びて流す、エアコンをケチらないで使う。これ位しかないですよね。ドクターいわく、扇風機は乾燥するのでダメ。エアコンを使うべし!という事です。

     水分はたっぷりとりましょう。汗をかいたら体も乾くし、体が乾けば皮膚も乾きます。
     私は生水が大好きなので、一日にかなり飲んでいると思います。お茶は渇きが潤わない時の方が多いので(←これ、理由があったと思います)、お茶を飲んだ後に生水を飲んだりしています。
     この間、ウーウェンさんの本を買いました。
     
     この本に、北京の四季の過ごし方が載っていて、ちょっと興味深かったです。
     夏は主にスイカで水分を補うそうで、すごく理にかなっているな~と思いました。

     東洋医学、薬膳、漢方薬、など中国では生活の一部になっていますよね。それにはかなわない、と思うので、私がアトピーを漢方薬で治療しようと思った時、中国人の医師にこだわりました。日本人がちょっと勉強したからといって、そう簡単にわかるようになるものではない、と思っているからです。
     日本料理を食べたいと思って、アメリカ人や中国人の料理人のお店に行きますか?やっぱり日本人が作っているお店に行くと思います。それと同じです。
     東洋医学は自分も漢方薬を飲んで効果が出たこともあり(治りませんでしたが)、とても興味深いし、健康につながる事は大事だし、体にいい、と思うとおいしく感じたりします。楽しみ、という感じで日々に取り入れるようにしています。
     夏には夏の楽しみ、という暮らしが目標です。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    鶴治療院

     今日、金スマで松居一代さんが出て息子さんのアトピーについてやっていましたね。
     私が帰国してからドクターマセソンの治療を受けるまでの約4年、私は「鶴治療院」という所にかかっていました。ここは確か、松居一代さんの息子さんがかかっていた所だったと思います。私の治療をしてくれていた漢方医(中医師)は違う漢方医でしたが、松居一代さんの息子さんの漢方医が信頼している、という医師でした。
     私はそれまで5人の中国人医師にかかっていましたので、いい医師の見分け方、というのもわかっていて、私がかかった鶴治療院の中医師はアトピーの治療では、中医学の中でもトップレベルだと思いました。
     ここの中医師に処方してもらった薬を飲み始めて、ほとんど寝たきりのように一日を過ごしていた私が、起きられる様になりました。体力が補充され、症状が軽減したのです。
     それからはぼちぼち社会復帰していきました。4年間以上、昨年の5月半ばまで、ほぼ欠かさずに薬を飲み続けました。他にこの医師処方の塗り薬や入浴剤も使っていました。
     デートの時も旅行の時も、たいてい水筒に入れて持っていき、結婚後の長期の旅行の時は、カセットコンロとなべを持っていって、漢方薬を温めて飲みました。
     でも正直、アトピーに対する漢方薬の限界みたいのを感じていました。
     炎症が強くなると当然症状が重くなり、漢方薬は体を冷やすものが処方されます。でも、アトピーの原因を「冷え」とするならば、温めなくてはならないのです。この加減がどうしても難しく、体を温める処方をすれば悪くなり、今度は冷やす処方をする、けれど長く処方を続けるわけにはいかないので、また様子を見ながら温める処方をする、という繰り返しになっていきました。
     同時に私は強い生理不順があり、漢方薬にもその治療を織り込んでもらっていたので(結果的にアトピー改善にも役立つ)、純粋にアトピーだけを考える処方、というわけにも行かなかったようです。
     また生理とアトピーは関係します。女性ホルモンがアトピーに影響するのです。だから第二次成長後の女性のアトピーの治療は難しいでしょう。
     費用の負担も正直、重かったです。月に3~5万ほどかかるし、症状が変わるとそれまでの薬では効かなくなるので、薬を変えてもらわなくてはなりません。
     漢方薬をロンドンで始めて6年ほどになるのに、治らない・・・。
     私の中に不安が常にありました。中医師が帰国してしまうのではないか、治らなければ10年先、20年先、今の中医師にかかり続けるのは難しいだろうから、別の中医師を探さなければならなくなる。費用の負担も働けるうちはいいけれど、年金生活になっても毎月3~5万円の費用は重すぎる。
     症状もアップダウンがあって、悪化すれば家事も出来なくなってしまう。もし子供が生まれてこの状態では、一人ではやっていけない。

     そんな中でアトピーアソシエイションのHPを見つけ、渡米してドクターマセソンの治療を受けるのを決意したのでした。
     
     鶴治療院で治る人もいるのもわかるし、治らない人がいるのもわかります。どうしても日本で治療する必要があり、日常生活が何とかなればいい、と思っている人にはいいかもしれません。けれど、やっぱり私は状況が許す限り、また完治を目指す人はドクターマセソンの治療を受ける事をお勧めします。
     私が漢方薬にかけてきた費用、交通費を計算すると、米国での治療費を越えてしまいますし、治るかどうか、ある程度の期間、中医師の処方を飲んでみないとわからないからその分、体の負担も辛い事と、悪くなった時、必ずしも処方された漢方薬がドンピシャの処方とは限らないからです。
     
     久しぶりに漢方薬を飲んでいた頃の事を思い出しました。半ば忘れていたなぁ・・・。去年の5月まで飲んでいたのに・・・。
     今はあの漢方薬を煎じなくてもいい、飲まなくてもいい、出かけるとき、漢方薬の心配をしなくていい、という生活は、開放された生活です。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    台湾旅行にて

     先週、水曜から3泊4日で台湾へ行ってきました。
     もちろんただの観光旅行でしたが、久しぶりにちょっといいホテルに泊まって、おいしいものを食べてご機嫌で帰ってきましたよ~。
    おいしいものレポートはこちら!
    いい風吹いてきた!

     さてアトピーの方は、出来るだけ魚介類を避け、クラリティンを日数分持って、お風呂洗いセット(朝・夕入浴するため)と今お気に入りのゲルマニウムを持って行きました。
     クラリティンはやっぱり一度飲みました。魚介類を避けたつもりですが、スープなのか、自分でも知らない食べ物のアレルギーがあるのか、それとも鮮度に問題があったのか、とにかく一度湿疹が出てきたので。
     お風呂はシャワールームとバスタブが分かれていて、ゆっくりと浸かる事が出来ました。バスタブの所にシャワーがなかったので、お風呂を洗っても流すことが出来ず、夜出たらタオルで拭いてきれいにしてしまう作戦を取りました。
     ゲルマニウムは今一押しの入浴の友ですね。
    スリムストーン エクストラ高純度99.999%のゲルマニウム配合
     アトピーが酷いピークの方にいいかどうかはわかりませんが、コントロール期、またはごく軽症のときにお風呂を楽しむ目的で使うのはいいと思いますよ。私は汗をかきにくい体質で、エアロビクスをやってもほとんど汗が出ませんが、これは20分でものすごい汗が出ます。出た後肌がしっとりするし、夫は静電気が飛ばなくなりました。もう、これ無しではいられない!という事で台湾にも持って行きました。

     台湾では漢方薬を結構たくさん買ってきましたね。行く前に欲しい漢方薬をあらかじめ調べて名前を控えていったので、言葉は通じなくてもなんとか買えました。
    迪化街(ディーホアジエ)という所に集中してお店があるので、お店もはしごできます。私は一軒では全て揃わなかったので、5件以上回っていろいろ手に入れてきました。
     もう今はアトピーのための物はありませんが、夫が風邪をひいた時用や、疲労時用など、まとめ買いしてきました。それでも帰ってきてから夫は「あれも欲しかったな~。」などと言っていました。価格は下手したら10分の1くらいで買えるかもしれません。お土産にしてもいいくらいの値段です。変なお茶買うより喜ばれるような気がします。なくなったらまた買いに行かなくちゃ!?

     アトピーだと旅行するのに食べ物を気にしなくてはならないのが不自由ですが、体も楽になって、心配事も減ったので、気軽に旅行に行けるようになったのがとても嬉しいです。生きてて良かった~!

     コメント、また受付再開します。楽しみに待ってま~す!

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。


     

    漢方薬の参考書

     5年以上漢方薬を使い続けてきたので、自分でもそれなりに調べたり勉強したりしてみた。結果、知識は非常にお粗末だけれど、漢方医に症状を伝える時は、とても参考になった。
     たとえば、トイレの回数が減った、疲れやすい、体力低下、腹痛の有無など、実は大切な情報なのだが、皮膚の様子に気をとられがちだったり、自分ではたいした事はない、という範囲の症状だったりして、伝えずに処方されてしまう事があると思う。
     漢方医に直接かかれなくて、薬を郵送してもらう場合は、知識が多少なりともあると、処方のハズレの確率を下げられると思う。

     私が一番参考にしていたのが、こちら

     少し難しいけれど、よく起こる症状が解説付きで書いてある。なぜその症状が起こるのかがわかり、それに伴って起こっている複数の症状にも思い当たるものがたくさんあり、その症状には理由があったんだ、と納得。
     この本で、漢方医に話すべき症状を何となくつかむ事が出来たように思う。難しいように見える本だが、家庭に向けて書かれているので、思ったほど難しくないし、始めから終わりまで読まなくても、思い当たる症状だけ読んでいけば十分だ。

     簡単に読めてわかりやすいもの、といえばこちら

     起こりやすい症状がイラスト付きで載っていて、対策まで書いてあるのがいい。主に女性にターゲットを絞っているようだが、男性の更年期にも触れている。薬膳にも触れていて、食事作りにも参考にしている。
     また、不妊治療にどういうものを用いたらいいのか、もかなり具体的に書いてある。私自身、生理のトラブルがあり、漢方医いわく、アトピーと生理のトラブルを併せ持っている人が多い、という事なので、何かと参考になると思う。2年ほど前に買った雑誌だが、価格も手頃だし、いまだに人気があるみたい。

     他にも買ってみた雑誌や図書館で読んだ本などがあるが、わかりやすさ、身近さ、充実度などの面で上記の2冊以上のものは見つからなかった。
     ネットでもいろいろ検索できるので、あちこち見てみるといいと思う。ただ、中医学は理論がとても大切なので、どこかできちんとした本を読んだ方がいいと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。