FC2ブログ
プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    明けましておめでとうございます

     明けましておめでとうございます
     今年もよろしくお願いします

     年末年始は夫と過ごしました。1/1に予定通り奥飛騨温泉に行って、雪見風呂を楽しみました。帰りは高山ラーメンを食べて、お酒を買って帰りました。高山の地ビール、美味しいですよね〜♪
     1/5は夫の実家に行って一泊してきました。1/4から夫は仕事始めだったので、お正月気分は1/3で終了って感じでしたね。
     夫の実家では夜におまんじゅうとロールケーキを食べてしまったり(断れなかった)、少し羽目を外しましたが、それほど体重は増やさずに済んだのでホッとしています。
     この時期は寒いですが、ジョギングは出来るだけ頑張るようにしています。体重調整や筋肉の維持も大事ですし、風邪を少し引いても早く治ります。この調子で今年一年過ごしたいと思っています。

     今年も色々あると思いますが、穏やかで健康な年にしたいと思っています。
      

    今年も終わりですね

     美容外科の話、まだ書こうと思っていますが、とりあえず今年はこれで終わりにしようと思います。

     2018年も終わりに近づいてきましたね。
     連休が続きますが、皆さんはどう過ごされるのかしら?
     私は新年の1月1日に温泉宿が取れたので、それを楽しみにしています。この連休はその一泊だけ旅行です。夫の実家に行かなくてはいけませんが、まだいつ行くか決まっていません。
     実は夫の兄のお嫁さんが小型犬を連れてくるので(しかも家にあげます)、私はアレルギーを警戒して被らないようにしています。夫の両親が「犬は連れてこないで」と言えなかったそうで(兄共々来てくれなくなるのが怖い)、私達が犠牲になっている格好です。まぁ見方を変えると、夫の両親が兄夫婦を取ったという事になるので、それならそれでいいか、と気楽な次男夫婦というポジションに収まる事にしました。
     私達夫婦は次男と三女なので、両親の愛を一身に受けて、という育ちではありません。昔は面白くなかった事も多々ありましたが、開き直ると楽ですよ。親から可愛がられた人が親を見ればいい、とドライに構えてしまう事にしました。中年以降は肝も座ってきて、バッチリおばさんです。
     多分、結婚している人たちは年末年始は色々人間模様とかドラマがあるでしょうね。でも日本の習慣として年越しはやっぱり特別なので、せめて一人で年を越す事は避けて欲しいな、と思います。もし友達で一人で年越ししそうな人がいたら、一緒に過ごせるように声をかけて欲しいと思います。私は若い時はクリスマス一人が辛かったけれど、25歳くらいから年越し一人が辛くなりました。夜勤の関係で年越し一人だった事が2回ほどあって。結構しんどいんですよね。気をつけて声をかけ合って欲しいな、と思います。

     おせち料理、作ってません。
     過去、3回失敗して、諦めました。数の子位は作って、あとはどうしようかな、と。気分で動きたいと思います。

     さて、どうでもいい話になりましたが、今年もブログを書き続けられた事に感謝です。そして読んで下さっている方にも感謝です。ありがとうございました。

     来年はどんな年になるか分かりませんが、どうか災害のない良い年になりますように。

    美容外科の話1

     リクエストを頂けたようなので、美容外科の話をしたいと思います。
     美容外科に勤めてみて、この手術ならやってもいいな、と思ったものをいくつかあげてみますね。

     まずワキガや多汗症の手術。
     ワキガが強い人は、本人に非がなくても周りに敬遠されてしまいます。デオドラントに使う手間もコストもバカになりませんし、人間関係においてつまらない事で損しそうです。ですからワキガや多汗症の手術はコストパフォーマンスとして見合うと思います。
     女性の方が気にすると思いますが、男性でもワキガが強かったら手術した方がいいです。
     ワキガの治療はいくつかありますが、やっぱり手術がお勧めです。今は保険適応にもなっているようなので、やってくれる病院があればそこでやってもいいと思いますが、まずやってくれる病院が少ない事と一般病院の手術件数がおそらく少ない事を思うと、件数が多く、土日の手術も可能で通院回数が少なくて済む美容外科も候補に入れてもいいと思います。
     ただ注意点としてワキガかどうかの診断が美容外科ではあろうとなかろうとワキガと診断されます(笑)。美容外科は営利目的の所ですからね。ですから気になる人はまず家族など、信頼できる人にワキガかどうか判断してもらう事をお勧めします。女性は生理の周期で匂い強くなる人がいますから、その時期だけどうにか乗り切れるなら手術は不要かもしれません。何れにしてもまず親しい人に相談してみる事をお勧めします。

     皆さん気になる二重の手術ですが、やりたい人はやればいい、というのが私の考えです。
     最も行われる方法は瞼の裏にひと針かふた針糸をかけるだけのものですから、整形だーー!と目くじらを立てる程のものではないかな、と思います。(効果は絶大ですが)
     私が二重の手術を肯定的に考えるようになった理由の一つにアイプチの存在があります。アイプチとは接着剤のようなもので、それを瞼に塗って一重まぶたを二重に見せる商品ですが、美容外科にこれでトラブルになった人が時々来てました。すごい人だとアイプチ歴うん10年という人もいて、過去に何度も炎症を起こして瞼の皮膚が肥厚してしまっていた人もいました。
     それに比べれば、二重の手術の方がはるかに体にかかる負担も小さいんです。なので、二重になりたくて悩んだり努力している人は、あっさり美容外科に行ってやってもらってもいいんじゃないかと思います。
     それと歳をとってきた人の場合、瞼が被さって視界が狭くなったり暗くなったりする人もいます。本当はそういう人は二重の手術をした方がいいと思います。(村山元総理など)
     二重の手術方法自体、本来は逆さまつ毛の治療の為の手術なのです。ですから逆さまつ毛があれば眼科では保険適応です。(ただ眼科では件数が少ないので眼科で手術する事はお勧めしませんが)
     実は私の夫がこのタイプで、歳をとってきて瞼が被さってきて、まつ毛も被さって視界が暗そうなので、本当は少し瞼に糸をかけてもらうか、メスで瞼の一部を三日月型に切り取ってもらう切開法という手術をしてもらった方がいいと思うのですが、あまりにも顔が変わってしまうと思うので、本人もやる気にならなさそうです。でもやったらさぞかし明るくなるだろうと思います。なので美容目的でなく、そういう目的で手術をするのもアリだと思います。私は夫の顔が多少変わってもどうって事ないので、何度か夫に勧めていますが、夫の両親が生きている内だと顔が変わった息子に衝撃を受けそうなので、もしやるなら見送ってからの方がいいかな、と思ったりします。

    美容の為に

     健康診断の結果が来て、セーフでした!
     今年は準備が出来なくて大変だったので、やっぱりコンスタントに運動するって大事だなとつくづく思いました。夏の暑さで運動出来なかったのが本当に響きました。なので来年は、スポーツジムに入ろうと思います。
     アトピーが出てしまうのが心配ですが、マシンなど、触る前に拭くとかスタジオトレーニングなどで物を共有しないプログラムで運動するなど、気をつけながらやりたいと思います。
     今は外で走れるので、春先まで外でジョギングしたいと思いますので、ジムに入会するのは来年の5月以降かな〜、なんて考えています。暖冬で今、とても走りやすいですよ。暑くなく寒くなく、気持ちいいです。真冬は寒いには寒いですが、走っているとどうしても暑くなってくるので、暑いより寒い方がジョギングは楽ですね。

     さて暖かくても冬にはなってきているので、乾燥を感じる時も出てきました。
     最近、実は顔のシワが気になってきています・・・。何と言っても48歳ですから、年相応なのですが。。。それでも何もケアしないわけにはいきません。さてどうしましょう、と思って、顔のパックを始めました。
     私はドクターマセソンの保湿は最も効果があると思っています。つまり20分の入浴です。皮膚を水に沈めるってやつです。でも最近は入浴も月に数回しかしてなくて、もちろん顔も洗う時だけしか水に当てていません。それで考えたのですが、最初は入浴の時にキッチンペーパー(リードとかの厚いタイプ)を持ち込み、鼻の所だけ破ってやっていたのですが、もっと頻回にしたいな、と思うようになり、シャワーの後にティッシュペーパーを使って水パックをする事を思いつきました。
     シャワーを浴びた後、ティッシュペーパーを半分に折って濡らし、額部分、目鼻部分、鼻の下から顎まで、と3枚使うのです。目の所だけ破り(鼻もうっかりティッシュを被せてしまったら破って穴を開け、呼吸できるようにします)これがなかなか良いのです!
     水ティッシュパックだとアレルギーの心配もなくコストも格安。目の所に穴を開ければ顔にティッシュを貼り付けたままドライヤーで髪を乾かしたり、洗濯機を回したり、と作業もできます。週4〜5回やっていますが、良い感じです。
     美容液なんかを使っても良いのでしょうけど、美容液ってあんまり信用していない所があるのと、大昔、美容外科に4ヶ月だけ勤めた事があるので、高級美容液使う位なら美容外科でお金使った方が良いような気がしているので、今はこれで満足しています。
     この水パック、治療後の患者さんにもお勧めですよ。タオルなどより、顔への密着度が高いんです。ピタッと貼り付きます。ただ濡れティッシュは水に溶けないので必ず呼吸できるようにしてください。死んじゃいますから。

     そうそう、忘れていましたが、今年だったかな?美容外科で顔の黒子を取ってきました。古巣の美容外科にまだ知り合いがいて、連絡を取ったら喜んで迎えてくれました。
     黒子はとても小さいものでしたが、鼻のすぐ近くにあり、大きくなりそうな雰囲気がありました。大きくなってから取っても良いのですが、美容外科の手術の値段が、昔は1ミリ1万円だったのです。それを覚えていたので、小さい内に取ってしまわないと値段が上がってしまう〜〜〜、と思って取る事にしました。
     結局知り合いの子が計測してくれて1ミリ以下にカウントしてくれたのと、昔より値段が下がっていたので5千円で手術、となりました。もう手術なんてあっという間で。。。麻酔注射を除けば10秒にも満たない手術時間でした。
     今は傷跡も全くなく、やったのも忘れていた位です。
     黒子も変に育ててしまうと老けて見えるし、場所によっては邪魔になったり、毛が生えてきたりしてみっともないので、中年以降は取った方が良さそうなのは早めに取った方が良いかな、と思います。
     黒子除去、やりたい人は皮膚科より美容外科の方が良いと思います。というのも美容外科の方が件数をこなしていますし、機械を新しい物を入れていたりするのと、価格やプランが自由競争なので、私の行ったところは3年保証が付いていたりしました。美容外科も使いよう、っていう所で、一概に否定する分野でもないな、と勤めて思った所でもありました。

     昔の話ですが、美容外科の話って皆さん興味あるのかしら?
     あるようなら、記事に書こうかな。 
     聞きたいと思う方は拍手ボタンをお願いします(^ ^)

    シダトレン

     シダトレンを再開しました。

     シダトレンはご存知の通り、スギ花粉アレルギーの免疫療法の治療薬です。普通に開業医で処方してもらえます。
     私は何年か前、認可されて処方になった時に飛びついて治療開始して、2年半位でやって終了していました。ですが再開する事にしました。
     理由は一つは今年のヒノキ花粉だと思うのですが(スギはあまり症状が出なかったので、シダトレンの効果は感じています)、その症状が結構酷かったのです。それともう一つ、何となくですがアメリカで受けていたアレルギー免疫療法を終了してから、アレルギーが少し悪くなったような気がしていました。顔が痒くなったりとか(今年は夏の汗が大きかったとは思いますが)、敏感になったような。そんな事が時々気になり、アレルギー治療をやめちゃったからかな、と思ったりしていました。
     アレルギー治療再開、と言っても、渡米して再度治療する程ひどい訳では無いですから、どうしようかな、と考えてのシダトレンだったのです。
     
     アレルギー治療はもちろん対象の物質が決まっていますから、シダトレンはスギ花粉だけなんですよね。だったら意味ないかな、とも思ったのですが、確か他のアレルギー、特に似たような物に関しては効果が出てくる事もある、と言っていたように記憶していましたので、ま、簡単に再開できるからシダトレンやろうかな、と決めた次第です。ヒノキに効いたらラッキーですからね。
     とにかく免疫療法で免疫を刺激し続けていれば、何もしないよりはアレルギー全般に良いんじゃないかな、という勝手判断です。
     今年のヒノキ花粉が本当に酷かったので、今シーズンは少しは花粉の量が減ると良いなと思います。

     そうそう、健康診断、無事終わりました。結果はまだ来ていませんが、健診当日、絶食だった事もありましたが、体重がスコン、と落ちていてびっくりしました。健診が12月頃だったらな、なんて思いました。何も引っかかっていない事を期待しています。