プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピー性皮膚炎3

    アレルギーについて、もう少し書き足したいと思います。

    アレルギーは主に

    1、接触性
    2、空気中にあるもの
    3、食べ物

    に分かれます。

    1、接触性

     金属アレルギー、洗剤、スキンケア用品、繊維など。

    2、空気中にあるもの

     ハウスダスト、カビ、花粉、PM2、5など。

    3、食べ物アレルギー

     卵、牛乳、など。

    これらがアトピーを悪化させる要因になり得ます。
     アレルギーは人によってアレルゲンになっているものが違います。
     皮膚が薄くなっている人ほど悪化しやすく、特に空気中にあるものに対して皮膚が反応を起こしてしまうほど敏感になってしまうと、難治のタイプになってしまう人が多いです。というのも、アレルゲンは皮膚を貫通して、アレルギー反応を常に誘発してしまいますし、空気中の原因物資は取り除くのがとても難しいからです。つまり24時間、アレルギー反応を起こし続けてしまう事になり、皮膚が炎症を起こしっぱなしになってしまうからです。

     
    自己免疫に対して

     近年、問題になってきているのがこのタイプです。
     アレルギーが酷い状態が続いている患者さんの中に、どうやら自分の汗などの体液に含まれるタンパク質に対して炎症反応を起こしている人がいるという事がわかってきました。
     アレルギーの場合、通常は他者、つまり自分のものではないものに反応します。洗剤だったり、花粉だったり。けれど、自分の汗に含まれるタンパク質に反応している場合は別です。自分に対して攻撃してしまっているからです。こうなると「自己免疫疾患」とも言える状態であって、診断にしろ治療にしろ、皮膚科の範囲を超えてきます。というのも、その反応が皮膚に止まっているものかどうか、わからなくなり、内科的な病気も考慮した方がいい事も出てくる可能性があるからです。

     簡単に自分の体液にまで反応するようになるわけではなく、通常は徐々に、です。日本の場合はアレルギー治療がほとんどできない為、皮膚が悪化した状態が続いた時間の分だけ、どんどん接触性→空気中→自己免疫問題 と進行していく可能性が強まります。
     全員がこの道を辿るわけではありませんが、そうしたリスクはあるという事を知っておいた方がいいと思います。
    時々、渡米治療を何年も「様子見」する方がいらっしゃいますが、様子見が重症度を増大させるだけという悪い可能性がある事も考慮して欲しいと思います。実際いらっしゃいますので。

     
    スポンサーサイト

    アトピー性皮膚炎2

    アトピー性皮膚炎とは、バリア機能不全をベースにした皮膚炎の総称と言えるわけです。イメージとしては極端ですが、粘膜みたいな肌、とでも想像してもらえると以下の事に納得してもらえると思います。

    1、感染

     皮膚がき弱な為に色々な菌に狙われます。一番多いのは「黄色ブドウ球菌」です。この菌はどこにでもいる為、最初にくっつきます。というか、普通の人はバリア機能でブロックされるので、ゴミがくっ付いた程度で済むのですが、アトピーの人は感染してしまいます。それが痒みの元になったり、人によっては微熱が続いていたりします。
     もちろん抵抗力の低下によって、もっともっと色々な菌に狙われます。食パンのカビの実験みたいな感じ。
     また、抵抗力の低下はヘルペスの悪化などを招き、炎症を更に拡大させます。

    2、刺激に弱い

     衣服の擦れ、汗、洗剤などの化学物質など。些細な事が原因で炎症が起こります。

    3、アレルギー

     アレルギーを起こすと炎症に繋がります。花粉など、空気中に浮遊しているものが皮膚に付着すると、バリア機能が機能しないので、貫通してアレルギーを起こし、炎症を引き起こします。
     またアレルギーは生まれながら起こしやすい体質というのがあり、アトピー体質(バリア機能を作れない)+アレルギーを起こしやすい体質、となると、当然ながら劇悪化しやすい体という事になります。
     近年はこのアレルギーが特に注目されています。というのも、アレルギーが相乗効果的にアトピーを悪化させるからです。またアレルギーが酷くなると、全身へのダメージも大きくなり、QOLが著しく下がる事が分かっています。

     基礎知識として知っておいて欲しいのは、決して「アトピー=アレルギー」ではない、という事です。日本の情報は、あたかも「アトピー=アレルギー」という風になっています。その為に腸内細菌云々とか、油がダメ、とか、おかしな事になっています。
     アレルギーは皮膚炎だけでなく、喘息、花粉症などの発露があり、必ずしもアトピーだけの問題ではありません。この問題はアトピーの側からのアレルギー、アレルギーの側からのアトピー、という二つの側面ある、という事を念頭においてください。

    4、冷え

     皮膚が薄くなってしまっているので、体温が抜けていってしまいます。ですから多くのアトピー重症患者は、冷えにも苦しんでいます。私も真夏の38度の室内で湯たんぽを抱えていた経験があります。

    5、ステロイドの副作用

     日本では殆どの人が最初に病院にかかり、ステロイド外用薬を処方されていると思います。でもその時、原因を追求される事は殆どない為、繰り返し使うようになっていきます。
     ステロイド外用薬は長期使用で様々な問題を引き起こす事が分かっていますが、その一つに「皮膚が薄くなる」というものもあります。ただでさえ薄くなっている皮膚をステロイドの長期使用によってますます薄くしてしまいます。また当然ながら、皮膚から体に吸収されますから、白内障など色々な問題を引き起こしています。
     また免疫の問題とも絡みますから、全身へのダメージを大きくするのにも一役買っています。

     間違えないで欲しいのは、ステロイドは本来「治療」としてとても有用な薬です。問題はうまく使われず、それどころか長期使用によって副作用の局面が大きくなってしまっている、という事です。

     他の国では保険の関係もあり、ステロイド外用薬が長期に処方される事はあまりないので、この問題は日本特有とも言える問題なのかもしれません。
     

    アトピー性皮膚炎1

     「アトピー性皮膚炎」とよく言いますが、この病気ってどういうものなのか、分かっている人は少ないように思います。なのでこの病気について分かりやすく説明してみます。

     はじめに、分かりやすくする為に「真正アトピー」と「仮性アトピー」とさせてください。ただこうした言葉は医学上ありません。私が勝手に付けたものですので、それを念頭にお読みくださいね。

    1)真正アトピー

     遺伝子の問題で、正常なバリア機能をきちんと作れないタイプ。
     発症年齢が早いことが多い為、乳幼児期に発症する人はこのタイプが多いと思います。バリア機能を作れない為に皮膚炎を起しやすく、アレルゲンが皮膚を貫通してしまう為に重症化しやすいです。ステロイドも幼少期からスタートする事が多い為に、ステロイドの副作用にも晒されています。

    2)仮性アトピー

     バリア機能を作る遺伝子はあるので、発症年齢は様々。乾燥肌や合わない化粧品による接触性の皮膚炎、汗疹の放置などをきっかけに、ステロイドの多用、長期連用、トリガーを除去しない、など間違った対処によって悪化させてしまう。


     皮膚を守る為にはバリア機能の他に皮脂腺や汗腺なども関係します。真正アトピーであっても思春期など皮脂腺や汗腺が活発に働いている時は、それほどアトピーが重症化せずに経過する事も多いと思います。ですが、引越しや職場環境によって、またストレスなどによって皮膚が長時間乾燥する状況に置かれると重症化していく事が考えられます。

     「仮性アトピー」の人は元々バリア機能を作れる為、何かのきっかけに完治してしまうことは十分あると思います。この場合が多くの「体験談」や多くの「治療法」に結びついているように思います。治りやすいアトピータイプはどちらかといえばこのタイプ、と思います。(ただし油断は禁物)
     
      真正アトピー、仮性アトピーとも症状は見た目に同じですし、重症度の判定も治療法も同じです。皮膚炎を一旦ステロイドを使って完全に抑え込み、感染への対処、皮膚への水分供給、保湿によって皮膚のバリア機能を強める、炎症を起しやすい体質への対処としてアレルギーへのアプローチ。
     仮性アトピーであってもアレルギーが酷くなってしまった人は難治になりやすいので、治療に当たって分ける必要はありません。
     唯一あるとすれば、真正アトピーはアトピーが完治しても保湿などバリア機能を補充する事は必須です。それに比べて仮性アトピーは保湿も完全に要らなくなる人が出てくる事です。ただこれも仮性であっても年齢が高い、乾燥しやすい場所に長時間いる必要があれば必要になるでしょうし、真正アトピーであっても皮脂腺汗腺が活発で、保湿が重くなってしまう、という人もいるでしょう。また性ホルモンも皮膚の潤いに関連しますから、若い人ほど不要になるケースが出てくる事が考えられます。

     それらを踏まえると、真正アトピー、仮性アトピーを見分ける必要等何もありません。
     ただ私自身は恐らく真正アトピーのタイプです。幼少時の発症で、アレルギー体質で、完治状態に至った今でも保湿は必須です。塗り忘れるとそこが炎症を起してくる事があり、旅先に保湿剤を忘れた時はホント辛かったです。なので、遺伝子でバリア機能を作れないんだなぁと思い、諦めて一生保湿剤を塗っていこうと思っています。その程度です。

    続きます。 

    体験談にご注意を

     私は橘玲さんの本やブログをよく読むのですが、去年の記事でこんなのがあって、心に留めていました。
    https://www.tachibana-akira.com/2017/10/7773
    https://www.tachibana-akira.com/2017/10/7781 私はこの序文が書かれた本は読んでいないのですが、この序文にはいい事が書かれているな、と思いました。

     アトピーは情報が溢れている、と言われていますが、その原因の一つに「私はこれで治りました」という情報がとても多い事だと思います。
     体験談はわかりやすいのです。その体験者の家族構成や病歴が書いてあり、共通点が見つけやすい分身近に感じますし、共通点が多いほど「私もこれで治るかも」と思うと思います。ですが冷静になって考えてみると、膨大な症例の中のたった一つに過ぎないのです。それが自分に当たるか当たらないか、それは時には宝くじに当たるより低い確率になるかもしれません。
     ですがそれを取りまとめてくれている所があります。それが「医学」です。

     時々、種々の「体験談」に振り回されている方がいらっしゃいます。そういう人はいわゆる「カモ」になりやすいのです。
     通販番組で美容品や健康食品では体験談を語る人たちが多く登場します。体験談が購買行動に繋がる証拠でしょう。
     でもカモになりたくなかったら、体の事に関しては「医学」ではどうなんだろうか、と立ち止って考える必要があると思います。

     最近、ガンの免疫療法の話を聞きました。アトピービジネスも凄いですが、ガンビジネスはもっと凄いような気がします。がんに関しては調べこんでいませんが、玉石混合で難しいと思いました。今後、もっとこういう情報は増えていくような気がします。
     私はとにかく基本に立ち返る、エビデンスや「医学」という所で考えていこうと思っています。 

    ヒノキ花粉

     相変わらず「タウンシップ」を頑張っているゆかりです。レベルは45に達しました。1ヶ月ほどでこのレベルって、どれだけ他を疎かにした事か・・・。夫にも注意される始末です。でも子供時代にこんなに手軽にゲームが出来る時代じゃなくてよかったな、と思います。絶対勉強しないでゲームばっかりやる子になっていた筈です。

     ところで今シーズン、花粉、酷くないですか?
     私はシダトレンを2年半ほどやったので、杉は大丈夫な様ですが、結構症状が今年は重く、ザイザル朝・夕5mgずつ飲んでも夜、余りに症状が酷く、残っていたアレジオンを追加してようやく眠れた日が一日ありました。眠っていても目が痒くて目が覚めたり。。。
     シダトレンをやった病院にかかったところ、「年々ヒノキが酷くなっているみたい」という事でした。「杉はシダトレンがあるから良いけど、ヒノキは対症療法しかないからねぇ」と。

     私は何となくですが、この花粉症、杉じゃない気がしています。ツイッターでみんなが「辛い〜〜」という日はあまり症状が出なくて、少しズレたからです。

     思わずアメリカのアレルギー治療を終了してしまった事を後悔してしまいました。(確かヒノキはエキスが入っていたと思うので)続けていたら良かったかも。
     私は2014年に自分で判断してアレルギー注射を終了にしました。なのであれから4年。。。 今、注射続けている人は、続けた方がいいかも、と思いました。

     昨日辺りからすこし症状が落ち着いてきたようなので、このまま終わりになるといいなと思います。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。