FC2ブログ
プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    シダトレン

     シダトレンを再開しました。

     シダトレンはご存知の通り、スギ花粉アレルギーの免疫療法の治療薬です。普通に開業医で処方してもらえます。
     私は何年か前、認可されて処方になった時に飛びついて治療開始して、2年半位でやって終了していました。ですが再開する事にしました。
     理由は一つは今年のヒノキ花粉だと思うのですが(スギはあまり症状が出なかったので、シダトレンの効果は感じています)、その症状が結構酷かったのです。それともう一つ、何となくですがアメリカで受けていたアレルギー免疫療法を終了してから、アレルギーが少し悪くなったような気がしていました。顔が痒くなったりとか(今年は夏の汗が大きかったとは思いますが)、敏感になったような。そんな事が時々気になり、アレルギー治療をやめちゃったからかな、と思ったりしていました。
     アレルギー治療再開、と言っても、渡米して再度治療する程ひどい訳では無いですから、どうしようかな、と考えてのシダトレンだったのです。
     
     アレルギー治療はもちろん対象の物質が決まっていますから、シダトレンはスギ花粉だけなんですよね。だったら意味ないかな、とも思ったのですが、確か他のアレルギー、特に似たような物に関しては効果が出てくる事もある、と言っていたように記憶していましたので、ま、簡単に再開できるからシダトレンやろうかな、と決めた次第です。ヒノキに効いたらラッキーですからね。
     とにかく免疫療法で免疫を刺激し続けていれば、何もしないよりはアレルギー全般に良いんじゃないかな、という勝手判断です。
     今年のヒノキ花粉が本当に酷かったので、今シーズンは少しは花粉の量が減ると良いなと思います。

     そうそう、健康診断、無事終わりました。結果はまだ来ていませんが、健診当日、絶食だった事もありましたが、体重がスコン、と落ちていてびっくりしました。健診が12月頃だったらな、なんて思いました。何も引っかかっていない事を期待しています。
     

    捨て方

     体重は相変わらずです。もう今回の健診は祈るのみですね。でもどちらにしても減量はしていかなくてはならないので、課題です。それにしても痩せにくくなりました。前は少し走るとじきに体重が落ちたんですけどね。もう若くはならないので、今後に合わせたやり方を考えなくてはいけません。

     さて涼しくなってきました。大掃除の季節です。
     年末に大掃除をやるのが普通ですが、年末は寒くてやりたくないですよね。それと埃なんかも固くなりやすく、本当に大掃除に向いているのは10月、と聞いたことがあります。なので、少しずつやろうと、先ほど、ワックスをかけました。

     さて物の捨て方です。
     捨てるのは割と得意です。というか、結婚前に引っ越しはたくさんしたので、物が捨てられない、というタイプではありません。なので、最も簡単な物の捨て方をお教えしましょう。
     
     ゴミ袋を三つ持ちます。燃えるゴミ、プラスチックゴミ、燃えないゴミ用にそれぞれします。そしてルールとして一度その袋に入れたら決して取り出さない事。そしてよーいスタートです。タンスを開けて、服や下着を広げて捨てない物だけ元に戻します。あとはどんどんゴミ袋へ入れましょう。それだけです。
     すぐに元に戻したくなる人、その人はその物を持って「これをきちんと手間暇かけてメンテナンスしていけるだろうか?場所代もかかるが、それを払う価値がこれにあるだろうか?」そう自分に問いかけてください。物には埃やダニが付きます。それを払い、時には洗い、そうして維持していくだけの価値と時間と労力が自分にあるだろうか?そして置いておくのも無料ではありません。賃貸なら家賃、持ち家なら税金、そのスペースの維持にお金はかかるのです。その価値はあるのだろうか?そう問いかけてみてください。そうなると大半の物がNOとなる筈です。
     この捨て方は、途中から結構加速度が付いてきます。
     ゴミ袋には分別しながら入れていくので、あとはゴミの日に出すだけです。
     よく「だわへし」とか全部出して広げていく方法を紹介していますが、そっちの方が断然面倒くさいですよ。

     あと家族が物を捨ててくれない、という人もいると思います。うちも夫が捨てるのが苦手で。。。何度かキレそうになりましたよ。物を捨てるのは実は男性の方が苦手ですね。断捨離もののテレビ番組を見ていると、大抵夫が抵抗していますよね。何か、本能的な物でもあるのかな、という気がします。
     それで私も色々考えました。
     夫が一番多かったのが服だったのです。そして捨ててくれない。もう殆ど着ていないのに、です。

     そこで策を講じました。
     私から見て着ていない、今後も着なさそうな服をゴミ袋に全部入れていったのです。その時は冬服をやったかな。で、必要ならこの中から出して着て欲しい、ワンシーズン着なかったら処分します、と通告しました。その時は結構怒っていましたね。でも
    「全然、メンテナンスしてくれないじゃない。私はこれ以上出来ません。」
    と譲りませんでした。
     そこで夫はしぶしぶその袋を覗き込んで、数着戻したでしょうか。で、ワンシーズン中、タンスの傍にほったらかしにしていました。私も横目で見るだけで知らん顔を決め込みました。
     さて期限が来て、夫の機嫌が良さそうな時にその服をどうするか聞いてみました。そして
    「迷うなら一度着てみたら?」
    と言ってみました。すると夫はズボンを一点取り出し履いてみたのです。
    するとデザインがダボっとしていて、古臭い、今の体型にも合っていない事が分かりました。自分でも履いてすぐにわかったみたいで、
    「もうダメだね・・・」
    と、その袋の中の服を全て捨てる事に同意してくれました。
     そこからは古い服はどんどん捨てるようになりましたね。洋服って地味に流行があって、やっぱり昔の服って野暮ったく見えるんです。それと残念ながら着る側の自分の方も年を取り、体型も変わり、似合わなくなってくるんです。結局はその年代に合わせた服が必要になるんですよ。
     それが私も夫も分かりました。私も無理やり若い時の服を着た事がありましたが、もうやめました。夫も「もう年齢からして無理だから」と言うし。だから私も結構捨てました。そして今に合った服をお互い新調しました。

     家族に捨てさせるには、まず自分が相当捨てないとダメです。雰囲気ってあるんだと思います。どんどん捨ててスッキリしていくと、なんだか自分も何か協力しないとまずいような雰囲気、っていうか。そうすると家族も捨て始めたりします。

     ここまで書いて、さぞかしゆかりさんちは物が無いんだろうな、と思われるかもしれませんが、実はそんな事はなく、今は引っ越しなどなく捨てる必要が無いので、ある程度の物の量は容認しています。でも捨てる自信はありますよ。

     面倒な大掃除ですが、楽にするためにも捨ててしまったらいかがでしょうか?面倒な台所の換気扇の掃除など、なんと、新品購入しても2700円程って知ってましたか?それなら2〜3年毎に買い換えてしまう、っていうのも手です。

     さて明日から折りを見てワックスがけを頑張ります。

    秋の食べ物 雑感

     健診が来月ではなくて、今月末だということがわかり、大慌てしております。
     体重調整が間に合わないだろう、というのと、それで何が心配って糖尿病検査のA1Cの値です。一度引っかかっているので。それで引っかかれば病院に再検査に行かなくてはならないので、どうにか検査不要になってもらいたい、そう思いながら、根性を出してジョギングしています。
     とはいえ、今年は夫が秋刀魚にハマっており、秋刀魚、といえば日本酒ね、という感じで、夫が日本酒を持って誘惑してきます。で、負けるんです・・・。日本酒って、血糖値がパーンと上がるんですよね。。。でも和食にはやっぱり日本酒ですよね〜〜。ツマミのカロリーが低くて済むから、トータルでは洋食なんかより健康的、とは思いますが、それは平時の話で、送られてきた書類や検査キットを見ながらため息をついています。

     食事は最近は和食が多くなりました。
     というのも、夫のお酒が日本酒になったことがきっかけです。夫はIBSで、常にお腹の様子を気にしています。そんな中、合うお酒をあれこれ試していました。焼酎→ワイン→日本酒、ときた感じです。ワインの時はツマミはやっぱり洋食で、チーズも色々買ったり、トマト煮の回数も多かったですが、日本酒でもちゃんとした純米酒なら大丈夫、という事がわかり、そこからは日本酒となりました。日本酒でもやっぱり純米の生酒がお腹に優しいみたいです。
     私は実はビールが好きなのです。いえ、もしかしたら日本酒が一番かもしれませんが、何しろ日本酒は酔いやすくて、二日酔いがキツイので、次のビールを一番飲むようになりました。和食にはあんまり合わないんですけど。ビールといっても、大手ビールメーカーのは好きではなく、やっぱり地ビールです。でも高いから、ふるさと納税で地ビールにするようにしています。(夫には悪いけれど、金額マックスまで地ビールです)

     それにしても和食はカロリー低くて、野菜がたくさん食べられますよね。冷奴に漬物、お刺身や焼き魚、焼き鳥でいいんですから。
     そうそう、先日、きょうの料理で豆乳を使ったコールスローやっていました。ノンオイルです。https://www.osarai-kitchen.com/nhk/nhk%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%AE%E6%96%99%E7%90%86/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%99%E3%83%84%E3%81%A8%E5%AF%92%E5%A4%A9%E3%81%AE%E6%A2%85%E5%B9%B2%E3%81%97%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC/
     私は簡単にキャベツの千切り(あんまり細すぎない)に塩をして水を出して、あとはコーンやその辺にある野菜なんかを入れて豆乳をかけて馴染ませて終わりです。塩味が豆乳でマイルドになってキャベツともちゃんと合うんです。夫はちょっと物足りないみたいですが、私はこれでいいです。塩は意外と少しでいいので、もし作られる方がいたら、塩の量に気をつけてくださいね。ノンオイルなので洗い物も楽チンです。
     コールスローは作り置きしておいてもすぐになくなってしまいますよね。マヨネーズ版でも。
     
     そうそう、秋といえばキノコですが、残ったキノコをみじん切りにしてチャーハンに入れたらエライ味が良くなりました。キノコ、すごいですね。最近はフードプロセッサーをよく使うようになりました。とても便利ですよ。生姜をおろすのもおろしカッターに変えてギューンと擦ってしまいます。沢山擦れますので、沢山使うようになりました。お刺身とか下味なんかに。もしあまり活用していなかったら是非使ってください。私は玉ねぎ4分の1個でもフードプロセッサー使いますよ。
     キノコは冷凍出来る事を知ってから、時々冷凍しています。お味噌汁の具に困ると冷凍キノコ使います。便利ですよね。ミックスキノコのポタージュも作ってみました。これもまた美味しくてびっくりしました。なんか、キノコの実力を今まで知らなかったような気がします。ちょっと色々活用したいな、と思い始めたこの頃です。

    運動の勧め

     ようやく涼しくなってきましたね。
     長らく出来なかったジョギングも少しずつ始めました。もう太ってしまって・・・。アトピーが酷かった頃はガリガリだったのに(今となっては信じられない)、今は油断するとすぐに太ってしまいます。健康診断も11月に控えているし、待った無しの体重管理をしていかなくてはなりません。
     
     ジョギング、以前にも書きましたが、ウォーキングの人に抜かされそうなスピードのちんたらジョギングですが、これでも効果ってあるんですよ。
     まず、背中の肉が落ちてくる。そして二の腕のお肉も落ちてくる。姿勢も良くなります。多分、コアマッスルが鍛えられてくるのだと思います。
     それとNHKの「人体」で、骨に衝撃が加わるので免疫細胞が活性化されるとやっていました。効果の体感はなかなか難しいですが、ちょっと位の風邪なら走ってしまった方が治りがいい気がしますので、それなのかな、と思います。なのでウォーキングもいいですが、ちょっぴりジャンプの要素が入ったジョギングの方は効果は高いかな、と思います。つまり骨にGをかける必要があるのです。自宅で縄跳びなんかも良いと思いますし、その場スキップなんかでも良いそうです。

     運動する場所ですが、私は長く家でyoutubeやDVDを見ながら運動をしていたのですが、いつも運動する場所の床がキィキィいうようになり(ちょっぴりです)、修繕費用を考えたらスポーツジムも高くないかも、と思うようになりました。夏は暑すぎてジョギングが難しかったので、来年は夏だけでもスポーツジムに入る事を考えています。

     でも外でジョギングがやっぱり簡単で気持ちいいんです。

     夫はスポーツジムに入会してしばらく通っていましたが、着替えなどの準備が面倒になってきたのと、外でのジョギングの気持ち良さ、手軽さなどが良くなってきたようで、スポーツジムに足が遠のいています。ランニングマシーンでは20分ほど走れていたのに、地面で走ったら10分持たなかった、とびっくりしていました。そうなんですよね〜。家で30分ジタバタ運動しているより、外を10分走った方が運動効果が高いように感じます。それとやっぱり夫は「マシンで走るのはやっぱりつまんないよ」と言います。
     幸い家は遊歩道が整備された川のすぐ近くにあり、みんな散歩やジョギングに来ている場所なのです。遊歩道まではご近所さんの車しか通らないような所なので、安全に運動できるのです。ジョギングが続く理由の一つになっています。

     でも実は走るのは好きではありません。子供の頃は器械体操を部活でやっていて、本当は踊ったりするような運動の方が好きです。でも手軽さから走っているだけです。なので走るのが嫌いにならないように、出来るだけ根性は使わないようにしています。つまり、疲れたらすぐ歩くのです(笑)。中年以降の運動はこれ、大事だと思いますよ!ただ万歩計は付けていて歩数は確保した方がいいかな、と思って、歩きと走りを組み合わせて、目標は5000歩です。でも達成できない日の方が多いですけど。。。全部走れたら3000歩でも良しとしています。

     ジョギングの時はipod nanoを持って行っています。これ万歩計なんかも付いていますが、ラジオが入るんです。音楽だけだと飽きるので、ラジオが入るのはなかなか良いですよ。ラジオがつまらなくなったら音楽を聞きます。One OK rock をよく聞きます。ジョギングもテンポが良い曲だとノって出来ますよね。

     そんなゆる〜〜いジョギングですが、健康管理の為に皆さんも運動してみてはいかがでしょうか?
     

    渡米治療のメリット

     今年はドクターマセソンの講演会は無く、来日はされますが、有料の個人コンサルタントだけということです。ちょっとがっかりですね。
     でも秋の恒例行事でしたから、元患者さん達で、オフ会などされるといいのにな、と思いますよ。

     詳細はこちら

     デュピクセントが発売になり、日本でも処方が可能になった為、渡米治療のメリットは薄れてしまったかな、なんてちょっと思っていましたが、割とそうでもなさそう、ということが分かりました。
     
     というのも、日本でのデュピクセントの処方の条件が、現在の治療で効果がない場合、というものです。
     なので、現在脱ステしている方の場合、一度、ステロイド塗り塗り療法(プロアクティブ療法っていうんでしたっけ)に戻されるそうです。その上で効果がないと判明した場合、ようやくデュピクセントが処方、となるそうです。。。
     脱ステしていない方は、リバウンドの処理なくデュピクセントですが、ステロイドのリバウンドとデュピクセントの効果って別物ですから、リバウンドはどうなるんだろう?と思います。(そもそも医学的にはリバウンドって出したらいかんのです)

     ですが渡米治療の場合、お金はかかりますが、デュピクセントは希望で出来るそうです。ステロイドはドクターが必要と判断した場合のみ補助的に併用する事はあると思いますが、メイン治療とはなりません。もちろん、感染症などの治療は渡米時にしてもらえます。スキンケアなどはデュピクセントを使用していても必要ですから、渡米時に一度に指導してもらえます。
     またデュピクセントは日本のドクターの連携によって、保険適応で治療を帰国後も継続使用出来るそうです。

     今年のドクター来日の個人面談も、既に二枠埋まっているようで、内容は一切知りませんが、もしかしたら日本のデュピクセントだけでも難しい人もいるかもしれない、と思いました。
     ドクターマセソンの所では、必要なら補助のサイクロスポリンの処方も可能ですし(治験で併用で良いデータが得られています)、日本での治療より短時間で完璧な治療になります。

     私が治療を受けるのが今だったら、悩みます。私は脱ステしていて渡米したし、信用できないステロイド外用薬塗り塗りは嫌でしたから。
     でも渡米治療は時間をお金で買えるし、ステロイドの副作用を知っているので、夫に借金して渡米の道を選んだかな、なんて思います。