プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アトピー性皮膚炎1

     「アトピー性皮膚炎」とよく言いますが、この病気ってどういうものなのか、分かっている人は少ないように思います。なのでこの病気について分かりやすく説明してみます。

     はじめに、分かりやすくする為に「真正アトピー」と「仮性アトピー」とさせてください。ただこうした言葉は医学上ありません。私が勝手に付けたものですので、それを念頭にお読みくださいね。

    1)真正アトピー

     遺伝子の問題で、正常なバリア機能をきちんと作れないタイプ。
     発症年齢が早いことが多い為、乳幼児期に発症する人はこのタイプが多いと思います。バリア機能を作れない為に皮膚炎を起しやすく、アレルゲンが皮膚を貫通してしまう為に重症化しやすいです。ステロイドも幼少期からスタートする事が多い為に、ステロイドの副作用にも晒されています。

    2)仮性アトピー

     バリア機能を作る遺伝子はあるので、発症年齢は様々。乾燥肌や合わない化粧品による接触性の皮膚炎、汗疹の放置などをきっかけに、ステロイドの多用、長期連用、トリガーを除去しない、など間違った対処によって悪化させてしまう。


     皮膚を守る為にはバリア機能の他に皮脂腺や汗腺なども関係します。真正アトピーであっても思春期など皮脂腺や汗腺が活発に働いている時は、それほどアトピーが重症化せずに経過する事も多いと思います。ですが、引越しや職場環境によって、またストレスなどによって皮膚が長時間乾燥する状況に置かれると重症化していく事が考えられます。

     「仮性アトピー」の人は元々バリア機能を作れる為、何かのきっかけに完治してしまうことは十分あると思います。この場合が多くの「体験談」や多くの「治療法」に結びついているように思います。治りやすいアトピータイプはどちらかといえばこのタイプ、と思います。(ただし油断は禁物)
     
      真正アトピー、仮性アトピーとも症状は見た目に同じですし、重症度の判定も治療法も同じです。皮膚炎を一旦ステロイドを使って完全に抑え込み、感染への対処、皮膚への水分供給、保湿によって皮膚のバリア機能を強める、炎症を起しやすい体質への対処としてアレルギーへのアプローチ。
     仮性アトピーであってもアレルギーが酷くなってしまった人は難治になりやすいので、治療に当たって分ける必要はありません。
     唯一あるとすれば、真正アトピーはアトピーが完治しても保湿などバリア機能を補充する事は必須です。それに比べて仮性アトピーは保湿も完全に要らなくなる人が出てくる事です。ただこれも仮性であっても年齢が高い、乾燥しやすい場所に長時間いる必要があれば必要になるでしょうし、真正アトピーであっても皮脂腺汗腺が活発で、保湿が重くなってしまう、という人もいるでしょう。また性ホルモンも皮膚の潤いに関連しますから、若い人ほど不要になるケースが出てくる事が考えられます。

     それらを踏まえると、真正アトピー、仮性アトピーを見分ける必要等何もありません。
     ただ私自身は恐らく真正アトピーのタイプです。幼少時の発症で、アレルギー体質で、完治状態に至った今でも保湿は必須です。塗り忘れるとそこが炎症を起してくる事があり、旅先に保湿剤を忘れた時はホント辛かったです。なので、遺伝子でバリア機能を作れないんだなぁと思い、諦めて一生保湿剤を塗っていこうと思っています。その程度です。

    続きます。 
    スポンサーサイト

    体験談にご注意を

     私は橘玲さんの本やブログをよく読むのですが、去年の記事でこんなのがあって、心に留めていました。
    https://www.tachibana-akira.com/2017/10/7773
    https://www.tachibana-akira.com/2017/10/7781 私はこの序文が書かれた本は読んでいないのですが、この序文にはいい事が書かれているな、と思いました。

     アトピーは情報が溢れている、と言われていますが、その原因の一つに「私はこれで治りました」という情報がとても多い事だと思います。
     体験談はわかりやすいのです。その体験者の家族構成や病歴が書いてあり、共通点が見つけやすい分身近に感じますし、共通点が多いほど「私もこれで治るかも」と思うと思います。ですが冷静になって考えてみると、膨大な症例の中のたった一つに過ぎないのです。それが自分に当たるか当たらないか、それは時には宝くじに当たるより低い確率になるかもしれません。
     ですがそれを取りまとめてくれている所があります。それが「医学」です。

     時々、種々の「体験談」に振り回されている方がいらっしゃいます。そういう人はいわゆる「カモ」になりやすいのです。
     通販番組で美容品や健康食品では体験談を語る人たちが多く登場します。体験談が購買行動に繋がる証拠でしょう。
     でもカモになりたくなかったら、体の事に関しては「医学」ではどうなんだろうか、と立ち止って考える必要があると思います。

     最近、ガンの免疫療法の話を聞きました。アトピービジネスも凄いですが、ガンビジネスはもっと凄いような気がします。がんに関しては調べこんでいませんが、玉石混合で難しいと思いました。今後、もっとこういう情報は増えていくような気がします。
     私はとにかく基本に立ち返る、エビデンスや「医学」という所で考えていこうと思っています。 

    ヒノキ花粉

     相変わらず「タウンシップ」を頑張っているゆかりです。レベルは45に達しました。1ヶ月ほどでこのレベルって、どれだけ他を疎かにした事か・・・。夫にも注意される始末です。でも子供時代にこんなに手軽にゲームが出来る時代じゃなくてよかったな、と思います。絶対勉強しないでゲームばっかりやる子になっていた筈です。

     ところで今シーズン、花粉、酷くないですか?
     私はシダトレンを2年半ほどやったので、杉は大丈夫な様ですが、結構症状が今年は重く、ザイザル朝・夕5mgずつ飲んでも夜、余りに症状が酷く、残っていたアレジオンを追加してようやく眠れた日が一日ありました。眠っていても目が痒くて目が覚めたり。。。
     シダトレンをやった病院にかかったところ、「年々ヒノキが酷くなっているみたい」という事でした。「杉はシダトレンがあるから良いけど、ヒノキは対症療法しかないからねぇ」と。

     私は何となくですが、この花粉症、杉じゃない気がしています。ツイッターでみんなが「辛い〜〜」という日はあまり症状が出なくて、少しズレたからです。

     思わずアメリカのアレルギー治療を終了してしまった事を後悔してしまいました。(確かヒノキはエキスが入っていたと思うので)続けていたら良かったかも。
     私は2014年に自分で判断してアレルギー注射を終了にしました。なのであれから4年。。。 今、注射続けている人は、続けた方がいいかも、と思いました。

     昨日辺りからすこし症状が落ち着いてきたようなので、このまま終わりになるといいなと思います。

     スマホのゲーム「タウンシップ」にハマりまくっているゆかりです。
     夫から白い目で見られるので、夫がいる時はこっそり台所でやったりしています。無課金なので、課金出来たらな、と思う事もありますが、課金は嫌なので絶対しません。でも始めた頃はやり過ぎて頭がぼーっとしてしまい、実は調理中に指を切りました。。。今はもう慣れたので、ペースダウンしてやっています。
     
     アトピー体質でバリア機能が弱いって、もしかしたら傷の治りが遅かったり感染しやすいかな、と思います。切ってそのまま治った記憶が殆どありません。ほぼ感染して結局抗生剤使わないとダメでした。バリア機能と関係があるかもしれませんね。
     でも画期的な商品が出ましたよね〜。そう!「キズパワーパッド」です。高価なのが残念ですが、これが出てから抗生剤無しでも切り傷を治せるようになりました。今回もこれを使いました。
     大きさもいくつか揃えてあります。切った時に無いと困るので。そんなに使わないですが、必要なんですよね。切るのは大抵指先で貼りにくいので、大き目の物を貼ってしまう事が多いです。上手く密封出来ればそのまま1週間〜10日くらい過ごします。今回はシャワーも手袋を必ずはめて入りました。おかげで上手くそのまま保持出来て、10日間ほど保たせた後、剝がして手を洗い、今度は「エキバン」を塗り、今に至ります。この液体絆創膏ってアトピーの人にはとても良いと思います。手湿疹がどうしても出てしまい、切れてしまったりしますから。私は爪の周りがササクレになり易いので、予防的に塗ったりしています。じきに剥がれてしまいますが、使う前に比べてササクレは減りましたし、小さな切り傷ならこれで良いので便利です。
     ただキズパワーパッドにしてもエキバンにしても接触性アレルギーがあったらやめてくださいね。それとキズパワーパッドを貼っても上手く密封できず、水が入ってしまった場合は潔く剝がして処置をやり直してください。

     今日はタウンシップがアップデートしたらしく、ログインが不安定で上手く入れないので時間が出来ました。ヘイデイとよく似たゲームです。レガッタ頑張っている最中なのにログイン出来なくなるなんて悲しい。興味がある方はぜひやってみてください。ただ私みたいに指を切ったりしませんように、お気をつけください。
     

    あちこち

     以前一緒に働いている人が、家の中でハサミをあちこちに置いている、と言っていました。ハサミは使うシーンが多く、ついつい出しっ放しにして探すことが多いから、という理由でした。それで私もハサミは家のあちこちに置いています。すると出しっ放しにする事がなくなり、探す手間も省けて「これは良い!」と思いました。

     それを応用して、私は保湿クリーム、ハンドクリーム、リップクリームをあちこちに置いています。塗りたい、と思った時に手元に無いと、ついつい塗らなくなるからです。
     ハンドクリームはリビング、寝室、バッグ、車のダッシュボード、旅行用バッグの5ヶ所、保湿クリームは脱衣所、リビング、寝室、旅行用バッグです。意外とティッシュペーパーの傍が良いようです。というのも、鼻をかんだ後に鼻の下に塗ったりするからです。ティッシュペーパーと一緒だと、バッグに入れようと思った時にどこにあるかすぐに分かります。リップクリームはリビングとバッグです。

     些細な事ですが、こうした工夫がアトピー再発予防の為に役立つんじゃ無いかな、と思います。

     リップクリームですが、渡米治療のコミュで皆さんに質問したところ、いくつか教えて頂いた物を試してみました。
    メンソレータムの「体温でとろける」というリップクリーム(無香料)とニュートロジーナのリップクリームが良かったです。
     メンソレータムの「体温でとろける」というのはとても柔らかく、すぐになくなります。一本3週間ほどしか持ちません。冬場でこれですから、夏場はもっと持たないだろうと思います。そう思うとコスパは悪いかな〜と思います。
     ニュートロジーナの方は、固さや刺激の無さは良いのですが、近くのドラッグストアになく、ネットで買わなくてはなりません。それがちょっと、、、と思いました。